ロシアの残光

1745年の世界情勢

AAR801.jpg

Great Britainは、Spain脱落後にOttomansと協力してピレネー山脈付近の2プロビを割譲させ
さらなる内政立地を確保するためにDenmarkへ攻め入ろうとしていた。

インド征服を終え手持無沙汰だったOttomansは、アフリカ辺境のAdalとEtiopiaを併合し
過去にSpainから譲渡されたシチリア島を足場にNapleを併合した。

イベリア半島では、Great Britainと共同でSpainに攻め入り
旧イスラム圏だったGranadaを開放して属国に収めた。

後はイタリアを北上するか既に西洋化したMaliを食うか
はたまたSpainを貪り食うか、この時期にして拡張方向に困らずにいた。

見難くで申し訳ないが、Mingは既に日本本土の中国地方付近に橋頭堡を確保し
該当地域をコア化せずに、次の宣戦で日本を属国化→売却でAdm使わずして属国併合を狙うようである。

Austriaは、Russiaと協力してPoland領を得て
また北ドイツ諸邦のPomeraniaやMecklenburgを属国に治めて
属国併合を待つのみである。

対Great Britain戦への参加を拒否したのは、戦時中は属国併合が出来ず
遅々として領土拡張が進まないからなのかもしれない。

一方、RussiaはSwedenを一度属国併合→DenmarkにClaimを作成→属国独立→Denmarkを殴るで
コアを返還させ、Lithuaniaの東欧側のほぼすべてを割譲させた。

前々回の終わりの時点でSpainプレイヤーが講和をAI任せにした影響で
Portugal本土が僅か4プロビにまで追い詰められているのに対し
新大陸側のPortugal植民国家達は生き生きしている。

新大陸利権の6割近く有するPortugal植民地国家たちを見たGreat Britainは
「もう新大陸とかどうでもいい」と、悲嘆に暮れていた。

手に負えなくなるまでSpainと喧嘩してたのがそもそもの原因なんだから
もっと反省しなさい!

そして、TESOに旅立ったNetherlandは、ついに戻らず
全体チャットで「次のマルチでは陸軍国家をやろうと思う」という
早くも次回の開催を見越した予定を話し始めた。

発覚

AAR802.jpg
参戦国
OttomansGreat Britain
Russia
Ming

宣戦予定2か月程に差し掛かり、OttomansとRussiaがGreat Britainとの同盟を破棄したことで
ついにGreat Britain自身の知るところに至った。

Mingについては、Spain本土に攻め入って海外植民地を剥奪するという名目で
既に艦隊と主力陸軍がヨーロッパに到着しており、準備万端である。

この状況下であっても、尚も海軍力で圧倒出来ると確信しているのか
Great Britainは弱音を吐くどころか「さぁ、来てみろ。蚊トンボ共!」と
虚勢か余裕か分からない煽りを始めた。

しかし、情報が漏れだしていないようだし
海軍力は数が正義、準備をし尽くした攻撃側が有利なのである。

緒戦は順調であった...。

Ottomansを盟主としてGreat Britainに宣戦をしたところ、信仰の守護者であったVeniceがまさかの緊急参戦をして
「ベwwwニwwwスwww」と皆一様に草を生やした。

AAR803.jpg

VeniceはConstantinopoleトレードノードから富を吸い上げており
かねてより、Ottomansが攻め入ろうと画策していたので
Russiaは「今回の目的はVeniceではなくGreat Britainのはず。触れる事はRussiaが許さない」と釘を刺した。

たぶん、初めてOttomansに楯突いたかもしれない。

開戦と同時に、OttomansとMing海軍の奮闘により
Great Britain海軍は大敗を喫し、制海権は対英包囲網側に傾いた。

SSを撮ってしっかりと彼らの活躍を記憶したかったのだが
気が付いたら終わっていて、一枚も残っていなかった...。

決して、Russia以外の国の活躍を描きたくない等という、下劣な思惑ではないので勘違いはしないで頂きたい!

AAR807.jpg

信仰の守護者()かと思われたVeniceであったが
意外と戦力を保有しており、バルカンから順次出立していくOttomans軍に対し散発的なゲリラ攻勢を掛け
地味に存在感を示してきた。

こういう時に役立つのが下僕国家Russia、御上の御命令あらば馳せ参じ
急遽予備兵力を回してVenice軍の掃討に着手した。

AAR804.jpg

続いて、スカンディナビアや北フランスに残存していた
Great Britain駐屯兵の相当に踏み切り、それらを撃破、Great Britainの兵力を着実に削っていく。

AAR805.jpg

Irelandでは、上陸を果たしたMing軍が
港に引きこもっていたGreat Britain残存艦隊を引きずり出し、全滅させていた。

AAR806.jpg

ここまで来れば、後は本土に上陸でフィニッシュだろうと
Ottomans陸軍がGreat Britain島北部に上陸し、戦争の終止符を打たんとしていた。

バトルオブブリテン

流れが有利な状況で推移する中、一つの事件が起きる。

AAR808.jpg

記録的な惨敗である。

Great Britain島北部に上陸した64kのOttomans先遣隊であったが
予想をはるかに上回るGreat Britain抵抗を前に増援が間に合わず、全滅させられた。

AAR809.jpg

この敗北を挽回するべく、上陸までのタイムロスを最大限無くす為に
ドーバー海峡からLondonに直接上陸をする形に変更した。

AAR810.jpg

それを察知したGreat Britainは上陸直後のOttomans軍に襲い掛り
これを撃退、次の上陸部隊が到着する前に先遣隊を壊滅へと追いやった。

逃げ先が限られるから島への上陸戦は怖い...。

Great BritainはLondon→KentのOttomans軍壊滅→Londonに上陸予定のOttomans軍の上陸阻止を図るも
間一髪のところでOttomans軍に上陸を許し、攻撃側で戦闘に突入した。

AAR811.jpg

さすがに連戦はきつかったのか北へ撤退をしたが、Ottomansがこの機を逃す訳が無く追撃を開始する。

続く戦闘でもOttomansが勝利するが、Great Britain島北部は山が多くて戦闘幅が小さかった為か
比較的軽微な損害を負ったのみでLondon方向に撤退を開始。

AAR812.jpg

対するOttomansは2度に渡る全滅を受け、余剰兵力の大部分を失い後詰に限りがあり
慎重路線に切り替えIrelandの占領に従事していたMingの援軍を待った。

AAR813.jpg

Mingの増援を得たOttomans軍は、さらに北フランスに控えておいた予備兵力を投入
LincolnにてGreat Britain軍と激突した。

AAR814.jpg

万全を期したこの戦いはOttomansが勝利し、さらに追撃を加えるべくGreat Britain軍を追うもまさかの敗北
消耗によるManpower枯渇が目前に迫ったのか、Londonを占領しつつGreat Britain軍を迎え撃つ作戦に変更した。

AAR815.jpg

そんな時、Noble Republicへの変体を要求する反乱軍がLondonに湧き
嫌がらせ半分でこれを守る形で占領をし、革命を起こして頂く事になった。

革命帝国を作ろうとしていたRussia(実はRussiaでは作れなかった)は「やめてくれぇー!!」と反乱軍排除を求めるも
「なんで?」とOttomansに言われてしまい、萎縮して願いを取り下げた。

ゲリラ

AAR816.jpg

Great Britainは、占領に従事しているハグレ軍団に攻勢掛け
1.2個軍団を溶かすも、本軍が到着するのを確認するや直ぐに北部に撤退を開始した。

このプレイヤーは細かい軍操作が本当に上手い。

こうしたゲリラ攻勢を前に、占領を断続的に中断されては軍が消耗し
勝っているはずが状況は好転する気配を見せなかった。

AAR817.jpg

徐々に反応が鈍っていくOttomansとMingは
軍を小出しにした事で敗北する場面が増え始めた。

チャンスと見たGreat Britainは一大攻勢に打って出た。

AAR818.jpg

占領を優先しようとしたのか、Ottomansは軍を半分動かし残りを占領継続という形を取ったが
前線では兵力数が逆転し、遂に戦線が崩壊してしまった。

AAR819.jpg

未だにLondon付近には数多くの部隊が展開していたものの
既に軍量では2倍以上の差を付けられ、手に負えない状況になってしまっていた。

AAR820.jpg

残る兵力を重ねて必死の抵抗を試みるも多勢に無勢、一網打尽にされ
Great Britain島に侵攻したOttomansとMingは全滅をしてしまった。

Ming軍5割とOttomans軍7割に当たる軍を跳ね除けたGreat Britainぱねぇ...。

戦勝点は40点を超えてこそいたものの、そのほとんどは大陸側の領土で稼いだ分であり
これでは海軍を作った意味もないし、Royal Navyに勝ってもGreat Britainに勝てたとは言えない。

Russia「どうしたものか...。」

ロシアの残光 対英戦争 後篇 (1758年-1773年へ続く...。

ロシアの残光


添付ファイル: fileAAR820.jpg 201件 [詳細] fileAAR819.jpg 164件 [詳細] fileAAR818.jpg 199件 [詳細] fileAAR817.jpg 281件 [詳細] fileAAR816.jpg 171件 [詳細] fileAAR815.jpg 169件 [詳細] fileAAR814.jpg 177件 [詳細] fileAAR813.jpg 150件 [詳細] fileAAR812.jpg 158件 [詳細] fileAAR811.jpg 144件 [詳細] fileAAR810.jpg 156件 [詳細] fileAAR809.jpg 192件 [詳細] fileAAR808.jpg 232件 [詳細] fileAAR807.jpg 173件 [詳細] fileAAR806.jpg 157件 [詳細] fileAAR805.jpg 152件 [詳細] fileAAR804.jpg 170件 [詳細] fileAAR803.jpg 176件 [詳細] fileAAR802.jpg 261件 [詳細] fileAAR801.jpg 265件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-13 (日) 00:17:13