AAR/Helvetia

第1話

HLV1-1a.png
↑開幕ダメ君主。まあ共和政だから上がりはするが…。

初動に関しては各国戦略/スイスをご覧ください。初手はバーデンに突撃します。開戦事由はバーデン公がブライスガウ産のガラス製コップを自慢してきたことに腹が立ったためです*1。同盟国はバーデン西のアルザス、敵同盟国は北イタリアのミラノです。

HLV1-2a.png

バーデン軍を撃破。ミラノ軍はアルプスの山岳要塞に引っかかって出てこないのでそのままバーデン全土を1連隊包囲して兵の供給源を断ちます。そしてミラノ軍に突撃!

HLV1-3a.png
HLV1-4a.png

バーデン陥落前後で二回撃退しました。その後ミラノを包囲すると厭戦機運が高まったのか、ミラノは陥落を待たず白紙講和。盟友アルザスと邪悪なるバーデン公の領土を南北に分断します。

HLV1-5a.png
HLV1-6a.png

そういえば以前バーデン公といっしょにいたヴュルテンベルク公が穀物のとれないスイスの土地を馬鹿にしてきましたね。今度はこいつで攻め入ってやりましょう*2。そして気になる噂がもう一つ、バーデン領民がスイスの徴税官に対して「スイスみたいな山猿の国の一部になどなれるか!」「アルプスに帰れ!」など好き放題言っているようです。誠に腹立たしい限りですがウィーンの宮廷がバーデンを解放するよう言ってくるのも時間の問題、ここは一時的に属国としてしまいましょう。おや?どうやらアルザスも同じ状況だったらしく皇帝の要求に屈してバーデン領を解放したようです。

HLV1-7a.png
↑元に戻ったバーデン君(ただしスイスの属国)

ところで戦争中に教皇様からスイス傭兵の要請(イベント)がありまして教皇様と我々の関係は蜜月を迎えています。というわけで教皇領と同盟を結びます。ついでにヴュルテンベルクを攻めるにあたりアンスバッハとも同盟します。

HLV1-8a.png
HLV1-9a.png

次回予告
スイス共和国はアルプス山脈の山麓山中に位置し産物は貧しい。その土地柄が余剰人口を多く産み傭兵産業へと発展したのである。スイスの貧しさを嘲る者はスイスの強兵の手によって血の海に沈むことになるだろう。次回第2話AAR/Helvetia/アルプスの狂犬。奴に手を出してはならない。執念深き山岳の民に…。


*1 征服CB
*2 請求権作成

添付ファイル: fileHLV1-9a.png 4件 [詳細] fileHLV1-8a.png 7件 [詳細] fileHLV1-7a.png 5件 [詳細] fileHLV1-6a.png 6件 [詳細] fileHLV1-5a.png 7件 [詳細] fileHLV1-4a.png 5件 [詳細] fileHLV1-3a.png 6件 [詳細] fileHLV1-2a.png 11件 [詳細] fileHLV1-1a.png 7件 [詳細] fileHLV1-9.png 7件 [詳細] fileHLV1-8.png 10件 [詳細] fileHLV1-7.png 9件 [詳細] fileHLV1-6.png 8件 [詳細] fileHLV1-5.png 8件 [詳細] fileHLV1-4.png 12件 [詳細] fileHLV1-3.png 12件 [詳細] fileHLV1-2.png 11件 [詳細] fileHLV1-1.png 29件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 19:49:06