各国戦略

本ページの内容は、ver1.29.6で確認されたものです。

はじめに

データ/中華皇帝も適宜参照のこと。

明は1444年時点では他の列強と比較し、三倍以上の開発度を持つ最強国家である。
しかしながら明には様々な難題が発生していく為、オイラトや女真などで清や元を形成*1したほうのが経済面以外は楽である。
そんな明でプレイしていく為には、国内の難題を解決していくことが最も大切だ。
今回はオスマン・フランス・イングランド・スペインのような大国を難なくプレイできるレベル以上を想定し、植明帝国の形成を拡張方針として解説していく。
DLCに関しては全入りを前提としているが、中華皇帝としてプレイするのでMandate of Heavenは最低限必要だろう。

準備説明(諸問題の内容と拡張方針の説明)

まず明が抱える諸問題について説明する。

一つ目は開始時の明は北の遊牧民たちに対処しなければならない。→ 1~3で解決
これを放置すると開発度が300を超え、隣接している遊牧民国家が完全独立国*2かつ中華皇帝と同盟しておらず、停戦していない場合、国難が発生して天命が低下し弱体化する。

二つ目は貴族階級の影響力があまりにも強すぎる点だ。→ 5で解決
他の国家でも貴族階級の影響力が強いところはあるが、彼らは明よりも国土がとても小さい為、拡張すれば自然と影響力が落ちる。
しかし明は初期から国土が大きい為、拡張しても全く影響力が落ちないから影響力による国難のリスクが高いことと土地を剥がして影響力を落とすのも難しい。
また彼らは貿易などで美味い土地をほとんど保有している為、市民階級に渡せないのだ。

三つ目は改革の時代以降の国難の明朝の危機だ。→ 5で解決
これを回避するには天命を50未満にしなければいいのだが、それは中華皇帝の改革をしないことである。
しかし改革をしないと中華皇帝は嬉しい地位とは全く言えないだろう。
AI明が崩壊する原因の多くはこれである。

四つ目は最大絶対主義*3である。 → 6で解決
これは上の三つと比較するとさほど問題ではないが、大拡張するなら対処する必要がある。

続いて拡張方針についてだが、なぜ植民?と思う方がいるかもしれないので説明すると、明は経済が優秀な為、ダカットに関しては余るので植民の余裕がある。
また新大陸やアフリカに入植することで周辺国家を朝貢させ、君主点を手に入れ、1ヶ月で得られる天命を改善でき、新大陸の金山とアフリカ貿易でダカットを大量に稼げる。

全体を通しての注意点

基本的に改革は天命が100近くになったらすること。
改革をすると天命が70だけ下がりとても強烈なマイナス補正を受ける。

儒教の他宗教との調和は85~100ぐらいでから始め、異端寛容が高い為、異端は調和しなくて良い。
低い調和は能力主義・開発コスト・Tolerance of the true faith (ToT) に悪影響を与える。

顧問はなるべく能力主義が保てるようにレベルを高くしておく。
低くなったら軍事点を使うのもあり。

全体としての流れ (6段階に分けます)

初動.1

まず最初の侵略先を決定しなければならない。
侵略先は遊牧民がいる北か密教地帯の西のどちらかだが、ここでは一つ目の問題に早期に対処したいので北にする。
ここで即侵略できる国はオイラトもしくはホルチンである。
しかし、いきなりオイラトを攻めるのは軍の運用が上手くないと相手の軍質が高く、国土が広いために消耗も激しい。
もしオイラトを攻めるなら君主と後継者に指揮させてはいけない。
彼らがオイラト軍に野戦で負けると土木の変が起きて大変なことになる。
一方、ホルチン攻めはオイラト攻めに比べて相手の軍質はそこまで高くなく、国土も狭い為に簡単だ。

いよいよホルチン攻めとなるわけだが、その前にホルチンを倒した後を考える必要がある。
ホルチンを倒した後に考えなければならないのはオイラトへの対処だ。
おそらくこいつが遊牧民による国難を引き起こさせる原因となるだろう。
オイラトへの倒し方は大きく分けて二つある。
一つ目はモンゴルと関係改善して独立支援する。
こうするとオイラトの戦力は激減するが、問題点としてはいつ独立戦争が起こるかわからないことと独立戦争では主導国になれない点だ。
二つ目はオイラトをライバル視しやすいチャガタイと関係改善して同盟して土地を確約して攻めることだ。
今回は二つ目を想定する。

ホルチン侵攻~ソロン侵攻.2

ホルチンから領土を獲得したときのことを考えたとき、彼らの領土はテングリと密教である。
密教領地に関してはチャハルを解放して属国にして譲渡するかモンゴルに返還して独立欲求 (LD) をあげるのも良い。
問題はテングリ領地だ。明にとっては異教であるため不穏度に若干苦労するし、土地も不毛である。
そこでテングリを国教とする国を属国として持つことをおすすめする。
しかし注意しなければならないのは、遊牧民を武力や外交による属国化をするとややLDに困る。
なぜなら遊牧民政体はLD+10%の補正を持つことと扶養限界や軍事力が高い為に戦力比から得るLDが上昇する。
これを回避するには国家解放するか遊牧民政体ではない国家を属国化する必要がある。
ちょうどこれにぴったりな国が明の近くに存在する。
それはソロンだ。
この国は国教こそテングリだが、政体は遊牧民ではない。
またNIも女真グループよりも若干優秀である。
またこの国は外交的に孤立しやすく同盟国が弱いことが多い。

ホルチンとの和平は先述の通りチャハルを解放するのも良いだろう。
そしてモンゴルに独立支援するならモンゴルにコア州を返還するのも良いだろう。
得た領土は密教地帯をチャハルにあげて、テングリ州はコア化せずに放置。
続いてソロンを攻める。おそらくニヴフが同盟国なのでこの国も属国化すると植民の点で良い。
そしてソロンを属国化して先程の放置した州をあげよう。
ソロンはpagan/土着信仰グループを調和できるまで併合避けるべきだ。

ソロン侵攻後.3

ソロン侵攻後はオイラト以外のテングリ部族を統合したり*4、密教地帯のチベットを攻めたりするのも良い。
又、朝貢国の請求権から武力脅迫を利用して開戦*5して東南アジアの島々に進出すると植民の効率が良くなる。

テングリ部族を征服するなら、沿岸州と儒教州以外はソロンに丸投げした方が良いだろう。
密教地帯のチベットを攻める場合は異端寛容度が0以上なので直轄でも良い。

こうして征服していくとルネサンスが発祥して技術ペナルティが出てくる。
よって首都北京を開発しておこう。
ルネサンスが発祥した頃には1番目のアイデアが取れる感じだろう。
最初のアイデアは探検である。
なぜなら植民地主義を発祥させることができれば、君主点が貰えて君主点の節約も出来る。
またそれが出来なくても、開発せずに自然伝搬ができる可能性があるからだ。
植民地戦略は後述する。

続いてオイラトよりも軍事技術差が出てきた頃合いなのでチャガタイと組んで攻めよう。
チャハルのコア回収やソロンに領土をあげたりする*6と良いだろう。チャガタイには一つも領土を渡さなくて良い。

1500年までの過程 (ほとんど植民戦略).4

まず植民地戦略だが、東南アジアに入植または征服(武力脅迫を利用)とカムチャツカ半島の部族を併合しよう。
東南アジアについてはザンジバルや喜望峰*7への足がかりとなる。
カムチャツカ半島についてはアメリカ大陸*8への足がかりとなる。
植民については植民者を使い回し、新大陸ルートと東アフリカルート両方を併行していく。2つまでならそこまで負担にならない。
アフリカ方面はマダガスカルまで植民距離が届くようになったダカットで領土を買い喜望峰に入植し、象牙生産地*9とCoT*10を積極的に征服すると良い。
アメリカ方面はメキシコ植民地域に届くようになったらテングリをマイノリティとして追放しよう。
なぜテングリを追放するかというと植民地の国教は新大陸由来以外の宗教になるが、それが儒教だと宗主国の調和した宗教を引き継がず、また調和には時間がかかり改宗も不向き。
一方でテングリは第二国教を指定できるので反乱に悩まされにくい。
そして入植し始めたら、ナワトル州を3~4つ*11奪う。
同様にインティ付近のコロンビア植民地域で似たようなことを行う。

また、1500年に近づくと調和が90近くになるだろうから調和を行う。
最初に調和するのはイスラムグループかダルマグループ(ほぼヒンドゥー)が良い。
個人的にはイスラムをおすすめする。
イスラムの方のが範囲が広く、アフリカに入植するならそちらの方が有利なためだ。

1500年から絶対主義時代前まで.5

いよいよ明の二つの課題を対処することになるだろう。
まず改革の時代以降の国難は絶対に取り組むべきだ。
前にも書いたとおり、これを避ければ改革は実質不可能だ。
まず借金があるなら返済して2000ダカット以上*12は最低でも用意し、陸軍維持費を最大に上げて、安定度の減少対策のために統治点を用意していく。
そして改革が出来るようになったら、例外的に即改革*13を行う。
国難が発生したときに出る最初の反乱は要求を呑んで構わない。
受け入れても天命などに影響がなく、戦うには規模が大きすぎる。
また不穏度があるところは自治度を上げておくと良い。
国難中に出る反乱イベントは天命上昇を選び、大軍で反乱軍を倒す。
国難が終結すると天命が100近くになり、また改革が出来るようになる。

次に貴族階級の影響力への対処だが、これはあっさり解決。
政府改革のtier5の議会制を選ぶと良い。
これで鬱々しい貴族とはおさらばだ。
後は市民階級に交易が良い土地を渡そう。

最後に補足事項として1500年以降に宋明理学の復活 / Resurtgence of Neo-Confucianism というイベントがあり、国教変更まで異端寛容を+2に出来る選択肢がある。

絶対主義時代以降.6

前に書いた通り、明は正統性がない為に最大絶対主義が100を下回る。そこで国難の宮廷と地方を利用する。
この国難は他の国難と違いメリットがでかい国難だ。
国難終結時に65以上あれば最大絶対主義が20もあがる。
そして国難前に必要な最大絶対主義は85*14以上だ。
明が85以上*15を満たし、議会制と両立するためにはtier7の改革で最大絶対主義が上がるものを選ぶか黄金時代を利用するしかない。
ここでは黄金時代のほうを選ぶ。この黄金時代は改革の時代末期に発動することを勧める。

次に国難の発生させる方法。
この国難はプレイヤーの場合、自然発生させることが難しい。
発生条件を満たすには安定度や疲弊度を利用し不穏度を上げる必要がある。

最初に絶対主義を上げる必要があるので、分権派の要求を受け入れた後に自治度を下げていくと中国文化グループの開発が高い為、50以上はいくだろう。
次に国難に必要な絶対主義がそろったら、コアを返還し停戦破棄やNOCBで宣戦すると良い。相手国は儒教かテングリ*16が望ましい。
国難が発生したらすぐに安定度と疲弊を下げる。

その他

中華皇帝政体

中華皇帝は改革と能力主義を利用する法令からコア化コストを-20%にできる。
また中華皇帝は朝貢の強制CBから陸で隣接したら有効になるので請求権がなくても宣戦が可能。
能力主義から顧問コストを最大-25%でき、革新アイデアのコンプリートボーナスがあれば高い顧問も安く出来る。
朝貢国*17は便利であり、その国にはAEが全く飛ばず、包囲網を組まれたときにも解放することで自国の領土を失わない。

探検以外のアイデア

統治系だと不穏度を大きく減らす人文*18アイデア、顧問コストを大幅に減らし君主点の消費が少なくなりポリシーが優秀な革新アイデア、大拡張なら必須の統治アイデアあたりがおすすめ。
外交系だとアイデア全体が優秀な外交アイデア、顧問コストを減らしAE減のある諜報アイデア、属国の管理に最適な影響アイデアがおすすめ。
軍事系だと人文とのポリシーで分離主義を減らす攻撃アイデア、人文とのポリシーで陸軍消耗と戦争疲弊度を減らせる防御アイデア、革新アイデアとのポリシーで歩兵戦闘力が上がる軍質アイデアがおすすめ。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • とうとう中華皇帝が降臨した… -- 2020-05-03 (日) 19:37:28
  • ヨーロッパ遷都も書きたかったのですが、コンソールで試してみても全部失敗。ムガルでは出来たので中華皇帝が原因かもしれない。もし現verで出来る方がいれば追記お願いします。 -- 作成者? 2020-05-03 (日) 19:40:52
  • 丁寧で読みやすいけど常体と敬体が混ざってるのだけ気になる -- 2020-05-03 (日) 19:54:52
  • ムガルみたいな特殊遷都じゃなくゴリ押し遷都の方法。都合よくミフラフだけ見えるのでnoCB属国化、ハイエナのイエメンから領土割譲、周辺国朝貢国化。マムルークに宣戦し必要最低限のプロビだけ奪って北上しシリア属国開放、2戦目でシリア全回収。ここまで来たらオスマンとイベリアを交互に叩いて遷都に必要なdev揃えればおk。チュニスや黒羊朝、エチオピアといった中堅国も朝貢国にできて改革の時代までに4つ目の改革を終わらせることもできる。 -- 2020-05-03 (日) 20:11:11
  • 敬体部分を直しておきました  ごり押し遷都の方は明でWCするならやったほうが良さそう -- 作成者? 2020-05-03 (日) 20:29:45
お名前:

*1 明はend game tag
*2 ここではどの国にも朝貢していない国
*3 中華皇帝は正統性を持たないので正統性由来の最大絶対主義がなく90以下となってしまう
*4 すべてを征服する必要はなくモンゴル以西とその他を分断する。又、沿岸部を優先的に獲得すると植民で有利
*5 脅迫が成功してはいけない
*6 ソロンはNIで戦勝点コスト減を持つので和平時に直接渡すと良い
*7 この二つを征服すると貿易でかなり儲かる
*8 主に金山目当て、他には対西欧列強植民地
*9 外交評判+2の交易ボーナスは強い
*10 Center of Trade
*11 5つ取ると儒教が国教になってしまう
*12 国難発生時の汚職対策
*13 発生時に天命が-35される
*14 国難中は最大値-20
*15 基礎値65,帝国ランク5,列強5,統一度max5から計80で5足りない
*16 AE面
*17 勿論、東方宗教・遊牧民でも可能
*18 ただし異端異教寛容や統一度は無駄になりやすい

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 02:00:23