パッチ情報

過去パッチ情報置き場 v1.8

Art of War (有料DLC)

  • 反乱軍を支援するために、その反乱軍が活動している国家に対し宣戦布告が可能に
  • 戦争中、同盟国に対して特定プロビで攻城戦を行うように指示できる
  • 戦争中、属国に対して攻撃的、支援、特に無しの3つの行動のうち1つを指示できる
  • 船を港で保存することができる。維持費は減るが、船の耐久力はゆるやかに減っていく
  • 属国を辺境伯に任命できる。辺境伯は宗主国に税収を与えず、併合もできないが戦争においてボーナスを得る
  • 宣戦に属国の持つCBを使うことができる
  • プレイヤーが部隊につけた名前は、部隊をまとめるときに優先的に残される
  • 「従属国」の仕組みを追加。名前、色、国旗、領土を自由に決められる属国を技術が一定レベルに達すれば作れる
  • 船舶を他国に売れる
  • 戦争中に占領したプロビを他の同盟国に譲れる
  • 敵が要求者の国内に持つ全てのクレームを破棄する"Give up claims"という和平条件を追加
  • 敵に以後十年にわたって収入のうち僅かな額を払い続けさせる"War Reparations"という和平条件を追加
  • 十分な所持金があればワンクリックで船をアップグレードできる
  • 守備兵は包囲軍に対して出撃可能に
  • 海外コアを一時的な威信を代償に破棄できる
  • アイデアグループの破棄が可能に
  • 同盟国や属国が自国の輸送船を利用できるかをトグル式で選択可能に
  • HREに帝国内での宗教戦争のシステムを追加。帝国の宗教を決めるため、カトリック、プロテスタント同士の連合が争う
  • ユニットビルダーを追加。ワンクリックで(登録していた編成の)軍隊・艦隊を生産可能に
  • 西アフリカ国家のプレイに25以上のイベント追加
  • 三十年戦争関連の50以上のイベント追加

新機能

  • 45%もより詳細になったマップ、900以上の新プロビによりヨーロッパ以外の世界もヨーロッパ並に細かくなる
  • 大規模な最適化を実施、新プロビと新国家が追加されたが1.7と同様に動く
  • 3つの新商品: 絹、染料、南洋材(Tropical Woods)
  • 圧縮されたセーブデータに対応
  • 反乱軍はプロビ単位では蜂起しない。Revolt Riskの代わりにプロビには不穏さ(Unrest)が追加され特定の反乱勢力に属する。不穏さのあるプロビがあれば、反乱勢力はその不穏さに基づいて蜂起へと進行度が上がっていき、100%に達すると1つ以上の大規模な軍隊が蜂起する
  • 反乱軍の要求を受容することは、強制的に要求が満たされた場合と同等の結果になる
  • プロビンスに地方自治度(local Autonomy)を追加。地方自立度はプロビより得られる税収、人的資源、force limit、交易力を減少させ、また、そのプロビを得るための必須戦勝点をも減少させる。地方自立度は征服されたときに増える。30年毎に反乱率上昇と引き換えに自立度を減らすか、逆のことをするかを選べる。
  • 海外領土は"Distant overseas"の代わりに最小で75%の自立度を持つ。
  • 植民されたプロビは最小で50%の自立度を持つ
  • プロテスタントと改革派は"改革の中心地"を持ち、近隣のカトリックのプロビを改宗させていく。中心地は最初にその宗派が発足した国とその宗派に改宗した最初の2つの国家内に置かれ、これによって以前の宗教改革の広まりのイベントはなくなる。中心地のプロビンスが他宗派によって改宗されると、中心地は消滅する。
  • 旧来の枢機卿のシステムはなくなり、枢機卿はプロビに服属し、毎年豊かなカトリックのプロビに新たな枢機卿が現れる。各々の枢機卿は、国家に資源やボーナスを与える「Papal Action」に使われる、もしくは新たな教皇が選ばれたときに御者になるために投資できる教皇影響力(Papal Influence)を生み出す
  • 旧来の需要と供給のシステムはなくなる。各々の資源には基礎価値があり、奴隷の価値を跳ね上げる三角貿易や、魚の価値を下げるグランドバンク漁場など、様々な一般イベントによって適当な値段に調整される
  • トレードノードは大きくオーバーホールされ、多くの新ノードが追加される
  • 軍事指導者の任命は大きく改善され、すでに任命された指導者は利用可能な指導者のリストにのり、そこから新しい軍隊へ任命でき、自動的に以前任命されていた軍隊からは外される

ゲームバランス

戦争

  • 戦争の指導者(Warleader)は宗主国が属国の戦争に介入したときか、(HRE内の宗教での)連合での戦争のときのみ変わる
  • 宣戦の際、敵国の同盟国を戦争に完全に参加するように指定できる。こうした敵の同盟国は更にその同盟国も呼ぶことができる
  • 敵の同盟国への軍事通行権が戦争中にも削除されない問題を修正
  • 厭戦感情は2以下でも減らすことが可能に
  • 戦闘での戦勝点の大きさを戦争に巻き込まれた同盟国の数に応じて調整

和平

  • 戦争の指導者(War leader)が戦争目的(subjects)でも和平を直接結ぶことができる ※以前は小国にクレームを作って敵方で大国が介入すると、その小国とは直接和平は結べなかった
  • プロビの奪取、属国化、コア返還にかかるAEはプロビの数ではなく基礎税によって計算される
  • 完全に戦争に参加していない同盟国へ突きつける条件は常時の二倍の戦勝点が必要
  • 戦争の指導者が唯一の敵国でない場合、戦争が5年以上経過していないと、戦争の指導者のプロビンスを全て占領するだけでは100%の戦勝点は得られない
  • Minimum ducats taken from giver in peace deal is no longer restricted by minimum offer from taker Any remaining ducats below the minimum offer can be taken, and will add to the peace offer ※筆者はこのシステムの存在を知らず意味が分かっておりませんので修正求めます
  • Annul Treatiesは寄港権、交易力の受け渡し、軍事通行権を自動的に破棄する

対抗同盟

  • 対抗同盟の標的に敗北した国家は対抗同盟から外される
  • 和平中の国家に対する対抗同盟には入れない

外交

  • プロビの販売額はinterface 0-200xでの基礎税額に依存する
  • 反乱軍支援の費用は0-100%ではなく50%-100%に
  • 対抗同盟CBの目標は首都占領から優勢(Superiority)に
  • コアを持っていたとしてもコア化距離外のプロビを売ることはできない
  • コアプロビを植民地に売るとそれは植民地のコアとなる
  • 警告を送ることは先方の態度に影響を与えるようになる
  • 自陣営の戦争の指導者が陣営内の国の利権を交渉することを拒否できなくなる (戦争の指導者が自陣営の占領した/されたプロビンスを交渉に用いることは可能である)
  • 和平後、属国の攻撃的な戦争に参加するときの安定度低下を削除 ※他国家と戦争中の国を属国化し、その戦争に参加させられる状況を指すと思われます

ライバル

  • ライバルに対し屈辱を和平条件として使用できる。これは勝利者に30Power Projection(以下PP)、敗者からは30PPを奪う
  • 和平状態でないライバルを侮辱すると5PPを得られるが、次回にこの効果を得られるのはその5PPが消えてからである
  • 長期間のライバルを持つことによるPPボーナスを削除
  • PPは完全併合の際にも増加する
  • 1つのライバルが消えた際、ライバルリストは適切にアップデートされる
  • 自国の強大化によりライバルがもはやライバルたり得なくなった際、PPに一時的なブーストが入り、これによって長期間のライバルボーナスを埋め合わせる
  • 同君連合が崩壊した際にライバルを選ぶことが可能に
  • テクノロジーペナルティの差が50%以上でも遊牧国家をライバルに指定できる

経済

  • インフレは2以下でも軽減できるようになる
  • 属国からの収入は絶え間なく計算される ※今までは毎月ごとだったのが毎日になったのか? よく分からない

宗教

  • キリスト教のみが同君連合を組める
  • キリスト教以外では宗教の壁を超えて結婚ができる
  • ある国家が下位国家になるとき、信仰の守護者から自動的に外される
  • 国家宗教の変更は10年間のクールダウンを持つ

戦闘

  • 各プロビンスは1種類の地形しか持たなくなる
  • 防衛側よりも高い機動を持つ将軍が率いていれば、渡河ペナルティはなくなる
  • ダイスロールと種々の補正によるダメージは1次関数的になる

ユニット

  • 技術グループ間でユニットのバランスが取られたが、各々のグループは異なった強い時期を持つ
  • 他の技術グループのユニットを他国のコアから召集することはできなくなる
  • 召集にかかる時間を最短で標準の20%になる
  • 皇帝が参加している戦争中にHREの敵陣営のプロビンスで略奪できるようになる
  • 傭兵プールは技術革新の際に以前より早く交代し、2世代も遅れるまで待たなくてもよくなる

交易

  • 他に富を集めているところがなければ、富を流している商人1人につき最大10%(この数値はその商人のいるノードでの独占度に依存する)、主要トレードノードでの交易力が増加する
  • 戦争に負けた場合、 私掠船は和平を結んだ国家が20%以上の交易力を占めるノードには送れない
  • 開始時の商人の配置を最適化
  • 商人共和国は、自国に対して交易力を譲っている国家に生産ボーナスを与えなくなる

植民国家

  • 植民国家は他の植民国家から領土を奪ってもナショナリズムを受けない
  • 植民国家から宗主国が得る扶養限界を半減
  • 植民国家は自ら指導者を選ぶ
  • 植民地議会(Colonial Assembly)は-5%ではなく+5%の独立への欲求を与える
  • 宗主国が分離和平しても、植民国家は宗主国に対し外交関係を悪化させない
  • 植民国家の厭戦感情は独立への欲求を増加させる

属国

  • 外交併合の速度は基礎税収につき毎月+1から、基本的に+1、同宗教で+1、同文化で+1、外交的信用によって+/-に変わる。合計のコストは基礎税収*15から*10へと減る
  • 外交的信用大きさの数値は以前の5分の1になるが、影響力は同等である
  • コア化コスト増加のアイデアは外交併合でのコストにも適用される
  • 外交的に他国を併合することは正統性や共和国伝統を減少させないが、以後10年にわたって外交的信用を3下げる
  • ある国家を外交的に属国化すると其の国家の下位国家は開放される
  • 40以上の基礎税を持つ国家は外交的に属国化できない
  • 保護国が占領した領土は宗主国に受け渡されない
  • 保護国や属国を破棄すると、通行権を持たない国家内にいるユニットは亡命状態(黒旗)となる
  • 補給距離は属国や同君下位国のものを用いれる
  • 下位国家に隣接するプロビンスにも植民地CB(Colonialism)を得る
  • 属国と同君下位国のみが+200の関係改善上限を持つ

西○化

  • 西○化に反対する反乱軍がプロビの占領に成功したとき、進行度を10しか遅らせなくなる
  • 西○化からの不穏さは+10ではなく+5となる
  • 毎月の最小の西○化進行度は各君主力につき1から5へと増える

反乱

  • ロラード派は強大になり、彼らの要求を受け入れると教皇影響力にペナルティを与える
  • 宗教的反乱軍はその軍隊を、反乱した国家に受け渡さなくなる
  • 自動反乱鎮圧は属国の反乱にも反応する
  • 下位国家に反乱支援はできなくなる
  • 反乱軍に対しても正しい攻城能力を得る
  • 主要文化でなかったプロビにはナショナリストやパトリオットは湧かない

スコア

  • 革命の対象は1.5倍のスコアを得る
  • 戦争の勝敗のスコアに対する影響は-1~+1から-25%~+25%になる
  • ライバルがスコアで上回っていれば1つにつき得られるスコアは10%増え、全てのライバルにスコアで上回っていれば得られるスコアは10%減少する
  • 戦争中はスコアは増えない(?) ※修正求む

HRE

  • 宗教的統一を強制することは1650年で無効化されなくなる
  • 皇帝に選ばれる適切な人物がいなければHREは自動的に解体される

その他

  • Inward Perfectionと派閥の効果を小さくし、派閥は安定度増加などよりも長期的な効果を持つようになる
  • ネイティブアメリカンの連合盟主は盟主国の君主が死んだときにアップデートされ、プレイヤーはポップアップで通知を受ける
  • 同連合の権威は最低でも-100で止まる
  • Triggered modifierであったvive_la_revolutionは普通のmodifierとなる
  • Triggered modifierである counter_revolution & reactionにglobal_unrestの効果を追加
  • 選挙に敗北したことによる関係度悪化は-20が下限となる
  • 上記の関係度悪化は選挙に勝てば即座に消失する
  • 教皇領以外のカトリック国家でローマを占領すると教皇との関係度にペナルティが与えられる
  • 巨大な部族に対するペナルティを削除
  • 貿易会社のプロビは不寛容度や非受容文化によるペナルティを受けない

転載元

http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?810805-1.8-Full-Patch-Notes
New featuresとGamebalance以外にもある大量の変更はここに載せられています。全て訳す時間も元気もありません...
個人的に気になったものをいくつか

  • Will no longer have a penalty to joining wars that have been going on for over 60 days
    AIが60日以上続いている戦争に対して参加をためらわせるペナルティを削除
  • No longer willing to join an offensive war if the call would draw them into multiple wars
    AIは戦争中、他の侵略戦争には参加しない(防衛戦争にはしてくれる可能性は以前通りある)
  • Larger AI nations will now convert as soon as possible to take advantages of a reformation center (ie, after religion existed for a year)
    大きなAI国家は改革の中心地を得るために極力早く国家宗教を変えようとする。
  • Added decision to form Great Britain diplomatically
    大英帝国を外交的に作れるデシジョン追加
  • Added new option to Comet Sighted event
    隕石に対する選択肢が増える!
  • Revolution now triggers more easily for both France and other countries
    革命が起きやすくなる

NI全般: ↑のリンクから転載元へと飛びCtrl+FでNational Ideasを検索。ゲーム内で使われている単語ばかりなので英語が無理でも読めるはず

  • Tweaked policies to be significantly better overall
    全体的に政策を大幅に改善
  • Brandenburg and Poland are now historically lucky countries
    POLAN STRONK
  • Added Sengoku casus belli to aid in Daimyo fighting each other
    センゴクジダイ, the age of countries at war...

以上です

パッチ情報


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-11 (木) 01:09:49