DATA

外交

目次

外交について

項目

Diplomat / 外交官

envoy/使節の一つ。ほとんどの外交行動に必要になる。
外交の効果は送った瞬間に発揮されるが、外交官が帰ってくるのは国の距離に応じた日数の後になる。
一度外交官を送った国には一ヶ月経過するまでは連続して送ることができない。

外交官を得るには

影響要素効果
デフォルト2
大使館(ver1.14で廃止)+1
International Nobility (Aristocracy Ideas)+1
Efficient Spies (Espionage Ideas)+1
Foreign Embassies (Diplomatic Ideas)+1
Ayutthaya, Venice,Vijayanagarのunique idea+1
教皇の御者+1
改革Institute ReichsregimentでHRE皇帝+1
改革Proclaim ErbkaisertumでHREメンバー-1
政体位(Goverment rank)が王国級、帝国級(ver1.14から)+1
AI(宣戦布告など外交官が常駐しないコマンドに対して)+1

Diplomatic Relations / 外交関係

同盟・属国・同君連合・王室間の婚姻・保障・通行許可などを含む。自国が他国に提供している通行許可などは含まれない。数に上限があり、超えると月ごとに得る外交力にペナルティがある。

Diplomatic Reputation / 外交評判

様々な外交行動の効果・成功率に影響。

影響要素効果
正統性Legitimacy-1.0 to +1.0.
過剰拡大Overextension-2 per 100%
HREに所属+2
象牙Ivoryの取引ボーナス+2
Diplomatic Influence (Influence Ideasの5つめ)+2
Experienced Diplomats (Diplomatic Ideasの5つめ)+2
Statesman advisor+2
様々なpolicy/政策+1

Opinion

いわゆる友好度。各国のOpinionは外交マップ外交画面のOpinionタブ(隣国 / Neighbors、敵国 / Enemies、友好国 / Friends、プレイヤー担当国 / Human Players)から確認できます。
※外交タブ:敵国は「ライバル国」及び「交戦中の国」、友好国は友好的な条約を結んでいる国(宗主国も含む)。
また、国名から検索できる入力欄があります。

国家関係

項目

外交姿勢 / Attitude

その国の対象国に対する外交態度。外交関係及び外交交渉における補正の原因となる。

未知 / Unknown

対象国がこちらを未発見の場合。

友好(Friendly)(緑のハート)

対象国と外交状況が変化したり、関係が変わらない限り戦争は起こらない。なるべくなら同盟を結びたいと思う。

守備(Defensive)(白い鳩)

対象国を防衛同盟としての同盟国とみなしている、攻撃的な戦争に参加する可能性は低い。

保護(Protective)(盾)

対象国を保護したがっている――外交的に属国とするために。その国を敵から保護するが、同盟を結ぶのは属国化の準備としてだ。

中立(Neutral)(横線)

遠く離れた国の標準的な状態。対象国が孤立していれば戦争も起こりうるが、関係を改善することによってその可能性を低減できる。

脅威(Threatened)(チェスの駒)

対象国に脅威を感じており、対抗同盟を結ぶか、その対象国と同盟を結ぼうとする。

傲慢(Domineering)(拳)

対象国が自国の下につくべきであるとみなし、その為にあらゆる手段をとる。

敵対(Hostile)(炎)

この国は対象国を征服したがっている。「好敵手」や「激怒」と違い、この姿勢はより日和見主義であり、対象国が征服に適さないとなれば変わる。

激怒(Outraged)(赤い稲妻)

対象国の行動に激怒しており、打ち破ろうとしている。激怒の原因が残る限り、この国は対象国の敵である。包囲網に参加する。

好敵手(Rivalry)(剣)

対象国を好敵手であるとみなし、打ち破ろうとする。まず意見を変えることはないだろう。対象国の行動に怒っているか、あるいは単純に敵対同盟に参加しているからかも知れないが、そう遠くない将来対象国の敵となる。

支配者 / Overlord(王冠)

対象国が属国である。

忠実な属国 / Loyal(王冠と緑のハート)

対象国が上位国である。上位国に対して好意的。

不忠な属国 / Disloyal(王冠と!)

対象国が上位国である。上位国と不仲で、上納金は減少し、戦争への派兵では怠惰に振る舞います。

反抗的な属国 / Rebellious(燃え上がる王冠)

対象国が上位国である。上位国に独立戦争をもくろんでいるか、すでに挙兵している。

まずはお友達から

この項目には古い情報があります。
友好度(Opinion)が高いと友好的な外交関係を結びやすくなり、また相手がこちらを敵視する可能性も低くなる。
外交的に属国化したり、属国を外交併合する場合は190以上という高い友好度が求められるので、これが中々大変である。
では、具体的に友好度を上げるにはどのような方法があるか。

  1. 関係の改善(Improve Relations)の実行:外交官を1人、長時間拘束する代わりに無償で+100まで上げることができる。対象国が属国の場合は+200まで上げられる。
    v1.5で、効果が最大に到達した後も外交官を置いたままにすることによってImprove Relationsの効果を維持することができるようになった。外交官を撤収させた場合、この関係による効果は毎年-3される。
  2. 婚姻(Royal Marrige)を結ぶ:+25。現状の関係が悪くても意外と成立しやすい。ただし、外交関係上限に数えられる上、破棄は容易ではないので無暗に使うべきではない。
  3. 同盟(Ally)を結ぶ:+50。ただし相手国が攻められた場合、戦争に巻き込まれるので注意すること。参戦要請を無視した場合、同盟関係が破棄されるだけでなく友好度に莫大なペナルティが入る。
  4. 保護を宣言(Proclaim guarantee):+10。宣言するだけでいいので、最後のひと押しや最初の一手に。尤も効果の割に外交関係上限に入る上に戦争に巻き込まれると厄介事も多いため、周辺の状況には注意すべし。
  5. 軍事通行(military access)の許可を与える:こちらが許可を貰うのではなく、相手に与えることに注意。+10されるが、必要ないと受けてくれなかったりする。友好的なら何も言わずに受けてくれやすいので、最後の一押しにはいい。
  6. 贈り物をする(Send Gift):相手の国家規模に応じた金額を送ることで、最大+25を5年間得られる。中盤以降、中小国を外交的に属国化する際に利用しやすい。
  7. 敵の敵(Enemy of Enemy):同じ相手をライバル指定していると毎月+1され、最大+20される。当然ながらライバル指定している国との関係は悪くなるので、周辺を良く見て。

また、相手が攻撃的拡大(Aggressive Expansion)など時間の経過によって解消される悪感情を持っている場合、威信を高めたり外交官(Diplomat/Improved Relations Over Time+30%)の顧問を雇うことによりそれの解消を速めるという方法もとれる。
この点においては宗教アイデアを取ることも有効。コンプリートボーナスとしてImproved Relations Over Time+50%が貰えるからだ。

激おこ?(CoalitionとOutraged)

特定国家に対して敵対同盟(Coalition)が組まれることがあるが、敵対同盟に入るが作成されるかは態度が激怒(Outraged)になっていることがトリガーとなる。
一度作成されればライバル(Rival)、脅威(Threatened)、敵対(Hostile)などの態度の国も敵対同盟に入るが、彼らは激怒の国ほど敵対同盟には熱心ではないため、激怒している国より容易に敵対同盟を抜け、激怒している国がなくなれば敵対同盟は維持されない。
AIの態度は複数の態度に対して条件で重み付けをし、一番ウェイトの高い態度になる。
一例としては、特定の国をライバル指定している場合その国に対してはライバル(Rival)になり、ある国の宗主国であればよほど特殊な条件がない限り宗主国(Overload)になる、といった具合。
では、激怒の態度に影響を与える条件だが。

激怒にならない条件

  • ライバル指定をしていたり、宗主国もしくは従属国だと激怒にはならない。
  • Aggressive Expantion(以下AE)がないと激怒にはならない。
  • AEが-10以上ならば、既に敵対同盟に入っていなければ激怒にはならない。
  • 友好度が0以上ならば、既に敵対同盟に入っていなければ激怒にはならない。
  • 友好度が50以上ならば、激怒にはならない。

激怒を緩和する条件

  • AEが-40以上ならば、既に敵対同盟に入っていなければ激怒になる可能性は緩和される。
  • 脅威度(内部で保持する、対象国を脅威と認識している度合い)が100未満ならば激怒になる可能性は緩和される。

激怒を促進する条件

  • AEが-50未満ならば、その度合いに応じて激怒になる可能性が上がる。
    • AEが-50、-75、-100と倍々に増えていき、以下-100ごとに倍になる。
  • 脅威度が200以上ならば激怒になる可能性が上がる。
  • 友好度が-50未満の場合、その度合いに応じて激怒になる可能性が上がる。
  • 隣国である場合、激怒になる可能性が上がる。

取り敢えず、敵に回したくない国とは友好的であるよう務めよう。

Diplomatic Feedback

Diplomatic Feedbackは外交UIの右端のタブで見ることができる外交コマンドです。

項目

信頼 / Trust

0~100の間で変化する。50が平均的な値。
不誠実な外交行動を行うと減少していきます。

  • 50を1上回るごとに外交行動の成否にボーナスが得られる。(同盟軍招集のPositive Reasonsが+1される、など)。
  • 列強国の外交行動「借金の肩代わり / Take on Foreign Debt」「他国への影響 / Influence Nation」で増やすことができる。

好意 / Favors

同盟国からの好感度。これを消費して同盟軍の招集などを行う。

増加要因

  • 同盟を結んでいると少しずつ増加する。
  • 同盟国の戦争に参加すると、戦果に応じてその同盟国からの「好意」が手に入る。
  • 講和において州を多く同盟国に与えるほど増加する。

用途

  • 好意-10で同盟軍を呼べる。
  • 自国の戦争に呼びたいときに好意-10のコストで同盟国に臨戦態勢で12ヵ月間軍事行動を控えてもらえる。
  • 好意-10のコストで同盟国の信頼を+5できる。

外交姿勢の管理 / Manage Attitude

自国の対象国に対する外交態度を指定できる。
Neutral、Friendly、Hostile、Threatenedから選べ、それぞれに応じて他国の外交行動に影響を与えます。自国の外交アクションに対するリアクションにも影響します。

自国の行動によって自動的に変更されることもあります。

中立 / Neutral

外交態度を「中立」に設定すると、相手国に関心がないことの表明になります。
相手国は通常、こちらと外交的にやりとりすることを避けます。
同盟国も相手国に無関心だという兆候とみなします。

友好 / Friendly

外交態度を「友好」に設定することは、相手国と同盟したと考えていることの表明になります。
同盟国は、相手国を攻撃したくないと考えている兆候とみなします。
※v1.25以降、ある国に対して「友好」を指定するにはOpinionが50必要になった。

敵対 / Hostile

外交態度を「敵対」に設定することは、相手国を征服対象と考えていることの表明になります。
相手国はこちらからの外交的提案のほとんどを拒否するようになります。
同盟国は、被設定国と戦争を始める兆候とみなし、従属国は被設定国に対して請求権の捏造を始めます。

脅威 / Threatened

外交態度を「脅威」に設定することは、相手国を恐れていることの表明になります。
相手国はこちらが安全のために同盟したいと考えているか、自分たちから国を守るために、ほかに強力な同盟相手を求めていると見るでしょう。
※「脅威」は相手国が自国より最低33%強力でないと指定できない。

重大な関心事 / Vital Interest

手に入れたい州を「重大な関心事」に指定しておくと、同盟国の招集に応じたときに、その州のプレーヤー国への割譲を講和条件に盛り込んでもらえやすくなります。
また、指定することによって、従属国は「指定した州」や「その州を領有する国家の他の州」に対して請求権の捏造を始めてくれます。
関心のある朱雨を指定すると、プレイヤー国の外交態度は自動的に「敵対」に変更されます。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • EnforcePeaceはマルチ以外でもかなり有用だぞ -- 2014-05-06 (火) 18:14:48
  • さあ編集するんだ -- 2014-05-06 (火) 18:43:52
  • EnforcePeaceに追記してみた。補足あればよろしく -- 2014-05-06 (火) 22:04:58
  • Rival国家にCoalition作られた(1.7.3) -- 2014-10-07 (火) 01:08:08
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-23 (金) 21:00:51 (184d)