各国戦略
 
本ページの内容は、ver1.29.4で確認されたものです。
 

概要

ここでは、ナワトル諸国を代表するアステカを例に紹介する。

中米統一まで

アステカは中米地域で最高のDEV値を持つ国家であり、国内に2つも金山を保有しているほか、固有のNIを持っている。
しかしナワトル宗教の特性として、保有州数ごとDOOMが増加し、100に至ると実質ゲームオーバーとなる*1
序盤は、ライバル視されていない適当な国と同盟しよう。

はじめのうちは1つか2国としか同盟していない国を狙うか、もしくはハイエナする。
ナワトル国家の仕様上、州の割譲は最低限にして、属国化を選んでいく。CBの花戦争で格安、DIPなしで属国化が可能である。
属国化するとその国の戦争を防衛側で引き継げるので、それを利用して属国を増やすのもありだろう。
ただし、これは逆もありうる。つまり、自分の攻めていた国が他国の属国になり、その宗主国どころか、かの国の同盟国すべてと闘わなければなくなることがあり得るということだ。

AEとLDは全く気にする価値がない。はじめを除けば関係のあるすべての国とは同盟関係か停戦が置かれているからだ。
ただし、GC以降、国が増えた影響で包囲網が組まれることもないとは言い切れなくなったので、AEの及びにくいマヤ系国家と同盟を結んで抑止力としておくのもいいかもしれない。
彼らは初期のattitudeこそneutralであるが、関係改善をすればすぐ同盟を結べる。

君主力の価値が低いので外交枠は気にせず、属国を五つ揃えたら宗教改革に臨む。
ボーナスの取得順は、規律→戦争疲弊減少→植民者→外交枠→安定度 が無難だろう。

技術に関しては、軍事は絶対に、それも他国に先行してあげるべきで、君主能力によってはNFをあてるのも視野に入る。
というのも、ナワトルはうかつに州を増やせないので、質的な優位を保つことが勝利の絶対的な条件となるからだ(そのため、軍事顧問に士気or規律が出なければ、リスタートしたほうがよい)。
マヤ系国家は和平で改宗できるので積極的に改宗する。

以下の流れを5回繰り返せば晴れてDOOMの上昇から解放され、さらに中米を統一することでDEV400~500の国を築くことができているだろう。
ちなみに花戦争はまだ可能で、最後の改革後もDOOMは残るので適当な敵を叩いて0にしておくことが推奨される。

西洋人到来とその直後

西洋国のコア州(植民地はダメ、植民地国家は可)と、自国のコア州とを隣接させることで、近代化が可能(このとき花戦争も消滅)だが、そのタイミングにかなりランダム性がある。
1530~80年、時には17世紀を迎えてようやくなどかなりのブレがあり、その間はひたすら内政することになる。

MILは勿論できる限り最新を保つ。特に砲兵の有無は決定的であり、西欧国家は出会ってすぐにでも宣戦してくるので軍質は高くしなければならない。
ADMは、西洋人がやってくるまでに君主にもよるが7~9まで上げることが可能である。
特にアステカはアイデアコスト割引のNIを持っているのでぜひアイデアを取っておくべきだろう。候補に挙がるのは軍事系と宗教、拡張、海運*2だろうか。
外交技術は一切上げる必要がない。金山のDEV,marchantilism,文化転向に投入しよう。
unbalanced researchがどうしても気になるようなら序盤に上げておくと受けるペナルティは小さくなる。
植民地は2つ、テキサスと中央アメリカに植民する。これらの地域は西欧国家が真っ先に植民してくるところであり、植民範囲の都合上、自国州と隣接した地域しか植民地化できないので、自分からできるだけ近づく必要がある。 [#m5e2fac9]

1520年台くらいからは君主力を限界までためておく。原住民国家はinstitutionを一切受容できないので、封建制、ルネサンス、植民地主義、(場合によっては)活版印刷のすべてのペナルティを食らっているので、2300~800ほど貯めることができる。
この君主力は近代化して君主力の最大値が下がっても当月に限り有効なので、一気に技術とアイデアを上げることができる。

アステカはヨーロッパ国家と戦争とイベントで大規模な反乱とRapid Collapse of Societyという補正がつく。
これは全君主力消費+33%、規律-10%、士気-20%という凄まじいものだが、しかし近代化すると翌月に解除されるため、まったく恐れることはない*3

西洋化に関して

Dharma*4が有効である場合、西洋化の際に原住民国家は模範とした国の政府改革をそのまま受け継ぐ。
これが曲者で、植民地国家を模範とした場合、それにならった共和制となってしまう。
君主が若年である場合は選挙を続けて専制から君主制にすればいいが*5、優秀な後継者を頼みにしている場合、共和制になったとたんに後継者が消滅するので、少し待って即位させてから改革すること。

また、グレートブリテンを模範とした場合、絶対主義上限の低いイングランド君主制を採用してしまうので注意しよう。

西洋人との対決

ここまで来れればもはや心配事はない。まず西洋化した時点でアステカは列強入りできる可能性が高い。
ナワトルは面倒くさい宗教だが、その面倒くさい部分は完全に解決されており、
不穏度‐2、士気+10%、規律+5%、植民者+1、戦争疲弊-0.05/月、安定度コスト-20%
というぶっ壊れ宗教と化している。西洋人に戦闘で負けることはよほどでないとあり得ないだろう。

あとは豊かなアンデスをスペインより先に征服し、植民地国家を平らげ*6、十分な国力をつけることができる。

外交については、グレートブリテン、フランス、スペインといった植民国家はことごとくHostileで同盟することは絶望的である。
またオスマンやロシアといった利権の絡まない国は大抵態度が?となっているので同盟することは難しい。
欧州に1州でも獲得できれば欧州国家との距離は狭まるので、距離補正による同盟のマイナス補正は消え、ブランデンブルクやオーストリアといった国と同盟することができる。


*1 細かい仕様の説明は、宗教のページに譲る。
*2 グレートブリテン対策。特に実績狙いなら確実にグレートブリテンと闘う羽目になる。
*3 そのため、技術を一気に上げる際はこのペナルティを受ける。
*4 ちなみに、Dharmaなしだと何の特性もない政体となり、ADMを100払っても性能が変化しない。
*5 おあつらえ向きに、初期の共和国伝統は50である。
*6 新大陸に首都を置く国家は、宗主国の介入なしに戦争できる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-23 (日) 02:37:41