データ

各国固有のNational Ideaの一覧です。
NIはIdeaグループ中のIdeaを3つ選択するごとに1つアンロックされ、
7つアンロックすることで最後にボーナス効果をアンロックできます。
ver1.30までの国は一通り追加しましたがver違いによる変更、誤記等ございましたら修正お願いします。

伝統 / Traditon : 国家が初期から持っている効果
宿願 / National Ambition : すべてのNIを取得した際に得られる追加効果

英語のほうが分かりやすいという人は英語版Wikiもどうぞ。
「この国の知識に自信がある」「この用語の意味がわかる」等の方がいらしたら、備考欄に解説を加えていただければ幸いです。

※国名の右の、v1.XXは、そのデータを確認した最後のバージョンです。


このページは索引です。各国のNIは所在大陸ごとに分散して掲載しています。
以下のリンクから、地域ごとの一覧に飛べます。

以下に、NIを持つ国を、地域ごとに掲載してあるので、調べたい国がどの地域に含まれているか分からないときは、まずここを参照して下さい。

最新(Ver1.29→Ver1.30)の変更点

・仕様変更により「宗教寛容度がマイナスでもペナルティー無し」から「異教・異端の州からのペナルティー無し」に変更された
・領有可能ステート数(Number of states)の効果が一律廃止された
┗ステート/テリトリー周りの仕様変更の影響、代わりに政府管理限界(Governing Capacity)の効果に変更されている
・傭兵枠(Available mercenaries)の効果が一律廃止された
┗傭兵に関する仕様変更の影響、代わりに傭兵人的資源(Mercenary Manpower)の効果に変更されている
・イングランド(England)NIでレッドコート(Redcoats)に「海兵隊扶養限界+5%」の効果が追加
・グレートブリテン(Great Britain)NIに以下の変更
  - 合同法(The Acts of Union)の効果が「領有可能ステート数+3」から「政府管理限界+10%」に変更(再掲)
  - ブリタニアよ大海原を支配せよ(Britannia Rules the Waves)に「海兵隊扶養限界+10%」の効果が追加
・スウェーデン(Sweden)NIに以下の変更
  - スウェーデン絶対主義(Swedish Absolutism)の効果、「絶対主義」が「+0.2/年」から「+1/年」に変更
  - 連合と安全保障法(Union and Security Act)の効果、「人的資源」が「+10%」から「+20%」に変更
・カスティーリャ(Castile)NIに以下の変更
  - 伝統の効果が「宣教師+1」から「海兵隊扶養限界+5%」に変更
  - スペイン宗教裁判(Spanish Inquisition)に「宣教師+1」の効果が追加
・デンマーク(Denmark)NIに以下の変更
  - 伝統の効果が「正当性+1/年」から「税収+10%」に変更
  - 宿願の効果が小型船攻撃力+15%から海軍交戦幅+10%に変更
  - 信教の自由とは神の否定である(Religious Freedom is Atheism)から北欧支配者の遺産(Nordic Rulers Legacy)に変更
    ┗合わせて効果も「国境寛容度+2」「教会権力+10%」から「白兵ダメージ+10%」に変更
    ┗順番も7番目から1番目に移動、1番目から6番目のアイデアはそれぞれ1つずつ後ろにズレた
  - 農奴制(Vornedskab)の効果が「人的資源回復速度+10%」から「人的資源+20%」「水夫数+20%」に変更
  - 古き海軍の伝統(Old Naval Traditions)の効果が「海軍伝統+1/年」から「海軍式+10%」「艦船撤退確率+5%」に変更
  - レンテカムメルの設立(Found the Rentekamme)の効果が「税収+10%」から「建造物コスト-15%」に変更
  - クレーデカムメルの再編成(Reorganize the Klaedekammer)の効果、「海軍維持費」が「-10%」から「-15%」に変更。「水夫維持費-10%」は削除
・プロイセン(Prussia)/ブランデンブルク(Brandenburg)NIが分離、伴って以下の変更
  - プロイセンの1番目のNIとしてチュートン騎士団の遺産(Legacy of the Teutonic Knights)「安定度コスト-10%」「国教寛容度+1」が新規に追加
  - プロイセンの2番目のNIとしてプロイセンの兵隊王(The Soldier-King of Prussia)「陸軍伝統低下-1%/年」が新規に追加
  - 貴族士官(Noble Cadets)の効果が「陸軍伝統低下-1%/年」から「貴族階級の忠誠度均衡値+10%」に変更
  - 王室裁判所の創設(Found the Kammergericht)、荘園の分断(Divide the Estates)はブランデンブルク(Brandenburg)NIへ移動
  - ブランデンブルクNIの伝統及び宿願は新規のものが割り当てられた
  - ブランデンブルクNIの1,4,5,6,7番目のNIが新規に用意された 詳細は個別ページで
・ポルトガル(Portugal)NIに以下の変更
  - 伝統の効果、「交易効率」が「+5%」から「+15%」に変更。また、「交易範囲+30%」から「植民範囲+25%」に変更
  - 航海王子の遺産(Legacy of the Navigator)の効果が「水夫数+25%」「植民範囲+25%」から「船を失った際の士気への影響-33%」「艦船撤退確率+5%」に変更
  - 未信仰の地(Land before Faith)が6番目から4番目に移動
  - バンデランテスの奨励(Encourage the Bandeirantes)が4番目から5番目に移動
  - 絶対王政(Royal Absolutism)が5番目から6番目に移動し、効果の「絶対主義」が「+0.1/年」から「+0.5/年」に変更
  - ギルド開放(Open up the Guilds)から築城・砲術・製図王立学校(Royal Academy of Fortification, Artillery and Drawing)に変更
    ┗合わせて効果も「交易効率+10%」から「砲兵戦闘力+10%」「要塞防御+10%」に変更
・バイエルン(Bavaria)NIが専用国家NIからグループNIに変更
  - 適用条件が「バイエルン(Bavaria)である」から「主要文化がバイエルン(Bavarian)である」に変更
  - 合わせて処女懐胎の(以下略)の効果が「安定度コスト-10%」から「陸軍伝統+0.5/年」に変更
・朝鮮(Korea)NIで亀甲船(Geobukseon)の効果、「船舶の耐久力」が「+5%」から「+10%」に変更
・ボヘミア(Bohemia)NIに以下の変更
  - ワゴン陣地(Wagenburg)の効果、「歩兵戦闘力」が「+5%」から「+10%」に変更
  - チェコナショナリズム(Czech Nationalism)の効果が「敵対的コア化コスト+50%」から「君主と同一文化の顧問コスト-25%」に変更
・大越(Dai Viet)NIに以下の変更
  - 伝統の効果が「敵対的コア化コスト+50%」から「文化転向コスト-15%」に変更
  - 順天(Thuan Thien)の効果に「天命増加+0.05」が追加
・サヴォイ(Savoy)NIの適用条件からサルディーニャ=ピエモンテ(Sardinia-Piedmont)が削除
┗サルディーニャ=ピエモンテ(Sardinia-Piedmont)は新規NIが追加された
・ザクセン(Saxony)NIでアルブレヒトとエルンストの血統(Albertine and Ernestine Lines)の効果が「後継者誕生確率+50%」から「外交官+1」に変更
・アメリカ合衆国(United States)NIに以下の変更
  - 伝統の効果が「宗教的統一性+20%」から「海兵隊扶養限界+10%」に変更
  - 信教の自由(Freedom of Religion)の効果が「寛容度がマイナスでもペナルティ無し」から「異端寛容度+5」に変更
  - 3番目のアイデア名がマニフェスト・デスティニー(Manifest Destiny)に変更 効果は変わらず
  - インディアンの排除(Indian Removal)から自由の国(Empire of Liberty)に変更
    ┗自由の国(Empire of Liberty)はもともと3番目のアイデア名だったもの
    ┗合わせて効果が「植民地域の海外領土に請求権付与可能」から「自治度変化-0.0.25/月」「テリトリー最低自治率-10%」に変更
・スイス(Switzerland)NIに以下の変更
  - 伝統の効果が「人的資源+10%」から「傭兵維持コスト-15%」に変更
  - スイス傭兵(Swiss Mercenaries)が2番めから1番目に移動、効果も「傭兵維持コスト-15%」から「傭兵人的資源+50%」「傭兵の規律+5%」に変更
  - スイスの寛容(Swiss Tolerance)が5番目から2番目に移動
  - スイス連邦(The Swiss Confederation)が1番目から3番目に移動
  - アルプスの要塞防御(Alpine Fort defense)が3番目から4番目に移動、効果に「要塞防御+25%」が追加
  - 平和と繁栄のオアシス(Oasis of Peace and Prosperity)が4番目から5番目に移動
・ブルターニュ(Brittany)NIでブルターニュの独立の歴史(Legacy of Breton Independence)の効果が「敵対的コア化コスト+25%」から「信心+1/年」「正統性+1/年」「共和制伝統+0.3/年」に変更
・プエブロ(Pueblo)NIで宿願の効果が「正統性+1/年」から「陸軍士気+10%」に変更
・アフガニスタン(Afghanistan)NIで宿願の効果が「敵対的コア化コスト+50%」から「将軍コスト-33%」に変更
・ワラキア(Wallachia)NIで伝統の効果が「敵対的コア化コスト+50%」から「要塞防御+20%」に変更
・キプロス(Cyprus)NIでフランク人十字軍戦士(Frankish Crusaders)の効果、「陸軍伝統」が「+1/年」から「+0.5/年」に変更
・シレジア(Silesia)NIでグウォグフ(Glogow)、オポーレ(Opole)にも適用されるようになった
┗Ver1.30で新規に追加された国家、さらに言うとシレジアがform国家となってGC開始時にシレジア地域に新規に存在する用になった国家
・モルダヴィア(Moldavia)でヴラフ人(Vlachs)の効果が「敵対的コア化コスト+25%」から「文化転向コスト-10%」に変更
・チェルケシア(Circassia)NIで伝統の効果が「敵対的コア化コスト+50%」から「要塞防御+20%」に変更
・エルサレム(Jerusalem)NIで伝統の効果が「異教寛容度+1」から「宣教師維持コスト-25%」に変更
・ホルシュタイン(Holstein)NIで王国と帝国の間(Between a Kingdom and the Empire)の効果が「敵対的コア化コスト+25%」から「外交評判+1」に変更
・オルレアン(Orleans)NIに以下の変更
  - 伝統の効果が「交易誘導+10%」から「交易力+10%」に変更
  - 宿願の効果が「建造物コスト-10%」から「君主の外交スキル+1」に変更
  - オルレアン攻囲(Seiges of Orleans)からムッシュ・ドルレアン(Monsieur d'Orleans)に変更
    ┗合わせて効果が「要塞維持費-15%」から「威信+1/年」に変更
  - オルレアンの港(Port of Orleans)からオルレアンの乙女(The Maid of Orleans)に変更
    ┗合わせて効果が「州からの交易力+10%」から「陸軍士気+10%」「女性将軍が登用可能になる」に変更
  - 3番めのアイデアが信仰と信心(Faith and Devotion)、効果が「国教寛容度+2」に変更
    ┗3,4番目のアイデアがそれぞれ4,5番目に移動し、5番目のアイデアであるオルレアン大聖堂(The Cathedral of Orleans)は削除
    ┗合わせて効果が「植民地域の海外領土に請求権付与可能」から「自治度変化-0.0.25/月」「テリトリー最低自治率-10%」に変更
  - ロワール川流域のシャトー(Chateaux of the Loire Valley)が4番目から5番目に移動、効果が「威信+1/年」から「建造物コスト-10%」「建造期間-10%」に変更
  - 6,7番目のアイデアの順序が入れ替わった
・スライゴ(Sligo)NIでスライゴの城の再建(Rebuild the Castle of Sligo)の効果が「敵対的コア化コスト+25%」から「要塞防御+15%」に変更
・アンスバッハ(Ansbach)NIに以下の変更
  - 伝統の効果が「交易品生産量+10%」から「外交評判+1」に変更
  - プラッセンブルグ(Plassenburg)からアンスバッハのファイアンス焼き製造所(Ansbacher Fayencemanufaktur)に変更
    ┗合わせてアイデアの場所が3番目から6番目に移動、4,5,6番目のアイデアは一つずつ繰り上がり
    ┗合わせて効果が「外交評判+1」から「交易品生産量+10%」に変更
・ハノーファー(Hannover)NIに以下の変更
  - 伝統の効果が「騎兵戦闘力+10%」から「国外ノードにおける交易力+10%」に変更
  - シュッツェンフェスト(Shützenfest)の効果に「陸軍射撃ダメージ+5%」が追加
  - ハノーファーの大使館事務局(Hanoverian Chancery)の効果が「外交評判+1」から「外交関係上限+1」に変更
  - 王の軍隊(King’s Legion)の効果、「被射撃ダメージ」が「-10%」から「-15%」に変更
・オファリー(Offaly)NIでギャローグラス(The Gallowglasses)の効果、「傭兵雇用コスト」が「-15%」から「-5%」に変更
・リエージュ(Liege)で信仰(Religious Devotion)の効果に「正統性+1/年」が追加
・ラージプート(Rajput)グループNIで伝統の効果が「敵対的コア化コスト+50%」から「外交評判+1」に変更
・イタリア諸侯(Italian)グループNIでイタリア貴族社会(Italian Aristocracy)の効果、「敵対的コア化コスト+25%」が削除「外国の諜報検知力」が「+5%」から+「20%」に変更
・ゴンド(Gond)グループNIで伝統の効果が「敵対的コア化コスト+50%」から「陸軍士気+10%」に変更
・中国(Chinese)グループNIで天子(Son of Heaven)の効果に「天命+0.05」が追加
・ガルジャート(Garjati)グループNIで伝統の効果が「敵対的コア化コスト+50%」から「要塞維持費+15%」に変更
・新規の国家NIとして、以下55ヶ国が追加。詳細は個別ページで。
ノルマンディー(Normandy)ピサ(Pisa)バイロイト(Bayreuth)ニュルンベルク(Nuremberg)バンベルク(Bamberg)
ドイツ(Germany)神聖ローマ帝国(Holy Roman Empire)サルデーニャ=ピエモンテ
(Sardinia-Piedmont)
イピロス(Epirus)ロタリンギア(Lotharingia)
フランケン(Franconia)ラウジッツ(Lusatia)ツィリ(Cilli)シチリア(Sicily)ヴェストファーレン
(Westphalia)

シュヴァーベン(Swabia)ブラウンシュヴァイク(Brunswick)リューネブルク / カレンベルク
(Lüneburg / Calenberg)
ウルム(Ulm)フランクフルト(Frankfurt)
ケルン(Cologne)マインツ(Mainz)トリーア(Trier)三同盟(Three Leagues)ブランデンブルク(Brandenburg)
ジュネーヴ(Geneva)フェラーラ(Ferrara)ウルビーノ(Urbino)ボローニャ(Bologna)マントヴァ(Mantua)
ペルージャ(Perugia)サルッツォ(Saluzzo)モンフェッラート(Montferrat)シエナ(Siena)ルッカ(Lucca)
ヴェローナ(Verona)ダルマチア(Dalmatia)サルデーニャ(Sardinia)コルシカ(Corsica)ドルトムント(Dortmund)
ブレゲンツ(Bregenz)ローテンブルク(Rothenburg)アンハルト(Anhalt)オーストラリア(Australia)ザクセン=ラウエンブルク(Saxe-Lauenburg)
ベルク(Berg)トレント(Trent)ヘルツェゴビナ(Herzegovina)ジーランディア(Zealandia)アラスカ(Alaska)
カスカディア(Cascadia)アイスランド(Iceland)西インド諸島(West Indies)ソノラ(Sonora)バーモント(Vermont)
・新規のグループNIとして、シュヴァーベン都市国家(Swabian City-State)が追加。詳細は個別ページで。

東欧

中欧

各国NIスカンディナヴィアアイスランド(Iceland)ゴットランド(Gotland)サーミ(Sapmi)スウェーデン(Sweden)
デンマーク(Denmark)ノルウェー(Norway)フィンランド(Finland)
北ドイツアーヘン(Aachen)アンハルト(Anhalt)ヴェストファーレン
(Westphalia)
クレーフェ(Cleves)
ケルン(Cologne)ゴスラー(Goslar)ザクセン(Saxony)ザクセン=ラウエンブルク
(Saxe-Lauenburg)
神聖ローマ帝国
(Holy Roman Empire)
ディトマールシェン(Dithmarschen)テューリンゲン(Thuringia)ドイツ(Germany)
トリーア(Trier)ドルトムント(Dortmund)ハノーファー(Hanover)ハンブルク(Hamburg)
ブラウンシュヴァイク(Brunswick)フランクフルト(Frankfurt)ブランデンブルク(Brandenburg)ブレーメン(Bremen)
ヘッセン(Hesse)ベルク(Berg)ボヘミア(Bohemia)ポメラニア(Pomerania)
ホルシュタイン(Holstein)ミュンスター(Münster)モラヴィア(Moravia)ラウジッツ(Lusatia)
リューネブルク / カレンベルク
(Lüneburg / Calenberg)
リューベック(Lübeck)ロタリンギア(Lotharingia)
南ドイツアンスバッハ(Ansbach)ヴュルツブルク(Wurzburg)ヴュルテンベルク(Wurttemberg)ウルム(Ulm)
オーストリア(Austria)三同盟(Three Leagues)シュヴァーベン(Swabia)ジュネーヴ(Geneva)
スイス(Switzerland)ツィリ(Cilli)トレント(Trent)ニュルンベルク(Nuremberg)
バーデン(Baden)バイロイト(Bayreuth)バンベルク(Bamberg)プファルツ(The Palatinate)
フランケン(Franconia)ブレゲンツ(Bregenz)マインツ(Mainz)ローテンブルク(Rothenburg)
イタリアイタリア(Italy)ヴェネツィア(Venice)ヴェローナ(Verona)ウルビーノ(Urbino)
教皇領(The Papal State)コルシカ(Corsica)サルッツォ(Saluzzo)サルデーニャ(Sardinia)
サルデーニャ=ピエモンテ
(Sardinia-Piedmont)
シエナ(Siena)ジェノヴァ(Genoa)シチリア(Sicily)
トスカーナ(Tuscany)ナポリ(Naples)ピサ(Pisa)フェラーラ(Ferrara)
ペルージャ(Perugia)ボローニャ(Bologna)マントヴァ(Mantua)ミラノ(Milan)
モンフェッラート(Montferrat)ルッカ(Lucca)ローマ帝国(Roman Empire)
グループNIイタリア諸侯(Italian)神聖(Divine)シュヴァーベン都市国家
(Swabian City-State)
ドイツ諸侯(German)
バイエルン(Bavaria)

西欧

北アフリカ

南アフリカ

中東

インド

東南アジア

東アジア

タタール

北米

中南米

オセアニア

各国NIオーストラリアオーストラリア(Australia)ジーランディア(Zealandia)
モルッカ
オセアニア

汎用 v1.19

専用NIを持たない国の汎用NI

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統安定度コスト-10%
顧問コスト-10%
軍隊保全Preserve our troops規律+2.5%
税制改革Tax Reform税収+5%
契約の定型化Regulated Contracts傭兵雇用コスト-10%
契約法Contract Law交易力+5%
農民徴兵Peasant levy人的資源+5%
商人の地位保証Mercantile Status交易誘導+5%
土地保有権の強化Strengthening Land Tenure生産効率+5%
bonus.png野望税収+10%

衛星国 v1.25

属国の一形態である衛星国のNI

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統陸軍士気+10%
コア化コスト-10%
自治Self Rule不穏度-2
外国の執行官Foreign Sheriffs税収+10%
要塞化された国境Fortified Border要塞防御+15%
外国の貴族Foreign Magnates生産効率+10%
商業特権Mercantile Privileges州からの交易力+15%
募兵の中心地Recruitment Centers傭兵維持コスト-15%
外国の顧問Foreign Advisors雇用可能顧問+1
bonus.png野望建造物コスト-10%

隠し国家

コンソールを利用することで使用可能となる国。詳しくは英語版Wikiを参照。

ヤン・マイエン(Jan Mayen)v1.22

(・(ェ)・)な国家。いわゆるイースター・エッグというものらしい。
※リンクは長さの関係から英語版。そこから日本語版に辿ってね。
パラドックスではお馴染みのキャラクター?詳しい人補足お願いします。
NIのタイトルも全て熊(bearやGrizzly)と掛けたユーモア溢れるものとなっている。
ちなみに全く同じ名称のノルウェーの島が実在する。

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統コア化コスト-15%
陸軍指揮官白兵+1
Of Noble Bearing威信+1/年
The Right to Bear Arms歩兵戦闘力+20%
Grizzly Terrain敵損耗+1
Keeping our Bearings海軍損耗-15%
Polarized Nation受容文化枠+2
Come Bearing Gifts関係改善+30%
Expand the Bearocracy開発コスト-10%
bonus.png野望陸軍維持費-5%

シンセティック(Synthetics)v1.27

Ver1.27で追加された隠し国家。これもイースター・エッグというものと思われる。
販売元のParadox社のゲーム、StellarisのDLC「Synthetic Dawn」が元ネタ。
いわゆる機械帝国の国家で、独自の政体やらギミックが満載。
NIもぶっ飛んでいる。伝統の連隊雇用コスト-85%は記載ミスではない。
また、もう一つの伝統の被射撃ダメージ+50%も記載誤りではない。つまり、デメリットの伝統になっている。
興味のある方は、こっそりConsoleに「syntheticdawn」と入力してみよう。

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統連隊雇用コスト-85%
被射撃ダメージ+50%
Logic Engines技術コスト-25%
Loyalty Circuits陸軍士気+20%
Durable被白兵ダメージ-25%
Mass Produced陸軍扶養限界+25%
募兵期間-25%
Propaganda Machines侵略的拡大-20%
Harvesters税収+20%
Emotion Emulators外交評判+1
bonus.png野望生産効率+15%

特殊国家

CK2からコンバートし、該当する国が存在するときのみ、これらのNIが適用される。

アサシン教団(Hashashin)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統スパイ防御+25%
敵損耗+1
アサシンの信条Hashshashin's Creedスパイ攻撃+20%自由で華麗なアクションを駆使し、聖地の混乱を鎮めるため十字軍とイスラム勢力双方の指導者を暗殺するゲーム。
流血の回避Avoid Bloodshed外交官+1
イスマイリ・ダル・アル=ヒジュラThe Ismailis Dar al-hijra要塞防御+30%アサシン教団はニザリ・イスマイリ派ともされる。
ダル・アル=ヒジュラは直訳すれば「移住地」や「避難所」であり、アサシン教団の戦術を指す言葉として用いられる。
山岳要塞Mountain Fortresses敵対的コア化コスト+100%イラン北部アルボルズ山中にあるアラムート城を根拠地としていた。
短剣とメモA Dagger and a Note外交評判+3アイユーブ朝スルタン・サラディンは教団攻撃中に毒薬付き短剣と暗殺予告を枕元に残されたことに恐怖し教団と和平、撤退した。
白昼堂々の殺人Murder In the Open反乱支援効率+50%教団は暗殺対象者への懲罰を表明する意図で、広場やモスクでの殺害を実行した。
ハサンのジハドの再開Revive the Jihad of Hassan人的資源回復速度+10%ハサン・サッバーフはアサシン教団(ニザール派)の祖とされる人物。セルジューク朝に対抗してゲリラ戦を展開した。
bonus.png野望守備兵増加速度+10%

アステカ(Aztecs)

Sunset Invasionからセーブデータを引き継いだ場合に適用

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統歩兵戦闘力+5%
顧問コスト-5%
テポチャカリとカルメカクの建設Build the Telpochcalli and the Calmecac技術コスト-5%アステカの平民と貴族の子弟の教育軍事教練の施設
花戦争を制定Enact the Flower Wars不穏度-1生贄にする捕虜を獲得するためだけに戦う儀式的な会戦
ホワイトスキンを侵略Invade the Whiteskins海軍損耗-10%
探検家と征服者が雇用可能となる
国政改革State Administration Reform税収+5%
帝国都市の創設Found the Imperial Cities生産効率+5%
帝国のジャガーとイーグルを鍛えるForm the Imperial Jaguars and Eagles規律+10%アステカのエリート戦士団オセロメー(豹戦士)とクゥアクゥアウーティン(鷲戦士)
帝国の道路網The Imperial Road Network関税+10%アステカは役畜や車両を持っていなかったため、徒歩で移動できるようにと巨大な道路網が敷かれた。
bonus.png野望陸軍士気+10%

イスラエル(Israel)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統正統性+1/年
国境寛容度+1
ディアスポラの終焉End of Diaspora不穏度-1ディアスポラはバビロン捕囚後、ユダヤ人が国家を持たず離散したことを指す。
国家神話の復興National Myths Restored規律+10%
故郷への帰還Return Home生産効率+20%現在のイスラエルがある辺りは「カナンの地」と呼ばれ、ユダヤ人の祖先に当たるアブラハムに対し神から与えらえることが約束された土地であった。
ユダヤ人交易の伝統Jewish Trade Tradition交易誘導+10%
交易収入+10%
ユダヤ人銀行家Jewish Banking利息-1%
流浪の民People of Exile植民地成長+33人/年
選ばれし民The Chosen People敵対的コア化コスト+100%ユダヤ人は神とアブラハムとの契約に基づき、神に特別に選ばれた民であった。
bonus.png野望外交評判+5

インカ(Inca)

Sunset Invasionからセーブデータを引き継いだ場合に適用

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統顧問コスト-5%
要塞防御+20%
キープによる国勢調査記録Census Record Quipo人的資源+5%Quipoは縄の結び目で数をあらわすインカの記述法。
ケチュアの強制Enforce Quechua安定度コスト-5%ケチュアはインカ族の言語。
文字による記録The Written Word技術コスト-10%インカ帝国はその滅亡まで文字文化を持たなかった。
貨幣の創出Official Axe-monies貿易収入+10%斧貨幣(Axe-monies)はインカ各地域で見つかっているブロンズ製の遺物。貨幣の原型だったのではといわれている。
帝国の黄金貿易Imperial Gold Trading商人+1
統治組織の改編State Adminstration Reform税収+5%
帝国道路網の完成The Imperial Road Network関税+10%インカ帝国は全国に道路網と宿駅を整備していた。
bonus.png野望陸軍扶養限界+10%

テンプル騎士団(Knights Templar)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統外交評判+3
異教寛容度+1
ラテン規則Latin Rule規律+10%騎士団内の遵守事項。騎士の有るべき姿を提起した。
銀行信用状Letters of Credit税収+20%騎士団は巡礼者のための一種の手形を発行していた。
十字軍の突撃Assault Troops of the Crusades騎兵戦闘力+10%
ヨーロッパの銀行Bank Of Europeインフレ削減+0.10/年ヨーロッパ各地からの寄進を運営して騎士団は莫大な財産を築いた。
フランスでは非公式の国庫として財政に関与した。
テンプル騎士団企業The Templar Enterprise生産効率+20%
支持基盤The Supporting Infrastructure雇用可能顧問+1
十字軍の伝統Crusader Traditions指揮官雇用枠+1
bonus.png野望人的資源+25%

ヨムスヴァイキング(Jomsviking)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統指揮官白兵+1
規律+5%
ヨムスヴァイキングの規律The Jomsviking Code陸軍士気+10%ヨムスヴァイキングは厳格な規律をもってその統制を維持していた。
ヨムスボルグの伝説Legend of Jomsborg陸軍扶養限界+15%ヨムスボルグはバルト海の南岸にあったとされるヨムスヴァイキングの根拠地。
海軍扶養限界+5%
オーディンの栄光の為にFor the Glory of the Allfather人的資源回復速度+10%Allfatherは神話における最高神を指す言葉。
北欧神話ならばオーディン、ケルト神話ならばダグダなど。
トールの御名においてBy Thor's Name異教グループに対して恒久的なCBを得るトールは北欧神話の雷神。
残念ながらハンマーで敵を一掃してくれたりはしない。
封建制の採用Adopt Feudal System生産効率+10%
ホーグティングの実施Implement the Högting安定度コスト-10%ホーグティングは大集会の意。
武器を持った男子のみが出席を許可されており、集会における決定は神聖視されていた。
ヴァルハラが待つValhalla Awaits威信+1/年ヴァルハラは北欧神話において神々の座であり、戦士が死後に招かれる場所。
bonus.png野望歩兵戦闘力+10%

ローマ帝国(Roman Empire)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統規律+5%
正統性+1/年
パクス・ロマーナPax Romana不穏度-1ローマの統治下による平和を指す言葉。
ローマの遺産Legacy of Rome外交評判+2
S.P.Q.R.S.P.Q.R.安定度コスト-20%Senatus Populusque Romanus:元老院とローマの市民、という意味のラテン語の略語。
ローマ市民に対する呼びかけとして用いられたこの語は、ローマの栄光と誇りを表すものでもあった。
ローマ軍団兵The Roman Legions陸軍扶養限界+15%
歩兵戦闘力+10%
ローマ式建築Roman Architecture生産効率+20%
帝国官僚Imperial Bureaucracy税収+10%
永遠の帝国Imperium Sine Fineコア化コスト-20%英語に置き換えれば「Empire without end」。
ローマ帝国の隆盛を示した言葉。
bonus.png野望人的資源+33%

効果対訳表

効果内容が、ゲーム内の原語でどのように表記されているか、見比べる為の表。

原語効果名メモ
Available mercenaries傭兵枠傭兵を雇うことの出来る限界枠増加
Advisor costs顧問コスト雇用時の支払いと月の給料の両方に影響する
Attrition for enemies敵損耗
Blockade efficiency海上封鎖効率
Build cost建造物コストv1.19で"Construction Cost"に名称変更
Cavalry combat ability騎兵戦闘力
Cavalry cost騎兵コスト騎兵の雇用費、維持費、補充費に影響する。(傭兵の騎兵は維持費、補充費のみ)
Colonial range植民範囲
Construction Cost建造物コストv1.19で"Build Cost"から名称が変更になった
Core-creation costコア化コスト
Cost of reducing war exhaustion戦争疲弊軽減コスト
Covert action relations impact諜報活動が評価に与える影響諜報活動(Covert Action)が発覚した際のペナルティ緩和
Diplomats外交官
Diplomatic reputation外交評判
Diplomatic relations外交枠外交枠。一つの国と何らかの関係(同盟、婚姻、属国関係など)を結ぶと、ひと枠使うことになる。
Discipline規律
Domestic trade power国内ノード交易力あるノードに参加している国のなかで、州交易力が最大である場合またはそのノードを主要貿易港に指定している場合に適用される交易力の補正。過剰拡大によるペナルティを受けない。
Trade power abroadと対になっている
Embargo efficiency禁輸効率禁輸効率。禁輸した際の交易力へのペナルティ増加
Foreign Spy Detection外国諜報網発見力スパイ防御力。防諜。Spy Network Consructionと対応する
Fort defense要塞防御
Galley costガレー船コスト建造費、維持費、アップグレード費の全てに影響する
Galley combat abilityガレー船戦闘力
Global settler increase植民地成長単位は人/年
Global trade power交易力Trade Power全般(州、小型船問わず)にかかる補正
Goods Produced modifier交易品生産量
Hostile attrition敵損耗
Hostile core-creation cost on us敵対的コア化コスト正確には「自国がコア州としている州を他国がコア化しようとする場合のコスト増加」
Imperial Authority(HREの)皇帝権威
Income from vassals属国収入属国から宗主国が受け取る収入にかかる補正
Increased chance of new heir後継者誕生確率
Infantry combat ability歩兵戦闘力
Interest per annum利息
Land attrition陸軍損耗
Land Maintenance Modifier陸軍維持費常備軍の維持費、補充費に影響する
Leader ○○○軍事指揮官○○○○○○の中にはShock=白兵、Fire=射撃、Maneuver=機動、Siege=包囲が入る。LandはGeneralとConquistador、NavalはAdmiralとExplorerの両方に影響する
Leader(s) without upkeep無償指揮官枠枠の上限を超えた指揮官一人ごと、MILの増加が1減る
Legitimacy正統性
Light ship cost小型船コスト建造費、維持費、アップグレード費の全てに影響する
Manpower recovery speed人的資源回復速度
Mercenary cost傭兵雇用コスト傭兵の雇用のみに影響する。[各兵科のベース雇用コスト×150%]がその兵科の傭兵雇用コストのベースで、この150%を減らす
Mercenary maintenance傭兵維持コスト維持費、補充費に影響する
Missionary strength布教強度布教力。宣教師を用いた改宗速度における補正効果。
Morale of armies陸軍士気
National garrison growth守備兵増加速度
National trade power modifier交易力Global trade powerと同じ補正。表記揺れと思われるのでGlobal trade powerと同じ訳にしています
National manpower modifier人的資源
National spy defense諜報網防御
National Unrest不穏度v1.8で導入された叛乱に関わる数値
Naval attrition海軍損耗
Naval forcelimits modifier海軍扶養限界
Naval leader maneuver提督機動海軍リーダーの能力。Mogadishu、Oman、Swahiliにしか存在していないので一般的にここでの「指揮官」という訳は陸軍リーダーを指す
Navy tradition decay海軍伝統低下
Overseas income関税
Possible advisors雇用可能顧問通常3人しか表示されない顧問として雇用できる候補者の数が増える。
一度に雇える人数が増えるわけではない
Prestige decay威信自然減
Privateer efficiency私掠効率
Production efficiency生産効率
Provincial trade power modifier州からの交易力州が発生する交易力
Recover army morale speed士気回復速度陸軍、海軍にそれぞれある
Reduce inflation costインフレ削減コストインフレ=インフレーション
Regiment cost連隊雇用コスト陸軍ユニット全般の雇用費、維持(補充)費が減る(傭兵は維持(補充)費のみ)。
Regiment recruitment time募兵期間新規の連隊を作る際にかかる時間の短縮補正。傭兵にも影響する
Reinforce speed補充速度定数(1ユニット1000)に満たない連隊の補充速度に対する補正
Religious unity宗教的統一性
Rebel support efficiency反乱支援効率レアでNIに持っているのは次の3つだけ。
Hashashin(アサシン教団):+50%、Irish(アイルランド):+25%、The Palatinate(プファルツ):+20%
Ship costs艦船関連コスト建造時、維持費、アップグレード時に効果を発揮する
Shipbuilding time艦船建造期間
Spy Network Consruction諜報網網構築力スパイ攻撃力。攻諜。Foreign Spy Detectionと対応する
Stability cost modifier安定度コスト
Technology cost技術コスト技術レベルを上げるのに必要な君主力を減らす
Time to fabricate claims請求権偽造の所要時間
Time to justify trade conflict貿易紛争正当化の所要時間
Tolerance of heathens異教寛容度異教は別の宗教。カトリックから見るとスンニや神道など
Tolerance of Heretics異端寛容度異端は別の宗派。カトリックから見るとプロテスタントや正教
Tolerance of the true faith国教寛容度国教は自国のメインの宗教。
寛容度全般について:その州が該当する寛容度がプラスなら1点ごとにLocal Unrest−1
マイナスなら1点ごとにLocal Unrest+1.25、Local Tax−10%、Local Goods Produced−10%
Trade efficiency交易効率自国が他ノードにOutgoingさせた金額や交易収入や私掠艦隊から受け取るSpoils of warに影響する。
Trade steering交易誘導交易誘導力。交易点を下流へ流す際(transfer)の補正効果
Trade power abroad国外交易ノードにおける交易力あるノードに参加している国のなかで、州から最大の交易力を得ていない場合およびそのノードを主要交易港に指定していない場合に適用される交易力補正。この交易力は過剰拡大によるペナルティを受ける。
Domestic trade power(首都ノード交易力)と対になっている。
Trade range交易範囲商人を送れる範囲。自国のコア州か属国のコア州、または港湾使用権をもらっている国のコア州から、そのノードの中央の州までの距離が測られ、交易範囲の中なら商人を送れる。(Trade Map Modeで黒い網がかかっているところは交易範囲外のノード)
Unjustified demands不当な要求戦争目標以外の和平条件を突きつけること
Yearly army tradition decay陸軍伝統低下/年
Yearly inflation reductionインフレ削減/年
Yearly legitimacy正統性/年
Yearly navy tradition海軍伝統/年
Yearly papal influence教皇影響度/年当然ながらカトリックでなくなると無意味になる。
スペインNIやホスピタル騎士団NIなどはNIが一つ完全に死に枠になるので注意
Yearly prestige威信/年
Yearly republican tradition共和的伝統/年

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • つか幕府と大名のとこの長文コメを思い起こさせるような文章だなこりゃ。もしかしてあれ書いたのもこの人? -- 2019-07-30 (火) 20:11:08
  • 1.29の更新完了しました -- 2019-09-18 (水) 15:35:36
  • 中欧にブランデンブルクがなくて焦るんだが。なんで東欧のバルトにあるんや?一応北ドイツのはずだが…… -- 2020-03-18 (水) 02:47:02
  • ブランデンブルクがプロイセンアイデアでプロイセンが最初に出てくるのは、プロシア地方(バルト海地域)だからでしょう -- 2020-03-18 (水) 03:13:00
  • ブランデンブルクは↑の人が言っている通り、中のファイルタグ的にプロイセンアイデアになってまして、地域は国家ファイルに記載されている首都を基準にしていて、プロイセンはケーニヒスベルクが首都設定されているせいです。感覚的に分かりにくのは分かるのですが、形態を合わせている都合と思って許容いただけたらと思います。 -- 2020-04-01 (水) 22:52:40
  • ↑+↑×2質問した人です。説明ありがとうございます!ゲームの仕様という形なら仕方ないですね。むしろ変に質問して申し訳ないです……スッキリしました! -- 2020-04-01 (水) 23:29:14
  • ページ容量の都合により、ヨーロッパを三分割、アジアを二分割しました。ご了承下さい。 -- 2020-05-10 (日) 15:48:09
  • 既存NIのVer1.30化しました。新規NIはこれからぼちぼち。 -- 2020-06-13 (土) 18:58:19
  • Ver1.30の更新が完了致しました。新規は専用国家55、グループ1の計56になります。ご参考になれば幸いです。 -- 2020-07-01 (水) 21:40:12
  • ↑お~すごい数。お疲れ様です、ありがとう!! -- 2020-07-02 (木) 06:30:28
お名前:

添付ファイル: fileTraditions.png 273件 [詳細] filebonus.png 272件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-01 (水) 21:42:04