グランド・アルメは世界最強ォォ

方針決定

開始時点のFranceは、Ottomanに次いで陸軍を保有している状態にある。

このポテンシャルは凄まじく、西欧州に陸軍国が1国も無い事も合わさり
France vs 2カ国以上の構図に持ち込まなければ勝つのは至難の技なのだ。

AAR101.jpg

開幕イングランドと講和し、直後にBrugundyを殴って屈服させることも考えたが
ドイツ諸邦に『Aggressive Expansion』が発生して息が続かなくなり
体勢を立て直した英蘭が『Coalition』を組んで襲い掛かってくるのは明白だ。

Franceにとって周辺諸国に『Coalition』を組まれて身動き取れなくされる事が一番厄介なのである。

AAR102.jpg

ならば答えはひとつ、イギリスと正面衝突の原因となる植民地すべて切り捨て
BrugundyとTuscanyを支援すれば、しばらくは安寧の時が訪れるであろう。

返す刀切りかかられたら、まぁどうしようもない。

この余白が効果的に作用するか否か・・・。

百年戦争 -完-

どう足掻いても百年戦争をEngland勝利で終わらせることが出来ないため
早々に交渉の場が設けられる。

交渉が不意になった時、Brugundy・Castileを使った包囲網をかけてくることが懸念される為
外交枠が2枠もオーバーしながらもAragon・Scotlandと同盟を結び
初期配備の輸送船で8師団ほどScotlandへ陸揚げを急いだ。

本土がやや手薄になって危ういと思いきや将軍たちが偉く優秀なので
残りの兵力+Provenceを筆頭とする同盟勢力で案外しのげたりするのだ。

AAR103.jpg

Brugundyの介入を最大限警戒していたところ
Englandの大陸領を割譲する代わりに
Franceが陸軍アイディアを取るという打診があったので早々に交渉妥結。

EnglandとしてはFranceの植民活動を大幅に遅れさせる意図があったわけなのだが
やれ植民地防衛だ、やれ本土防衛だと兵力が分散し過ぎると
海軍がさほど強くないことも相まって大きなウィークポイントを抱えてしまうのである。

しかし、Franceソロプレイの癖で大陸領に居たEngland軍を18師団壊滅させてしまい
Scotland併合に大いに影響あることから謝罪と賠償をするという裏話があった。

え?Englandに情けなんて必要ない?

まあ、せっかくのマルチですし仲良くやって行きたいじゃないですか(棒

こうして、百年戦争は開始2年にして
実質の軍事衝突ゼロで幕を閉じたのであった。

England=Portugal連合王国

「しばらくEnglandと戦争はないだろう」そう私は高を括っていた。

しかし、バラドゲーは非情である。

AAR104.jpg

EnglandがPortugalと結んだ婚姻が驚きの早さで益をもたらし
開始から僅か3年目にして同君連合が実現したのである。

あまりの出来事にCrusaderKings2のマルチをしているのかと錯覚したほどだが、残念ながら現実だ。

元々殖民国家がFranceとEngland(がんばればBrugundyも)しか居ないことから
この植民地利権独占状態に新大陸勢力のIroquoisが強い遺憾の意を示した。

そりゃ生存権掛かってますしごもっともな反応だと思います。

ここで焦点になってくるのがFranceの対Scotland『Proclaim Gurantee』である。

これが付与されている限り、Englandの対Scotland属国化ミッションが阻害され続け
永遠とGreat Britain成立コアを回収出来ない。

Englandはもちろん解除を要求してくるのだが、先のPortugal同君化の事も相まって
決して安売りは出来ない交渉材料なのだ。

   ~交渉内容は後日公開します~

交渉の末、FranceはScotlandの『Proclaim Gurantee』を解除することで合意し
晴れてEnglandはグレートブリテン島の憂いを払拭出来る恰好となった。

一方、その報を聞いたIroquoisは酷く落胆した様子であるが
FranceとしてはここでEnglandと全面対決して周辺国のヘイトを買いたくは無い上に
結局はIroquoisが一番得するのだ。

国境を無くす外交改革

一時の拡張フェイズを確保した事で一気に周辺諸国へ戦争を畳み掛ける。

Tuscanyと連携してThe Papal Stateへ、Brugundyと連携してProvenceへ相次いで宣戦。

The Papal State本土が陸続きではないためにTuscanyに支援要請をし
アヴィニョン捕囚でそのまま持っていかれたAvignonを取り返す目的だ。

Provence自体はFrance単独で用意に踏み潰せるけれども
それでは南北に分断されたままのBrugundyの心象はあまりよろしくないだろうという事で参戦を要請。

Genoa・The Papal State連合軍をさっと除菌し
Provenceの同盟参戦でやってきたSwitzerland軍をちゃっちゃと片付ける。

敵方の実働戦力が居なくなり塗り絵になったころあいを見てBrittanyへ宣戦を行う。

一気に拡大したら『Aggressive Expansion』が乗りまくってやべぇーだろとお思いになるかもしれないが
実はドイツ方向には加算されないようなので、心配は無用なのだ。

粗方領土占領を終えたので、各々講和を行う。

TuscanyはThe Papal Stateから1プロビを得て少し膨らみ
BrugundyはProvenceとLorrainから計3プロビを得て
晴れて南北陸続きの国家となったのであった。

願わくばこのまま2カ国と共存していきたいものだ。

フランスはThe Papal State・Provenceから3プロビ獲得し、Brittanyを属国化した・・・はずが
リホストしたら何故かBrittanyから4プロビ奪って講和していた(白目

他方でも「ミッションが消えた」や「軍が消えた」という悲鳴が聞こえてきてたが
果たしてこのマルチは完走出来るのだろうか。

ポーランド遠征

Brittanyから得た4プロビを渋々コア化作業をしていたところ
Polandから救援要請を求められた。

どうやら、何かの拍子でLithuaniaとの同君連合が外れたらしく
再度引き込む為にMuscavyと協力して対Lithuania戦をしているようだ。

Muscavyが居るし大丈夫だろう思いきや
反乱軍が異常なほど沸いてきて、手に負えないというのだ。

Provance戦後、Burgundyはドイツ諸邦に『Coalition』を組まれてしまった為
暇つぶしにPolandへ援軍に行きたい言い出した。

ここで同行しないと、国内お留守状態のBurgundyを襲うんじゃないかと
要らぬ嫌疑を掛けられそうなので渋々同行を承認。

しかし、Franceが着いたころには先発のBurgundy軍が反乱軍を一掃しており
一体何の為に来たのか分からない遠征であった。

やっぱり東の戦争は遠すぎるし関わらないようにしよう・・・。

そうこうしている内に時計は24時を示し、初日のプレイは終了した。

1日目の終わりに際して

AAR107.jpg

CountryIncomeTresuryMax ManpowerManpowerNavies
Baluchistan3.9083.2316150122443
Brandenburg4.3211.061383093010
Burgundy24.90670.0339080024
England17.98195.90237302218947
France25.9958.59632104249630
Iroquois3.743.7311720106810
Muscovy15.77344.542829053360
Ottoman26.28206.3835460903136
Poland9.8319.981887046940
Tuscany6.289.271495064414

BurgundyのManpoer0が輝いて見える。

ポーランド遠征の影響でもあるが
何よりイベントで受けた「Manpower0化」が痛かったらしい。

この状態でも攻めないだけFranceに敵意が無い事を信用して欲しいものだ。

PolandとMuscovyのManpowerの減り具合が激戦を物語っているが
Lithuaniaってそんなに軍強かったっけ・・・確かにPolandでやってるとLithuania軍が
勝手に蹴散らしてくれてることが多いけれども。

AAR112.jpg

グレートブリテン島北部ではEngland vs Scotlandの死闘が繰り広げられている。

何度かセーブデータを読み込みなおしてみた結果では
負けたり勝ったりで、マルチ2日目ではどちらが勝利するか見ものだ。

AAR109.jpg

イタリア半島ではTuscanyが順調な滑り出し中・・・だったのだが
何故かGenoaとHungaryにボッコにされている。

「戦争中にリホストまたいだら、軍が消えた」とTuscanyは話し
フランスに戦争への加勢を求めてきた。

ポーランド遠征で派遣した9師団がまだ現地に居るし、丁度良いかもしれない。

AAR110.jpg

西アジアではOttomanがAq Ooyunluから分離独立したArmeniaへ遠征しているようだ。

これが済み次第、南下してThe Mamluks征伐といった所だろう。

AAR111.jpg

一方、欧州から離れた場所に位置するBaluchistanは絶賛インド征服キャンペーンのさなかにあり
既にSindとMultanを属国化して同文化のプロビを食わせつつ、着々とインド成立のコアを回収に勤しんでいるご様子。

遊牧国家のTimuridsを横に抱えたまま拡張をやってのけるとは
このBaluchistanなかなかのやり手である。

フランスも拡張の手を緩めず、より一層の努力をせねばなるまい。

グランド・アルメは世界最強ォォ 二日目 お母さん、ヨーロッパは今日も元気です』へ続く...。

グランド・アルメは世界最強ォォ


添付ファイル: fileAAR111.jpg 297件 [詳細] fileAAR112.jpg 307件 [詳細] fileAAR109.jpg 213件 [詳細] fileAAR110.jpg 330件 [詳細] fileAAR108.jpg 95件 [詳細] fileAAR107.jpg 311件 [詳細] fileAAR104.jpg 266件 [詳細] fileAAR103.jpg 274件 [詳細] fileAAR102.jpg 211件 [詳細] fileAAR101.jpg 264件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-24 (金) 18:49:25