データ

本ページの内容は、ver1.29.4で確認されたものです。

※交易品ボーナスについてはこちらをご覧ください。
 

 

概要

交易は、税収、生産収入と並ぶ主要な収入源の一つであり、州が生産する交易品の取引を操り、収益に変えることで得られる。
そのシステムは複雑に見えるが、上手く扱うことができれば、財政面で大きな助けとなる。

長い。3行で

交易路に沿って交易力を増やす
首都や下流に向けて流す(上流から下流へ)
首都や下流で現金化

基本インターフェイス*1

ノード内

01.jpg
02.jpg
03.jpg

 

ノードの流れ

05.jpg

Incomingの項に+0.33とある。これは0.33ダカットがこのノードに流入していることを表す。
どこから流入しているかというと、

下の画像の真ん中のSafiノードが、上の画像のノードに当たる。
交易路を辿ると、Ivory Coastノードから流れていることが確認できる。

 

06.jpg

下の白枠で囲った部分に0.32とある。少し値が違うが、これが流入した0.33だ。

 
流入/流出した0.33を、更に詳しく見る。

10.jpg
11.jpg

下の画像のポルトガル・ソンガイのダカットを足すと、0.33になる。
つまり、この二国が下流のノードにダカットを流しているということ。

このようにノードからノードへダカットを移動させていくことが、交易の基本となる。

ダカットの徴収

移動してきたダカットは、交易首都で集められ、これが毎月の交易収入となる。

12.jpg

交易力 / Trade Power(TP)

TPとは、国ごとの各ノードへの支配力を表す。
TPは間接的に交易収入へと寄与する。

TPの発生(州)

州の開発度1ごと+0.2のTPが発生する。
開発度と増加要素を合わせた値に、州TP修正、グローバルTP修正、首都/国内/国外ノードTP修正を、すべて乗算すると、州が発生するTPの値になる。

各ノードでのTPの働きは、以下の三つに分類される。
影響を及ぼすことのできるTVは、ノードにおけるその国のTPの比率などによって決まる。

州TPの増加要素
名称加算値備考
Institution
「植民地主義」の発祥地
+5
交易中心地後述
大河川の河口+10一部の河川では、この修正を持つ州が
2つ存在する代わりに、各加算値が+5に半減する
海峡通行税+20シェランのみ
ボスポラス海峡通行税+10コンスタンティノープルのみ
交易拠点+10後述
州TP修正
要件修正値
Institution
「植民地主義」を受容
+10%
NI+10% ~ +25%
沿岸+25%
貿易会社に与えている+100%
市民階級に与えている+50%
重商主義1%ごと+2%


「市場」+50%
「交易所」+100%
「証券取引所」+125%
海上封鎖-75%
占領中-50%
包囲中-25%
自治度 0% ~ 100%0% ~ +25%
イベントなどによる修正
Global TP修正
  • 安定度:+1ごと+1% -1ごと-1%
  • 威信:+1ごと+0.15% -1ごと-0.15%
  • PP:1ごと+0.2%
  • NI:+5% ~ +20%
  • 拡張アイデア7+20%
  • 交易アイデア1+20%
  • 拡張+外交ポリシー:+10%
  • 革新+探検ポリシー:+10%
  • 10州以上を領有する植民地国家:1ごと+5%
  • 共和制 Tier1「交易都市」:+10%
  • 共和制 Tier4「連邦国家」:+10%
  • 改革派で交易に注力:+10%
  • 議会制の議題「貿易規制の軽減」:+5%
首都ノードTP修正
交易首都以外で徴収を行っていない場合、他のノードで交易の送出を行っている商人の数1人ごと、+10%のTP修正が発生する。
国内ノードTP修正
あるノードにおいて、他のどの国よりも州TPの合計値が多かった場合に、そのノードが国内ノードとなる。また、首都ノードは常に国内ノードとして扱われる。
国外ノードTP修正
国内ノードでなければ、国外ノードとして扱われる。
  • 過剰拡大:1%ごと-1%
  • NI:+10%
  • 交易+貴族ポリシー:+30%
  • 共和制 Tier2「密輸業者の天国」:+30%
  • 議会制の議題「貿易会社への特許」:+5%

重商主義 / Merchantilism

重商主義1%ごと、以下の影響を及す。

  • 州TP:+2%
  • 禁輸効率:+0.5%
  • 植民地国家の独立欲求:+0.25%

初期値は原則として10%だが、イングランド・ハンブルクなどの一部の国家は25%で開始される。

DLC「Mare Nostrum」を有効化していれば、交易タブの重商主義の促進ボタンで、DIP100を消費し、1%増加させられる。

また、カトリック聖公会は、特殊システムから増加させることもできる。

その他、イベント等で増減する。

交易中心地 / Center of Trade(CoT)

すべてのCoTは、その規模が3段階のレベルによって表現される。
CoTのレベルと立地によって、州にもたらされる効果が異なる。

Lv3のCoTは沿岸・内陸ともに、その州だけでなく、そのCoTが位置する地域に属する他の州にも、いくつかの効果をもたらす。

沿岸内陸
名称原語効果レベル名称原語効果
天然港Natural Harbor州TP+51商業中心地Emporium州TP+5
交易集散港Entrepot州TP+10
開発コスト-5%
Institution伝播速度+10%
2商業都市Market Town州TP+10
開発コスト-5%
世界的港湾都市World Port州TP+25
Institution伝播速度+30%
3世界的交易中心World Trade Center州TP+25
Institution伝播速度+30%
地域全体
に対して
開発コスト-10%
水兵+100%
建築枠+1
地域全体
に対して
開発コスト-10%
人的資源+33%
建築枠+1
1か所領有
するごとに
海軍伝統低下-0.2%/年

DLC「Dharma」を有効化すると、CoTのレベルは領有国が変わるたびに-1だけ低下する。
領有国の変更事由は問われないため、和平交渉による割譲・外交併合・州の売却など、いずれによっても低下する。

一方、領有するCoTのレベルを、ダカットの消費によって上昇させることができる。
レベルの上昇は、CoTのある州の建造物タブ右下から行う。アップグレードはステートになっているエリア(コアの種類は不問)、もしくはTrade Companyに割り当てられている州にのみ行える。また、戦争中は実行不可。

沿岸・内陸を問わず、Lv1⇒Lv2には200ダカットLv2⇒Lv3には1000ダカットが要求される。
ただし、1つの国が領有できるLv3のCoTの数は、その国が持つ商人の数までに制限される。
また、同じ地域に複数のLv3のCoTを持つことはできない。

なお、威信-10と引き換えに、領有するCoTのレベルを1段階下げることもできる。

交易拠点 / Trading Post

DLC「Res Publica」で有効化。

政府改革が、金権政治・ヴェネツィア政府・交易共和制・交易都市・民会共和国の各共和制国家は、首都ノード以外のノードに、それぞれ1か所ずつ交易拠点を設置できる。
設置にはADM50が必要だが、州TP+10・海軍扶養限界+1の効果がある。

TPの発生(小型船) / Light Ship

小型船を、交易保護 / Protect Tradeの任務に就けることで、型式に応じ、1ユニットごと2~5のTPを得ることができる。*2
小型船を派遣するためには、そのノードが内陸ではなく、補給範囲内にあり、自国がそのノードにTPを持っている必要がある。

交易任務中も、通常通りに消耗が適用されるため、ノード領域内かその近くに港が無ければ、修理に要する時間は任務が行えなくなる。

小型船の型式とTP
技術LVユニット名TP
日本語訳原文
2バークBarque2
9キャラベルCaravel2.5
15初期型フリゲートEarly Frigate3
19フリゲートFrigate3.5
23重装フリゲートHeavy Frigate4
26グレートフリゲートGreat Frigate5

小型船から発生するTPは、以下の要素によって増加する。

  • NI:+10% ~ +25%
  • 交易+海軍ポリシー:+40%
  • 提督の機動:1ごと+5%
  • 提督の特性「強奪者」:+15%
  • 貿易同盟に加盟:+20%
  • 海軍ドクトリン「交易海軍」:+33%
  • 大航海時代の能力「ヴェネツィア交易」:+50%

TPの発生(キャラバン力) / Inland Bonus

内陸ノードにおいて、商人を配置しての送出、もしくは交易首都による徴収を行うと、キャラバン力によるTPが発生する。
国の総DEVの1/3が、基本のキャラバン力*3となり、この値に以下の修正を乗算したものが、実際に得られる値となる。

キャラバン力に対する修正は、以下など。

TPの発生(外交移転) / Transferring trade power

外交・和平によって、他の国が保有するTPの一定割合を、自国のものとして移転できる。
TPの移転は、TP計算の最後の手順で行うため、TPへの修正は、与える側の国のものを使用する。

TPの移転はいくつかの方法があり、それぞれ移転率が異なる。
なお、いずれも外交枠を消費しない。

  • 外交による移転
    移転するTPの割合は、1%から50%まで、交渉の際にスライダーによって決めれる。
    移転関係にある間は互いに宣戦できなくなり、双方の評価がTPの移転率5%ごと+1される。
    移転関係は、受益国・供与国ともに自由に破棄することができる。
    AI供与国からの評価が悪化すると、移転関係は打ち切られる。
  • 和平交渉による移転
    戦勝点30によって、外交と同じようにTPの移転関係を結ばせることができる。これによる移転割合は、50%に固定。
    供与国の側からは、停戦期間が残っている間、移転関係を破棄することができない。
  • 属国からの移転
    属国・辺境伯・衛星国に対しては、属国管理画面を通して、対象のTPの100%を供与させることができる。ただし、対象国の独立欲求が+30%上昇する。
  • 貿易同盟
    加盟国は主導国に対し、常にTPの50%を供与する。
  • 植民地国家
    植民地国家は宗主国に対し、常にTPの50%を供与する。

TPの減少(禁輸) / Embargo

禁輸は、対象国の交易を妨害する外交アクションで、外交枠を消費しない。

発動した国がTPを有するすべてのノードにおいて、対象国のTPにマイナス修正を与える。
発生する修正は、そのノードにおける発動国の交易シェアに応じて決まる。
また、禁輸効率の値による増加修正を受る。

禁輸効率の修正は以下の通り。

禁輸を行っている間は対象国からの評価が-15され、相互に禁輸していない限り、対象国は発動国に対し交易紛争のCBを得る。
禁輸している一国ごとに交易効率が-5%されるが、対象国がライバルであれば、これが発生しない。

ライバルを禁輸するとPPが獲得でき、相手の交易に与える影響が大きくなるほど、得られるPPが上昇し、最大で+10となる。

TPの発生(伝播) / Transfers from downstream

あるノードで、州からのTPの合計が10以上に達した国はで、州TPの20%が、そのノードに接する上流ノードに伝播する。

具体例として、象牙海岸ノードには、上流であるイギリス海峡ノードから、州TPの20%が伝播する。
イギリス海峡ノードのような高い州TPを誇るノードからの伝播は、無視できない影響を与える。

また、改革の時代の能力「強力な交易船」を発動している間、小型船から発生するTPの20%が、伝播の発生源として扱われる。
あくまでも発生源として扱われるだけなので、さらに伝播による20%化の処理を経て、実際に伝播するのは、小型船TPの20%*20%=4%に留まる。

TPの発生(商人) / Merchant

商人が配置されているノードでは、2TPが得られる。
単体では微々たるものだが、ノード内に州を持たず伝播も起きていないときに、小型船でTPを持ちたい場合の足掛かりとして利用できる。

例外的に、グジャラートのNIは、商人の配置によるTPを+5し、合計7TPとする。

交易価値 / Trade Value(TV)

TVは、州で産出された交易品が流通することで生じる利益を抽象化したもの。

州ごとのTVの決定

州におけるTVの計算は、以下の通り。

TV = 交易品生産量 × 交易品価格

なお、交易品生産量は、自治度の影響を受けない。
よって、自治度100%の州であっても、交易収入には寄与する。

ノードごとのTVの決定

ノードに属する州のTVが合計され、ノードのTVとなり、更に上流から送られてきたTVが加わる。

ノードにあるTVは、そのノードにおける国ごとのTPに応じ、徴収されるか、下流に送られるかする。

送出によるTV増加

商人を送出配置しているノードでは、そのノードで同一方向に送出配置されている商人の数に応じて、TVに以下のボーナスが得られる。

6人以上は変化なし
商人数商人ごとの
増加率(%)
増加率累計(%)
000
1+5+5
2+2.5+7.5
3+1.6+9.1
4+1.2+10.3
5+1+11.3

ボーナスは、商人の所属国の交易誘導の値によって増加する。
たとえば商人を置いた国が1つだけで、その国の交易誘導値が+20%であった場合、元々のボーナス+5%が+20%増加し、+6%になる。

交易効率 / Trade Efficiency(TE)

徴収されたTVに、TEを乗算した値が、最終的な交易収入額となる。
TEは、交易の流れ自体には関与しないが、上昇させればシンプルに交易収入が増加するため、交易システムをあまり理解していなくても、とりあえず上げて損がない。
TEは、外交技術の向上など、様々な要素によって上昇する。*4

外交技術と交易効率
技術レベル0351013162124283032
交易効率+0%+2%+4%+6%+8%+10%+12%+14%+16%+18%+20%
交易効率の上昇要素
要件上昇値要件上昇値要件上昇値要件上昇値
外交技術の先行+20%
統治+交易+20%



君主制 Tier2「交易特権の強調」+5%議会制の議題「貿易規制の軽減+10%
交易+軍質君主制 Tier2「ベンガル商人の強化」+10%国教がゾロアスター教+10%
アイ
デア
交易アイデア4+10%革新+交易+10%共和制 Tier1「自由都市」+10%改革派で交易に注力+10%
NI+5% ~ +15%拡張+交易共和制 Tier1「オランダ共和制」+10%テングリで第二国教「スンニ」+10%
統治者
の特性
実業家+10%交易+攻撃禁輸の
発動
非ライバル国
1国ごと
-5%ノルスで主神「ニョルズ 」+10%
大雑把-10%経済+交易ヒンドゥーで主神「スーリヤ」+10%
国難「貴族の支配」発生中-10%市民
階級
影響力・
忠誠度により
+20% ~
-10%
商人を配置しているノード+10%
顧問交易商人+10%他、イベント等で増減。

交易ノード / Trade node

世界全体が、いくつかの交易ノードに分割されており、すべての州はいずれかのノードに属している。
ノードは一方通行の交易路で結ばれ、世界規模のネットワークを構成しており、これはゲーム中において不変*5
位置関係によって上流、または下流と呼ばれ、さも水が流れるかのように、上から下へと、TVが動いていく。

交易ノードは、マップ設定から交易マップを選ぶことで、表示することができる。

ノードの位置関係

ノードの配置には著しい格差があり、下流にあるほうが有利になる。
特に、イギリス海峡・ジェノヴァ・ヴェネツィアの三ノードは、下流が存在しない終端(エンド)ノードとなっており、絶大な優位を持つ。

1920px-Trade_nodes_with_arrows.jpg

ノード配置と位置関係

ノードの分類

ノードは、その位置により、沿岸と内陸の二種に分かれている。
これは、ノード右上に付く内陸マークの有無で判別できる。

沿岸ノードは小型船による交易保護が可能だが、他国の船による妨害も受ける。
一方、内陸ノードには、キャラバン力が付加され、こちらは他国の商人による妨害を受ける。

ノードの状態

plus.jpg (Collect/徴収) TVをダカットに変える。交易首都が属するノードは固定でこの状態。首都以外のノードで行うには商人を送る必要がある。

rar.jpg (Transfer downstream/下流に送る) そのノードの下流方向にplus.jpg のノードがある場合はTVを流出させる。複数の送出先がある場合、自他国の商人の有無で送出先が変わる。

lar.jpg (Transfer upstream/上流に送る) 上記二つ以外の場合、TPの一部を上流ノードに送る(伝播する)だけとなる。この状態のノードではTVを操作できず、利益に繋げるのは難しい。

送出 / Transfer

商人を配置し、送出に設定している場合、送出状態となる。
商人を配置しているノードでは、交易マップモードから、送出先を任意に決められる。

ノードから送出されるTVの計算は、二段階に分かれている。

  1. 徴収状態のすべての国と、送出状態のすべての国のTPの比率から、TVをどのくらい徴収・流出するかの配分を決定。
    流出額=そのノードのTVの総計×送出の国がノードに持つTPの合計/ノードのTPの合計
    この段階では、交易誘導の値は影響しない。
  2. 商人の有無や、それぞれの国のTPの比率から、どの下流ノードに、どのくらいTVを送るかの配分を決定。
    送出先の配分の計算には、商人を配置して送出していない国のTPは含まれない。一人の商人も送出していないノードでは、流出するTVは、すべての下流ノードに均等に割り振られる。

    自国の送出量=流出額×自国がノードに持つTP/商人によって送出している国がノードに持つTPの合計*6

第二段階においては、商人配置の有無が重要になる。

TPを独占していても、商人を配置していなければ、TVを活用できない可能性がある。
オスマンやロシアは、広い領土と数少ない商人によって、この状態に陥りやすい。
逆に、TPシェアが高い国があっても、その国が商人を配置していなければ、自国の商人を配置・送出することで、効果的な交易操作を行うことができる。
また、流出先が一つしかないノードは、徴収額-流出額の比率だけが重要なので、TVに対するボーナス狙い以外では、商人を配置する必要がない。

交易誘導 / Trade Steering

交易誘導は、TVの流出先を決める際に、TPを修正する。
また、商人配置によるTVの増加ボーナスにも影響する。

交易誘導は、以下の要素によって増加する。

  • 海軍伝統:1ごと+1%
  • NI:+5% ~ +33%
  • 交易アイデア6+25%
  • 交易+防御ポリシー:+25%
  • 拡張+交易ポリシー:+20%
  • 貿易同盟の主導国:加盟国一国ごと+2.5%

徴収 / Collect

TVをダカットへ変える。

交易首都のノードでは、自動的に徴収が行われる。
交易首都ノード以外でも、商人を配置すれば徴収できるが、この場合、TPが、修正後の値から半減する。

徴収するノードのTVの内、自国の交易シェアが占める割合だけが徴収額となる。

あるノードでの交易収入額=(流入したTV+ノード内のTV-流出したTV)×(ノードに自国が持つTP/ノードのTPの総計)×(1+交易効率修正の合計)

交易首都 / Main Trade Port

交易首都は、国の交易の中心となる州のことで、国ごとに一つだけ存在し、通常は(政治上の)首都と同じ州に設定されている。
交易首都が位置する交易ノードを、首都ノードと呼ぶ。

DLC「Wealth of Nations」を有効化していれば、DIP200を消費することで、コア州ならどこにでも、交易首都を移動させることができる。
交易首都にしたい州タブの上部左側にあるボタンを押せば、交易首都がその州に移動する。

交易首都が(政治上の)首都と同じ州に設定されているときに、(政治上の)首都が移転すると、交易首都も自動的に新しい首都へ移動する。

商人 / Merchant

国家によりノードに派遣され、徴収か送出のどちらかに従事する。

派遣された商人が実際に効果を発揮するのは、現地に到着してからになる。
ノードに配置済みの商人が、任務を変更した際には、効果が即時反映される。

商人の数

基本の商人数は二人で、更に増やす方法は以下。

  • NI:+1
  • 交易アイデア2/5/7:各+1、合計+3
  • 拡張アイデア2:+1
  • 富豪アイデア4:+1
  • 交易+貴族ポリシー:+1
  • 交易+富豪ポリシー:+1
  • 交易+防御ポリシー:+1
  • ディシジョン「貿易会社設立」 / Found Indian Trade Company」:+1*7
  • ディシジョン「海洋覇権確立 / Confirm Thalassocracy」:+1
  • あるノードにおいて貿易会社に与えている州のTPが、ノード全体の州TPの50%以上を占めている場合、該当ノード1つごと:+1 ※最大+16
  • 10州以上を領有している植民地国家ごと、その宗主国に:+1 ※最大+12
  • 君主制 Tier1「金権政治」:+1
  • 君主制 Tier2「ベンガル商人の強化」:+1
  • 共和制 Tier1「金権政治」:+1
  • 共和制 Tier1「ヴェネツィア政府」:+1
  • 共和制 Tier1「民会共和国」:+1
  • スンニ:シャーフィ学派を招聘:+1
  • テングリ:第二国教「ゾロアスター」:+1
  • 呪物崇拝:カルト「ゾロアスター」:+2
  • 議会制の議題「貿易会社への特許」:+1
  • その他、イベント・ミッション

商人の派遣可能範囲(交易範囲) / Trade range

商人を派遣できるのは、コア州および港湾使用権がある州から、以下の値の距離以内にある、発見済みのノードだけ。

外交技術の向上によって基本値が上昇し、それに各種修正を乗算したものが、実際の値となる。

外交技術レベルと交易範囲
技術LV0124581016172124283032
交易範囲0100200210230240260280300320340360380400

交易範囲への修正は、以下の通り。

交易方針 / Trade policies

商人を配置しているノードでは、そのノードにおける方針を決めることができ、それぞれの方針に対応するボーナスを得られる。デフォルトではMaximize Profits。

  • 利益の最大化 / Maximize Profits
    そのノードのTP修正+5%
  • 敵対的交易 / Hostile Trading
    諜報網構築力+25% ※そのノードが首都ノードである、あるいは商人を配置している国家が対象。
  • 共同社会の確立 / Establish Communities
    関係改善+15% ※そのノードが首都ノードである、あるいは商人を配置している国家が対象。
  • 内陸経路の改善 / Improve Inland Routes
    自国のシェアが50%以上のノードでのみ設定可能。
    同ノードに属する州に対し、攻囲能力+10%、包囲ボーナス+1
  • 信仰の伝播 / Propagate Religion
    国教がイスラム教グループであり、自国の全ての州に占める国教の州が半数を超えている時に設定可能。*8
    貿易会社リージョンに属する、自国のシェアが50%以上のノードにのみ設定可能。
    設定したノードに自国の国教の宗教中心地が発生し、その宗教が布教される。メカニズムはプロテスタント・改革派の「改革の中心地」と同じ。

※設定に際し、ノードでのTPシェア50%以上が条件になっている方針は、TPシェアが50%を割った場合にも、40%以上を維持している間は有効のままとなる。

交易の操縦 / Steer Trade

DLC「Rule Britania」で有効化。

外交アクションの一種*9で、承諾されると、対象国が送出任務で各地のノードに派遣しているすべての商人に対し、その送出先を自国の首都ノードの方に転換させることができる。

ただし、対象国が自身の首都ノードで行う徴収や、自国首都ノードの上流にないノードにおいて対象国の商人が送出を行うことには影響を与えない。
よって、自国と対象国の首都ノードが同じ場合などにおいては効果的ではない。

この関係が結ばれている間は、互いに宣戦することはできない。
また、外交枠を消費せず、TPの移転と異なり、双方の評価には影響しない。

私掠船 / Privateer

DLC「Wealth of Nations」もしくは「El Dorado」で有効化。

小型船を含む艦隊には、私掠船任務を設定でき、交易範囲内のノードへ派遣できる。
(交易保護と違って派遣するノードに交易力を持っている必要がない)

私掠船任務中の小型船は、小型船のTPの1.5倍*10の値に、私掠船効率を乗算した値を発生させ、そのTPは海賊という仮想的な国家が保有する。

海賊は、派遣されたノードにおいて、自らのTPを用いて徴収を行う。
私掠船を送った国家は、海賊が獲得したTVの40%にあたる額を、戦利品/Spoils of Warとして受け取る。

海賊のいるノードでシェアの20%以上を占めている国は、私掠船を送った国に対し、海賊討伐のCBを得る。
同様に、15%以上のシェアを占める国家から、私掠船派遣国への評価が、月-1ずつ、最大-100まで低下する。

また、ライバルがTPを持つノードに私掠船を派遣すると、PPを得られる。
得られるPPは、私掠船のTP・ノードのTV・ノードでのライバルのシェアに比例し、最大+10まで増加する。

加えて財宝艦隊/Treasure Fleet(植民国家から金を運んでくる艦隊)を襲撃することで、思いのほか大きな収入を得ることもある。

私掠船効率は、以下の修正によって増加する。

私掠船の運用

私掠船によって徴収された交易価値の60%が、文字通りゲームから消えてしまうため、原則としては、私掠船は損失をもたらす。
(基本的には「自分が儲ける」というよりも「相手を儲けさせない」システムといえる)

しかし、交易保護によって大した利益が得られない状況においては、巨額の交易価値を持つノードに私掠船を送り込むほうが、高い収入を得られる。
たとえば、貧弱なサフィ、チュニスノードしか持たないベルベル諸国は、肥沃なセヴィリア、ジェノヴァノードに私掠船を送るほうが、交易保護よりも儲かる可能性が高い。

メモ:私掠船を送るべきノード
 ・ライバルが大きいシェアを持つノード。(PP目的)
 ・自国がCollectしているノードへの流入額に関係が薄い。(自国がCollectしているノードより下流など)
 ・交易額全体ではなく、Collectしてる額が大きい所を選ぶ。(=Totalの額に注目。)
 ・財宝艦隊の通り道を狙う。

海賊狩り / Hunt pirates

DLC「Wealth of Nations」もしくは「El Dorado」導入で有効化。

輸送船以外の船を1ユニットでも含む艦隊*11には、海賊狩りの任務を設定できる。
海賊狩りは、艦隊の大砲数に基づき、ノードの海賊の私掠効率を減少させる効果がある。*12

大型船・小型船を含む艦隊はどのノードにも送れるが、ガレー船しか含まない艦隊は、内海に面したノードにしか送ることができず、外海ではガレー船の大砲数が無視される。
(例:バスラ、アレクサンドリアは可能。ホルムズは不可)

海賊狩りを行う船と、私掠船のそれぞれの大砲の比率が、減少させる私掠効率の値を決定する。
前者が後者の二倍以上のときが最大で、このとき、私掠船効率を99%減らすことができる。

また、海賊狩りはベルベル諸国などによる、海岸の襲撃 / Raid Coastの被害も減らす。

貿易会社(交易会社) / Trade Company

アジアとアフリカの地域には、貿易会社リージョンと呼ばれる16個の区分が存在する。
この貿易会社リージョン内に位置し、テリトリーに属する州は、州画面から個別にまたはノード画面から一括で、貿易会社に設定することができる。
貿易会社の扱いは、原則として自国領と変わらないが、便宜的に属国タブで管理される。

ただし、その国の首都と同じ大陸に位置する州は、設定できまない。

貿易会社に設定された州が1つでも存在する貿易会社リージョンには、貿易会社が設立されたとみなされ、属国タブにその貿易会社が表示される。

変更予定

2020年の大規模アップデートで貿易会社関連の変更が予定されている。
・貿易会社に割り当てられた州のAutonomy下限値が90%に
これにより、貿易会社州から得られる利得は大幅に減少するが、交易力とNaval Force Limitは影響を受けず、Production efficiencyへのAutonomyによるペナルティは45%に軽減される。
・一部のTrade Company Investmentsの費用変更
Autonomyの影響を受けるものは、費用が引き下げられる。
・貿易会社設立条件の変更
1.該当州が保有国ならびにその属国(辺境伯は含まない)の領土からみて海外と見なせるぐらい遠い
2.該当州がHREの一部ではない
全体として、設立制限は緩くなり、ポルトガルで北アフリカに貿易会社を作れるよ、と例示がなされている。
また、宗教による制限がなくなったため、ロシアでシベリアを貿易会社にすることもできるようになるも模様

基本的には貿易会社はこれまでより弱体化されるものの、活用できる場面が増えるという調整になる模様

貿易会社の州への修正

通常、テリトリーの州は自治度の下限が75%に制限されるが、貿易会社に設定された州は、自治度の下限が0%になる。
また、宗教統一度の計算に用いられなくなり、非受容文化と宗教寛容に由来するペナルティが生じなくなる。
テリトリー過剰だとcorruption(汚職)が発生するが、貿易会社に設定された場所は、その際のカウントから除かれる。

上に加え、以下の修正が付与される。

  • 州TP+100%
  • 海軍扶養限界+0.5
  • 人的資源-100%
  • 水兵-100%
  • 税収-100%
  • 布教強度-200% ※宣教師による改宗が、事実上不可能になる
  • Institution伝播速度+10%

貿易会社に設定した州を解除することもできるが、
解除から5年間、交易品生産量-200%の修正が付与され、その間は再び貿易会社に設定することができない。

貿易会社リージョン

貿易会社リージョンは、それぞれただ1つの交易ノードに対応している。
あるノードにおいて、自国の貿易会社に設定した州から得られるTPが、ノード全体の州TPの50%以上を占めている間、商人を1人得る。

このボーナスは、それぞれの貿易会社リージョンごとに獲得できるので、複数のノードで条件を満たせばそれに応じた人数が得られる(最大16人)。

  • 貿易会社リージョンは、以下の地域。
    • 東アフリカ(ザンジバル)、西アフリカ(象牙海岸)、南アフリカ(喜望峰)
    • 北インド(ラホール)、西インド(グジャラート)、東インド(ベンガル)、デカン、コロマンデル、Doab
    • ビルマ、Siam、インドネシア(マラッカ)、モルッカ、フィリピン
    • 華北、華東、華南

投資の促進 / Promote Investments

属国タブから貿易会社へ対し、投資の促進を有効化できる。
有効になっている間、その貿易会社に設定されている州TP+50%を得るが、有効化1つごと、インフレが+0.03/年発生する。

貿易会社への投資 / Trade Company Investments

DLC「Dharma」で有効化。

貿易会社に対し投資を行うことで、様々な効果を得ることができる。
貿易会社に設定してある州が1つでもある地域の地域タブから、各投資項目をクリックすることで、ダカットと引き換えに効果を得る。

投資項目は、地域ごとに行う一般項目と、貿易会社リージョンごとに1つだけ行える特殊項目の、二種に大別される。

一般項目はその地域全体、もしくはその地域で自国が領有し貿易会社に与えた州に効果を発揮し、特殊項目は主に実施した国自体に効果を発揮する。
ただし、、複数の国が同一地域で同じ投資を実施しても、それらの効果は重複しない。

一般項目は分野ごと二段階ずつが存在し、下位にあたる項目から上位の項目に改良でき、改良する場合、コストは差額分しか消費しない。

建造物と異なり、投資を行うと直ちに効果が得られる。また、1つの地域で実行できる投資の数に制限は無い。

対象範囲内にTrade Companyに割り当てられた州がなくなると効果は失われ、再設定した場合でも再度費用が必要となる。

一般項目

投資分野投資項目改良元コスト効果の適用範囲効果
社有警備兵
Company Garrison
局地的防郭
Local Quarter
-300D地域内の自国貿易会社州要塞防御+15%
供給限界+25%
常設的防郭
Permanent Quarters
局地的防郭600D地域内の自国貿易会社州要塞防御+30%
供給限界+50%
港湾設備
Harbor
社有貯蔵所
Company Warehouse
-300D地域内の自国貿易会社州州TP+2
他国領も含む地域全体生産効率+25%
社有倉庫
Company Depot
社有貯蔵所600D地域内の自国貿易会社州州TP+4
他国領も含む地域全体生産効率+50%
現地への投機
Local Venture
仲買人事務所
Broker's Office
-300D地域内の自国貿易会社州生産効率+25%
他国領も含む地域全体交易品生産量+0.15
仲買人取引所
Broker's Exchange
仲買人事務所600D地域内の自国貿易会社州生産効率+50%
他国領も含む地域全体交易品生産量+0.30
外来勢力
Foreigh Influence
居留地
Settlements
-300D地域内の自国貿易会社州税収+25%
他国領も含む地域全体開発コスト-7.5%
地区
District
居留地600D地域内の自国貿易会社州税収+50%
他国領も含む地域全体開発コスト-15%
行政
Governance
会社行政
Company Administration
-300D地域内の自国貿易会社州人的資源+25%
水兵+25%
軍事行政
Military Administration
会社行政600D地域内の自国貿易会社州人的資源+50%
水兵+50%

特殊項目

投資分野投資項目コスト効果の適用範囲効果
社有警備兵
Company Garrison
将校用食堂
Officers' Mess
1000D出資国陸軍扶養限界+5
港湾設備
Harbor
海軍本部
Admiralty
1000D出資国海軍扶養限界+5
現地への投機
Local Venture
資産鑑定士
Property Appraiser
1000D貿易会社リージョン
内のノード
交易誘導+50%
外来勢力
Foreigh Influence
入植地
Township
1000D出資国陸軍伝統+0.1/年
他国領も含む
貿易会社リージョン全域
TV+10%
行政
Governance
総督の邸宅
Governor General's Mansion
1000D出資国船コスト-2%

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 一応ポルトガルの各国戦略にそういうのはある。マラッカは現地勢力が強いから何十kかそろえてからがいいとかそういうの  -- 2020-04-17 (金) 08:44:23
  • 国によって違ってくるだろ。各国ごとの攻略記事の管轄では。 -- 2020-04-17 (金) 11:50:11
  • 私掠船による戦利品は交易効率の影響を受けますか? -- 2020-04-17 (金) 18:58:55
  • 影響いたしマッスル -- 2020-04-17 (金) 19:35:40
  • ↑ありがとうございます -- 2020-04-18 (土) 14:53:12
  • Wealth of Nationsが未導入だと貿易会社から商人が受け取れなかったりしますか?象牙海岸のシェアが50%越えて所有している州は全て貿易会社に設定しているのに商人がなぜか受け取れない・・・ -- 2020-05-29 (金) 15:45:23
  • こ こ を 見 ま し ょ う -- 2020-05-29 (金) 16:30:41
  • はい、そうです。Dharmaは交易会社の仕組みこそ追加してくれますが、商人増加は別途Wealth of Nationsが必要となります。 -- 2020-06-02 (火) 05:40:05
  • バレンシア、ペストノード以外にも、メキシコ・カリフォルニア・フィリピンが上流でオーストラリア・日本・パナマを下流とするポリネシアトライアングルが太平洋に追加されているね。メキシコ→日本とフィリピン→パナマはダイレクトルートが消滅し、オーストラリアノードは最上流じゃなくなった。 -- 2020-06-20 (土) 12:27:20
  • この変更で一番影響が大きいのはnipponノードかな?太平洋に植民してポリネシアノードを独占すれば、メキシコを抑えなくてフィリピンの交易地を、吉林を抑えなくてもカリフォルニアの交易値を日本ノードにそのまま流せるようになってアジア国家での北米植民の恩恵が増えた。 -- 2020-06-20 (土) 12:50:28
お名前:

*1 画像のバージョンは古いものだが、システムの根源に変化は無い。
*2 ただし、発生するTPは、海軍維持費によって100%~25%の間で変動。
*3 最大で50
*4 上限は200%
*5 MODを除き、プレイヤーがノードの流れ等を変更することはできない。
*6 ここに、国ごとの交易誘導の値を乗算。
*7 オランダは、このディシジョンの代わりに、独自のディシジョンが用意されている。
*8 自国の国教がスンニ派であり100州領有していた場合、51州以上がスンニ派であればOK(シーア派やイバード派の州は含まない)。
*9 和平交渉において、戦勝点60で結ばせることもできる。
*10 なお、交易保護任務と同じように、海軍維持費の影響でTPが増減する。
*11 他の船が混ざってさえいれば、輸送船を含む艦隊であっても、海賊狩りに従事できる。
*12 私掠船任務の艦隊に損害を与えたり、海戦を引き起こすわけではない。

添付ファイル: file1920px-Trade_nodes_with_arrows.jpg 896件 [詳細] filerar.jpg 77件 [詳細] fileprivatees.jpg 72件 [詳細] fileplus.jpg 38件 [詳細] filelar.jpg 17件 [詳細] file17.jpg 563件 [詳細] file16.jpg 933件 [詳細] file15.jpg 480件 [詳細] file14.jpg 514件 [詳細] file13.jpg 547件 [詳細] file12.jpg 661件 [詳細] file11.jpg 579件 [詳細] file10.jpg 699件 [詳細] file09.jpg 556件 [詳細] file08.jpg 476件 [詳細] file07.jpg 502件 [詳細] file06.jpg 674件 [詳細] file05.jpg 728件 [詳細] file03.jpg 615件 [詳細] file02.jpg 737件 [詳細] file01.jpg 830件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-10 (金) 13:09:19