AAR/六芒星の影

六芒星の影/2(1465~1485) 南へ   アフリカ東部・アラビア

昨日の友は今日の敵、昨日の敵も今日の敵

第一次Ajuuraan戦準備

eth_28.jpg

Kilwaと同盟
→次々回のAjuuraan戦の戦力(被害担当)になってもらうため

eth_29.jpg

MamluksがYemenを滅ぼしていたのでYemenを属国作成→宗教の強制
次の時代の時代目標も達成できて一石二鳥

eth_30.jpg

今回もCBは国土回復だが、目的は

  • Mombasa領
  • 侮辱によるPP稼ぎ
  • COT(MOGADISHU、MOMBASA)確保で時代目標の達成

第一次Ajuuraan戦

eth_31.jpg

兵数は敵のほうが多いが

eth_32.jpg

野戦でMombasa軍を全滅させたため、すぐ優勢に

eth_33.jpg

無能後継者死亡→新しい後継者もイマイチ

eth_34.jpg

1年強でMombasa完全併合

eth_35.jpg

必要な戦勝点が溜まったので
Warsangaliにコア返還+COTのMOGADISHU割譲+侮辱etcで終戦

戦後Damot外交併合開始

Marehan戦

eth_36.jpg

国土回復CBで宣戦布告

eth_37.jpg

Adal個別講和

eth_38.jpg

Marehan滅亡

戦後Warsangali外交併合開始

Aden戦

eth_39.jpg

Yemenの国土回復CBでAdenに宣戦

eth_40.jpg
 
eth_41.jpg

野戦で勝利。軍事技術の差だろうか?

eth_42.jpg

2州+金銭でMahriと個別講和

eth_43.jpg

黄金時代発動

Mamluksから和平を強制されたため終戦
目標としていたYemenコアの返還+1州なので戦果は上々

栄えた都と新たな思想

首都開発

eth_44.jpg
 
eth_45.jpg

黄金時代、ミッション達成ボーナス、布告、ステートの繁栄、市民階級の忠誠度などの割引を併用して首都を開発

eth_46.jpg

ついでに

eth_47.jpg

船が少ない今のうちに海軍のドクトリンを決定

第二次Alodia戦

戦争中にDamot外交併合完了

eth_48.jpg

Ennarea完全併合

eth_49.jpg

6州割譲+金銭で終戦

第二次Ajuuraan戦準備

eth_50.jpg

Damot併合で空いた外交枠はQara_Qoyunluとの同盟に使用
将来のMamluks戦での活躍を期待

eth_51.jpg

借金してルネサンス受容

eth_52.jpg

列強入り

繰り返される歴史~昨日の敵は今日も敵、昨日の友も今日は敵

第二次Ajuuraan戦

eth_53.jpg

KilwaのFavorが溜まったのでAjuuraanに宣戦布告
Mahra軍の隣にも部隊を配置済み

eth_54.jpg
eth_55.jpg

野戦でAjuuraan軍も壊滅

eth_56.jpg

戦争中に統治技術を上げて探検アイデアを選択
戦後コア化に必要な統治点を残しておくのを忘れていた
どうせ暫く探検家も雇えないのに・・・

eth_57.jpg

交易力移転+金銭でMahraと個別講和

eth_58.jpg

道路工事+同盟破棄+金銭で終戦
これで陸路でKilwa方面に行ける

戦後の出来事
Kilwaとの同盟を破棄→Mutapaと同盟

Pate戦

eth_59.jpg

目標は勿論Kilwaの領土
中でも今後の植民の足掛かりとするために南部が欲しい

開戦直後にWarsangaliの外交併合完了

eth_60.jpg

Pate軍壊滅

eth_61.jpg

3州割譲+金銭でKilwaと個別講和

この時点の植民距離ではMOZAMBIQUEまでしか届かず、
テストプレイの経験によりANGOCHEからではCAPEに届かない(注)と判っていたため
どうしてもQUELIMANEまで奪っておきたかった。

(注)160(外交技術6までの植民距離)+32(顧問)+80(探検アイデア3番目)=272
ANGOCHE→CAPEは301、QUELIMANE→CAPEは264

eth_62.jpg

Pate完全併合

1486年の状況

eth_63.jpg

属国:Yemen
同盟:Qara_Qoyunlu、Mutapa

マダガスカルの西部はSakalava

所感

・同盟を組んでは取り消して、が繰り返される
・CBを声高に謳っておきながら和平交渉では他の結果を求められる
・(AJUURAAN戦に)参戦すると言いながら実際には戦闘で役に立たなかったKILWA狼少年が
 友達の皮を被っていたエチオピア狼に(領土を)食べられてしまう

など外交の難しさを(敵が)痛感した時期だった

特に自らエチオピアに攻める口実を与えたAJUURAANは
「覆水盆に返らず」
を身をもって学んだことだろう

次の目標

①インド南部
②マラッカ進出
③アデン湾ノードのシェア向上
④ザンジバルノード独占


The Shadow cries.
AAR/六芒星の影/3(1485~1530) 東へ   南印・スマトラ・マダガスカル


添付ファイル: fileeth_63.jpg 16件 [詳細] fileeth_62.jpg 1件 [詳細] fileeth_61.jpg 10件 [詳細] fileeth_60.jpg 7件 [詳細] fileeth_59.jpg 4件 [詳細] fileeth_58.jpg 3件 [詳細] fileeth_57.jpg 4件 [詳細] fileeth_56.jpg 2件 [詳細] fileeth_35.jpg 2件 [詳細] fileeth_55.jpg 4件 [詳細] fileeth_54.jpg 7件 [詳細] fileeth_53.jpg 6件 [詳細] fileeth_52.jpg 5件 [詳細] fileeth_51.jpg 1件 [詳細] fileeth_50.jpg 5件 [詳細] fileeth_49.jpg 8件 [詳細] fileeth_48.jpg 2件 [詳細] fileeth_47.jpg 4件 [詳細] fileeth_46.jpg 6件 [詳細] fileeth_45.jpg 6件 [詳細] fileeth_44.jpg 10件 [詳細] fileeth_43.jpg 7件 [詳細] fileeth_42.jpg 1件 [詳細] fileeth_41.jpg 3件 [詳細] fileeth_40.jpg 6件 [詳細] fileeth_39.jpg 4件 [詳細] fileeth_38.jpg 5件 [詳細] fileeth_37.jpg 5件 [詳細] fileeth_36.jpg 4件 [詳細] fileeth_34.jpg 4件 [詳細] fileeth_33.jpg 6件 [詳細] fileeth_32.jpg 6件 [詳細] fileeth_31.jpg 1件 [詳細] fileeth_30.jpg 6件 [詳細] fileeth_29.jpg 7件 [詳細] fileeth_28.jpg 4件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-01 (日) 09:49:53