各国戦略

実績「鉄の代価/The iron price」とデンマークの現状評価

デンマークでブリテン島のデーンロウ地方(ノーザンバーランド/Northumberlandのプロビとヨークシャー/Yorkshire、イーストミッドランズ/East Midlands、イーストアングリア/East Angliaの各エリア)を征服し、全てデンマーク文化に染め上げる。
Denelaw-480x270.png
おそらく国家変態すると解除されない。

北欧国家は(ゲーム内では)大きく見えてもプロビは少なく貧しく、バルト海交易で儲かっているように見えてその実南岸国家のほうが交易力強くて貧困しやすい不憫な子である。それでも、パラドやグスタフ=アドルフへのリスペクト、高軍質NIなどの理由からスウェーデンは人気国家である。一方では植民国家の形成や鬼実績のクリアを目指してノルウェーを選ぶ者もいる。しかし忘れてはいけない。1444年時点で彼らはユトランドとシェラン島に居を構えるノルマン人国家デンマークの同君下に過ぎないのだ。プレイヤーが入れば決して不甲斐ない旧宗主国(雑魚)に落ちぶれ他国の属国となり北欧侵攻の口実と化す事態は避けられる(はず)なのである!そのことを理解して頂くため、本攻略ではデンマーク専用実績「鉄の代価/The iron price」達成を目標に大国(?)デンマークのプレイ戦略を紹介する。酪農と地理的形状しか取り柄のない国だ等とは言わせない!!!

概要

0.初動

・ホルシュタインと婚姻
・スウェーデンと関係改善
・スコットランドとノヴゴロドをライバル視
・できればポーランドと同盟(ライバル視されているとフランスと同盟するまで大国と同盟が組めない可能性が高い。)
・リヴォニアのライバル(大抵はポメラニア)と同盟
外交枠があふれるが気にしたら負け。

※1この状態で放っておくとスウェーデンがノヴゴロドに請求権をつけてくれるためこれで開戦する(目的や戦争形式は後述)。
※2また、ルネサンスが発生したら国内のDEVが10に達していないプロビ(主にDIPを)開発するとよい(伝播する)。→海軍扶養限界が25になり、ホルシュタイン併合前にリヴォニアに対する請求権を得られる(ミッション)。無論直接請求権をつけてもいいしスウェーデンがつけてくれるのを使ってもいいが講和前にはこのミッションを発動させたい。

0補足.スウェーデン独立欲求

序盤にスウェーデンをヒストリカルライバルに追加するか選べるイベントが発生することがある。これを承諾してしまうとそれだけで独立欲求が50も跳ね上がる。絶対にやめようね。

1.ノヴゴロド、リヴォニア、スコットランド

リヴォニア、ノヴゴロドはなぜか初手でスコットランドと同盟できる。これを逆手にとりブリテン島に橋頭堡を築くのだ。幸いデンマークは属国AIを初期で3つ持っているため大陸での戦闘、占領は彼らに任せ、自軍はノルウェー領Orkneijar*1に運送しよう。ただしノヴゴロドはそれでもいいがチュートンが出てくる対リヴォニア戦ではポメラニアかポーランドを呼ぼう。以下に三国との戦争の講和で頂きたいものを示す。

対ノヴゴロド
モスクワとの戦争が終わってから攻めよう。AIモスクワは1戦目でノヴゴロド/Novgorodをとっていく(ロシア化阻止はNOCBでないと無理)がネヴァ/Nevaとインゲルマンランド/Ingermanlandはとらない。ネヴァはノヴゴロドノードの経済の心臓でありここをおさえることでロシア経済を逼迫させることができる。インゲルマンランドはリヴォニアまで陸路でつなぐための道である。この2箇所をおさえればあとは講和でよい。先述の通り戦闘は全て属国に任せよう。ノヴゴロドがスコットランドと同盟していないにしても人的や経済の苦しいデンマークにとって戦争は破滅につながりかねない。大人しくシェラン島に引きこもろう。

対リヴォニア
ポーランドかポメラニアを呼んで属国と一緒に相手させる。チュートンがポメラニアを下しホルシュタインを突破してユトランド半島に顔を出すかもしれないが、その頃にはリヴォニア本土は燃えているだろう。ミッションで請求権がつく4プロビをもらっておけば問題はない。この後ダンツィヒとリューベックに請求権をもらえるミッションが使えるが、侵攻自体はそれぞれポーランド、HREが弱った隙に行うのが望ましい。

対スコットランド
スコットランドは外洋に浮かぶ島国だが、初期で大型船を持っていない。つまりこちらも海上封鎖はガレー船で十分である。要塞とプロビをいくらか占領したら個別和平でイングランドとの国境地帯を奪い取ってしまおう。これを橋頭堡にして後々イングランドに攻め込むことになる。もしまだリヴォニア、ノヴゴロドの戦っていない方とスコットランドが同盟を結んでいたとしてもライバルなので次は屈辱を与えてやればよく、同盟を切らせる必要はない。

2.対イングランド戦までの準備

イングランドとの戦いの前にやらなければいけないことは3つ。
①フランスとの同盟:大陸でのイングランド同盟国との戦争を任せる。あとは抑止力。自国がイングランドをライバル視すれば同盟が組みやすくなる。
②イングランドを上回る陸軍の編制:③の結果となる場合が多いか?まあその他の拡張先とかは後述する。
③ノルウェーとスウェーデンの統合:イングランド戦では自国軍はブリテン島で無駄に多いイングランド軍の相手をすることになる。そのときスウェーデンやノルウェーの土地から得られる軍も全てブリテン島に注ぎ込みたい。あと万が一自軍が壊滅したとき独立欲求が増加して戦線離脱されると困る。

2補足.(本編よりも長い)拡張先について

デンマークの主な拡張先は2つ、スコットランド-アイルランド地域とロシア-ポーランド地域である。
前者は特別説明は不要か。イングランドと同盟を結んでいるアイルランドの小国を叩けばほぼイングランドとのタイマンに持ち込めるが準備が整っていないと危険だし準備が整う頃にはそれらは淘汰されている可能性が高い。
後者はポーランド=リトアニア連合が生き生きしている場合はロシアを叩く。ノヴゴロド滅亡後にこれの旧領に属国解放して再征服を行い、その後はモスクワ/Moskvaに向かって(ポーランド=リトアニアの東進を阻むように)南下しよう。南下の目安はノヴゴロドノードの交易中心地である。逆にポーランドが死に体となった場合は(参戦要請却下などで同盟が切れていない場合は)同盟を切るなりポーランドの同盟国に宣戦するなりして攻め込もう。領土割譲はバルトノード交易中心地を最優先とするべきだ。

3.第二次ノルマンコンクェスト

ここまでお膳立てしたらイングランド侵攻にはそこまで苦労しないはずだ。注意点として
①ブリテン島の要塞を壊していると島内における自軍の縦深がなくなる。もう一度スコットランド南部に建てておこう。
②「島だから多少プロビをたくさんとっても大丈夫」と思っていると以外とAEがとぶ。コア化にも時間がかかるため君主の正当性によっては注意が必要。

アイディア

統治系:宗教/Religiousをとると影響とのポリシーで文化転向コストが減る。デーンロウ地方の文化転向に役立つ。他には東進多用するなら統治/Administrative。どちらもロシア方面進出に相性が良いためそっちじゃなければ経済/Economic。全力で植民するなら拡張/Expansion
外交系:影響/Influence必須。二手目では交易/Tradeをとるとよい。リューベックノードに直接流入するノードは北海、バルト、ザクセン、ラインラントと多く、これにポーランドのクラクフやロシアのノヴゴロドからも引っ張ると商人が足りない。ただし、ノルウェー領アイスランドから植民することも可能なため探検/Explorationでもいいだろう。(植民についてだが、ノルウェー残留により植民地を作らせることもできる。彼の国はNIだけで植民できるため補助金を与えるとカリブの小島に植民地国家ができていることもある。)
軍事系:先に言っておくがブリテン島には橋頭堡を築くため海軍/Navalはいらない。攻勢/Offensiveなら陸軍扶養限界が若干増える上軍質も上がるのでおすすめ。

実績「東インド会社茶/Østindisk Kompagni Te」

デンマークで茶のシェアの10%以上を確保せよ。変態したら達成できない。

0.戦略

新大陸や中東にお茶が無い訳ではないが大半は東南アジア大陸部と東アジアにある。これを確保するために東廻り航路でマラッカに到達し北伐する。

1.序盤戦略

手っ取り早く国力をつけるにはブリテン攻略が一番はやいのでこれを倒してできる限り早くコーンウォール/Cornwallを奪おう(植民のため)。あとは植民を進めてケープ/Capeと東アフリカに植民するのだ。ブリテンを倒す方法はこのページの他の記事にいくつか書いてあるのでそちらを参照して欲しい。

2.ザンジバルの確保とマラヤ進出

ここからやることはザクセン陶磁器戦略と変わらない。とにかくザンジバルが交易やDEVの面で強いのでここを征服しよう。できたらマラヤに進出して非朝侯国を早めに叩いてしまおう。また、未植民エリアからもお茶が出土するが多分足りないのでここに植民してお茶を確保するのは諦めて、マラヤについたら植民者は新大陸に向かわせて植民国家を形成し商人をかき集めよう。

3.お茶の確保

交易会社の確保、投資、ブリテンの制圧。この3つをやっておけば中華皇帝相手でもなんとかなるぐらいの軍量をたたき出せるだろう。マップでお茶のある州を確認しながら順次征服していこう。

アイディア

探検/Explorationは必須。宗教/Religiousがあると聖戦CBが使えて征服行が捗る。交易会社や植民地からアホみたいに商人が湧くため交易/Tradeの重要性は低い。軍量/Quantityで陸軍扶養限界を水増しすると明戦で助かる。あとはお好みで。

変態の手引き

後述するNI評価でも書くが、デンマーク軍は(特に陸軍軍質が)ゴミクズである。しかしカルマル同盟の盟主としてスウェーデン、ノルウェーを配下に従えていることから初期の軍事力が非常に高い割にDEVが低い。したがって強引な主要文化の転向により国家変態を行うことでもっと強いNIを手に入れてしまえばこの問題は解決する。それどころか変態先の国で北欧を征服するよりも楽*2である場合が多い。というわけで以下にデンマークからの変態が比較容易な国家と変態までの流れを解説していく。

文化転向

ほとんどの国家変態においては変態先の国家に見合った文化を主要文化とする必要性がある。しかしこれの変更にはステートDEVの合計の半分以上をある文化で占める必要がある。そこで不要な文化のあるステートをわざと解除することである文化のステートDEVが全ステートDEVに占める割合を強引に上げ主要文化を変更するテクニックが存在する。ところで自国コアのステート化には統治点を使うため、この技を使うということは無駄な統治点を代償として支払うことを意味する。したがってできれば様々な地域に拡張して多文化を抱えてしまう前に必要とする文化がある地域に集中して攻め込み文化数やDEVが少ない内に主要文化を転向してしまった方がお得である。

プロイセン

実績戦略の対リヴォニア戦を替わりに対チュートン戦とするのだ。タイミングとしては1450年に同盟国ポーランドを引き連れていく場合が一番成功しやすい。ただしプロイセン化にはダンツィヒ/Danzig、エルムランド/Ermland、ケーニヒスベルク/Königsbergが必要とされる上主要文化がプロイセンである必要がある。そのため必要とされる3プロビを確実におさえ、できれば他のプロイセン文化地域も二戦目に取りたい。というわけでポーランドには一戦目の報酬としてKulm(ポーランド文化)を与え、二戦目は単独で攻め込もう。なおダンツィヒをとることでポーランドのヘイトを買うことになるかもしれないがどうせプロイセン化すれば餌として食うことになるため問題ない。

グレートブリテン

別にウェールズやスコットランドといった文化を主要文化としてもいいが大抵はイングランド文化(高DEV)を主要文化とするだろう。最も早いのは百年戦争前にスコットランドやフランスorブルゴーニュと同盟してNOCBでイングランドに宣戦することだ。扶養限界まで陸軍を雇っていればスコットランド+デンマーク陸軍で勝てる。英海軍もノルウェーの長大な海岸線に気を取られうろうろするためうまくいくと大陸側の属国、同盟国も上陸してくれる。多少統治点を犠牲にしても確実性を重視するのであれば、実績攻略と同じようにスウェーデンなどを吸収して十分陸海軍を蓄えてからイングランドを殴りつけてもいい。もちろんアイルランド文化を主要文化としてアイルランド化してもいい。

ロシア

ノヴゴロドを征服した後ポーランドを誘ってモスクワを殺す(ノヴゴロド旧領再征服)。主要文化はノヴゴロドとしよう。こつとしてはネヴァ/Neva(交易中心地+河口)以外のカレリア文化圏はスウェーデンにでも渡しておくと楽に転向できる。そして属国を吸収した後は正教にでも改宗すると強くなっていいと思う(併合前に改宗すると独立欲求が上がってしまう)。モスクワが死んだらポーランドは用済みなのでロシア(元デンマーク)の一部にしてしまおう。

フランス

フランス以外の同盟先に恵まれないブルターニュを早期にNOCBで征服してしまうのがおすすめ。百年戦争及びフランス-ブルゴーニュ戦争によってフランスがパンクしている隙に攻めると取れる。ブルトン文化を主要文化としたらイギリスやブルゴーニュ、イベリア勢と手を組み必要プロビを確保していこう。

NI評価ver1.29

あくまでもデンマークにとっての評価であり一般的なものではありません。

0:伝統/Tradition 1~7:NI順番 8:野望/National Ambition

鬼>

強力>

平凡>
0 正当性+1.0/年
3 税+10%
6 不穏度-1
7 真の信仰寛容+2.0
あって困りはしない
0 船の耐久性+5%
2 海軍伝統+1.0/年
まあ海軍国家なのでそれなりに役立つ。
1 人的回復+10%
強力寄り。継戦能力上がる。
4 海軍&水兵維持費-10%
5 海軍扶養限界+50%
海軍規模が膨れ上がっていく海軍国家にとってはおいしい効果ではあるが…正直海軍扶養限界と維持費は無視される定めにある。後半になるほど微妙な評価なる。

貧弱>

産廃>
8 小型船戦闘力+15%
大量の小型船を有していて活動させながらその海域で戦争をするシチュエーションでも想定しているのだろうか?小国の序盤ならかろうじて利用価値があるかもしれないがデンマークだとなぁ。大型船ならまだイギリス相手に対抗できたんだが…。

総評:北欧で遊びたいだけならこの国は止めておいてスウェーデンを選ぼう。その位弱い。正教パワーのあるロシア陸軍の方が強いため量質共に上回られて絶望する。海外進出するならNI関係でノルウェーの方が絶対に強い(植民セット)。ただし前述の理由から小さい割に初期安全保障は万全のため、変態前提とするなら有り。

デンマークNI(ver1.30で反映予定)

NI名称効果
0 伝統/tradition艦船耐久力+5%、税収+10%
1 Nordic Rulers Legacy陸軍射撃+10%
2 Vornedskab人的資源+20%、水兵+20%
3 Old Naval Tradition海軍士気+10%、離脱率+5%
4 Rentekammer建設コスト-15%
5 Klaedekammer海軍維持費-15%
6 Expanded Dockyards海軍扶養限界+50%
7 Den Danske Low不穏度-1
8 野望/National AmbitionNaval Engagement(翻訳求む)+10%

総評:人的増加と射撃補正で陸軍が多少マシになる。特に強力なのは4の建設コスト減少。特に後半の工場ラッシュの時は非常に役に立つため経済アイディアなどをとってシナジーを狙うのもありだ。海戦を積極的に戦う場合は3の軍質強化が効果を発揮するだろう。変態せずに使用することにも一考の余地はある。ただ効率を求めるならばブリテンかプロイセンに変態した方がいい。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ブリテンも拡張先としてはともかくNIとしてはそんなに強くないような -- 2020-05-21 (木) 22:40:36
  • 規律+5%があるからデンマ野郎よりはよっぽどまし。あと海戦のダイス+1されるドクトリンが使えるのもメリットかも -- 2020-05-21 (木) 22:45:47
  • デンマークと比べればいいかもしれないけど、もっといいNIはあるからなあ。海戦はゴリ押ししやすいとこだし、早期にイングランド処理できるなら海戦に強いNIの必要性のないだろうし。 -- 2020-05-21 (木) 23:08:23
  • 初心者だけど楽しく読ませて頂きました。特にアイディア関連の視点は参考になる。 -- 2020-05-22 (金) 00:37:30
  • 筆者さんはほかに書いた記事ある?ぜひ読んでみたいです -- 2020-05-22 (金) 00:37:49
  • 更新おつです。デンマークにはもう一つ「Østindisk Kompagni Te」の実績があり、こちらは国家変態不可なので、そのことにも触れておいた方がいいかもしれません。はるばる中国まで行って、あとは消化試合だからとぼーっとしてて間違えてスカンジナヴィアに変態してしまった私の悲劇を繰り返さないために! -- 2020-05-22 (金) 04:31:56
  • ↑ 実績攻略ごと載せますのでお待ち下さい -- デンマーク筆者? 2020-05-22 (金) 06:55:57
  • ↑5 そこにチュートン騎士団があるじゃろう -- デンマーク筆者? 2020-05-22 (金) 06:57:14
  • ↑4 結構たくさんあるので探して下さい(ドヤァ 同じ形式のNI評価がついていれば(現状)私が書いたもののはずです 自分で書いたのにNI評価が付いてないものにも今後付けていくつもりです -- デンマーク筆者? 2020-05-22 (金) 07:02:51
  • あとブリテンが効率いいのは主に植民地獲得においてでありプロイセンが効率いいのは主に東欧の征服においてです -- デンマーク筆者? 2020-05-22 (金) 07:18:50
お名前:

*1 スコットランド北の陸路でスコットランドに行ける島
*2 どちらかというと精神面で。損耗がきつくDEVも低い北欧の征服は通常のプレイでは後回しになりやすい。

添付ファイル: fileDenelaw-480x270.png 27件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-22 (金) 08:03:35