[[グランド・アルメは世界最強ォォ]]

*安定度-1 [#q574c441]
 Q1.何でタイトルが八・九日目なんですか?
  A.何かの拍子でSSを消してしまい、ついでに脳ミソからその日のプレイ内容が消失してしまいました。
   他のプレイヤーにも聞いたところ、何も覚えていないほど何も起きなかった日のようです。
 
 Q2.手抜きですよね?
  A.いいえ、違います。
   プレイ時間も1時間30分と実質20年しか進まなかったこともあり、本当に何も起きませんでした。
 
 Q3.手抜きですよね?(威圧)
  A. ...。(死んだ魚の目)
 
 Q4.あっ
  A.(察し)
*八日目のダイジェスト [#yb454e30]
・旧大陸で主力が壊滅したIroquoisがUSAに戦争を吹っかけられ、あわや大惨事寸前にまで発展した。
・前Ottomans戦の条約内容通りの領土割譲が行われた。
・VCに謎のオーストラリア人が訪れ、Great Britainが「オーストリア植民待ったなし」と発言し『Send an Insult』を行った。
**以下、九日目の内容 [#b75964fe]
*クールタイム [#af778b97]
狂犬Franceと野心に燃えるGermanyが仲良く執政期間中な為、しばしの平和な時が流れた。

#ref(AAR801.jpg) 
Franceは八日のプレイ終了時にTuscanyがVeniceに対して戦争を吹っかけていたので
それに便乗参戦している状態からスタート。

颯爽と陸軍をVenice領に流し込み、屍の山を築いてさっさと帰国した。

最早この時期になると苦戦するほどのAI国家が残されておらず
ただの塗り絵に成りがちなのだ。

その間、Iroquoisが全世界に向けて対France包囲網を呼びかけていたが
先のOttomans戦の影響で陣営が定まった為に、康応する動きは最早皆無だ。

#ref(AAR802.jpg) 
この時の教皇庁がIroquoisによってコントロールされているのも合わさり
宗教の時代から帝国主義へと移行しつつあるというささやかな皮肉にも見て取れた。

「一時の平和は最も精力的に外交が繰り広げられる期間だ」とどこかの偉人が言っていたがまさにその通りで
この時、水面下ではフラグの回収をしに戦端を開こうとする動きがあった。

*サンクトペテルブルグ燃えゆ [#pde50146]
この年のSt.Petersburgは8月だというのに、記録的な大雪に見舞われた。

公会場ではツァーの慈愛により炊き出しが行われ
下級貴族の子らや地方から農作物を運び入れに来た商人でごった返していた。

普段販路を行きかう馬車が積雪を前に立ち往生しているのを目撃した通行人らは
力を合わせやっとの思いで窮地から救い出した。

いつもと違う生活、そして風景。

だが、今年はあまりにも違いすぎた。

遠くで誰かが叫んでいる。

市民「おいあれを見ろ、屯田兵のコサック達が息を上げて入城してくるぞ。あいつらはいつもせかせかしているな」
守衛「いや、あれは...。」

#ref(AAR803.jpg) 
数刻もしない内にSt.PetersburgはGermany強襲軍により制圧され
クレムリンに住まうツァーもあわや捕縛されるすんでであったと後年の歴史書物では記載されていた。

*強襲作戦 [#d6998d0f]
|>|CENTER:参戦国|h
|CENTER:~アーリア同盟|CENTER:~ロシア帝国|
|COLOR(RED):Germany|COLOR(RED):Russia|
|France|Great Britain|
|Mugharls|Iroquois|
一体何が起きたのか、恐らくそれはRussia自身が一番理解できていなかったに違いない。

事前に手に入れておいたIngermanlandを橋頭堡として
宣誓無しにGermany軍がSt.Petersburgに侵攻、即時陥落させてしまったのだ。

#ref(AAR804.jpg) 
それに加え、当初の計画通り背後からはFrance軍が続き
ウラル=アルタイ地方ではMugharls軍がヨーロッパ側とアジア側の補給戦を分断させた。

計画との大きな違いは、当日のCommonwelthにはプレイヤーが不在であり
前戦力をRussiaにぶつけることが適った点か。

#ref(AAR805.jpg) 
完全な奇襲にする為に、RussiaとGreat Britainらが同盟を結んでいたCommonwelthや
Russiaの保護国であるChagatai付近1プロビには近づかない形で軍を潜ませ
戦端が開かれてから前線に駆けつけるというスタイルをとった。

Great Britainが何故Russia側で参戦したのかは条約関係のようだが
戦闘には参加する気配は無く、観戦に終始していた。

この事態にRussiaとの同盟関係にあったIroquoisが遅れて参戦をしたものの
もはや大局を覆す要因にはならなかった。

理由は2つ、1つは大西洋への入り口のSt.MartinがFrance領の為
2つ目は単純にIroquois陸軍はまだまだ未成熟であるばかりか
下手に本国から兵力を運び出せば、FranceはUSAを使ってIroquois本土をボコボコに出来たのだ。

*虐め反対! [#a7873d8b]
対Russia戦は起こるべくして起きたと言っても過言ではない。

前回のOttomans戦の際、対Russiaに対する講和内容が甘かったのは
Germanyの中ではスカンディナビア利権を巡って「もう一戦やる気」だったからだ。

それに加え、Mugharlsは明の利権を巡って未だ解答を得れておらず
FranceとしてみればRussiaはIroquoisサイドの対Franceの重要なファクターなのだ。

これら3国が抱える対Russia構想が合致し、今回の包囲網が形成され
今回の戦争が引き起こされた形だ。

*バルバロッサの恩恵 [#zc774014]
再び戦況に話を戻してみる。

今回の作戦では、主な戦闘はGermanyが請け負い
Mugharlsはウラル=アルタイラインの構築によるRussiaのアジア方面軍との寸断
FranceはMugharlsのサポートと一番ド底辺の占領が主な仕事であった。

#ref(AAR806.jpg) 
Russiaの貧しい土地でFranceが占領作業を行う点に関しては
過去にGermanyに助けられた恩があったのでその役目を求められた時に快諾した背景があった。

無論、予想通りManpowerとTresuryがゴリゴリ減っていくがこれで恩が返せるなら安い物だと思っていた。

#ref(AAR807.jpg) 
元々ヨーロッパ側に居たRussia陸軍の大部分は開幕の戦闘で壊滅していたが
残存兵力が封鎖に加わっていたFrance軍を突破してアジア側に逃げ込む場面も見られた。

#ref(AAR808.jpg) 
しかし、既に封鎖は完了しており
Mugharlsがよそうよりも多いほぼ全軍を投入してくれたことでRussiaのヨーロッパ方面奪還は厳しい状況であった。

Iroqupoisはというと、本国の兵力をRussiaのアジア側の港には運ばず
本土でじっと戦況を見つめている様子。

#ref(AAR809.jpg) 
途中、あまりに仕事が無かったFrance艦隊で貿易艦隊を襲って見せたりしたが、一向に動きが見られない。

海軍モラルが低いのは賃金をケチったままになっていたからで
この海戦は勝利しているのでご安心ください。

筆者はこの手のミスを頻繁に犯す。

恐らくIroquoisはOttomansの参戦を促していたに違いないが
実は参戦のトリガーを既にFranceは把握しており、事前に芽を潰すことに成功していたのだ。

*Mugharlsの本気 [#j5785df9]
ヨーロッパ側のRussia領が陥落してから数ヶ月
未だにスカンディナビア半島とアジア方面には160k以上の兵員が残されていた。

#ref(AAR810.jpg) 
占領や封鎖に従事していたFrance・Mugharlsは徐々にManpowerが苦しくなりつつあり
補給ラインが繋がっていないことも合わさって兵員の補充もやや滞りがちであった。

#ref(AAR811.jpg) 
この隙をRussiaが見逃す訳も無く、まずはもっとも消耗の激しいウラル=アルタイラインでの攻勢が展開された。

#ref(AAR812.jpg) 
担当するはFrance・Mugharlsの2カ国であったのだが
Franceが駆けつける間もなくRussia主力が撃退されて唖然。

西洋化を果たしてからまだ50年もしない内に陸軍国家Russiaの主力を弾き返すだけの力量を身に着けていたようだ。

Russiaはアジア方面の主力を使って波状攻撃を行うも、全く持ってびくともしないMugharls陸軍。

それどころか「アッラーアクバル! アッラーアクバル!!」と発言しながら
Russia陸軍を追い回す様は、もはやリアルGhazi状態であった。

#ref(AAR813.jpg) 
もはや封鎖線の主力であったはずのFranceが予備軍的な位置づけにすら見えてきた。

結局3度の攻勢は全て失敗したことでRussiaの余剰戦力は大幅に削がれ
継戦能力は著しく低下してしまった。

*アシカ作戦 [#q0068dfd]
アジア方面での攻勢に失敗したRussiaに止めを刺すため
Franceは補助戦力をスカンディナビアへ向かわせるのであった。

#ref(AAR814.jpg) 
Russiaの現地軍は42k、対するは42kのFrance陸軍と消耗軽減の為後ろに控えるGermany60k。

圧倒的兵力によりスカンディナビア半島へなだれ込んでいく最中
Great Britainが何か言い出した。

Great Britain「Londonが陥落したんだが」

またAI Tuscanyが上陸でも仕掛けたのかと思ったが今回は事情が違った。

#ref(AAR816.jpg) 
主だった戦闘がヨーロッパ側で起きない為に暇をもてあそばしていたGermanyが
10隻程の輸送艦隊を編成し、Londonへ侵攻したのだ。

これにはGreat Britainも焦りを見せ
周辺地域に駐屯する兵力を急ぎ本国に戻してぶつけるが、さすがに質的問題で一瞬で壊走。

#ref(AAR817.jpg) 
続いて旧Scotland領にてGreat Britainを煽りつつ待ち構えるGermany陸軍。

#ref(AAR818.jpg) 
さすがに2倍以上の兵力をぶつけられれば負けるだろうと思いきやGermany陸軍が勝利を収めてしまった。

未だ完成していない状態のGermany陸軍がここまで強いというのはやや予想外である。

これを目にして満足したのか、結局Germany陸軍は輸送艦を使って帰国をしてしまった。

*失意のIroquois [#l30bd677]
#ref(AAR819.jpg) 
France領北米では、有事の際に活用しようとしていたFrance陸軍28kに対してほぼ2倍数のIroquois陸軍が猛攻を掛けていた。

#ref(AAR820.jpg) 
さすがに2倍数+将軍無しでは負けるだろうと余所見ばかりしていたらまさかの勝利を収めた。

中央アジアでの戦闘に勝ち続けた結果、Army TraditionとPrestigeがほぼMAXにまで膨れ上がり
軍全体が強化されまくったのが原因かもしれない。

#ref(AAR821.jpg) 
北米沿岸ではFrance海軍が国家レベルの海賊行為で貿易船を襲い続け
輸送艦隊の出航もままらない現状を目にしたからか遂に投了を宣言した。

すかさずGermanyが「この戦争でFranceのManpowerを使い切らせて、その後殴るつもりだった」と話し
急にやる気を取り戻したように見えたが、ばらした以上する気は無いとGermanyが改めたのを見るや去っていった。

Iroquoisの投了により最後の望みも絶たれたRussiaは講和に応じる姿勢をみせたが
よくここまで単身耐え抜いたと逆に賞賛したい位である。

*ブレスト=リトフスク条約 [#ld22ff61]
講和の席に座ったRussiaであったが、要求内容を目にしてうつろな表情を浮かべたに違いない。

|>|#ref(AAR822.jpg)|h
|CENTER:対象国|CENTER:講和内容|
|Russia|1.Germanyに対して旧Denmark・Sweden・Norwayの3領域の割譲を行う|
||2.Russiaは現Ming・Chagatai・Uzbek・Zhouの領有を禁ずる|

1の項はGermanyの、2の項はMugharlsからの要求であった。

実はFranceも"ある要求"をする予定であったが
最早その必要が無くなった為に、白紙同然の講和を行った。

この講和内容自体はRussia崩壊に繋がるほどのダメージではなかったものの
ゲームシステム面での講和の際に盟主のGermanyが『Force Religion』をこっそり盛り込んだのを受諾してしまい。
Russia国内は反乱祭りに見舞われた。

*シベリア出兵 [#x5760957]
各所で暴れまわる反乱軍を前にさすがに哀れに思ったGreat BritainとFranceが
共同で兵力を出し合い鎮圧行動に乗り出した。

Russia陸軍は健在であったものの、宗教がガラっと変わった影響と戦後間もない為に
Moralが低く戦えるような状態ではなかったのだ。

これを見たGermanyがFrance=Great Britain=Russiaの連携を警戒したのか
Franceに対して圧力を掛けてきた。

反乱鎮圧の場所がまったく見えないという理由で同盟を求めたのが問題視され
思慮不足という事ですぐさま謝罪し撤回を行った。

数年後に、Russiaが無事Orthodoxに帰化出来たのを確認し、本日プレイは終了となった。

*9日目の終わりに際して [#o64bf4ba]
----
|CENTER:~Country|CENTER:~Income|CENTER:~Tresury|CENTER:~Force Limit|CENTER:~Army Total|CENTER:~Manpower|CENTER:~Navies Limit|CENTER:~Navies Total|h
|CENTER:France|CENTER:174.12|CENTER:581.35|CENTER:207|CENTER:204277|CENTER:265195|CENTER:207|CENTER:123|
|CENTER:Germany|CENTER:113.14|CENTER:11164.39|CENTER:132|CENTER:150000|CENTER:140430|CENTER:84|CENTER:82|
|CENTER:Great Britain|CENTER:107.65|CENTER:1747.30|CENTER:61|CENTER:28000|CENTER:9195|CENTER:233|CENTER:173|
|CENTER:Mughals|CENTER:95.52|CENTER:61.98|CENTER:103|CENTER:79000|CENTER:30376|CENTER:61|CENTER:52|
|CENTER:Ottomans|CENTER:276.14|CENTER:146.97|CENTER:293|CENTER:284000|CENTER:170837|CENTER:205|CENTER:208|
|CENTER:Portugal|CENTER:211.69|CENTER:2297.58|CENTER:93|CENTER:92000|CENTER:41832|CENTER:280|CENTER:270|
|CENTER:Russia|CENTER:119.34|CENTER:15100.11|CENTER:181|CENTER:54000|CENTER:216550|CENTER:43|CENTER:6|
----
国力表がなかなか寂しいものになってしまった。

マルチという性質上、皆仲良くゴールインは厳しいのかもしれないが
やはり全員で走り切りたい思いはどこかあった。

#ref(AAR823.jpg)
Russia戦の最中、既得権益のUzbekへOttomansが侵攻し、これを大部分領有したようだ。

今後RussiaはOttomansと敵対する限り焦土戦が使えない状態に陥り
外交的に非常に厳しい立ち居地になったと言えるだろう。

Russia戦で大いに活躍して見せたMugharlsであったが、それ故に戦争の傷も未だ癒えず
Manpowerはリチャージ待ちの真っ最中。

#ref(AAR824.jpg)
インド方面のプロビは異文化・異宗教でカオス状態な為
なかなか国力が伸び悩み苦しい状況にある。

そろそろ貿易でぼろ儲け出来る時期かと思いきやGreat Britainの収入はきついままの様子。

理由はアジア利権がOttomans・Mugharlsの連携によって尽く差し押さえられ
取れたのがフィリピンとオーストラリア東部、ポリネシア地域の島々だけで拡張が全く出来ていないからだ。

本来はJapanがGreat Britainの取り分であったはずなのだが...それは後日談で触れることにする。

対してPortugalは広がり続ける植民国家からの収入と貿易収入で世界第二位の経済大国に上り詰め
過去に北アフリカ領を失い斜陽かと思いきやなかなか順調に内政を執り行っている。

しかしながらPortugalもGreat Britainも交易ルートの寸断というウィークポイントを抱えている為に
いつその収入が失われるか予断を許さない状況なのだ。

先のRussia戦で大幅に権益を手にしたGermanyであったが
VeniceとTuscanyが貿易収入の大部分を絞り上げている為に収入面では脆弱性がぬぐえない。

世界最高品質の軍を手にしてはいるものの、Army Limitは意外と低いままである。

前回に比べて約2倍に収入が増えたFranceであるが
これはAmsterdamの貿易領域へ首都を移し、世界中の富をかき集めることに成功したからだ。

既にWestern Europa等の貿易権益に関しては協議は済ませており
殆ど雀の涙程度の利益率しか主張していないのにこの上げ幅、Amsteldamは格が違った。

*急遽、最終回 [#m86b7a44]
新年度を前にメンバーの都合も厳しくなり、急遽次で最終回という話になった。

それに伴い、最終戦争を行う事で合意し盛大な花火を打ち上げ終わりにしようと言ったところか。

9日目終了時点である1682年から約8年間の準備期間を設け、1690年以降に任意のタイミングで宣戦を行う形である。

----
|CENTER:~Country|CENTER:~Income|CENTER:~Tresury|CENTER:~Force Limit|CENTER:~Army Total|CENTER:~Manpower|CENTER:~Navies Limit|CENTER:~Navies Total|h
|CENTER:Commonwelth|CENTER:98.41|CENTER:84.10|CENTER:95|CENTER:128000|CENTER:179580|CENTER:24|CENTER:24|
----

もうちょっとプレイヤーを増やして盛り上がらせようという事で
元Burgandyプレイヤーを召還して、Commonwelthに入ってもらうことにした...が
セーブデータを見るや否や「敵対する国は決めた」「Franceが俺の国にライバル指定入れてるな」などと意味不明な供述を始めた。

全く持って先が思いやられる。

詳しいルールは以下の通りである。

 【ルール】
 ≪陣営≫
 ・今マルチ参加プレイヤーはFrance・Ottomansの2つの勢力のどちらかに必ず所属しなければならない。
 ・France・Ottomans両国は他のプレイヤー国家を自陣営に引き入れる事が出来る。
 ・陣営に所属した後も、1690年以降の開戦以前であれば離反は可能である。
 
 ≪条約≫
 ・それまで各国間で結ばれた条約は全て失効し、1682年以降に結ばれた条約のみ有効とする。
 ・1682年以降に結ばれた条約を違反した場合、無論条約破りの烙印が押されることになる。
 ・プレイヤー=AI間で結ばれている同盟も、最終戦争開始年代である1690年を持って全て破棄しなければならない。
 
 ≪戦闘≫
 ・開戦後はすべてのプレイヤー国家が自陣営勝利に向け最後まで戦い続けなければならない。
 ・開戦時期については1690年以降であれば、任意のタイミングで宣戦をしても良い。
 ・宣戦を行う際の対象国・被対象国は問わない。
 ・1700年を持って全ての戦闘は終了し、戦勝点を多く稼いだ陣営が勝利する。

確かこんな感じ(適当

Franceとしては外交手腕が長けているGermanyに盟主をお願いしたかったのだが
どうも乗り気でなかったので仕方なく名乗りを上げた。

Ottomansについては誰もが認めるほどの国力を持っていたし、盟主の座に相応しいだろう。

#ref(AAR825.jpg)
折角なので世界地図も添付しておこう。

青が世界各地に見られるがアジアのはKoreaで
新大陸の青はNewfoundlandとFranceの色が酷似していてとても見づらいがFrance領は7プロビ程度だ。

スカンディナビア半島にSwedenっぽい国が出来ているのは
Russia⇒Germany⇒属国独立⇒Swedenに領土割譲でAdmを節約しようとしていたからだそうだ。

他の国は色のままで、OttomansとIroquoisが尋常じゃないプロビ数を誇っている。

|>|CENTER:国別解説|h
|CENTER:Country|CENTER:説明|
|CENTER:Commonwelth|西にGermany、東にRussia、南にはOttomans、ラストエデンたるHungaryは条約によって触れることすら許されない。|
||こんな国でプレイしろといわれた暁には気胸になることうけあいである。|
||肝心の陸軍はというと上記の通りまずまずの戦力であるのだが、IdeaのOffensiveが無い為に機動力に欠ける。|
||どちらの陣営に所属しても前線になることは変わりないので、かなり重要なポジションであることは確実であろう。|
|CENTER:France|質と量の両面をバランスが良い陸軍と世界第4位の海軍力を持ち合わせている。|
||肝心のプレイヤーテクニックが欠如している為に幾度と無く国家崩壊の危機に見舞われながらも、不思議な力で持ち直しに成功したとんでも国家。|
||イベリア以外の利権をまるまる捨てる形で仮想敵国の発生を最小限に抑えていたものの|
||先のGreat Britain戦やOttomans戦、Russia戦等で地味にヘイトを買ってしまった事から、外交パートに難を抱えている。|
|CENTER:Germany|世界最高峰の質を誇る陸軍を保有している。|
||OttomansとはFranceも含め3カ国で友好関係を築いていたこともあり、どちらに着くのか不明である。|
||プレイヤーテクニックも高く、味方にすれば心強く敵になれば苦戦を強いられることになるだろう。|
|CENTER:Great Britain|先のGreat Britain戦で北米領を失い、アジア利権も発展途上の状態にあり、国力面ではかなり問題を抱えている。|
||一方で海軍については終了時点で世界最高のHeavy Ship数を保有し、まだまだ展開の余地は残っている。|
||問題はPortugalと敵対した場合はシーレーンがズタズタになってしまう為に恐らく運命共同体としてセットで行動をするしかない点である。|
||つまりはPortugalかGreat Britainの友好を勝ち取った方が制海権を奪う事が出来、継戦能力で優位に立てるのである。|
|CENTER:Mughals|Russia戦で予想以上の活躍を見せた新興国。|
||唯一のアジア国家である為に国土があらされる危険性は低いものの、戦場へのアクセスの悪さもなかなか考えものだ。|
||まだまだ発展途上で資金面も悩ましく、どちらに着くにしても資金提供等で持続的に兵力を派遣出来る体制を整えて貰う事になりそうだ。|
||自前の海軍は数こそ少ないがアジア貿易を行っている海洋国家からすれば敵に回したくは無い&味方に引き入れたい国に違いない。|
|CENTER:Ottomans|Franceと敵対する陣営の長であり、世界最大級の陸軍を保有する超大国。|
||終了時点でMil Lvが20(FranceやGermanyは22)と技術面で問題を抱えている点を除けば、GhaziのManpower3倍効果で多方面作戦を布ける位のポテンシャルを持ち合わせている。|
||一方で海軍はGalleyスパムが可能な為に地中海の制海権は磐石であり、そこに海洋国家も加われば制海権は揺ぎ無いものとなるに違いない。|
||枢軸国Germanyと前線となりうるCommonwelthを引き入れれるか否かで優位性は大きく変わってくることだろう。|
|CENTER:Portugal|2度のOttomans戦で大きく国力をそがれながらも収入が世界第二位という恐ろしい子。|
||陸軍力は察しな部分ではあるが配備上限が意外と高く、Ottomans側に付けばFranceは厳しい戦いになることが予想される。|
||加えてルールで今までの条約が全て無効になったので、船舶保有制限も解禁され海上では思う存分暴れるだろう。|
||Great Britainの項の通り、ほぼセットと考えて差し支えない為、どちらかの友好を得れた陣営が制海権を握ることになる。|


果たしてこの大戦、いかなる形で決着を見るのか...。

[[グランド・アルメは世界最強ォォ 十日目 最終戦争]]へ続く...
[[グランド・アルメは世界最強ォォ 十日目 決戦前夜]]へ続く...

[[グランド・アルメは世界最強ォォ]]

TIME:"2014-03-30 (日) 00:27:10"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS