AAR/コプトマンで世界征服!

落穂広いと振り返り


落穂拾い

アイディア

 実際に取得計画
1影響 (Influence)
2宗教 (Religious)
3行政 (Administrative)
4攻勢 (Offensive)
5探検 (Exploration)人文
6人文 (Humanist)探検
7拡張 (Expansion)

・最初期はADMやMILの価値が高いことや、拡張を助ける各種効果から初手に影響
・序盤の改宗力不足を助け、コプトの強みであるCBを早期解禁するために次手は宗教
・次いで、拡張プレイに必須のコア化コスト減少を持つ行政
・君主点のバランス、包囲能力向上を始めとする効果、後に取得する人文とのポリシーなどから攻勢
・不穏度による後顧の憂いを無くしつつプレイヤー厭戦を防ぐ人文を取得予定でしたが、ロシアにシベリア植民させる計画が頓挫していたこともありアドリブで探検から取得し、その後に人文
・最後に植民の足しにするために拡張

どうせ人文を取るなら、効果を享受できる期間を増やすため計画の取得順でよかったとも思います。

ポリシー

取得順に使用したものについて記述します。項目の最初の君主点表記はランニングコストの種類です。

・ADM 影響-行政……外交併合コスト -20%
外交併合の機会は何度もありましたが、使用は1度の期間にとどまりました。
これは、大半のコア化をADMで行っていたためADMの価値が高い期間がほとんどだったためです。

・MIL 宗教-攻勢……異端改宗力 +3%、宗教統一性 +20%
中盤要所と終盤でヨーロッパを攻め続けている期間に利用。

・ADM 攻勢-人文……不穏度 -1、分離主義 -5年
可能となってからは常時利用。

・DIP 人文-探検……植民者増 +10、異教寛容度 +1
コストがDIPであったため、植民者増を目的に多くの期間で利用。

10_01_army.jpg

本プレイでは歩兵は傭兵を大半としてプレイしていました。
傭兵は人的資源と資金のトレードオフであり、きちんと管理できるならば傭兵の数は抑えられます。
とはいえ失うときは一気に失う上に回復に時間を要するのが人的資源であり、効率はさておき傭兵を多く持つ方が楽ではあったと感じます。

海軍については、まとまった数で動かすというのを前提として、地中海が主な戦場で資金が余っていない序盤はガレーを中心、中盤以降は戦列艦の数で大きく負けないというのを意識しつつ運用するといった感じでした。
あまり困った覚えはありません。

君主

10_02_ruler.jpg

廃嫡に次ぐ廃嫡をしたのでいわゆる無能君主はいません。
この質を苦せずして保てる通常オスマンのハレム制というシステムの強力さは凄い。

敢えて言えば、MILに劣る君主が多かったのはつらかった点ではありました。

振り返り

リソース

もともと効率を煮詰めてプレイしていなかったのもありますが、振り返ればリソースの配分は悪かったです。

特に、本プレイでは各種ボーナスに物を言わせてコア化の大半をADMで行っていたため、ADMの負担が過剰であったと思います。
属国をより多く活用してコア化の負担をDIPに逃がすべきでした(付随的に過剰拡大も抑えられるため戦争のインターバルも短くできます)。

エンドゲームの詰め

最後の部分はかなりガバガバなプレイとなってしまいました。きちんとやればかなり縮まった気がします。

当然な部分ですが敢えて記載すれば、
・征服に関しては、停戦期間を考えて規模のある国は計画的に削っていく
・植民に関しては、可能な限り植民する国家を活用する。また、資金があればかなりの数の同時植民ができるため、自力植民は奥へ進む植民を重視する
・改宗に関しては、Religious Zeal が起こりそうな部分は早めに整理する
といった感じでしょうか。

結び

世界征服 (WC) という長いプレイのAARであったので、失踪せず書き終えられてホッとしています。
とはいうものの実は、プレイも終わっていて枠組みを書き終わってからページを作成したので、完結は大丈夫だろうといった感じではありました。

しかし、全く想定していなかった出来事がありました。
その出来事が起こる前に準備していた結びの一部が以下です。


さて、先達のオスマン世界征服AARとして、オスマン世界征服完全版様があります。この頃と較べると、西洋化システム・保護国・探検拡張アイディアのCBといった要素の削除や、絶対主義・Institutionsといった要素の導入、その他様々に変わりました。

筆者は初WCプレイを行う際この素晴らしいAARを大いに参考とさせて頂いたこともあり、それを思い出しながら、「プレイには慣れたがWC未経験のプレイヤー」に見てもらうことを想定して、現バージョンにおけるWCプレイのAARを書こうと思いページを作成しました。

このようにリスペクト先があった当AARなのですが、なんとリスペクト先様の第二回が連載を開始したのです。そして、そのプレイは王道で煮詰められており、AARとしても非常に分かりやすく構成されていて感銘を受けるものでした。ただただ笑うより他ありません。

色々と迷いましたが、両方較べたときにあちらのプレイが如何にして練られているかといったことも分かるので、こちらも一応完結させることにしました。
こうなると分かっていれば見栄を張るためにもうちょっと詰めてプレイしたかった感じはありますが、それは言っても仕方のないことですね。

(ところで、コメント欄にコプトマンでプレイしていた方もいらっしゃったり、某所でもオスマンWCしていた人が何人かいたように見受けられ、1.22では多くの方がオスマンWCをしていた印象を受けました。やっぱり機運というものがあるんですね。)

次期バージョンの1.23、そしてまたその先のバージョンでもどんどん変わっていくと思うので、またその時のWC AARを見れることを楽しみにしつつ終わりとします。

ご覧いただきありがとうございました。

AAR/コプトマンで世界征服!


添付ファイル: file10_02_ruler.jpg 135件 [詳細] file10_01_army.jpg 154件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-15 (水) 19:11:36