AAR/六芒星の誤

AAR/六芒星の誤/1(1444~1488)Ottomans 獅子奮迅

地獄から天国

NajdからOttomansに開始国を変更し、最初に感じたことは「ここが天国か…」だった

傭兵を雇って扶養限界を満たし、更に全分野で顧問を雇ってなお収支は黒字であり
請求権はミッション達成で手に入る上に君主は超有能、更にハーレムで後継者の質も高く保てる

久しぶりの大国プレイだったので、できることの多さに若干戸惑った

初期外交

  • Ragusa独立保障解除
  • Granada独立保障(Castileへの嫌がらせ)
  • Tunisと同盟
  • Franceと関係改善→同盟

その他

  • 君主点回収
  • 顧問雇用
  • 要塞破壊
  • ライバル指定(Mamluks・Aragonとどこか)
  • ByzantiumとAragonでスパイ網構築

獅子を冷蔵庫に入れるには

条件は3つ

  • ドアを開ける
  • 獅子を入れる
  • ドアを閉める

領土を手に入れるときも同じ

  • 国境を開ける(宣戦布告)
  • 兵を入れる(野戦勝利&占領)
  • 国境を閉じる(国境が消えることもある)

ミッションの第5ツリーを順番に達成していけば、自然にアラビア方面へ拡張できる
Mamluks以外は軍量で圧倒できる上に、軍事技術で負ける可能性もない。特に苦労しなかったので印象にも残っていない

いきなりだが戦争と戦果、主な出来事のみ年表形式で

年月出来事/主戦国(共戦国)内容/敵同盟内容2/割譲(州数)・その他戦果補足等/完全併合終戦年月・備考等
1445/12ByzantiumByzantium(1)1447/03 終戦後首都移転
1447/03ミッション達成×22-1、5-1騎兵と傭兵歩兵を雇ったアナトリアに請求権獲得
1447/06CandarCrimia RmazanCander1450/01
1450/04KaramanKaraman1452/01 ミッション5-2達成
1452/02カツアゲWallachiaBUZAU州Polandへの嫌がらせ後年Wallachiaに売却した
1452/07同盟締結Qara_QoyunluMamluks戦の被害担当Mamluks戦後破棄そこそこ役立った
1452/09MamluksMedinaMamluks(3) 屈辱領土餌に参戦要請:Qara_Qoyunlu・Tunis1457/05 戦後Syria属国作成
1454/01Institution発生Renaissance発生地はBRESCIA1468年に受容自然伝播を待った
1457/06同盟関係整理破棄:Qara_Qoyunlu・Tunis締結:CastileAragon戦にCastileを呼びたかったが→領土約束を破ったばかりで不可だった
1457/07政府改革と時代目標Tier2:税効率+10%選択CoE投資×3で時代目標④達成注)Byzantium戦後に①DEV30→Mamluks戦後に②2大陸③屈辱達成
1458/03Naples(Aragon)Siena LuccaAragon(1) 屈辱参戦要請:France1464/07 図①
1458/04Aq_QoyunluAnizah DulkadirAq_Qoyunlu(6)Dulkadir1460/11
1462/11後継者選択(4.4.6)ハーレムは凄い
1462/12黄金時代開始*1貯まっていた君主点で→各技術を先行取得して→軍量アイデアを③まで取得影響にしておくべきだった*2
1463/10改宗&文化転向↑の選択の結果→外交点が余りだしたので→人的資源や収入増を狙い→バルカンの州を順番にスンニ&トルコ文化へ

図①

003.jpg

戦中に時代ボーナス①として"Transfer_Subject"を獲得。その時点ではNaplesを属国移譲させるつもりだった
しかしながら

  • キリスト圏のAEが大きい
  • Najd化後に属国引き継ぎをしても旨味が少ない

これらを理由に取り止めた。時代ボーナス①は"Justified_War"(AE緩和)を選んでおけば良かった

植民距離の関係でMINORCA州(赤矢印の小島)は届くがMAJORCA州(その左下6kの部隊が居る島)は届かない
MAJORCAを取ればBARBARY_COASTを挟んで隣接するTremcenに請求権を捏造できるが、MINORCAではそれができない

	今回はTunisとTremcenが同盟していたのでTunisに請求権捏造→Tremcen釣りだし&割譲→Portugalに請求権捏造→イベリア上陸とできたが
	両国はライバル関係にある世界線が多く、その場合はイベリア侵攻のために必要な戦争が多くなる。"上手く調整されているな"と感じた

両州は海峡で繋がっているので同時に2州割譲させることはできる。だがFranceが両州をVitel_Interestに指定しており、
MINORCAだけなら関係悪化で済むが両方選択すると同盟破棄の警告が出た

後のCastile戦でFranceを呼びたかったのでMAJORCAは諦め、サルデーニャ島の南1州の割譲で我慢した

	そもそもAragon領が欲しかった訳ではなくイベリアへ近づきたかっただけであり、PP稼ぎの為に屈辱を与える必要性も乏しかったので、もっと軽い要求で早めに終戦しても良かったが
	アラビア方面の国は停戦期間が残っており、かつこの頃は金も人的資源も余裕があったので暇つぶしに戦争を継続し(Najdスタートでは考えられない発言である)、
	Call_for_Peaceのポップアップが出たので終戦した。後から思えばさっさとTunisと開戦しておくべきだった

1466年の領土

004.jpg

同盟 France Castile
属国 Syria
独立保障 Granada

獅子身中の虫

年月出来事/主戦国(共戦国)内容/敵同盟内容2/割譲(州数)・その他戦果補足等/完全併合終戦年月・備考等
1467/08TunisTremcenTremcen(1) Tunis(6)1470/06
146?/??Iberian_Wedding発生Aragonが同君下位になり→ライバル枠が空いたため→Tunis戦後にVenisをライバル指定
1468/11時代ボーナス②として"The_Guns_of_Urban"を獲得効果は包囲能力+33%
1472/03軍量アイデア完了⑦の損耗減は嬉しいが→扶養限界+50%が→必要な局面はしばらくなかった
1472/05MamluksAnizahMamluks(1)+Syriaに2州返還参戦要請:Castile1474/01
1474/02PortugalEngland (Castile裏切り)Portugal(3)Englandとの同盟も破棄させた1478/04 イベリア上陸
1475/02第2アイデア選択"統治"
1476/02時代ボーナス③"Justified_War"
1478/08CyprusMamluks Venis The_Knights FerraraMamluksとの停戦短縮1480/03
1480/10Qara_QoyunluMazandaran (Mushasha裏切り)Qara_Qoyunlu(8)1483/07
1485/05Mamluks(Hisin_Kayfa)Cyprus AnizahMamluks(5)+Syriaコア返還Hisin_Kayfa*31488/01*4 参戦要請:Castile
1487/05Duke_of_Burgundy_Dies発生低地地方はHolland領になったいつの間にかBurgundyから→独立していたのだろうか?
1488/01同盟関係整理破棄:Castile締結:NajdCastileのFavorを使い切り→用が済んだため
1488/02Syria外交併合開始必要な外交点は1044点

1488年5月 Najd外交属国化。Ottomansは今後約1世紀に渡り、全身をNajdに蚕食されていくことになる

1488年の領土

005.jpg

同盟 France
属国 Syria Najd
独立保障 Granada


AAR/六芒星の誤/2(1488~1535)Ottomans 属国育成


*1 50年以内にNajd化できると思っていたが甘かった。実際には100年以上後だった
*2 軍事点が溢れていたので深く考えずに軍事アイデアを選んでしまった。さっさと影響アイデア③を取得し、Syriaの併合コストを下げておくべきだった
*3 その結果ミッション5-3達成でイラク方面等の永久請求権を獲得した
*4 ミッション3-6達成

添付ファイル: file005.jpg 4件 [詳細] file004.jpg 6件 [詳細] file003.jpg 4件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-28 (土) 14:34:04