各国戦略
 
本ページの内容は、ver1.30.3で確認されたものです。

 

概要

欧州随一の強力な国家であり、プレイの自由度も高い。
新大陸進出や、HRE解体、イベリア進出、イタリア侵攻、ブリテン制圧などいろいろな戦略が考えられる。
終端ノードであるイギリス海峡・ジェノヴァの両ノードにアクセスしやすい立地のため、
こちらのシェアを伸ばしていく方向で拡大すれば経済的にも安定する。

1.30から大きく仕様変更を受けた。
新たに5つの属国を抱えてスタートすることになり国境線が汚い、序盤の軍量は圧倒的である。
DLC「Emperor」でミッションが大幅に更新され、強力なものも追加された。
また、ブルゴーニュ継承イベントは割とおいしいイベントに変わった。
世界線次第では丸ごと同君化・継承も可能になり、戦略の幅が広がった。

属国

初期から5つも属国を抱えており、フランス独自の特権が与えられていて外交枠が+3され、管理自体は容易だが、外交枠をたいへん圧迫するのでさっさとある程度併合したい。
まずアラゴンと似ていてややこしいフォワ伯を、次に戦力の小さいオーヴェルニュ伯、ブルボン公を併合するのをお勧めしたい。
オルレアン公、アルマニャック伯は戦力になるので後回しでよいだろう。

 

拡張先

初期から西欧では随一の戦力を持ち、地理的にも中央に位置するので多方面に拡張できる。調子に乗って包囲網につながらないようにだけしたい。

イングランド

古いバージョンでは開始時にイングランドと戦争状態だったが、
現バージョンでは停戦状態で開始するため、有利な状況を作り出してから開戦することができる。

メーヌ降伏イベントによる開戦の場合はイングランドが攻撃側となるため、イングランド単独VSフランス同盟陣営となりやすい。
カスティーリャやスコットランドと同盟を結んでおき、かつスコットランドに通行権をもらって事前に軍を配備しておくことで
強力なイングランド海軍との交戦を避けてイングランド本土に殴り込める。

ノルマンディー・ガスコーニュを奪還することでミッションが達成でき、プロヴァンス・ロワール・シャンパーニュ地域の永久クレームが得られる。
ブリテン本土の要塞を落として割譲させれば、ノーザンバーランドやウェールズといった属国を作成できる。
停戦期間が終わり次第、属国の再征服CBを利用して殴って解体を進めていけばイングランドはもはや再起不能となる。

その後はスコットランドやアイルランドを勢力下に収めていく。メーヌ開戦でアイルランド島のペイル/Paleを割譲させておくと停戦期間に暇せずに済む。
ブリテン島の領土を割譲させる際は、要塞持ちかつCoTのロンドン、スコットランドとの国境線沿いを優先して奪いたい。

ちなみに、ミッション1-3は「ブリテン島にDev70以上を抱え首都が存在する国家」との関係を上げればよいので、
スコットランドにこだわる必要はなく、解放した属国に領土をくれてやっても達成できる*1

また、アランソン/Alençonを奪還すると、アランソン公を属国として開放するか、安定度-1・貴族Estateの忠誠-20を払いフランス領のままにしておくか選ぶイベントが発生するが、ここでアランソンをオルレアン公に下賜しておくとイベントが発生せずに済む。

 

ブルターニュ

1.30でブルターニュにはクレームが貰えなくなった。そのため、メーヌ開戦の合間に請求権をつけておき、停戦したらすぐにおやつ感覚で侵攻できるよう準備しておきたい。
たかだか5プロビで難敵ではないが、一度に併合することによるAEの急増には注意したい。また、うっかりしているとイングランド、スコットランド、カスティーリャあたりと同盟していることもあるので気を付けたい。

 

プロヴァンス

ミッションによるクレームを利用して、次の目標となるプロヴァンス領の獲得を狙う。
こちらも特に難しいことない相手であるが、一度に併合することによるAEの急増には注意したい。
プロヴァンスはしょっちゅう破門されるので、破門CBを利用することで、AEがかなり抑えられる。

面倒な場合は代替わりの瞬間を狙って同君化してしまうと早い。
プロヴァンスのミッションでアヴィニョンを平和裏に回収できるし、南イタリアにコアが付与されるのでイタリア平定の足掛かりによい。
同君下位のロレーヌ公国もついてくるので、時代目標の達成に都合がいいこともメリット。
フランスのミッションではナポリ同君CBが手に入るが、入手まで時間がかかるし、同君化できない場合*2ただの恒久クレームになってしまいしょっぱい。
プロヴァンスを併合しミッションを達成すると、ブルゴーニュ地域への永久クレームが手に入る。

 

ブルゴーニュ

ブルゴーニュは複数の属国を抱えているので兵力も多く、かつ要塞を多数保有しているため、軍事技術差がついた瞬間を狙ったりして、うまく軍を動かし勝利をもぎとろう。
目標となる州を一度にすべて割譲させるのは厳しいので、要塞のある州を優先して割譲させ、停戦期間後の再戦を有利にできるよう和平案を策定する。

恒久クレームに従って併合すると、サヴォイからイタリア方面と、ロレーヌ地域からHRE解体→ポーランド征服→ロシア遠征へと繋がる。

ブルゴーニュ継承イベントの流れは当該ページを参照してもらいたいが、要はフランスから婚姻できれば可能性がある。
ここら辺は世界線とドイツ諸侯の動きにもよるので、高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に外交関係を構築したい。
リスタートを許容するならば、フランスとブルゴーニュがライバルではなく、ブルゴーニュとオーストリアがライバルの世界線を引くと楽。
イベントの結果フランスリージョンのブルゴーニュ領(南側の5+1プロビ)を譲ってもらえることもあるので、領土を奪う場合は低地のほうが優先順位が高いか。

 

イベリア方面

イベリアに侵攻する場合は、外交関係次第であるが、アラゴン・カスティーリャがライバル関係である場合はイベリアンウェディング前にまずアラゴンをカスティーリャと一緒に攻めるのが楽。
要塞のあるルシヨンを奪い、可能であればシチリアに上陸してメッシーナの要塞を落とし割譲させると、
後のアラゴン解体の役にも立つし、南イタリアでの拡張の足場ができ、バルカン方面への拡張の布石にもなる。
イベントで95%の確率でナポリが独立するはずなので、個別に撃破していける。

アラゴンを無力化させたら、次の標的をカスティーリャに変えることになるだろう。
早期に解体する場合は、レオンやアストゥリアス等の属国が作成可能なので、これらを上手く活用することで迅速に領土を奪っていくことができる。
後回しにするなら、ミッション2-6達成で同君CBが手に入るので、ある程度植民させてから侵攻するとよいだろう。ただし、上流ノードに居座る形になるので交易の観点からは少々おいしくない。

 

イタリア方面

イタリア方面での拡大についても、ミッションを利用しつつ、サヴォイ→ジェノヴァ、ミラノ→ナポリと勢力を拡大していくことが可能。
本格的な拡大は影の王国(イタリア諸邦のHRE離脱)後に行った方が安全。
上記対イベリア攻略の一環でシチリア・ナポリを確保したうえで、少しずつ北上していくのが良さそう。
なお、国教がカトリックである場合、ローマを領有すると外交評判にペナルティがつくので、注意。

1.31よりカスティーリャはミッションでナポリ同君CBが得られ、AIが同君CBによる統一戦争を起こす思考が活発になった事から、ナポリとはカスティーリャ側の同君CBの有効期限が切れるまで同盟を結んでおくのも良い。
上記のプロヴァンスの項にもあるが、対象が既に他国との同君連合として吸収されているとこちらの同君CBがただの請求権になってしまう。
また、ごく稀だがイベントでそのまま同君下位に入ってくれるイベントもある。

 

ドイツ・オランダ方面

HRE皇帝が参戦してくることが多く、少々面倒だ。
オスマンが伸びて、壊滅状態になっていることもあるが、皇帝が強力だと攻めあぐねることも多い。
オーストリアまで遠征に行かないと戦勝点が伸びないという悩ましい状態になりがち。オスマン次第の部分が結構大きい。
平和裏に属国になってもらって、併合という地味な方法が一番いいかもしれない。
開始早々に決着をつけたいなら下記の初手HRE解体戦略を採用するとよいだろう。

 

インド・インドシナ方面

ベンガル・コロマンデルノードのTerra Incognitaが晴れるとミッションで東インド沿岸に恒久クレームがつく。*3
植民しつつ勅許会社で足掛かりをつくってから侵攻するとよい。東インドを征服するとインドシナ地方全域*4に恒久クレームが貰える。
最近のバージョンでは明が元気なことが多く、外洋消耗も激しいので、しっかり補給地と兵力を整えてから開戦したい。

 

アメリカ方面

フランスについてはNIによって軍質がある程度高く、序盤の軍事アイデアはそこまで必要ないため、
植民地国家を目指す場合は早めに探検・拡張アイデアを取ってしまって良いだろう。
アゾレス諸島の空き地を経由するか、カリブ方面から行くか、アフリカを取って南米へ行くか、ポルトガル領を奪い取るかだが、
ブルターニュ領+探検3+植民範囲顧問で直接ミッションの対象の北アメリカへ行くことも可能。
ここまでにイングランドやイベリア勢力を弱らせておけば、新大陸の独占も夢ではない。
旧大陸で拡大しているなら、適度に生かしてから殴って譲歩させるのもよい。

 

初手HRE解体戦略

フランスは、列強入りする開発値とそれに伴う多くの陸軍を有しており、高確率で初手でHREを解体させることができる。特に最序盤は解体しやすい環境が整っているため、一戦略としてここで紹介する。HREを解体できれば、HREにある各種の防衛機能がなくなり、ナポレオンばりにドイツ・イタリア方面に拡張していくことができる。

ここでHREの解体の条件をおさらいする。簡単にいえば、皇帝及び選帝侯を自国の同盟国か交戦国とし、交戦国となったこれらの国の首都を占領すれば、解体することができる。
今回行う方法は、選帝侯とできるだけ多く同盟し、同盟を結べない選帝侯に宣戦し、皇帝と選帝侯の首都を包囲するというものである。念のため確認すると、マインツ・トリーア・ケルン・ボヘミア・プファルツ・ザクセン・ブランデンブルクが七選帝侯である。帝国西側の選帝侯のプファルツ・ケルン・トリーア・マインツが隣り合っていて見にくいので漏れがないようにしたい。
具体的には以下のとおりである。

  1. 教皇領と同盟
    教皇領との同盟は、破門回避をするためである。基本宣戦事由なし(NoCB)で宣戦するため、AEがカトリック国に拡散し、ほぼ確実に破門される。破門されると、同盟破棄され、上記の条件を満たせなくなる。このため、教皇領とは初手で同盟を結ぶと良い。
  2. ザクセン以外の選帝侯と同盟
    ザクセン以外の選帝侯と同盟を結び、「自国の同盟国である」条件を満たす。基本ザクセン以外は関係改善せずに結ぶことができるが、帝国西側の選帝侯は互いにライバル視している場合があり、一発で同盟を結べないこともある。この場合は、関係改善・金の贈呈・列強行動・軽蔑的侮辱を使用すれば同盟を結べるだろう。同盟関係が危ぶまれる国には、戦争中に同盟を破棄されないよう、外交官を張り付けておきたい。
  3. 軍備の調整
    フランスの場合、最初から単独で28ユニットほど用意されており、HREを解体するだけであれば軍備は十分である。ただし軍備がおろそかになると、同盟破棄をされる可能性があるため、扶養限界程度には拡張しておきたい。
  4. ザクセンにNoCB宣戦
    唯一初手で同盟を結ぶことはできないザクセンに対して宣戦布告する。CBがあればよいが、ザクセンが侮辱してこない限りCBは手に入らないので、基本はNoCBで宣戦することとなる。この際、ブランデンブルク(、マインツ)は土地を確約すれば参戦してくれるので呼び出そう。宣戦する前に画面右下のHREタブから選帝侯すべての外交画面に飛んで同盟を結んだかチェックしておこう。
  5. ウィーンとドレスデンを包囲
    皇帝オーストリアの首都ウィーンと、ザクセンの首都のドレスデンを包囲する。いずれの首都もフランスから直行で向かうことができるため、他の部分を無視してい張り付こう。15ユニット程度あれば、他のユニットが攻撃してくることはないため、そこまで労せず包囲を完了させることができるだろう。
  6. 選帝侯が寝返った場合はその首都を包囲
    関係改善をしていても、いくつかの選帝侯が交戦国側に寝返って参戦することがあるため、その場合はその首都を包囲する。条件は不明だが、プファルツやトーリアなどの西側の選帝侯が多い。そのためだけに西側に一部隊用意する方法もあるが、ウィーンを包囲した部隊を戻しても十分間に合う。
  7. HRE解体
    包囲が完了したら、HRE画面から解体すれば完了である。この際威信が100もらえるため、無駄にしないよう廃嫡や属国をなだめるのに使用すると良いだろう。
  8. 講和
    交戦国がフランス国内を包囲しているすきに、首都を占領したオーストリアから順に個別講和をしていこう。オーストリアの同盟関係次第では交戦国が膨れ上がり、即講和するのは難しい可能性もあるが、近場の国の首都を順次落として個別講和していけば、フランスの国力で収支をプラスにすることもできる。この際に適当な小国を利用して、不要となった同盟の破棄とともに講和すればその後の同盟関係の整理が楽になる。

最速で行えばメーヌの開戦に間に合うが、間に合わない場合はメーヌを明け渡してもよいし、同盟国を参戦国として呼び出して寝返りを防ぐのもよいだろう。
なお、オーストリアとザクセンのみが同盟している場合など外交関係によっては、オーストリアにライバルCBで宣戦するのもよいだろう。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑結局そのころにはポルスカごときひき殺せるからなぁ -- 2021-02-23 (火) 15:34:42
  • ↑3 セウタを奪うなら植民用の拠点確保かねえ。北アフリカ拡張は交易的には微妙だし。 -- 2021-02-23 (火) 16:42:14
  • ↑初手ブリカスでセウタとると時代目標達成できてうまい -- 2021-02-23 (火) 18:46:05
  • 属国化CBって戦勝点半分になるだけだから点数足りない事も多いのよなあ -- 2021-02-23 (火) 21:34:45
  • 初期領土+マゾフシェ状態で属国化に必要な戦勝点200越えってなって諦めた -- 2021-02-23 (火) 22:56:52
  • 属国化CBって100%で収まらないこともあるのか フランス王家でポーランド王になってた人も居たはずだし同君CBで良いじゃない -- 2021-02-24 (水) 18:29:31
  • 自治率のミッション、ロード直後の自治率バグ以外で達成させる気ないんじゃないかってレベルで厳しいな -- 2021-02-25 (木) 17:09:16
  • ミッション「請求権あげるから植民してインド行けよ」「植民地とインド持ってるから自治率ミッションは達成できません」 -- 2021-02-25 (木) 19:38:34
  • 植民により世界を股にかける帝国の形成と中央集権化が両立しないっていうのはフレーバーとしては面白いけどゲームを遊ぶ上では強力なミッションが達成できないのは不愉快だな。 -- 2021-02-25 (木) 23:58:17
  • 全体的にミッション強めだからあまり言えないけど、自治率バグがもし直るならこの辺も手を加えて欲しいね。ついでに帝国にするミッションが2個続いてるのもなんとかしてくだしあ -- 2021-02-26 (金) 00:34:45
お名前:

*1 普通はスコットランドと関係改善して達成するだろうが、達成前にイギリス地方全土を併合してしまうと達成できなくなり、常時海軍士気+10%が貰えなくなりもったいない。またノルウェーでは不可の模様。
*2 他国の同君下にある場合や王政が崩壊している場合など。
*3 ポンディシェリ、ヤナム、カリカルに植民地を持っていたことの再現だろうか?その割にはマヘがあった南西インドやシャンデルナゴルがあった西ベンガルには請求権がもらえないが
*4 仏領インドシナ、シャム、ビルマの一部

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-15 (水) 10:08:09