AAR/スーダンの探検の手引き

まずは外交関係の整理から

東西南北どの方向へ拡張すべきかの指針は前ページで示しました。
プレイ前に方針の決め打ちでも良いのですが、リセットも手間なので行き当たりばったりで進めます。

モロッコがカスティーリャ・ポルトガル・アラゴンの3ヵ国いずれかからライバル指定を受けている事はほぼ固定の様なので、他国同士のライバル関係へ注目しておきます。

筆者がプレイした世界線は以下
チュニジア モロッコへのライバル視なし
カスティーリャ イングランド・フランス・アラゴンへのライバル視あり 
フランス イングランド・ブルゴーニュ・オーストリアへのライバル視あり カスティーリャへのライバル視なし

この世界のフランスは国内統一とドイツ方面を意識して拡張を行いそうですね。

カスティーリャ領を削り取るとフランスがAEの上昇で怒り出しそうなので、イベリア半島への進出は控えたほうが良さそうですね。

カスティーリャとアラゴンが不仲になりそうなので、グラナダプレイ時であってもリセットは必要ないでしょう。

ワンポイント

 AIは自国がライバル指定を行っている国が他国の侵略を受け領土を削られた場合、AEの上昇にマイナスの補正が付きます。

「敵の敵は味方・他人の不幸は蜜の味」理論ですね。
フランスがカスティーリャをライバル視している場合は、遠慮なくイベリア半島を切り取る決断を下しましょう。


この世界ではカスティーリャに逆らわない方が良さそうですので、ひとまずアラゴンをライバル指定して「敵の敵は味方」補正で関係の改善を図ります。

チュニジアはモロッコをライバル視しておりませんので、しばらくは良き隣人となれそうですね。

基本方針は決まりました。

協調 チュニジア
敵対 ポルトガル
土下座 カスティーリャ

西進ルートを基本としつつ、東または西あるいは南ときどき北の方向へ進出を見据えつつゲームを進めましょう。

ポルトガル戦のタイミングは?

初期状況を確認しポルトガルとの敵対を決断いたしました。
次はゲームの時間を進める前に、対ポルトガル戦の開始時期を決断せねばなりません。
ポルトガルに限らずカスティーリャ戦の時期にも重なりますので覚えておきましょう。
候補は以下

1.相手の都合に合わせる

ゲーム初期のポルトガルには「タンジールを手に入れよ」ミッションが存在しますので、同盟を組まずにいればモロッコが貧弱だと判断し相手の側から勝手に攻め込んできます。

―――利点

再現性が高い。
防衛戦争となりますので、領土を奪い取ってもAEの上昇量が低い。
カスティーリャも一緒にモロッコへ襲ってきますので、豊かなSevillaを奪い取れる。
負けたらリセット、すぐにやり直せる。

 

―――難点

同盟国がいない為、援軍には期待ができない。
敵にはアラゴンとイングランドが付いてくるかもしれない。
ライバル関係によってはトレムセンとチュニジアがモロッコを狙いハイエナ参戦をしてくる。

 

誘い受けは総じて上級者向けの策謀ですね。
本AARは実績スーダンの探検の手引きであって、世界征服を目指すスーパープレイが目的ではないのでこの手段はやめておきましょう。

筆者の腕前ですとイベリア国家+イングランドの海軍量を捌ききれません。
海上封鎖によってモロッコ本国が干上がり、戦時疲弊の上昇で反乱軍が湧き出したらリセット案件です。

上級者でしたらフランスが百年戦争を始めるまで粘りきり、そこから逆転を狙えるのでしょう。

 

2.百年戦争に合わせる

百年戦争が話題に上がりましたので、このパターンを見てみます。

ポルトガルAIはイギリスと同盟を結びやすい設定がなされておりますので、フランスが大陸領回収を目指して百年戦争を再開した場合ポルトガルもイングランド側で同盟参戦を行います。

フランスAIはドーヴァー海峡を越える事ができませんので、陸軍を持て余しポルトガル領を襲い戦勝点の上乗せを始めるでしょう。

―――利点

再現性が高い。
戦争が終わるまで高みの見物を決め込めば、ポルトガルが個別和平で同盟関係の破棄を行うかもしれない。
同盟関係の無いポルトガル1国が相手であれば、初心者でも対応しやすい。

 

―――難点

ポルトガルは弱まるが、カスティーリャはおそらく無傷である。

 

逆レコンキスタが目的ではなく、ポルトガルへの侵攻が目的なのでこの案を採用いたしましょう。
カスティーリャ領を大きく削りたい場合は他の案が良いでしょうね。

 

3.レコンキスタに合わせる

逆レコンキスタも視野にいれるとなると、対になるカスティーリャのレコンキスタを意識するべきでしょう。

カスティーリャAIはグラナダ領への野心を持っていますので、イベリア半島からのイスラーム追放を目指して宣戦を行います。
グラナダの救援を名目にイベリア半島上陸を狙うパターン。

 

―――利点

防衛戦争となりますので、領土を奪い取ってもAEの上昇量が低い。
カスティーリャから豊かなSevillaを奪い取れる。
マグリブ国家群からの援軍に期待できる。

 

―――難点

同盟国と敵国領土の占領権争いがある。Sevillaを自国領とできない場合二度手間となります。
イベリアンウェディングが早期成立した場合、アラゴンも敵に回る。
ポルトガルAIがグラナダへの独立保障により、自国の味方となる場合がある。

 

カスティーリャを滅ぼす事が目的であれば特に問題がないのですが、ポルトガルが敵味方どちらへ転ぶのかが分からない点はあまり好ましくありませんね。
本プレイの狙いはあくまでも対ポルトガル戦なので。

これに限らず1.2案以外は再現性の低くなる要素が含まれてきます。

 

4.イベリアンウェディングの失敗に合わせる

イベリアンウェディングが話題に出ましたので、次はこちらを。

カスティーリャがアラゴンをライバル視している場合、イベリアンウェディングよりも先に両国間で領土争いが発生する場合があります。

グラナダの実績The Re-Reconquista解除を目指す場合は、この世界にたどり着くまでリセットを繰り返す事が定石ですね。

 

―――利点

アラゴンが敵の敵としてカスティーリャ軍を引き付けてくれる。
カスティーリャへ宣戦すれば、ポルトガルもカスティーリャ側で防衛参戦してくれるかもしれない。

事実上グラナダの実績The Re-Reconquista解除パターンなので、先人のAARを読み漁れば事前予習がいくらでもできる。

 

―――難点

再現性がそれなりである。

カスティーリャがアラゴンをライバル視する世界自体は珍しくありませんので、実績フェザーン回廊を目指す際にはイベリアンウェディングの失敗を狙う価値はあります。

しかしながらフェザーンがイベリア半島へ進出できる頃には、きっとカスティーリャはスペインへと変態している事が大半でしょう。

覚えておいて損はないパターンですが、あまりあてにしすぎるとプレイの柔軟性が薄れますので頭の片隅に置いておきましょう。

 

5.薔薇戦争orイングランド継承戦争に合わせる

これは番外編です。
プレイヤーが狙うものではなく、頭の片隅に置いておかねばならないパターンですね。

ポルトガルAIはイングランドAIと友好関係の構築を好みますので、ポルトガル侵攻の際はイングランドの動向に気を配る必要があります。

そしてそのAIイングランドなのですが……しばしば外国に王座を乗っ取られます。

継承2.jpg

再現画像であり当プレイ時に起こった出来事ではありませんが、ポルトガル・ブルゴーニュ間でイングランド継承戦争が起こりました。

継承.jpg
継承3.jpg

こちらの再現画像はポルトガル・カスティーリャ間、ポルトガル・フランス間で継承戦争の火種が渦巻いている状態です。

ポルトガルはゲーム開始時点でイングランドと婚姻を結んでいる為、同君連合の条件を満たしやすいんですよね。

めったに起こるわけではないのですが、だからと言って起こらないとも言い切れない点がやっかいですね。

イングランドの国王は全能力0の君主、ヘンリー6世ランカスターです。
彼の精神錯乱による統治不全と復位、摂政を務めた護国卿ヨーク公の失脚が繰り返された事がイングランドの内戦薔薇戦争の始まりとされています。

薔薇戦争により彼の直系男子が断絶した為、イングランド王座はランカスター家から遠縁のテューダー家へと受け継がれました。

クルセイダーキングスの世界では婚姻による継承権の主張は良くある事ですし、外国による継承戦争も広義の薔薇戦争であると解釈できますので荒唐無稽な展開ではありませんね。

EU2では無能君主や内戦時・大空位期間であっても君主能力は最低値が3表記でしたので、0表記にはびっくりしますね。

君主点の基礎増加値は3なので、パラドックス査定では最低値3の基準に変化はないのでしょうが……恐らくAIが彼を無能と判断して廃位してしまう事が後継者の不足と継承戦争の要因の一つになっているのかもしれませんね。

欧州情勢は複雑怪奇。

これが起こる世界線でしたらとりあえずハイエナ参戦でポルトガルを襲う好機ではありますので、お家騒動に便乗してみましょうか。

薔薇戦争を馬鹿にできないモロッコのお家騒動

国王の権威の弱い中世ですと、欧州に限らずモロッコであってもお家騒動からは逃れられません。

ゲーム上ではイスラム圏の王座はスルタン表記ですが、モロッコの場合はアミール(首長)表記が望ましいそうです。

モロッコプレイですので軽くモロッコの首長位をめぐる内戦イベントにも触れておきましょう。


ゲーム開始時点でのモロッコ君主は、マリーン朝最後の君主アブド・アルーハック2世御年21歳。後継者無し。
能力は左から順に0・2・1とパラドックス査定でもかなり低めですね。亡国の君主なだけはあります。

1歳で即位した為王位の僭称者が蜂起、彼の治世は内戦から始まります。
幼年の為国内統治は姻戚関係にあるワッタース家が切り盛りしていました。

wattasi.jpg

アブーザカリヤ・ヤヒヤ・アルーワッタースの死。
対外的にはポルトガルのタンジール遠征を食い止め、国内ではイドリース朝の流れをくむイスラーム指導者を保護した業績により高い威信を誇っておりました。
彼の死でpietyが上昇するのは、宗教指導者からの評判が高かったからでしょう。

カルト.jpg

さて史実では成人したアル―ハック2世は王権を取り戻す為に、ワッタース家の虐殺とユダヤ人優遇政策を行います。
ユダヤ人優遇によりイスラームの権威を引き下げ、政治に口出しをさせない狙いがあったのでしょうね。

wattasi2.jpg

ゲーム的には安定度低下1・王位の僭称者が反乱を起こすイベントトリガーとなります。

史実ではユダヤ人優遇に不満を持ったモロッコ民衆とイスラーム指導者によって、アル―ハック2世が殺害されマリーン朝が断絶した事を表現しているのでしょう。

安定度低下が嫌だからといってワッタース家を公職に据えたままですと、次のイベントが……

wattasi3.jpg

安定度低下2と引き換えにワッタース家を新たなるアミールとして迎え入れるか、王位の僭称者に反乱を起こされるかの2択となります。

王位僭称者の能力はランダムですが、有能君主であった場合ワッタース家へと首を挿げ替えてしまってもよいでしょうね。
史実でも後にワッタース家の生き残りがモロッコにワッタース朝を開いておりますので。

臣下の増長を抑えきれず反乱軍の手によって王朝断絶。
薔薇戦争と同じ末路をたどっておりますので、モロッコにはイングランドの混乱を馬鹿にできません。

実践編その2へ

プレイ開始前の下準備も終わりましたし、そろそろ時計の針を進めましょう。

AAR/スーダンの探検の手引き

  • 実践編

添付ファイル: filewattasi3.jpg 142件 [詳細] fileカルト.jpg 126件 [詳細] filewattasi2.jpg 114件 [詳細] filewattasi.jpg 119件 [詳細] file継承3.jpg 135件 [詳細] file継承2.jpg 125件 [詳細] file継承.jpg 120件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-04 (日) 14:45:28