AAR/六芒星の影

六芒星の影/6(1637~1687) 脱阿入欧 ブリテン・アナトリア・スカンジナビア

脱阿入欧

第一次Great_Britain戦

eth_180.jpg

1年でAustriaと個別講和(Great_Britainとの同盟解除etc)

eth_181.jpg

終戦。Scotlandのコア返還に加えNorwayの種地とLONDON確保。

戦中・戦後の出来事
オーストラリア植民地が10州を超えたので商人+1
Naples外交併合完了
Norway属国作成→宗教の強制

第二次Bahmanis戦

eth_182.jpg

約1年でSind・Jaunpurと個別講和

eth_183.jpg

終戦

戦後の出来事
国難「宮廷と地方」終了→絶対主義の最大値+20

第五次Mamluks戦

eth_184.jpg

1年以内に終戦
戦果
完全併合:Funj・Mamluks(JERUSALEMを含め10州)

eth_185.jpg

ようやく4人目の宣教師を獲得(NIによる3人目の宣教師は1525年頃に獲得)

戦後の出来事

eth_186.jpg

首都をGONDERからLONDONに移動
エチオピアは欧州国家の一員となった!!

ケープ・ザンジバル各ノードに所属する州を貿易会社に割り当て、商人+2

Ottomansとの対決・北欧・English Channel

第四次Betsimisaraka戦

eth_187.jpg

今回は包囲網解除ではなく、Ottomansとの対決が目的
(Ottomansに宣戦の場合、TimuridsとBrandenburgがビビッて召集に応じてくれなかった)
Ottomans参戦を確認後にFranceも召集に応じた

eth_188.jpg

4年半でOttomansと講和

その他の戦果
割譲:Najd 4(MECCA含む)、Mutapa 5、Netherlands 1(AMSTERDAM)
完全併合:Betsimisaraka

戦中・戦後の出来事
ベンガルノードの貿易会社から商人+1
Georgiaを属国作成→宗教の強制
獲得した旧Ottomans領アナトリアの殆どをGeorgiaに下賜して独立欲求を下げる
Gujaratからゴアノードに属する沿岸州のBARODAをカツアゲ
"Manufactories"受容

Denmark戦

eth_189.jpg

Russia及びGreat_Britain・Sweden連合に攻められてボロボロになっていたので宣戦布告

eth_190.jpg

終戦。Norwayのコア返還とバルト海の島々を獲得

第二次Great_Britain戦

eth_191.jpg

フランスの援軍としてSoyo戦の途中だったが、気にせず宣戦布告
約3年でSweden(Norwayに1州割譲)、Liege、Gelre、Bremen、Frankfurt、Savoyと個別講和

eth_192.jpg

The_Papal_State個別講和

eth_193.jpg

終戦。Franceに嫌われると困るので、Franceにも1州コア返還

戦後の出来事
獲得した旧Great Bitain領のうち、English Channelに属さない4州をNorwayに下賜
→独立欲求が50%を下回ったので外交併合開始
Scotlandも外交併合開始
Venice属国作成→宗教の強制→獲得した旧The_Papal_State領を下賜して独立欲求を下げる

第一次Netherlands戦

eth_194.jpg

HRE皇帝BohemiaがAustriaと戦争中で増援に来られなかったので宣戦布告し、1年で終戦
完全併合(10年後Gelre領内のコアで復活)

よみがえる包囲網

この頃から収入が大幅に増え、戦術を深く考えずに物量で圧倒するようになった
これまでも戦闘描写はあまりしてこなかったが、今後はほぼ戦争結果のみの紹介になる

Yao戦(包囲網解除③)

eth_195.jpg

Timuridsは開戦後に召集に応じた

eth_196.jpg

4年後終戦

その他の戦果
割譲:Songhai 3(象牙海岸ノード)、Morocco 6、Kong 4(象牙海岸ノード)
完全併合:Tunis(SOUSSE)・Genoa(CORSICA)

第一次Majapahit戦

eth_197.jpg

双方援軍なしで1年で終戦。戦中にScotland外交併合完了

戦後の出来事

eth_198.jpg

主要交易港をLONDONに移動
42歳で能力2.5.6の新帝即位
後継者は2.5.2で継承力の強い39歳(弟?)

第四次Spain戦&第一次Jolof戦

eth_199.jpg

開戦直後にNorway外交併合完了
開戦してから「イベリア半島の北部一帯をFranceがVital_Interestに指定している」ことに気づいた
戦勝点の使い道に悩むことが予想されたので

eth_200.jpg

Jolofに宣戦→Moroccoを釣り出して属国化→SpainにMoroccoのコアを返還させる
ことで解決することにした

eth_201.jpg

1年後に無事Moroccoの属国化に成功

eth_202.jpg

Songhai個別講和

eth_203.jpg

Jolof終戦

eth_204.jpg

Spain終戦

その他の戦果
完全併合:The Knights(CRETE、RHODES)・Portugal(MADERIA)←2回目

戦中・戦後の出来事
モルッカノード・象牙海岸ノードの各貿易会社からそれぞれ商人+1
顧問のイベントで6年間規律+10%
Timuridsの援軍としてHormuz戦に参加(おこぼれは貰えなかった)

第二次Netherlands戦(包囲網解除④)

eth_205.jpg

相手にはOttomansやPolandも含まれたが、陸海共に戦力は優勢だった

eth_206.jpg

ようやくインドから明への陸路開通。すでにRussiaが明と隣接していたため天命喪失間近

eth_207.jpg

3年で終戦

その他の戦果
割譲:Najd 1(BISHAH)、Denmark 2(SLESVIG・LOLLAND)、The_Papal_State 1(UMBRIA)

戦後の出来事
イベント"Military Reform"で10年間士気+20%etc

第三次Bahmanis戦

孤立していたので宣戦布告

eth_208.jpg

1年強で終戦

1687年の状況

eth_timeline_7.jpg

属国:Georgia、Venice、Morocco
同盟:Timurids、France、Brandenburg
(外交枠超過中)

アイデア

5番目のアイデアは貴族だった。

当時の3人の外交官のうち2人が外交併合に張り付き、残る1人であらゆる外交行動を取っていた。
かといって外交アイデアを取ろうにも、外交併合のために外交点が増えなかったため
軍事系アイデアで唯一外交官が追加される貴族アイデアを取得した

騎兵の強化や自治度低下、人的資源増などの必要性はこの頃には乏しかったが、
宗教アイデアとのポリシー「不穏度-1、布教強度+1%」は役立った

所感

聖地獲得・アフリカに築いた足場から欧州に飛び入り・大国Ottomansに完勝・貿易会社や植民地から商人追加
などこれまでに蒔いた種が実りはじめた時期だった

次の目標

①明
②Ottomans
③北印
④English Channelのシェア向上


The Shadow jumps.
AAR/六芒星の影/7(1687~1742) 帝国主義 中国・北印・東欧


添付ファイル: fileeth_timeline_7.jpg 13件 [詳細] fileeth_208.jpg 8件 [詳細] fileeth_207.jpg 9件 [詳細] fileeth_206.jpg 8件 [詳細] fileeth_205.jpg 7件 [詳細] fileeth_204.jpg 6件 [詳細] fileeth_203.jpg 5件 [詳細] fileeth_202.jpg 6件 [詳細] fileeth_201.jpg 6件 [詳細] fileeth_200.jpg 5件 [詳細] fileeth_199.jpg 5件 [詳細] fileeth_198.jpg 7件 [詳細] fileeth_197.jpg 8件 [詳細] fileeth_196.jpg 2件 [詳細] fileeth_195.jpg 5件 [詳細] fileeth_194.jpg 4件 [詳細] fileeth_193.jpg 2件 [詳細] fileeth_192.jpg 4件 [詳細] fileeth_191.jpg 7件 [詳細] fileeth_190.jpg 1件 [詳細] fileeth_189.jpg 3件 [詳細] fileeth_188.jpg 5件 [詳細] fileeth_187.jpg 1件 [詳細] fileeth_186.jpg 3件 [詳細] fileeth_185.jpg 4件 [詳細] fileeth_184.jpg 6件 [詳細] fileeth_183.jpg 2件 [詳細] fileeth_182.jpg 7件 [詳細] fileeth_181.jpg 5件 [詳細] fileeth_180.jpg 4件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-01 (日) 08:12:09