各国戦略

本ページの内容は、ver1.29.4で確認されたものです。

背景知識

ナポリは前6世紀に西地中海に進出してきたギリシア人がイタリア半島南部沿岸に築いた植民市である。ラテン語名Neapolis(ネアポリス)は文字通り「新しい都市」であり、ノヴゴロドと同義である。半島の先っちょという地理条件から海からの侵攻を受けやすいのはわかるが、なぜか陸からも(ローマ目当てで来たついでに)侵略されまくるかわいそうな地域である。以下支配勢力年表

BC6C 古代ギリシア人によりナポリ市建設
BC3C 以後しばらくローマの支配下
476 テオドリック朝イタリア王国成立(西ローマご臨終)
493 東ゴート族が(東ローマに厄介払いされる形で)やってきて東ゴート王国成立
568 ランゴバルド人がアヴァール人に追われる形でイタリアに侵入しランゴバルド(ロンバルディア)王国成立
以後は現地貴族と東ローマがごたごたやっているうちに東ローマの体力が尽きる
1030 ノルマン人傭兵のライヌルフ・ドレンゴトがナポリ公よりアヴェルサ伯を与えられ、これ以降ノルマン人傭兵の流入が相次ぐようになる
1130 ノルマン系オートヴィル朝がシチリア・ナポリを統一しシチリア王国が成立
その後はホーエンシュタウフェン家(時のHRE皇帝)の同君下位になったりアンジュー家の本拠地になったりしたがシチリアの晩鐘事件で王国南部(シチリア)がアラゴンの支配下に陥る。
1443 内紛の絶えない北のナポリ王国にシチリア軍(withアラゴン)が侵入、再統一。この段階で1444年を迎えGCとなる。

NI

ナポリと変態先であるシチリア、ついでにイタリアを合わせて記載する

ナポリNI

伝統:交易効率+10%、Institution伝播速度+10%
1:交易品生産量+10%
2:技術コスト-5%
3:開発コスト-10%※要Common Sense
4:陸軍士気+10%
5:造船コスト-10%
6:威信+1/年
7:正統性+1/年
宿願:人的資源+20%
経済面、技術面のバフが多い。陸軍士気や人的資源増加といった最低限の陸軍バフも備えている。開発コストや造船コストを抑えられるので、南イタリアというイタリアにしては貧しい立地でもある程度抗える能力を備えている。正統性や威信増加は、教皇ボーナスと合わせることで両方とも高い水準を維持することが可能。

シチリアNI

伝統:陸軍士気+10%、人的資源+20%
1:技術コスト-5%
2:不穏度-1、全ポリシー枠+1
3:海軍伝統+1/年
4:コア化コスト-10%
5:船舶交易力+20%
6:海軍士気+15%
7:交易品生産量+10%
宿願:威信+1/年
変態直後から伝統で陸軍バフの恩恵を受けることが可能となる。2番目の全ポリシー枠+1は、1.29までではスウェーデンしか持っていなかったNI効果であり、ポリシーを多用するプレイを可能とする。また、海軍にも大きなバフが与えられており、特に小型船を用いた交易力増加を意識したNIとなっている。不穏度-1は如何なるときも腐りにくく、コア化コスト減少も-10%ながら優秀。ナポリとシチリアを抑えているだけで得られるNIとしてはかなり強力なNIとなっている。

イタリアNI

伝統:世界交易力+20%、関係改善+50%
1:安定度コスト-10%
2:歩兵戦闘力+15%
3:ガレー造船コスト-15%、ガレー戦闘力+20%
4:人的資源+33%
5:税収+15%
6:威信+1/年
7:コア化コスト-25%
宿願:要塞防衛+20%
アホみたいな関係改善バフとコア化コスト-25%という一級品のNIが売り。人的資源+33%もナポリ、シチリアを凌駕している。ただ、ガレー船しか恩恵を受けられない海軍バフ、歩兵しか恩恵を受けられない陸軍バフ、アルパイン線を意識したであろう要塞バフと、総じてピーキーな仕上がりになっている。特に陸軍系のアイデアをとっていないのであれば、変態しない又はNIを変更しないという選択肢も視野にはいるだろう。

実績

Not just Pizza(ピザだけじゃない)  
ナポリで始め、列強となる。

これだけだと面白くないので

Carthago Delenda Est(カルタゴ滅ぶべし)  
イタリア文化の国で始め、チュニスエリアのdevastationを100にする。

自分でチュニスを書いていてあれだが、目標が物足りないとすぐだれるのでこれでいこう。ところでカルタゴは滅ぶべきである(大カトー)。
そしてこれだけでも改革の時代前に達成できそうなので以後はローマ帝国再建を目指すことにしよう。

概要

1.独立戦争

GC時のナポリ王国はアラゴンの支配下にある。まずはカスティーリャやフランスなどを呼んで速攻で独立戦争をしかけよう。ろくな同盟国のいないアラゴンであればカスティーリャだけでも十分勝てるが、オーストリアやブルゴーニュと同盟した場合はフランスを呼ばないと厳しい。フランスと同盟したらリセットだ。都合のいい世界線はけっこうな頻度で存在するため多少リセマラするのをおすすめする。できれば独立時にナポリの旧領シチリア島(とマルタ島)を回収したい。ただし下手に領土を奪い過ぎるとコア化コストとAE飛散が起こる。この後おいしいイベントが起こるので統治点とAEは節約しよう(統治点にナショナルフォーカスを振ってもいい)。領土をとるのであればルシヨン/Perpignanを確保して要塞を壊さずにカタルーニャを属国解放しておくとこの後役立つ。

2.独立戦争2

1459-1495にナポリが正当性90以下の男性君主による統治を受ける独立国でありフランスも独立国であった場合、男爵の反乱/The Baronial Revoltイベントが起こる。フランスが大国(カスティーリャ、ブルゴーニュなど)と同盟していなければここでフランスの同君下位国になる選択肢を選ぼう。このような孤立フランスは周辺の大国を味方につけた国にとって格好の餌であり、この同盟網を組むのに最も都合のよい立場が属国独立戦争である。周辺のフランスをライバル視する国(カスティーリャ、イングランド、ブルゴーニュ、オーストリアなど)複数に独立支援の約束を取り付け、不当な支配を強制する宗主国に襲いかかるのだ。ただし支援の取り付けやアラゴンからの独立が遅れるとフランスNIエラン!/Elan!が発動してしまう。第二次独立戦争の開戦は早いほどいい。この段階でフランスから独立すると同時に地中海沿岸部を奪い取り属国トゥールーズを作成しよう。この後も再征服CBでフランスを解体して行くので無理に領土をたくさん奪う必要はない。

3.フランス解体

この事業は後述の4、5と同時進行的に行おう。フランス解体はいくつかの段階に分かれる。
①独立:2の部分
②トゥールーズ旧領奪還:トゥールーズを併合しガスコーニュを属国解放だ。
③ガスコーニュ旧領奪還:これで南フランスの再征服はできた。トゥールーズコアのないガスコーニュの旧領5~7プロビを返還させてまだ余裕があれば、その北のベリー/Berryと更に北のヌムール/Nemoursを確保したい。そしてヌムールにシャンパーニュを属国解放だ。これはブルゴーニュなどでフランスを解体するときにも非常にお世話になる属国で、パリ周辺に旧領を持ちAEをかなり緩和してくれる。また、ガスコーニュは旧英領にもコアを持つ。実はフランスをアラゴンからの独立戦争に巻き込むなどすることがあると100年戦争が起こらずまだイングランドが南仏にいることがある。ただ2プロビだけなので回収できなくてもガスコーニュは併合してしまって問題ないし、けっこう戦力になるため残しておいて旧領奪還の機会を伺うのも有りだ。いずれフランス解体後はブリテンとも対立することになる。
④ここまで来るとフランスといえども8プロビ以下の中規模国家に落ちぶれていることだろう。AEに気をつけて飲み込んでいこう。

4.アラゴン解体

特筆すべきことはなく、どんどん再征服しよう。カタルーニャの旧領を奪還した際にカスティリョン/Castelloを奪ってカタルーニャ併合後に属国バルセロナを作成して更に再征服だ。カスティーリャにはフランス戦よりもこちらを手伝ってもらうことになる。もしカスティーリャが領土を欲したらアラゴンステートからサラゴサ/Zaragoza以外を少しずつくれてやろう(征服しにくい)。

3,4補足.属国管理にご用心

上に示したように本攻略では属国を多用する。しかし序盤においては一度にもつ属国は2つ、多くても3つまでとするべきだ。実は筆者は後述するチュニジア戦線でも属国トリポリを作った結果全属国(ガスコーニュ、シャンパーニュ、バルセロナ、トリポリ)の独立欲求が爆発して欧州のティムールと化したことがある……独立戦争ではオスマンとマムルークが夢の共闘をして襲いかかってきたぞ(これが因果応報というやつである)。したがっておいしい属国以外の作成は我慢して直接統治しよう。

また、最初期の大国から湧いてくる属国のdevは(旧領全てで)
•トゥールーズ63
•ガスコーニュ109(内英領31)
•カタルーニャ46
•バレンシア44
•ナポリ+シチリア142
となり自国比較でもかなりに大きい。自国がほぼ拡張していないのにこうした属国を完成状態×2持つと独立欲求的に厳しい。(1つでも併合するとそれなりに改善される。)要するに完成状態トゥールーズを併合してからカタルーニャを完成状態にしたほうがいい。

5.チュニジア戦線

チュニスの同盟国にほぼ毎回オスマンがいるために侵攻機会はその都度ばらける。攻略方法は速攻10点和平だ。すなわちオスマン陸海軍がチュニジアに姿を現す前にチュニスの要地を占領して若干の土地を奪うorオスマンとの同盟を切らせるのだ。あとはチュニスとのタイマンに持ち込み土地の上に軍を置いて略奪し続けると実績が達成できる。オスマンとの同盟切断がうまくいかない、オスマンと戦争状態になるのが怖いという方はマムルークへのりこむ橋頭堡だけ確保したら欧州で力をつけてから再度挑むといいだろう。

5補足.チュニジアの荒廃

周辺の大国が軒並み死んだあとに国家解放して実績達成が最も安全。大抵チュニスはオスマンと同盟してて、こちらが弱いと土地を荒廃させる余裕がないのだ。

6.北イタリア、エジプト、ハンガリー

これら3地域は以後ナポリが侵攻することになるであろう場所である。
・北イタリア:影の王国イベントでイタリアがHREを抜けた後から攻められる。最大の敵はAE。同盟網が発達していることがおおいので、同盟国が参戦してこないわずかな時間を見つけて征服しよう。宗教改革後はローマもとろう。

・エジプト:マムルークは大国である。オスマンに食われないか心配な気持ちもわかるが最低50kは用意して望みたい。テクニックとしてはジェルバトラップ(詳しくは各国戦略/チュニス)やキレナイカ回廊の偵察がある。これはキレナイカは隘路になっているため船をエジプト側海域に送ると敵がどの程度の規模で向かってくるか事前に察知できるというものである。

・ハンガリー:ヴェネツィアが周辺に虐められている機会にダルマチア確保→クロアチア属国解放再征服やハンガリー旧領を確保してハンガリー滅亡後に同様に再征服など、わりと進出しやすい。もちろんオーストリア同君下位国になっているときは厳しいが。

これ以後は広範囲に攻め込めるようになるため型にはまった戦略を紹介するのは難しい。しかし南フランスに南イタリア、エジプトをおさえればオスマン、イギリス、HRE、カスティーリャを倒すのはそう難しくはないはずだ。だけどイギリスはとっとと倒そう。

1.30における戦略

このバージョンから、初期のアラゴン王が死去するとナポリでは独立イベントが発生し確実に独立できる。よって独立戦争を仕掛ける必要はない。しかし、シチリアのナポリ中核州を獲得するためにも対アラゴン戦は必須。従って、最初期の対アラゴン戦を念頭に記述する。

対アラゴンシチリア再征服戦争

まずカステラがアラゴンをライバル視していることが大前提だ。イベリアンウェディングを阻止しなければ半島方面への拡張は絶望的。そもそも彼らは基本的にモロッコをライバル指定するので、確実に同盟を結ばれるだろう。また何もせず放置しておけば、ナポリの数少ない拡張先である北アフリカを抑えられてしまう。アラゴンと同盟を組むとこがないカステラと同盟を組み、アラゴンを共に叩くことに集中すべきだ。
次にフランスとも同盟を結べるよう関係改善使者を送りたい。カステラ、フランス双方との同盟を維持することで包囲網が組まれにくくなり、対アラゴン戦での敵側同盟国を殲滅してくれるので戦争が容易となる。あとは北部の安全保障及びカトリックの恩恵を受けるために教皇と同盟、最終的なイベリア乗っ取りの為にポルトガルと婚姻同盟を結ぶことをお勧めする。
まずアラゴン戦は勝つことが絶対なので、戦後処理の仕方を記入する。とりあえずカステラは領土約束の空手形を渡して参戦させていたとしても、信頼度がいくら下がろうが1インチたりとも領土を渡さないでおこう。ジェノヴァに主要ノードを持つナポリにとって、アラゴンの領地は是非ともステートとして利用したい。講和内容はシチリア全土、マルタ島、サルデーニャ島全土、そしてフランス国境部であるルシヨン要塞だ。これで恐らくは99点講和となる。アラゴンを倒すうえで気を付けたいのは、フランスとカステラがアラゴン領土を勝手に切り取らないようにすることだ。その為、ルシヨン要塞を割譲させてフランスからの侵攻経路をシャットアウトしたいし、対アラゴン戦は常にカステラを呼びつけて戦争主導権をカステラに握らせないようにしたい。AIは停戦破りをしないのだ。ルシヨン要塞は次回以降のアラゴン戦で重要なイベリア拠点となる。

正統なる拡張先:北アフリカ

ナポリはミッションでチュニス領に永久請求権を貰えるが、シチリアを抑えられたのであれば自力で請求権捏造をすることが出来る。チュニスがオスマンやマムルークといった大国と同盟する前に、さっさと北アフリカに橋頭保を確保したい。コア化が済んだら貿易会社にぶち込んでしまえ。そこから北アフリカ統一、果てはエジプトを突っ切って東アフリカへ進出することも可能だ。

正統ならざる拡張先:ブリテン

さて、ナポリのあるイタリア半島は開発度が高くHRE諸侯も近くに存在しており、拡張するのにかなりの時間がかかる。ちょっとでも無理をすれば懲罰られて終わる。よってナポリの国力を高めてくれる別の拡張先を検討すべきなのだが、アラゴン領や北アフリカ一帯を抑えても、フランスやオスマンに国力で勝てるかといわれたらちょっと怪しい。よって個人的な考えとなるが、アイルランドにNoCBで宣戦布告し属国化、そこからブリテンに拡張する方針をお勧めしたい。将来の海上帝国を潰すことができるし、大したAEも撒き散らさずに国力を短期間で増大させることが可能だ。あとアイルランド諸侯のミッションで永久請求権を獲得してくれるから、戦争も吹っ掛けやすい。ナポリの国力なら、アイルランド諸侯2つくらい余裕をもって勝てるので、上陸戦も心配ないだろう。アイルランド、スコットランド、イングランドの順で倒し、肥沃なステートを確保したい。因みに、本気でブリテン攻略をするならフランスから軍事通行権と港湾使用権を貰っておくとよい。陸にしろ海にしろユニットの消耗を大幅に減らすことができるはずだ。

同君連合:カスティーリャ

ナポリはイベントで独立するため、カステラ・アラゴンの王朝たるトラスタマラ朝を引き継ぐ。よって、頃合いを見てカステラを同君連合に納めておきたい。あの広大なる領地を1回の戦争で抑えられるのは魅力しかない。植民も勝手にしてくれるので、こちらは別のアイデア修得に集中できる。トルデシリャス条約も関係なしだ。

同君連合:ポルトガル

ポルトガルは同盟先があまりいないので王朝乗っ取りがやりやすい。Avis朝の嫁を貰ったり、あるいは根気よく断絶を待ったりすることで王位請求を図り、乗っ取ろう。AEもフランスと北アフリカくらいしかたまらないので平気だ。

アイディア

統治系:とにかく征服が多いので統治/Administrativeは必要。もっと金満になりたいなら経済/Economic、早めに東進するなら宗教/Religiousがいいか。
外交系:初手影響/Influence一択。海上活動が結構多いので二手目は海運/Maritimeがおすすめ。
軍事系:陸軍軍質も海軍士気もあがる軍質/Qualityもいいが、経済が強い(ジェノバノード)ので軍量/Quantityごり押しも有り。もしも後半にグレートブリテンを残してしまった場合は や む を 得 ず 海軍/Navalを使うことが選択肢に入る可能性が微粒子レベルで存在する。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「ステート」の使い方が間違っているかと思う。 -- 2020-05-04 (月) 12:56:17
  • ↑ご報告ありがとうございます 実はその部分勘違い(devastationをdevelopmentと間違えて)して書いてしまった部分を修整したところだったのですが粗かったようです という訳で改稿しておきました -- ナポリ筆者? 2020-05-04 (月) 13:42:12
  • 独立戦争だとコア州の割譲でも結構aeが飛ぶのがネックだよなぁ -- 2020-05-04 (月) 14:20:57
  • バレンシアとカタルーニャの1州ずつだけとって独立して、2戦目で自コアとともに根こそぎ再征服すりゃいいんじゃないか -- 2020-05-04 (月) 14:33:39
  • ↑2 そうですね ただ終戦後即イベリアウェディングになるとチュニス行きがきついのでマルタ島だけは返してもらいたいです -- ナポリ筆者? 2020-05-04 (月) 15:19:42
  • ↑2 その場合、対フランス独立戦争後の展開が少しきつくなります。10プロビ程度の国が属国を3つ(トゥールーズ、バレンシア、カタルーニャ)抱えることになります。この段階で結構きついのですが問題は第2次アラゴン戦争後の独立欲求です。まあトゥールーズ解放を遅らせるとかの方法で緩和することはできますがこのアラゴンキッズの独立欲求をおさえる方法はdevポチぐらいです。そして属国多用戦略と2回の独立戦争による安定度低下が君主点に重くのしかかります。このリスクを考えた結果掲載していないだけなのでその辺のやり繰りに自信のある方なら多分何とかなります。 -- ナポリ筆者? 2020-05-04 (月) 15:36:08
  • ↑3 やってみてそこまで管理が苦にならないようでしたら追記して頂くかコメントで教えていただければ幸いです -- ナポリ筆者? 2020-05-04 (月) 15:38:11
  • ナポリは次ミッション貰えるから、内容かえなあかんかもね -- 2020-05-04 (月) 21:33:13
  • ↑ ですね 何やらギリシアに侵攻した後イェルサレム化したりアラゴン同君下位にしたりとなかなか面白い感じなので東進南下をメインにしてアラゴン侵略をカットしたりと改稿の必要がありそうです まあナポリは過去に軽く周回した経験を戦略記事にしただけなので現Verでもダメ出しが出るかもしれませんが(汗) -- ナポリ筆者? 2020-05-04 (月) 21:56:01
  • ミラノでプレイするときスペインが成立するとプレイヤーが発狂する国、イタリア。 -- 2020-05-18 (月) 20:05:48
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-26 (日) 00:54:26