各国戦略

 
本ページの内容は、ver1.30.3で確認されたものです。
 

概要

結構簡単にオスマンは倒せる。運があれば。

かつての仕様では、ダーダネルスを海上封鎖してオスマンをアナトリア側に閉じ込め、バルカンを占領することで勝利することができた。
しかし現状では両岸を支配していれば海上封鎖していようが渡ることができるし、ミッションツリーの変更でランダム性が失われ、歴史的な領土に大量のクレームがつくようになってオスマンはさらに強化された。

と、いうのがver1.29の話。現verである1.30では、オスマンの弱体化などの要因により、ビザンツチャレンジは若干易化した。詳しくは追って説明する。

アルバニアトラップ

現行の仕様でメジャーな戦略の一つは「アルバニアトラップ」と呼ばれる手法である。

初手は同盟できる可能性のある国と関係改善し、片っ端から同盟して抑止力とする。
この戦略は大きく運がからみ、初手でオスマンに宣戦されるとリセットするほかないからだ。
幸いなことに現verでは、オスマンのミッションではコンスタンティノープルにクレームがつかないので、諜報網構築して請求権捏造されるまでの暫くの間は猶予期間がある。
DLCのMare Nostrumが有効ならば防諜コマンドを使って更に少しだけ時間が稼げる。

バージョンアップにより、階級から総主教の権威を貰えなくなり、初手でミハイルのイコン(規律+5%)を取ることはかなり運がよくないと不可能になった。
一方、僧侶階級の特権で士気+5%をとれる。

この戦略はまずアルバニアと関係改善していつでも同盟できるようにして置き、アルバニアがオスマンに宣戦されたらすかさず同盟してヴェネツィア、アルバニア軍とともにオスマンを殴る手法である。
特にアルバニアのスカンデルベグは、君主特性で士気が+5%されている上に、非常に優秀な5-5-5-0の将軍であるため、これと合体して動けば、オスマンの優秀な将軍と序盤のアナトリアユニットにも有利に戦えるだろう。
これは、AIに主導権を取られるうえに各個撃破される危険性もあるが、ビザンツは初期で10k程度を動員できる、場所が場所なら中堅国と扱われる国であろう。
また、今verのオスマンは弱く、アルバニア、ヴェネツィア連合にてこずっていることも少なくない。
また、今verからオスマンの首都であったエディルネが分割され、オスマンの首都要塞はレベル1の内陸となり、大幅に落としやすくなった。

さて、この戦略が成功すればおそらくビザンツは大半のコア州を取り戻し、国力は飛躍するだろう。
戦争リーダーはAIなので、ダーダネルスの対岸などの重要な州を割譲させてくれるかわからない所があるので、個別和平してもよい。
アルバニアのTrustは若干下がるが2~3州を取得する程度に戦勝点は確保できているはずだ。
個別和平しても、アルバニア側の和平で我々にコア州を返還してくれることも多いのであまり心配はいらない。

二回戦、三回戦目ではまだまだオスマンは強国なので、ハンガリーとマムルークを積極的に利用したい。
マムルークははじめは見向きもしてくれないが、一度オスマンを破ると国力差が縮まり、同盟してくれることが多い。また、抑止力としてモスクワとも同盟しておこう。
また、僧侶階級の特権で異端・異教寛容を-2する代わり、ToT+2、布教強度も積み増しできる。正教とは非常に相性がいいのでぜひともとっておこう。

それ以降はオスマンを解体することを考えるタイミングだ。
ブルガリア、エレトナ、あるいはオスマンに攻められたカラマンといった国のコアはオスマンを解体するのに有効だ。
州の文化のPrimary nationである国のコアは時間経過で消失しないので、周辺国に袋叩きにされたオスマン自体を属国にすると、大量のコア州が請求できるが、ヒストリカルライバルなのでLDが+50されてしまう。

ともあれ、瀕死の危機を脱したビザンツは、拡張先の選択肢も多く州も豊かであるため、君もBasileusになる一歩を踏めるはずだ。

ハンガリー同盟戦略ver1.30.2

 別の戦略としてハンガリーとの同盟を活用した戦略を紹介する。概要としてはハンガリーがオスマンをライバル視している世界線でハンガリー・ワラキア・アルバニアと同盟し、停戦の切れる1450年頃に三ヶ国とともにオスマンを叩くというものだ。

 選ぶ世界線はハンガリーとオスマンがライバルが必須であり、ビザンツとジェノヴァがライバルではない(ハンガリーはジェノヴァと同盟しやすい)、ビザンツ・ハンガリーとヴェネツィアがライバルであること、オスマンとクリミアが同盟しないことが望ましい。

 初手でハンガリーと関係改善しつつアルバニア・ワラキア・テオドロ・トレビゾンド・コーカサス三国あたりとできるだけ早く同盟することでオスマンが最初に宣戦するのをを防ぐ。関係改善で足りない場合は外交評判を上げる顧問や扶養限界以上の軍量が必要になる。ハンガリーとの同盟に成功したらアルバニア・ワラキア・ハンガリー以外は同盟破棄してかまわない(1.30になって参戦させれる可能性がある周辺国が上記以外にも増えたという報告がある)。オスマンに諜報網を構築しつつ資金援助をもらうためマムルークと関係改善を行い、1448年中ごろになったらコンスタンティノープルの要塞を有効にして15~20連隊ぐらいまで軍を増強しよう。孤立しており余裕があるならエピロスを攻めて回収しておくとよい。1450年になるとハンガリー・ワラキアとオスマンの停戦が切れ、土地約束でハンガリー・ワラキア・アルバニアなどを引き連れてオスマンに宣戦することが可能だ(1.30では借金を作りやすくなったことと外交評判の顧問が必要な場合があることに注意)。
 開戦までにガレー船をできる限り生産しておけばAI次第では海峡の制海権を取ってアナトリアからオスマン軍を渡らせなくすることや海峡を使った殲滅が可能となるので狙ってみてもよいだろう。

 注意点としてはハンガリーが1450年までに戦争をしていたり、ワラキアで残酷特性のドラキュラが即位した場合は参戦させることができなくなる。また、オスマンが三か国以上と同盟している場合も勝算は低くなる。オスマンが同盟している国として想定されるのはクリミア・白羊朝・ドゥガディル・チュニス・グラナダあたりだ。運が良ければ0~1カ国の場合もある。

 オスマンに宣戦するタイミングだが二通り考えられる。オスマン領のセラニク(マケドニア)が平時で使用停止されている場合とオスマンがアジア側の国と戦争状態なってすぐに背後を刺す場合だ。ここでは1450年になって前者の場合で開戦したことを想定する。宣戦事由はセラニクの再征服にして、防衛の布告や連隊に同盟軍接触の許可を忘れないようにしておこう。兵力は互角、軍質はオスマンが上、将軍ではスカンデルベクやフニヤディ・ヤーノシュなどの名将を擁するこちらが多少は上だ。使用停止で守備兵が0人になっているセラニクは一か月の包囲で確実に落とすことができる。こちらの連隊が少なくない限り、オスマン軍はコンスタンティノープル包囲に向かう可能性が高いだろう。セラニク陥落後の基本方針としては首都エディルネや1.30で追加された要塞のあるGeliboruを落とし、同盟軍とともに会戦で勝つことで戦勝点を50ぐらい稼ぎ、戦争疲弊を赤にすることだ。扶養限界以上の軍量であるため借金がものすごい勢いで増えていくだろうが30程度までは許容範囲で領土奪還後にすぐに返済していくことができる。最悪、コンスタンティノープルを落とされても会戦に勝ち続ければ十分な戦勝点を確保できる。

オスマン戦ポイント

①クリミアは軍も多くその位置から同盟軍の挙動をおかしくさせるため厄介だが首都包囲+その他の州占領で離脱させやすい

②ヨーロッパ側をすべて占領すると同盟軍が自国領内に引き籠ることがある。オスマンがヨーロッパ側の州を占領すると動き出す。ゲームの再起動を試すとAIが切り替わったりするかもしれない。

③海峡の利用や地形を心掛けつつ同盟軍がどこにいるかなども考慮してオスマン軍と戦うかを判断する。

④マムルークなど周辺国は稀にしかオスマンの背後を突かないので期待しない。オスマンを弱らせすぎて周辺がハイエナしだすことも今後の拡張の支障になる場合がある。

 うまくことが進めばコアすべて返還+賠償金で講和できるだろう。自信があるならばハンガリーにも領土を渡す必要はない。最低でも要塞のあるセラニクとエディルネとゲリボルは確保したい。戦後はヴェネツィアなどに宣戦されないよう同盟を確保し、借金の返済、20隻以上のガレー艦隊の整備を進める。オスマン2戦目は属国ブルガリアを作成し、再征服の開戦事由を使う。1万程度のオスマン軍をヨーロッパに渡らせたのちに整備したガレー艦隊で海峡を封鎖することで一方的にオスマン軍を殲滅すことができるためビザンツ単独でも勝利はたやすいがクリミアから迂回する可能性もあるため海峡を封鎖し続けず、黒海に艦隊を派遣して監視しておきたい。厄介なのはクリミアが敵にいる場合で速やかに占領して離脱を狙いたい。また、ハンガリーもブルガリアを狙っているため注意しよう。

 なおハンガリーと同盟して1450年にオスマンを叩くという戦略はアルバニア・セルビア・ワラキア・聖ヨハネ騎士団(ライバル関係によってはヴェネツィアとの両立も可能)などでも難易度・再現性は異なるが可能であるため実績を目指す機会があるならば試してみてほしい。

オスマン戦後~Basileus達成

 2戦目でブルガリアを奪還し、オスマンをヨーロッパからたたき出しても情勢は予断を許さない。ヴェネツィア・ジェノヴァはエーゲ海に居座って虎視眈々とギリシアを狙っており、ハンガリーやポーランドも南下して襲ってくる可能性がある。小アジアではオスマンに代わってマムルークが台頭し立ち塞がるだろう。モスクワ・オーストリア・ハンガリー・ポーランドあたりは同盟国たりえるかもしれないがここぞという時で役に立たないことも多いので依存は避けたいところだ。

 ヴェネツィア・ジェノヴァはDLCのMare Nostrumを導入していると多くの1プロビ国家と同盟を結ぶ通商同盟を設立し、フランスなどの大国を後ろ盾としていることも多く、史実ではライバルであったにもかかわらずビザンツ憎しで組んで攻め込んでくることすらありえる。彼らを東方から永遠に追放するには4万以上の陸軍と迂回宣戦による外交破壊などの工夫を要するかもしれない。スコピエやセルビアなどの山岳地帯に要塞があれば効率的にギリシャ本土を防衛して侵攻してくる敵を撃破できる。

 オスマン亡き後にアナトリア半島に進出してくるマムルーク朝との対決は実績Basileusの達成においても避けて通れないだろう。アナトリアへの進出を急ぎイスラム諸国へのAE管理に失敗してマムルーク朝を中心とする包囲網が形成されてしまった経験を持つプレイヤーも多い。早期にアナトリア半島を掌握しつつイスラム諸国による大ジハードを避けるためにもブルガリア・エレトナ・カラマンといった多くのコアを持つ属国を作成し、再征服cbを使った拡張が必要となる。16世紀のマムルーク朝は6~8万の軍量を誇り、正面から打ち勝つには6万以上は動員したいところだ。ヨーロッパ側に渡らせたのちに優勢なガレー艦隊で海峡を封鎖して退路を断ち殲滅してしまうという手もある。借金や反乱で役に立たないこともあるが健在なら黒羊朝と同盟して参戦させるのもよいだろう。アナトリア半島からたたき出した後もアンタキヤやシドンあたりから属国シリアを作成し、ごっそりとシリアを再征服できればもはや脅威ではないだろう。
ちなみに、ビザンツはアンティオキア、エルサレムの領有*1で総主教の権威が加算されるイベントが発生するので、シリアを開放するのはイベントを待ってからがいいだろう。

 Basileus達成にはクリミア半島の2プロビも必要となるため注意、気づいたらモスクワの同盟国・属国になっていたりする。DLCのPurple phoenixを導入すればビザンツ専用の強力なイベントと大量のミッションを追加できるのでぜひ欲しい。ロシアと正教会を強化するThird Romeも重要だ。個人的にはビザンツでスムーズに拡張するには序盤で軍量などの軍事アイデアを一つとった方がよいように思う。

アイデア選択

焦点となるのは宗教アイデアの扱いである

大まかに2つの考え方がある。
一つは、ビザンツが戦うのは基本的に異教・異端であり、正教は積極的に州を改宗することによって真価を発揮する宗教であることから、聖戦CBを使えて改宗費用を直接・間接的*2に節約してくれる宗教アイデアを最優先で取得するという考え方。この場合は遅くとも2番目*3に取得するのが望ましい。
もう一つは、ビザンツは元々布教強度が高く*4、宣教師を稼ぐ手段が多い*5ことから、宗教アイデアが無くとも普通に改宗プレイが可能なので不要であるという考え方。この場合は代わりに人文アイデアを早期取得して反乱対策をするのが望ましい。ただし、長期的には人文アイデアを取るよりも、宗教アイデアで改宗したほうが州不穏度は下がる。

目安としては、序盤からユスティニアヌス帝みたいな大拡張をしたい場合は、改宗速度が速ければ速いほど良いので宗教取得戦略を、安定性重視で経済強化しつつ無理せず拡張していくなら、改宗速度が過剰になるおそれがあるので宗教非取得戦略をお勧めしたい。あくまでも目安であるが。

 
それ以外のアイデアについて、グループごとに順番に述べていく。

まず軍事系アイデアであるが、序盤においては基本的に避けるべきである。
アイデアの取得のために軍事技術が遅れては元も子もないからだ。
もちろん、軍事に優れた君主がいれば同時並行で上げることも可能なのだが、残念ながらビザンツは初期君主・後継者ともにあまり優秀ではなくMILが不足しがちである。
MILに余裕が出てきたあとで、ポリシーも考慮しながら各自好みの物(言うまでもないが海軍は論外)を取れば良いと思う。

統治系アイデアでは、経済、人文が比較的優秀。
特に人文は、上記の反乱対策もさることながら、受容文化枠が2増えるのが地味に強い。主教座を置けるステートを確保しやすくなるからだ。

最後に外交系アイデアだが、やはり外交・影響が頭一つ抜けているだろうか。
最終的には両方取るのが良いと思うが、ポリシーとの兼ね合いを考えれば、宗教アイデアを取得するなら外交アイデアを優先し、宗教の代わりに人文を取るなら影響を優先した方が良いだろう。

ギャラリー

20200611220758_1.jpg
海峡を使った殲滅の例 海峡封鎖によってオスマン軍の撤退先がないので勝利=殲滅となる
20200625223851_1.jpg

※ver1.30

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 1.30でハンガリーをオスマン戦に参戦させて勝てることを確認。ただアルバニアを土地約束で参戦させれなくなったかも? -- ハンガリー同盟戦略書いた人? 2020-06-11 (木) 20:53:37
  • 同盟即宣戦だとアルバニアが土地約束で付いてきてくれたんで、いけないことはないはず -- 2020-06-12 (金) 14:43:56
  • 自分も普通に行けた。あとロードス騎士団も土地約束で参戦させれたけど前からだっけ -- 2020-06-12 (金) 14:57:58
  • BudgetMonk 氏の How to own as Byzantium 1.30 って言う1446年June にオスマンに戦争仕掛けて勝つって動画見たんですが…似たようなことできる方おっしゃれば何やってるか教えていただきたいっす -- 2020-06-16 (火) 10:00:03
  • 階級から総主教の権威絞り取れなくなったのが割ときついかも 他にも階級に土地を上げれなくなったりでビザンツ含む小国には逆風・・・ -- 2020-06-25 (木) 21:10:21
  • ビザンツ帝国がペロポネソス半島(スパルタ)になってオスマン相手に1650年まで生き残っているのには流石に草生え散らかしたわ。アゴーゲで市民兵鍛えまくったんかw -- 2020-06-26 (金) 16:33:17
  • どっちかというとモレアス専制公な希ガス -- 2020-06-26 (金) 16:35:50
  • アルバニアと同盟組んで攻め込むのが一番手っ取り早い -- 2020-07-15 (水) 12:45:24
  • Radio Res氏の停戦破りの動画は目から鱗だったわ。停戦中だと隣接しててもモスポールされてるのね -- 2020-07-16 (木) 00:22:53
  • アルバニアプレイだけど、ワラキアがオスマンに独立保証されてても普通に参戦させられたので修正 -- 2020-08-02 (日) 19:17:10
お名前:

*1 コア化の必要なし
*2 布教強度が上がれば必然的に費用節約にもなる。ver1.28で改宗費用が増加し、予定では1.30で更に増加する方向なので改宗費用節約の側面も重要である
*3 NIも強力なので初手はDIP3止めで外交系アイデアも有力な選択肢である
*4 NI7番目で+3%、総主教の権威の効果が最大で+2%、ミッション「五大総主教座の再建」達成で恒久的に+2%で合計で最大+7%も強化される
*5 エルサレム確保・ローマ確保・信仰の守護者などで、宗教アイデア無しでも最大常時6人

添付ファイル: file20200625223851_1.jpg 293件 [詳細] file20200611220758_1.jpg 257件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-02 (日) 19:16:35