データ
 
本ページの内容は、ver1.24で確認されたものです。
 

 

概要

DLC「Cradle of Civilization」で有効化される、プロフェッショナリズム【 Army Professionalism 】と訓練【 Drilling 】についてのページです。

プロフェッショナリズム / Army Professionalism

プロフェッショナリズムは各国の軍隊が常設軍をどれほど綿密に組織しているのか、傭兵を重視しているのかを表す数値。
軍事UIの上部にあるバーで確認でき、0~100の範囲で推移します。

ボーナス

アビリティ

20ごとに解禁される。

増加要因

減少要因

訓練 / Drilling

訓練は軍隊UI下部のボタンを押すと開始できる。

自国の支配下にない場所(属国の領内など)では訓練は行えない。

ボーナス

関連ディシジョン

陸軍維持費が悪化する代わりに訓練度が上がりやすくなる。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今の所訓練は軍熟練度を稼ぐ為の手段にしかなってないと思うから地味なんだよな… -- 2020-05-20 (水) 22:31:52
  • 後半にかけて拡張し始めると全然たまらなくなる訓練度にしろ熟練度にしろ。戦闘でも溜まる方が現実的だとは思うね。 -- 2020-05-29 (金) 08:33:00
  • 拡張プレイで訓練なんて無理無理、縁のない機能の1つだわ。戦闘で上がるか、指揮官なしでも訓練できるようになるかしないと革新性並みの空気感よ -- 2020-08-22 (土) 04:32:09
  • その点熟練度の方は貴族階級の特権の割引が強いね、アレのおかげで随分と助かっている -- 2020-08-22 (土) 04:35:17
  • 包囲したりとかするとせっかくの訓練度が爆速で減るから野戦向き -- 2020-11-15 (日) 16:06:16
  • プロフェッショナリズム増加計算の陸軍扶養限界は属国による扶養限界増を除いた値かな?属国いる状態で扶養限界ギリで訓練してると年1.2とかで増えてく。 -- 2020-11-22 (日) 11:10:23
  • 徴兵基準の緩和を使うときは、セーブ&ロードしてからやるといいですね。ロードした直後からその月の月末までは自治度0%扱いで人的資源の最大値もアップしてるから、徴兵基準の緩和で得られる人的の量も増える。中盤以降でテリトリーが多いと、効果も絶大。 -- 2020-12-17 (木) 18:04:15
  • 訓練させていても維持費最大なら不穏度減少効果あるから、不穏度下げたいけど軍を遊ばせておくの勿体無い時は訓練させてるな 維持費下げてると不穏度減少効果ないので注意 -- 2020-12-20 (日) 16:05:54
  • 20で作れる補給拠点めちゃくちゃ便利じゃない?今まで傷ついた兵隊は0に併合して本国に帰国させてたけど、これのおかげで内陸戦がすごくやりやすくなった -- 2021-03-13 (土) 16:35:39
  • 補給拠点そこまで便利だったのか?今まではあったとしてもせいぜい敵の国境近くでいつでも殴りに行けるように待機している連隊の待機場所用としてごくまれに使うくらいだったなぁ。多少の人的損耗は無視してた。本当にカツカツなときは沿岸部等補給限界が高い場所まで退避させるか、隊を分割して待機だねぇ・・・。 -- 2021-11-30 (火) 13:24:43
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-28 (木) 00:02:14