各国戦略
 
本ページの内容は、ver1.29.4で確認されたものです。
 

立ち位置

幕府と大名も参照。

GC開始時の日本は戦国時代の端緒となった応仁の乱の直前であり、そのために室町幕府の弱い将軍権を再現したものとなっている。
足利将軍家が直接支配する領土はごくわずかで、日本のほとんどが大名という特殊な属国によって支配され、
プレーヤーはそのどれか、ないしは足利将軍家でプレイすることとなる。

将軍の場合

将軍の足利は初期から多くの属国を抱えるため、Flが大きく、また参勤交代を行えば外交評判も上がる。
したがって、3~4kの徴兵をすれば大名のLDは50を切るので、適当に関係改善をして順次併合していけば順当に日本に成れるので語ることはあまりない。

せいぜい併合直後は外交評判が下がり、また外交技術が遅れるのでLDが上がることがあることだ。
また、安東氏と島津氏は植民を行ううえでの要地に位置しているので早めに統合すること。
逆に、宗氏は明や朝鮮の沿岸を荒らしてくれるので併合は最後にすることか。

大名の場合

公式掲示板やreddit等でオススメの大名は、初期勢力の強さでいえば細川と上杉、NIの強さでいえば島津、織田、伊達とされている。
このゲームの大名には「Sengoku」という特殊なCBがあり、隣接している大名国には、いつでもAE25%引きで戦争できる。
そのため多くの大名と隣接しているほうが有利であるし、細川と上杉は開始時点での総DEVが特に多い。

基本的な拡張方針は、HREのような小国密集地域と同じである。
適度に遠い国と同盟し、幕府のご機嫌を取って切腹*1や懲罰宣戦をされないようにする。

同盟国が来れないか少ないかで、確実に勝てる隣国を食べて拡大するわけだが、注意すべきは同盟国からは追加でAEのかかる和平、つまりは領土割譲をあまりしないことである。
戦国CBのAE割引の対象は、被参戦国家のみであり、同盟国からも州を奪うと、副参戦国の補正もあいまってAEが一気に上がる。

なお、開始時の動員数はたかが知れているので、要塞のある出雲、美濃、越中といった場所は、包囲すらできない場合がある。

大名が淘汰され、自国の同盟国と数えるほどの大名国しかなくなれば「War for the Emperor」の時期である。
時期的に、軍事技術を7に先んじて上げることができていれば、砲兵の有利を大いに活用できる。

自国の同盟国は、強制的に足利に宣戦するため、できるだけ多くの国と同盟してから宣戦するほうがよい。
安定度が下がり、戦争疲弊が大きく上がるので、事前に君主力を貯めておくべきである*2
京都は豊かである上、イベントによって無償でコアが付いて来るが、各大名は属国として自国の大名となるので、完全統一のために外交併合しなければならないことは覚えておこう。

日本になる前に

日本を統一し、大名が存在しなくなれば日本に変態できるようになる。
しかし、日本への変態は果たして有益なのだろうか。以下幕府のメリット、デメリットを列挙する。

幕府のメリット、デメリット

  • 属国を無制限に、LDを低く保ちながら保有できる。
    特にWC狙いなど大拡張する場合はtoo many territoryのペナルティを回避可能。現地の政権に統治を任せるため反乱は起こらないし、交易力を上納させればマラッカやベンガルでの交易シェアを確保可能。
    アジアに首都があるためインド、インドネシアを交易会社にできない日本ではこのメリットは非常に大きい。
  • 切腹によって君主力を得られる
  • 戦争していない大名の数により、最大で正統性と威信+1/年、安定度コスト-20%の補正を受けられる。
  • 将軍を無償で得ることができる。また、事前に将軍の能力を知ることができる。
  • 属国が勝手に戦ってくれるので非常に楽。
  • 属国がそれぞれ軍を持つため、軍の総量が非常に多くなる。そのため包囲網を組まれにくくなる。
  • 新大陸の講和でミスして現地国家を属国にしてしまうことに気を付けずに済む*3
  • 天下統一以降のミッションが達成できない
    絶対主義+10、商人+1などの諸々の補正が得られない。
  • 帝国ランクになれず王国ランク固定、日本化すれば即帝国化する。
  • 通常の属国が作れない、通常の属国にはできるアクション(宗教の強制など)ができない
  • NIが日本のものと比べ弱いものになる可能性がある。特に足利や土岐などは軍質に補正を持たないため、西洋諸国との戦争で苦しむことになる。
    尚、主要文化が日本系でなくなった時点で将軍政体はabolishされる*4。そのため、例えば満州などに文化シフトして弱いNIを補うのは殆ど不可能である。
  • 自国の領土が大名として独立するイベントが発生する*5。具体的には毛利氏、長曾我部氏の独立など。
  • 属国のCBを使えない。特に再征服CBが使えないことは大きな欠点。ただし、属国のコア州を要求とした武力脅迫で相手が拒否し、戦争になった場合は再征服CBで宣戦したのと同じ扱いになる。

日本建国後

武蔵、京都にコア州を持てば日本になることができる。
大名が存在しなければ追加で君主力ももらえるので、建国する時期はお好みで。

この後の拡張方針は自由である。
探検アイデアを取ってカムチャッカから新大陸へ向かう植民ルートでも、台湾*6からフィリピン、マラッカと進んでも、朝鮮と満州を食って大陸進出でもよい。

各地への拡大を助けるミッションもあり、達成すれば商人増加や、絶対主義上限増などの永久ボーナスを入手できる。

宗教

日本地域は初期で神道を信仰しており、これは戦闘面ではかなり強力な宗教である一方、改宗力や寛容度には乏しい。

士気が上がるのはこのゲーム、特に初期において非常に有効であるし、
孤立主義システムは、ヒンドゥーやプロテスタントに比べれば小回りは効かないもののそこそこ有用なボーナスを与えてくれる。
また、固有のイベントによるものも強力で、特に倭寇イベントでの船舶耐久度+20%、火器イベントでの士気+15%は圧巻である。

また、北海道に宣教師を送り込み、アニミズムの反乱を起こすことで日本はアミニズムに改宗できる。
その後インドネシアに植民すればスンニ派に改宗できるディシジョンが踏めるようになるので、これを実行すればイスラム化が可能である。安定度が-4されるので注意。
このメリットは当然莫大な異教の州を抱えているのでズィンミーをフル活用できること(それによって異教寛容+2も得られる。)。
そして、マラッカノード、東アフリカなどの交易上の要地を支配する際に統治がスムーズにいく点だ。

キリスト教の拡大のincidentでひたすらopenの値の大きい方のイベントを選んでいけばカトリックに改宗できるイベントが発生する。
この改宗の容易性や、ヨーロッパ諸国との関係のためにキリスト教に改宗するのも手である。

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 探検を取るなら初手がいいんだろうか -- 2020-02-23 (日) 01:43:53
  • 好みの問題なところもあるけど、植民距離とかの関係で初手に取ると殆ど探検も植民もできないから二番手がいいと思う -- 2020-02-23 (日) 09:58:46
  • 初手探検次手拡張なら南アフリカとメキシコを西欧に先んじて独占できる可能性が高い。先にインド洋ルートを開拓して、拡張で増えた開拓者でハワイ経由でメキシコに向かうと丁度いい具合になるはず -- 2020-02-25 (火) 17:59:48
  • 日本だと最初植民のライバルがほとんどいないから急いで植民しなくてもいいと思う、どうせ技術低いうちは植民者少なくて効率悪いし -- 2020-02-25 (火) 19:41:35
お名前:

*1 幕府は、戦争を起こした大名を自害させることができる。
*2 事前に安定度を上げると余計な君主力がかかるので、一度下がってから上げる。
*3 ある国を全土併合すると、その国の属国は全土併合した国の属国となる。そしてナワトル国家は属国を多く持つ。
*4 大名は属国のまま残り、外交枠も消費しない、LDも低いまま
*5 最もこれは汎用イベではなく、特定の州に紐づいた物なので、せいぜい数個しか起こらない。
*6 現行verではほぼ明が崩壊しその時に鄭氏政権が誕生するので、直接フィリピンに植民できるなら植民は不要

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-19 (水) 11:14:59