DATA

中華皇帝(Emperor of China/EoC)

中国を中心とした東アジア一帯に君臨する中華皇帝システムについて。
DLC「Mandate of Heaven」の導入で有効化される。

中華皇帝の仕組み(ver1.25)

up4039.png

GC開始時は明が中華皇帝である。中華皇帝に即位している国家は政治体制が中華帝国 / Celestial Empireになる。
中華皇帝に隣接し、国教の宗教グループが東方および土着信仰であるすべての国家は、中華皇帝に対し天命の獲得 / Take Mandate of Heavenという特殊なCBを用いることができる。
このCBによって宣戦し、和平交渉で「Claim Mandate of Heaven」を選ぶことで新しく中華皇帝に即位することができる。このとき、中国全土(中国北部地方、中国南部地方、西南地方)に永続請求権を得る。
ちなみに、すでに中華皇帝に就いている国家が別の宗教グループに改宗したとしても、その地位から追われることはない。

天命の喪失

中華皇帝の座を失った国家は政府等級が王国級に降格し政治体制が専制君主制に変更されたうえ、以下のマイナス効果を持つ国家補正が20年間付与される。

  • 規律-10%
  • 正統性-1/年
  • 従属国家の独立欲求+50%
  • 安定度コスト+50%
  • 不穏度+10
  • 交易品生産-50%
  • 被射撃ダメージ+50%
  • 被白兵ダメージ+50%
  • 雇用可能傭兵-100%

天命 / Mandate

中華皇帝は天命というパラメータを持つ。天命は50を境としてそれ以上ならばプラスの効果が、それ以下であればマイナスの効果がもたらされる。
GC開始時及び、中華皇帝の座が別の国に移ったとき、天命の値は60になる。

天命が高いとき
天命5075100
不穏度補正
なし
-1.25-2.5
安定度コスト-5%-10%

 
 

天命が低いとき
天命02550
交易品生産-50%-25%


被射撃ダメージ+50%+25%
被白兵ダメージ+50%+25%
雇用可能傭兵-100%-50%
不穏度+5+2.5

天命は以下の要素によって増減する。

  • 繁栄状態のステート:1つあたり+0.06/年
  • 安定度:+1あたり+0.024/年
  • 朝貢国の総開発度:1あたり+0.0015/年
  • 荒廃度:荒廃度の高さ及びプロヴィンス開発度に比例
    具体的には、荒廃度100%の州がDevの合計100のとき-2/年
  • 隣接する非朝貢国の開発度:1あたり-0.003/年
    中華皇帝領と隣接する州に地続きになっている州の開発度の合計を以って計算する。つまり、飛び地の州だけで皇帝と接してもその州のDevだけでの計算になる。
    非朝貢国と隣接する皇帝領がその首都と地続きかどうか、逆に皇帝領と隣接する非朝貢国領がその首都と地続きかどうかは計算に影響を及ぼさない*1
    皇帝領と海を挟んでのみ隣接する場合は「隣接する」内に入らない(陸軍が渡れる海峡は「隣接」に入る)。
    隣接する非朝貢国ならばすべて「隣接」として判定されるので、同盟関係があったり休戦期間が残っていても減少する。自身の朝貢国以外の従属国家と隣接している場合、天命は減少しない。
  • 天命CBによる挑戦への勝利:+5
  • 朝貢国からの防衛要請への無視:-10
  • 改革の成立:-70
    そのほかイベントによっても増減する。

改革 / Reforms

天命が80以上のとき、以下の改革を上から順に成立させることができる。改革を1つ成立させると天命が70低下し、安定度が-1される。
HREの改革と違い、中華皇帝の座が他国にわたったとき、それまで成立していた改革はすべて失われる。

1.改土帰流の導入(Introduce Gaituguiliu)
能力主義+0.5/年
2.海禁の改革(Reform Seaban)
交易効率+5%、外交官+1
3.総督の派遣(Delegate Zongdu)
自治度-0.05/月
4.理藩院の設立(Establish Lifan Yuan)
コア化コスト-10%
5.官位の再編(Reshape Bureaucratic Ranks)
成立以降、新たに現れる統治者/後継者の統治能力+1
 

能力主義 / Meritocracy

中華皇帝は正統性を持たない。かわりに能力主義の値を持つ。

能力主義値による効果
能力主義050100
外国諜報網発見力-50%


+50%
顧問コスト+25%-25%

能力主義は-2/年のペースで自然減少する。また、儒教の調和が低い時にも低下する。具体的には調和0で-2/年
顧問のレベル1ごとに+0.5/年で増加する。 例):統治Lv3、外交Lv1、軍事Lv2なら(3+1+2)×0.5=3.0/年のペースで上昇
正統性などとと同じように軍事点100で+10増加させることができる。このほかにイベントなどによっても増減する。

法令 / Decrees

能力主義値20を消費することで、法令を発布できる。
法令の効果は10年間継続するが、同時に複数の法令は発布できない。

  • 宮廷官僚制の拡大 / Expand Palace Bureaucracy
  • 開発コスト-10%、コア化コスト-10%
  • 戸籍調査の実施 / Conduct Population Census
    税収+25%
  • 海軍士官の登用 / Promote Naval Officers
    船舶の耐久力+20%
  • 関税管理の強化 / Increase Tariff Control
    州交易力+25%
  • 防衛体制の強化 / Improve Defence Effort
    要塞防御+25%
  • 武官の増強 / Boost the Officer Corps
    歩兵戦闘力+10%

朝貢国

中華皇帝は朝貢国を持つことができる。この関係は、外交交渉を通じて成立するほか、和平交渉によって強制的に結ぶこともできる。

朝貢国は以下の特徴を持つ。

  • 外交関係に計上されない。
  • 戦争行為を含むほぼすべての外交行動が制限されない(宗主国への攻撃を除く)。
  • 毎年1月2日に、年間収入の12.5%、もしくは年間人的資源収入の25%、あるいは総開発度×0.03点分の特定の君主点(端数切捨て、最大12)のいずれかを宗主国に貢納する。
    宗主国はそれぞれの国に何を貢納させるか、従属国タブから選べる。
  • 同じ宗主国を持たない国から攻撃された場合、宗主国に援軍要請が送られる。宗主国は拒否してもすぐには朝貢関係は破られないが、独立欲求・関係・外交評判に大きなペナルティが付き、天命が-10される。
  • 同じ宗主国のもとの朝貢国同士では自由に戦争が可能。
  • 宗主国・朝貢国はお互いに、休戦期間が残っていなければ、外交タブを通じて自由に朝貢関係を切れる。
    宗主国から朝貢関係を切った場合、5年の休戦期間が付く。朝貢国から関係を切ると安定度が-1されるが、すぐに旧宗主国に宣戦できる。
  • 朝貢国の領土において自国の兵の徴募/船舶の建造および布教はできない。
外交的朝貢国の成立要素
判断基準数値判断基準数値判断基準数値
以上を合算し、+1以上になれば承諾してくれる
対象国
の態度
脅威+100対象から
の評価
+4ごとに+1対象の
政府等級
王国-20
中立-50-4ごとに-1帝国-100
敵対・激怒-1000国境間の距離1ごとに-0.5外交評判+1につき+3
自国が中華皇帝+10対象の開発度2につき-1*2-1につき-3
兵力格差経済的格差
※兵力格差・経済的格差:具体的にどのような基準で判定しているかは不明。外交的属国化の同項目と比して、経済的には+になりやすく、兵力は-になりやすい傾向?

朝貢国との交渉

従属国家ページを参照

特殊CB

中華皇帝の地位にあるものは以下の特殊な宣戦事由を使用することができる。

Unify China(中国統一)
  • 発生条件
    • 攻撃側が朝貢国以外の従属国家ではない。
    • 防衛側が攻撃側の従属国家ではない。
    • 防衛側が中国北部地方、中国南部地方、西南地方内のいずれかに領土を持っている。
    • 攻撃側と防衛側が隣接している
  • 戦争目的:Show Superiority
  • 講和補正:AE(50%) 威信(150%) 戦勝点コスト(50%)
    • 中国北部地方、中国南部地方、西南地方の領土割譲
Force Tributary State(朝貢の強制)
  • 発生条件
    • 防衛側が攻撃側の従属国家ではない。
    • 攻撃側と防衛側が隣接している
  • 戦争目的:Take capital
  • 講和補正:AE(50%) 威信(200%) 戦勝点コスト(50%)
    • 朝貢国化

TIPS

中華皇帝を相手にする際は、天命低下によるデバフが強力なので、改革の直後などなるべく天命が落ちているときに狙う。
中央アジア、インドなどの周辺地域に地歩を築いている場合、直接皇帝と隣接し続けることで天命の低下が期待できるが、皇帝は隣接すれば即座に宣戦できるので彼我の兵力バランスには注意。
一度天命値が落ちてしまえばその後の戦争は比較的楽になる。朝貢国へ宣戦することで(皇帝との)休戦期間を気にせずに開戦できるので、早いペースで中国全土を切り崩せる。
中華皇帝の座を目指す場合、皇帝の位は戦勝点50点で勝ち取れるので獲得自体は比較的たやすいが、ほとんどの場合で旧皇帝国と隣接することになるため、その大きさ次第では即位直後から天命の大幅な低下が始まる。
天命CBは皇帝の領有する州をAE50%、戦勝点コスト50%、外交点なしで割譲できるので、ある程度の領域を皇帝から奪取してから皇帝に即位したほうが良い。

自国が中華皇帝の場合、とにかく天命の低下を防ぐことが重要なので、巨大な国家と隣接しないことが求められる。緩衝として別の国を朝貢国や属国として間に挟んだりすれば天命の低下を招かずに済む。
朝貢国の規模によってはある程度相殺できるので、天命の増加を積極的に望まないのであれば、それほど気にする必要はない。
朝貢国を増やす場合、外交的朝貢国化は属国化と比べると大きな国相手でも成立するので積極的に狙える。遠隔地だと国境間の距離が外交的朝貢国化の妨げとなりやすい点に注意。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 作ってみましたがTIPSは英WikiやEU4スレなどをまとめただけなので加筆修正歓迎です。 -- 2018-07-11 (水) 22:49:50
  • 外交的朝貢国化も英Wikiに詳細な記述がなく、全貌が把握できてないので他に何かあったらコメント欄でも構わないので情報くれると助かります。 -- ? 2018-07-11 (水) 22:50:48
  • Meritocracyは実力主義ではなく能力主義と訳す方が一般的だと思う -- 2018-07-12 (木) 00:06:44
  • ↑言われてみればそうでしたね…とりあえず本文は修正しました。画像については後ほど差し替えます。 -- 2018-07-12 (木) 00:19:09
お名前:

参考: https://eu4.paradoxwikis.com/Emperor_of_China


*1 v1.25で確認
*2 小数点以下切り上げ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-16 (月) 12:38:38 (69d)