データ
 
本ページの内容は、ver1.??で確認されたものです。
 

 

雇用可能な顧問 / Possible Advisers

顧問を選択する画面に表示される、雇用できる顧問の候補の数。基本は3人。

新しい顧問の出現

以下の状況で月頭に出現する。

  • それまでいた顧問が死亡する。(40歳以上で死亡する可能性がある)
  • 雇用可能な顧問候補を増やす。
  • イベント(Possible advisorsの上限を超えて増える)
  • 雇用コストを支払って候補から消す(要DLC:Common Sense)

顧問コスト / Adviser costs

  • 雇用費と維持費を払う代わりに君主力増加にボーナスがつく。
  • 月給としてレベルの2乗分の基礎維持費がかかる。(Lv1→1d/月、Lv2→4d/月、Lv3→9d/月)
  • 年代を経るごと徐々に顧問コストは高騰する。(年+0.5%
  • 雇う顧問の年齢が高いと雇用時のコストのみ安くなる。
  • DLCのThe Cossacksを導入済みなら各Estatesから影響力に応じた割引を受けてLv2もしくはLv3顧問が雇える。
    • 影響力80以上:-50%
    • 60~80未満:-25%
    • 60未満:なし

  計算例)「スキルレベル:3」「雇用年:1744年」、「顧問の年齢:40歳」、「顧問コスト:-25%」
  ※顧問コスト補正の内訳は割愛する。

  基本値:3[スキル]^2 = 9, 9 × 250%[年数] = 22.5
  22.5 × 75%[顧問コスト補正] = 月給 16.88 ダカット
  16.88[月給] × (22 - 40[年齢] ÷ 5) = 雇用時のコスト 236.25ダカット

顧問レベル / Adviser level

  • 顧問にはレベルがあり、最大でLv3まで存在する。
  • レベルの数値と同じだけ君主力に加算される。(Lv2なら+2/月)
  • 顧問を後援する/Promote advisor
     v1.23で月給の60倍(5年分)のダカットを支払ってレベルをブースト(最大Lv5まで)できるようになった。(毎月の支出も増えるので注意)
     ただし、顧問の文化が主要文化/Primary Culture、または受容文化/Accepted Cultureである必要がある。

顧問イベント

レベル3の顧問を採用していると、顧問タイプごとのイベントが1つの国に対して1回のみ発生する。

  • 顧問イベントは、安定度/Stabilityか名声/Prestigeのどちらかを選択する。
  • さらにどちらの選択肢であっても各タイプの顧問のタイプ国家レベルの補正や君主力を得られます。
    (※哲学者/Philosopherを除く)
  • イベントのタイトルには顧問の名前が使用されます。
  • 全てのイベントのには以下の共通項がある。
    • 発生条件
      • そのタイプのLv3顧問を雇っている
      • その国でいままで一度も発生していない
    • 発生までの平均時間:300ヶ月(25年間)
      • 発生時間の補正値
        ・少なくとも4つの革新アイデアがアンロック済み:×0.9
        ・少なくとも6つの革新アイデアがアンロック済み:×0.9
        ・アンロック済みの革新アイデアが4つ以下:×1.1
        ・アンロック済みの革新アイデアが2つ以下:×1.1
    • 選択肢1
      • (安定度が+3未満)安定度/Stability+1 ・(安定度が+3なら)統治君主力+50
      • 中華皇帝なら能力主義/Meritocracy+5
      • 顧問タイプごとのボーナス(下記の表参照)
    • 選択肢2
      • 威信/Prestige+50
      • 中華帝国なら能力主義/Meritocracy+5
      • 顧問タイプごとのボーナス(下記の表参照)
    • 顧問タイプごとの補正
      • 6年間継続する

その他

  • 月収 / Monthly Incomeが50ダカット未満の国にはスキルレベル3の顧問官は現れない。

顧問の種類

統治顧問 / Administrative Advesor

種類名原語効果Lv3顧問イベントのボーナス備考
芸術家Artist安定度コスト-10%補正「安定度コスト低減/Reduced Stability Cost」
・安定度コスト/Stability cost-20%
異端審問官Inquisitor宗教強度+2%補正「国家安全保障/National security」
・外国スパイ探知/Foreign Spy Detection+10%
・Clergyから雇用可能
造幣局長官Master of Mintインフレ削減+0.1/年補正「造幣局長官/The Master of the Mint」
・インフレ減/Yearly Inflation Reduction+0.1/年
・Burghersから雇用可能
自然科学者Natural Scientist生産効率+10%補正「科学の進歩/Scientific Evolution」
・統治技術コスト-10%
哲学者Philosopher威信+1/年なし
神学者Theologian不穏度-2補正「神学者/Theologian」
・布教強度/Missionary strength+2%
・Clergyから雇用可能
会計官Treasurer税収+10%補正「/Trading Investment」
・外交技術コスト-10%
  • 寸評
    • 芸術家 / Artist : ゴミ。ディザスターや停戦破りからの回復時など安定度を集中的に上げる場合もあるが、例え一気に5上げても節約できる君主点は50ぽっちである。君主点を金で買うと割り切って一月雇用は有。
    • 異端審問官 / Inquisitor : 改宗プレイならこれ一択、積極的に行う場合にも非常に優秀。
    • 造幣局長官 / Master of Mint : 有能に見せかけたゴミ。インフレはADM70点で-2できるので、年間インフレ-0.1ということは20年でADM70点儲かるという計算になる。下手したら芸術家より弱いが、インフレが自然減少になっているのは精神衛生上有効。
    • 自然科学者 / Natural Scientist : 単純な収入増、工場が揃い始める中盤終盤向き。
    • 哲学者 / Philosopher : 高い威信の補正は優秀弱い国向け、逆に威信を高く保ちやすい強国には不要。
    • 神学者 / Theologian : 反乱引き延ばしに有用、防止とまではいかない。
      国教の州が多く、征服地の不穏度が低めな欧州やイスラム圏向けか。
    • 会計官 / Treasurer : 単純な収入増。税収のウェイトが大きい序盤向き。

外交顧問 / Diplomatic Advisor

種類名原語効果Lv3顧問イベントのボーナス備考
植民地総督Colonial governor関税+10%補正「より多くの関税/More Tariffs」
・関税/Global Tariffs+10%
・植民者を1人以上持っていないと出現しない
・自国が植民国家だと出現しない
外交官Diplomat関係の改善+20%外交君主力+50・Nobilityから雇用可能
海軍改革者Naval reformer海軍士気+10%補正「海軍投資/Naval Investment」
・外交技術コスト-10%
海洋探検家Navigator植民範囲+20%補正「熟練した海洋探検家/Experienced navigator」
・植民範囲/Colonial Range+10%
・植民者を1人以上持っていないと出現しない
諜報頭Spymaster諜報網構築+25%補正「諜報頭/Spymaster」
・諜報網構築/Spy Network Construction+15%
・外国スパイ探知/Foreign Spy Detection+15%
政治家Statesman外交評判+1補正「政府投資/Government Investment」
・統治技術コスト-10%
交易商人Trader交易効率+10%外交君主力+50・Dhimmiから雇用可能
  • 寸評
    • 植民地総督 / Colonial governor : 関税は微々な為、無価値。*1
    • 外交官 / Diplomat : 関係改善=AEの減少速度なので非常に有用。
    • 海軍改革者 / Naval reformer : 海戦前にあれば良い
    • 海洋探検家 / Navigator : 序盤のあと一歩での植民に役立つことがある。
    • 諜報頭 / Spymaster : 領有権の捏造を行う頻度が高い序盤は○。
    • 政治家 / Statesman : 外交評判は外交の様々な補正になるので有用。
    • 交易商人 / Trader : 収入増。特に交易立国の欧州では有効。

軍事顧問 / Military Advesor

種類名原語効果Lv3顧問イベントのボーナス備考
陸軍組織者Army Organizer陸軍扶養限界補正+10%補正「優秀な陸軍組織者/Brilliant army organizer」
・陸軍扶養限界補正/Land Force Limit Modifier+10%
陸軍改革者Army Reformer陸軍士気+10%補正「陸軍投資/Land Investment」
・軍事技術コスト-10%
・Cossacksから雇用可能
司令官Commandant規律+5%補正「激励する指揮官/Inspirational leader」
・規律/Discipline+10%
偉大な隊長Grand Captain陸軍維持費-10%補正「真に偉大な隊長!/A Truly Great Captain!」
・陸軍士気/Morale of Armies+20%
募兵長Master Recruiter人的資源+10%補正「並外れた募兵長/Extraordinary Master Recruiter」
・陸軍士気/National Manpower Modifier+10%
・Tribesから雇用可能
軍事技術者Military Engineer要塞防御+20%補正「優れた防衛思想/Great Defensive Thinking」
・要塞防御/Fort Defense+20%
・要塞維持費/Fort Maintenance-25%
需品将校Quartermaster補充速度+33%補正「有能な需品将校/Competent Quartermaster」
・補充速度/Reinforcement speed+15%
  • 寸評
    • 陸軍組織者 / Army Organizer : 顧問死亡時に混乱するので登用はお勧めできない。生かせるとしたら同君連合や属国になり、一時的にFLが下がった場合か。
    • 陸軍改革者 / Army Reformer : 非常に優秀な能力。
    • 司令官 / Commandant : 序盤は士気、それ以外はこれを選んでおけば間違いはない。
    • 偉大な隊長 / Grand Captain : 軍隊維持費が肥大する終盤には効果が高い。
    • 募兵長 / Master Recruiter : 戦争と戦争の合間の回復期間にいるとありがたい。
    • 軍事技術者 / Military Engineer : 使い道はほぼないだろう。
    • 需品将校 / Quartermaster : 激戦での回復速度は大事だが士気や規律の方が大事

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 連隊長や小隊長の仕事の一つに訓練済みの兵員の確保があったそうな -- 2018-08-01 (水) 18:19:53
  • スタートで規律アップの顧問がいなきゃリセマラだな -- 2019-07-29 (月) 04:07:10
  • 士気アップの顧問『せやろか?』 -- 2019-07-30 (火) 05:03:36
  • 規律が重要なのはわかるんだけど、やっぱり士気の高い敵とは戦いたくない。特に信仰の保護者になったフランスとか本当にカッチカチで手に余る -- 2020-01-12 (日) 16:44:36
  • 個別の戦闘で敗走することによる戦勝点減、敗走中の軍の使用不可、最悪の場合の殲滅リスクを考えると、士気もバカにできないよね。規律差によってキルレシオで勝っているのに、戦闘に負けることが起こりうるのが士気の影響。 -- 2020-01-12 (日) 16:54:12
  • 顧問の宗教が違うと何か影響ありますか? -- 2020-03-09 (月) 09:38:16
  • ハッキリ覚えてないけど「なんで異端異教徒が宮廷にいるんだ」みたいなイベントが起こる。それで選択によっては顧問が宮廷を去る -- 2020-03-09 (月) 18:44:53
  • スッキリしました。ありがとうございます。 -- 2020-03-10 (火) 06:52:52
  • 伝統やら威信やらで士気が稼げないスタート時点の士気顧問は規律顧問にも勝るよ。 -- 2020-03-22 (日) 12:43:41
  • 異端審問官は、僧侶階級のミッション達成で半額の人を雇えるからとてもありがたい。ミッションも難易度低い。他の半額顧問は発生条件が特殊だったり、ミッションの難易度が高かったりで使いにくい。 -- 2020-12-20 (日) 10:17:46
お名前:

*1 他の関税補正と組み合わせて関税を爆上げし、植民地国家を経済的に締め上げることで独立欲求を抑える、という考え方もあるとか

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-03 (土) 01:42:29