AAR/ハートマン軍曹白熱教室

※4/8 記述の細かい部分を修正。補足追加。
※4/9 画像周りを追加。

世界征服解説第5回「目指せ神聖ローマ帝国皇帝位!」

201175096.v1396852420.jpg
……

194176249_org.v1387295887.jpg
……クマ?

198173798_org.v1392831969.jpg
あ、キリシマさん。
本日もよろしくおねがいしますね~

201175096.v1396852420.jpg
うむ

194176249_org.v1387295887.jpg
このクマのぬいぐるみって霧島なのか!?

201175096.v1396852420.jpg
アベ、寝ぼけているのか?
お前が次回も来るように頼んだんじゃないか

194176249_org.v1387295887.jpg
確かにお前が霧島ならそうなんだがキャプ翼並みの等身からえらく縮んだもんだな。

198173798_org.v1392831969.jpg
細けぇこたぁいいんですよっ!

198322745.v1393083677.jpg
クマッ!

何やらクマになってしまった(?)霧島さん。
どこかたくましくなったまるゆと言い、本日の講義は一筋縄ではいかないのかもしれません。

御伽噺「女王想話」第4話

http://eu4.paradwiki.org/index.php?AAR%2F%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E6%83%B3%E8%A9%B1%2F%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E8%A9%B1%20%EF%BD%9E%E8%A5%BF%E3%81%AE%E5%86%A0%E3%82%92%E9%A0%AD%E4%B8%8A%E3%81%AB%E6%8A%B1%E3%81%8D%E3%80%81%E6%9D%B1%E3%81%AE%E5%86%A0%E3%82%92%E6%8A%B1%E3%81%88%E3%81%97%E8%80%85%EF%BD%9E

ここからは女王想話、4話の解説部分です。

役者

201175096.v1396852420.jpg
この項目はSS取ってなかったので美麗な画像でごまかしました感が酷いな

194176249_org.v1387295887.jpg
そういうところをビシっと言うところを見ると、どこか違和感があるが霧島に相違ないようだな

198173798_org.v1392831969.jpg

どこからどう見てもキリシマさんですよね。
今日のアベさんはちょっとおかしいですよ。

201175096.v1396852420.jpg
夜の「カーニバルだよっ♪」はほどほどにしておけよ、アベ。

201271414_org.v1396968658.jpg
この画面、裏ではビザンチンと戦争中なのだがいいSSが無かった。

194176249_org.v1387295887.jpg
あ、ああ。
とりあえずここはマムルークからキプロス島で独立したビザンツ帝国がいたので大義名分無しで属国化したところだ。

201175096.v1396852420.jpg
AIの離島反乱軍対処がヘタクソだからビザンツやコルシカはしょっちゅう復活するもんな

198173798_org.v1392831969.jpg
しかし今回の王様はどうにもクセモノですねぇ。

201175096.v1396852420.jpg
第4次十字軍に続いて、今度は教皇共々騙し打ちを食らったわけか。

194176249_org.v1387295887.jpg
筆者も本当はジェームズ1世就任でオスマン叩くつもりだったんだが、都合よくビザンチン復活してたからな。
先にビザンチンを属国化してからオスマン叩いてコア返還のほうがラクでいいやと軌道修正したんだろう。

194176249_org.v1387295887.jpg
この項目は基本それだけなんだが、書いてる筆者自身が前回(2~4)で解説することが多くて混乱して漏れてしまった部分を補足しておきたいようだ。

アドバイザーの切り替え

194176249_org.v1387295887.jpg
アドバイザーの使い方についても触れておこうか。

201175096.v1396852420.jpg
あまりwikiデータでもそこまで解説している項目はないみたいだな。
プレイ国と目的の違いによってアドバイザーの使い勝手が違うから評価するのも難しいもんな。

198173798_org.v1392831969.jpg
まるゆは士気+10%の軍事アドバイザーさんがいれば使うようになりましたよ!

194176249_org.v1387295887.jpg
いちおうこの解説は世界征服という目的に適したアドバイザーということを肝に銘じておいてくれ。

201175096.v1396852420.jpg
よく使うのは…

<政治アドバイザー>
・安定度増加コスト-10%(Artist)
・布教強度+2%(Inquisitor)
・反乱率-3%(Theologian)
・インフレ抑制+0.10(Master of Mint)

<外交アドバイザー>
・外交評判+5(Statesman)
・Better relations over time+30%(Diplomat)
・植民距離+20%(Navigator)

<軍事アドバイザー>
・陸軍士気+10%(Army Reformer)

ってところか?

194176249_org.v1387295887.jpg
そうだな。
軍事アドバイザーは戦力に余裕が出てきたらそこまで気にしなくてもいいが陸軍士気+10%は突撃かますにしても大きい

194176249_org.v1387295887.jpg
政治アドバイザーもそこまで説明はいらないだろう。
その効果が必要な時にそのアドバイザーに切り替えればいいだけだ。

ただやはり外交周りで切り崩しを図るこのプレイでは外交アドバイザーの使い分けが重要になってくる。
とりあえず一つ一つ解説しておこう。

・外交評判+5(Statesman)
外交属国の提案にも使える。
もっぱらの使い道は属国併合完了の時期調整。

198173798_org.v1392831969.jpg
属国併合完了の時期調整とはどういうことですか?

194176249_org.v1387295887.jpg
属国を併合すると併合された属国以外は-30opinionが低下してしまう。
あまり属国併合を多用しているとこのopinion低下が累積(最大で-200)してしまい属国併合開始に必要な条件の一つ+190が満たせなくなってしまう。

194176249_org.v1387295887.jpg
そこでこのopinion低下が累積しないうちに属国を併合しないとどんどん外交枠を圧迫してしまう。

194176249_org.v1387295887.jpg
一度開始してしまえば併合作業中は幾らopinionが下がっても大丈夫だけどな。
だから属国をいっぺんに併合してしまうってのも定石だ。

198173798_org.v1392831969.jpg
ふむふむ

194176249_org.v1387295887.jpg
しかしこのプレイではいっぺんに併合はできなかった。
理由は二つある。

・対抗同盟阻止の関係上、opinion維持の為に外交官を残しておかないといけない。

併合作業中は作業に従事している外交官を使えないからな。
そして次が重要なんだが…

''・常に属国を作り続けているのでいっぺんに併合>仮に4国同時併合完了すると新しく作った属国に-120のopinion低下がかかる。
この状態になると新属国併合が遠のくのでどんどん外交枠が圧迫されていく。''

201175096.v1396852420.jpg
なるほどな。
となると、属国にするタイミングも重要になってくるな。

194176249_org.v1387295887.jpg
ああ。
戦争で属国を提案する時期も併合完了時期が近い場合はopinion低下がかからないように少しずらすとか考えないとならない。

194176249_org.v1387295887.jpg
そこで新属国>属国併合のサイクルを考える必要性がでてくる。
大体一つの属国につきキリスト教国なら-90(3国属国併合)のopinion低下までなら大体+190までもっていける。
これを一つの目安として筆者は考えていた。

仮に外交官が4人いるならこんな感じで動かしている。

外交官A>属国併合作業要因
外交官B>周辺国との関係改善、捏造請求等
外交官C>Bと同じ。
外交官D>次に属国併合したい国との関係改善。余裕があるならBと同じ作業に従事。

そしてAの併合完了が近づいたら、完了する前に(-30opinionが乗ってしまう前に)外交官Dに属国併合作業を開始させる。
Aは併合完了したらDの役割(次に属国併合したい国との関係改善)にスイッチ。

これを繰り返して外交枠に属国が溜まらない様にするんだ。

201175096.v1396852420.jpg
古株属国からどんどん併合していくわけか。
なかなかに外交官の動かし方も面倒だな。
それにこれ戦争中とかだと併合開始できないからスイッチのタイミングを間違えると失敗するぞ

194176249_org.v1387295887.jpg
そこでこの動かし方で重要になるのが外交評判+5のアドバイザーだ。

198173798_org.v1392831969.jpg
プスプスプス…
(混乱中)

201175096.v1396852420.jpg
大体判った。

198173798_org.v1392831969.jpg
ま、まるゆにも説明をしてください~
おいてけぼりは嫌ですっ!

201175096.v1396852420.jpg
外交評判をあげるアドバイザーをつけると外交併合の完了が早まる。
逆を言えば、外せば遅くなるってことだろう?
戦争中に併合完了しそうだと判断した段階で外して時期をずらせばいいんだ。

194176249_org.v1387295887.jpg
その通り。
このアドバイザーの付けはずしで時期を調整して併合サイクルを続けるのが重要だ。

201175096.v1396852420.jpg
ただ併合完了時期って初めからわかっているよな
それに応じて戦争期間を調整すればよくないか?

194176249_org.v1387295887.jpg
実際にはイベント等の正統性低下、外交評判の悪化(あるいは上昇)、戦争疲弊、overextentedなどの補正で時期が変動するからな。
完全に読み取るのは難しい。

198173798_org.v1392831969.jpg
ほえー。
本当に外交官の使い方が難しいプレイスタイルなんですねぇ

194176249_org.v1387295887.jpg
いちおう注意点は外交併合は初めて一定の進捗まで達すると途中で中止することができないってところか。
今併合されるとタイミングが悪いから進捗90%くらいで辞めようとしたら出来なかった。
(戦争中は出来ないとか条件があるのだろうか。詳細不明)

194176249_org.v1387295887.jpg
次はこれだな

・Better relations over time+30%(Diplomat)
ポイントで外交評判+5はつけたり外したりするが、ニュートラルはこいつだ。

198173798_org.v1392831969.jpg
あのー、Better relations over timeってどんな効果なんですか?

201175096.v1396852420.jpg
Better relations over time=時間による関係改善。だな。

198173798_org.v1392831969.jpg
まるゆもプレイ中にちょくちょくその表記を見ているのですが、何に補正がかかっているのかがよくわかりませんでした。

194176249_org.v1387295887.jpg

http://eu4.paradwiki.org/index.php?%E5%90%84%E5%9B%BDNI#tf3e16fe
(Link:各国NI、効果対訳表項目)

上記のリンク先に書いてあることを抜粋すると「悪い関係の影響(戦争をした、侮辱したなど)が毎年軽減されることに対する補正」だな。
要するにopinionマイナス補正効果の年間改善数値の上昇だ。

上昇してしまったAggの改善速度補正になるから非常に重要だ。
EUシリーズ過去作プレイヤーに言うならば狭義ではBBrateの回復補正というとわかりやすいかもしれない。

BBrate=バッドボーイレートのこと。戦争で拡大をするとこれが溜まり、一定値を超えると世界中から宣戦布告を食らう(BBWar)という脅威のシステム。
たぶん対抗同盟のシステムはこのシステムを洗練させたものと思われる。

201175096.v1396852420.jpg
この項目のメモ欄ってのも適当だな。
全部書いてしまえばいいのに。

194176249_org.v1387295887.jpg
この項目作ったの筆者らしいしな。
筆者がわからなかったところをメモして残したようだな。

「Better relations over time」も初めは外交コマンドの関係改善(improve realation)の速度上昇と筆者は勘違いしていたらしくて今までのプレイではスルーしていたんだ。
しかしこの各国NI表統一作業中に手伝ってくれた人が教えてくれて初めて重要性に気付いたのだろう。

なかなか大変な作業だったが他の意味不明な効果の意味がわかったり以外に有意義だったようだぞ。
ちょくちょく表の改善とかしてくれている人にもこの場を借りて感謝したいと言っていたぜ。

194176249_org.v1387295887.jpg
話を戻すと、外交アドバイザーは「Better relations over time」を基本は用いて「外交評判+5」でブーストしたり遅らせたりして使っていた。

そして最後はこれだ。

・植民可能距離+20%(Navigator)

198173798_org.v1392831969.jpg
このAARで植民しているところを未だ見たことがないような気がします。

194176249_org.v1387295887.jpg
拡張idea取っても(開拓者を手に入れても)植民ほとんどやらないしな。
これは植民の為に使うわけじゃない。

いざという時のコア化可能距離を伸ばす為に使うんだ。

201175096.v1396852420.jpg
そういえば植民可能距離=コア化可能距離だったな。

194176249_org.v1387295887.jpg
ああ。
外交技術遅れもあって植民可能距離があまり伸びていない。
そこでたまに距離が遠くてコア化開始が出来ないという状況に陥ったりする。

するとそのプロビは他属国に売れないから困ったことになるわけだ。
そんな時にこのアドバイザーをワンポイントで使うこともあったぜ。

198173798_org.v1392831969.jpg
でも使いたいアドバイザーが出てこないって時も当然ありますよね
その時はどうすればいいのでしょうか

194176249_org.v1387295887.jpg
その時はいるやつで状況に応じて…といったところか。
ただ前回教皇後見人になって選択可能アドバイザー+2がありがたいって言っただろう?
二人も多く出現すれば大概必要なアドバイザーが出てくるから大丈夫だ。
それにイギリスは史実人物がアドバイザーになるイベントで外交アドバイザーが揃う可能性が高いぜ。

201175096.v1396852420.jpg
アドバイザー切り替えはいいんだが、切り替え費用がえらいかかるぞ。
金が余ってしょうがないならBetter relations over timeのアドバイザーは年末だけ使って年始に別のアドバイザー使うってのも有りだ。
(年間のopinion改善効果は年の切り替わり時に生じる)

華麗なる優雅

198173798_org.v1392831969.jpg
なかなかジェームズさんはお腹が真っ黒い人です。

201175096.v1396852420.jpg
実際問題、枢機卿を影響下にいれたからといって改革できるもんなのか?

194176249_org.v1387295887.jpg
わからないがイメージとしては国会議員を全部影響下に入れて国政を牛耳るみたいな感じで書いたのだろう

この項目はアドバイザー+2と外交官+1を手放したくないから影響力のある限り票を投票しはじめたところだぜ。

194176249_org.v1387295887.jpg
そこでいきなりだがAARとかけ離れて少し変わった趣向を凝らしてみようと思う。

201175096.v1396852420.jpg
本当に唐突だな……、まあいってみろよ。

194176249_org.v1387295887.jpg
EU4時代の雰囲気を掴む為の作品紹介もしてみることにした。
やはり世界観がわかっているとより楽しめる部分もあるからな。

201175096.v1396852420.jpg
あまり妄想妄想言ってると引かれるもんな。
妄想といわないで想像を羽ばたかせているロマン主義者とでも名乗ったらどうだ。

198173798_org.v1392831969.jpg
妄想だとちょっと陰気なニュアンスですからロマン派にしましょう!

194176249_org.v1387295887.jpg
何かそれだと絵画や文学のジャンルみたいだな。
とりあえず今回はこの項目に従ってこの二つを紹介しておこう。

201189810.v1396869216.jpg

塩野七生著「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A2
(Link:wikipedia チェーザレ・ボルジア 項目)

201175096.v1396852420.jpg
皆大好き塩野婆さんだな。
確かチェーザレ・ボルジアはマキャベリの君主論における理想の君主のモデルだったか。

198173798_org.v1392831969.jpg
ボルジアさんっていうのは御伽噺のボルジア枢機卿さんと同じですよね

194176249_org.v1387295887.jpg
そうだ。
ボルジア家はスペインを基盤とする一族だから御伽噺作中描写ではスペイン侵略の根回しをヨーク公にさせていたようだ。

194176249_org.v1387295887.jpg
教皇領周りの雰囲気。
マキャベリが見た理想の君主とは一体どういう人物なのか。
興味がある方は図書館で借りるなり本屋で買うなりしてみてくれ。

194176249_org.v1387295887.jpg
続いてこれだ。

201189798.v1396869205.jpg

惣領冬実著 「チェーザレ ~破壊の創造者~」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%AC_%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E3%81%AE%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%80%85
(link:wiki チェーザレ ~破壊の創造者~ 項目)

198173798_org.v1392831969.jpg
あれ?またチェーザレ・ボルジアさんですか?

194176249_org.v1387295887.jpg
活字はちょっとという方用にこっちは漫画だ。
主に主人公アンジェロの視点から描いたチェーザレの話だぜ。

201175096.v1396852420.jpg
アンジェロっていうのはこのAARのまるゆポジションのようだな。
世情に疎い主人公がいろいろ教わりながらチェーザレ絡みの事件に巻き込まれていくというのが序盤の構成か。

198173798_org.v1392831969.jpg

201175096.v1396852420.jpg
雑誌連載が不定期なせいで終わりが見えないが、雰囲気が非常に良い作品じゃないか。
最近の歴史系漫画は昔の教育用漫画と違って絵も話もしっかりしていて面白いもんだな。

201175096.v1396852420.jpg
ついでだから蒼き鋼のアル……

198173798_org.v1392831969.jpg
キリシマさん、その作品はオーパーツかつ時代が違いすぎてダメだと思います。

201175096.v1396852420.jpg
しょぼん

二人の談話

194176249_org.v1387295887.jpg
この項目での重要点は軍事技術の先行といったところか。
いちおう御伽噺側内容解説もしておくか

201175096.v1396852420.jpg
選定侯属国化に向けてトリアに宣戦布告したら長年の同盟国オーストリアが出張ってきたので殴ったって感じか。

201271430_org.v1396968669.jpg
文化はバラバラ。(首都アントワープだけRP的にイングランド文化に変えている)

198173798_org.v1392831969.jpg
後は長引いていた宗教内乱もプロテスタントの割合が20%を切ったことでようやく終わったみたいです。

201271447_org.v1396968682.jpg

194176249_org.v1387295887.jpg
今までの講義で解説しているから詳しいことは省くが、ここでは周辺国よりもいち早く軍事技術がLv12に達してテルシオ歩兵を使えるようになったってところだな。
つまり軍事的優位が手に入るタイミングを見据えて早々に軍事ポイントをつぎ込んだということだ。

201175096.v1396852420.jpg
レベル12と14を先行すれば蹂躙できるってところか。
基本的に技術先行ペナルティがかかる状況でレベルをあげたりはしないんだが、このタイミングだけは別だな。

194176249_org.v1387295887.jpg
ああ、先行ペナルティがかかるならideaにポイント回すからな。

ただレベル6、12、14は別だ。
人的資源が枯渇しがちな序盤では圧倒的な勝利は欠かせない。

201175096.v1396852420.jpg
オラニエ公ウィレム(1世)が軽く出てきたのも若き才能がマウリッツ歩兵(のような戦術)の研究を始めたと。

マウリッツ歩兵=オラニエ公ウィレム1世の息子であるマウリッツ・ファン・ナッサウが開発したテルシオ改良陣形。

芳しきは硝煙の香り

201175096.v1396852420.jpg
これも前回項目から引っ張っている内容か。
軍事技術の優位を生かしてオスマンに宣戦布告して圧倒的勝利を掴みましたって感じだな。

201271475_org.v1396968703.jpg

198173798_org.v1392831969.jpg
ハウ元帥の能力が白兵射撃6なこともあってすごいですね。

201271462_org.v1396968693.jpg

194176249_org.v1387295887.jpg
一方で外交技術が遅れに遅れているというところでもある。
この海戦の敗北の後、逃げ込んだ先の港を封鎖されて船団が出れなくなったりもした。

194176249_org.v1387295887.jpg
後は十字軍(Crusade)だな。
教皇後見人になると異教の国に対して使えるようになるからオスマンに対して宣言させている。
これに加えて苦し紛れの宗教ideaで取った聖戦CBが使い勝手よかったぜ。

宗教ideaのコンプリートボーナスであるBetter relations over time+50%も前述のアドバイザーで解説した通りかなり大きいしな。
国教寛容、異端寛容ボーナスで反乱低下と税収上昇が見込めて、なおかつ安定度コスト-25%も嬉しい。
反乱ゲーにならなかったのはこれの要素もでかいかもな。

201271486_org.v1396968713.jpg

201175096.v1396852420.jpg
十字軍の税収10%、陸軍士気+10%、人的資源+30%ってかなりすごいじゃないか。

194176249_org.v1387295887.jpg
その効果で戦争中に人的資源をある程度回復させておいた。
神聖ローマ帝国皇帝になると更に人的資源ボーナスが入るから、ここでようやくイングランドを悩ませていた人的資源問題が解決するぞ。

198173798_org.v1392831969.jpg
戦っているのに人的資源回復とは、これ如何にです。

201175096.v1396852420.jpg
戦争優位でそこまで兵力が減らないんだろう。
アドバイザーもつけときゃ更に回復速度増えるだろうし。

201271497_org.v1396968720.jpg
1536年オーストリア戦時(2000人)>オスマン戦時(3万人)>1546年オスマン戦終戦(5万人)と順調に人的資源も回復中。

194176249_org.v1387295887.jpg
ビザンツにコア返還させた辺りで筆者はようやく気付く。
チェロキープレイでADMが全然足りなかったからADM節約してたけれど、このプレイスタイルだと異様にDIPが足りないということに。

198173798_org.v1392831969.jpg
属国に領土押し付けしているからADM消費する機会がいうほどないですもんね

201175096.v1396852420.jpg
一方でコア返還などの戦争目的外要求はDIPを消費するからな
それにこの頃は属国サイクルをまだ確立できていなくて外交枠圧迫、外交点-3とかのようだ。

201271509_org.v1396968730.jpg
「とりあえずお前と雌雄を決するのはこの農民共潰してからな!」
そんなgolden Hordeのpretender二組と農民が争うというわけのわからない状態を見つめるイングランド軍。

西の冠を抱きし者

201271522_org.v1396968740.jpg
1548年、ようやく属国選定侯の支持を取り付ける。
婚姻出来ないトリアだけ結構ギリギリ。

198173798_org.v1392831969.jpg
ジェームズさんはあれだけ苦労していたのに神聖ローマ帝国の皇帝にまで登りつめたのですね……まるゆ感激ですっ!

201271539_org.v1396968753.jpg
1551年、ジェームズ1世が皇帝就任。

194176249_org.v1387295887.jpg
マリー1世の治世時にある程度布石を打っているからな。
イレギュラーに悩まされるこのプレイでも結構この辺りは予定通りだ。

スウェーデンは北欧帝国の夢を見るか・あげいん
http://eu4.paradwiki.org/index.php?AAR%2F%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%81%AF%E5%8C%97%E6%AC%A7%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%A4%A2%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%83%BB%E3%81%82%E3%81%92%E3%81%84%E3%82%93
(Link:AAR スウェーデンは北欧帝国の夢を見るか・あげいん)

http://eu4.paradwiki.org/index.php?TIPS#z5f0fd37
(Link:EU4wiki TIPS 神聖ローマ帝国の仕組み欄)

この二つの情報でプレイ開始前からある程度イメージが出来ていたというのも大きいな。

201175096.v1396852420.jpg
行き当たりばったりプレイの数少ない事前計画か。

194176249_org.v1387295887.jpg
基本は上記情報を見れば大体わかるだろう。
いちおう情報を再構成すると

・選定侯を3国属国化すればHRE皇帝に大体なれる。

選帝侯の定数は7国だから過半数は4国なのだが、3国キープしておけば残りの4国が特定の国一つに票をまとめることがまずないので3国で充分。

・属国化する選定侯は出来れば君主制の国が望ましい。

トリア(司教領)を属国化したものの、婚姻できないのが地味に面倒だった。
このプレイではマリー1世の治世下でザクソンを属国化し、ジェームズ1世の治世でトリア、ゲーレ(選定侯のどこかが滅亡してオーストリア皇帝に新しく選定侯として指名された模様)を属国としている。

201271555_org.v1396968763.jpg
1554年の戦力図。
圧倒的優位とまではいかないが、単独でイングランドに抗える敵はもはやいない。

201175096.v1396852420.jpg
もうここまで来ればグレートゲームなんじゃないか?
モスクワ、ポルトガルも後一回で属国化できてオスマンも定期的に叩いている。
唯一残っているのはカステラくらいのもんだろう。

194176249_org.v1387295887.jpg
奴なら「そう思っていた時期がマロにもあったでおじゃぁ…」とかいうだろうな。

アラゴンがイングランドの脅威を前にして宿敵だったカステラと同盟、婚姻成立。GC3回目にして始めて筆者はイベリアンウェディングを見てスペインが成立した。
この時、アラゴンはナポリと同君連合だったからカステラ=アラゴン=ナポリの領域がスペインになったわけだ。

201175096.v1396852420.jpg
そりゃなかなか大きいな。

194176249_org.v1387295887.jpg
だがそれ自体は別に問題じゃない。
アラゴン、ナポリ領域は1プロビ奪って属国で復活、コア返還のコンボですぐ削れるからな。
問題は”スペイン”という名前になってしまったことだったんだ。

198173798_org.v1392831969.jpg
改名したことが問題…?

後、気になるのがジェームズ2世さんの娘がまたマリーという名前ということですっ!
もしかしてまた女王が誕生するのですか?

194176249_org.v1387295887.jpg
その娘が後のマリー2世だ。

198173798_org.v1392831969.jpg
やっぱり題名通り、女王様が大活躍するんですね!
でもジェームズ1世さんはやたら女王を否定していますよね。
まるゆは男女尊卑はいけないと思いますっ!

201175096.v1396852420.jpg
そうか…今ピンと来たぜ。

194176249_org.v1387295887.jpg
たぶん霧島の思っていることは当たっているぜ…。
察しの良い受講者ならすでに気付いているだろうがな。

198173798_org.v1392831969.jpg

201175096.v1396852420.jpg
神聖ローマ帝国皇帝に女性はなれない…。
これが問題なんだな。

194176249_org.v1387295887.jpg
ああ。
そしてオーストリアが全然改革を進めていないから6番目の改革で皇帝位が世襲制になるProclaim Erbkaisertumは遥か先。

201175096.v1396852420.jpg
選定侯を属国として抱え続けないといけないから外交枠も圧迫。
それにアベ、お前はいっていたよな。
やたら長命の君主が多いそして能力が低いわけではないのにデメリット……やっと一本の線で繋がったぜ。

194176249_org.v1387295887.jpg
栄光の時代を築いたジェームズ1世の治世も終わり、新たな問題が水面下で動き出し始めた世界征服はどうなるのか。

198173798_org.v1392831969.jpg
まるゆが次回のお話を読んだ頃にまたお会いしましょう~。
皆さんお疲れ様でした!

世界征服解説第5回「目指せ神聖ローマ帝国皇帝位!」完

世界征服解説第6回「高度の柔軟性、臨機応変に対処」 に続く

200651539.v1396195677.jpg
(…もがもが)

世界征服第5回解説ゲスト紹介

201175096.v1396852420.jpg

人形でクマ。
突如現れた謎の生物。

(漫画「蒼き鋼のアルペジオ」よりキリシマ)

補足

<「女王想話」登場人物解説>

・ジェームズ1世・ランカスター
架空人物。
女王の直系の子孫でも、男系(明確にされていないが女王の姪の子供である。実質的には王位継承権がない)の子孫でもないのに後継者指名を受けたことから王位に就くまで紆余曲折あった模様。

薔薇戦争が起きなかったことで未だ強い勢力を保つ貴族に妥協を強いられながらも、ヨーク公ジョージの協力を得てイングランドの中央集権化を進めた。
代償としてヨーク派のジェームズ2世を後継者とすることを強いられたが本人的には人生はままならないと諦観の念を抱いていたので、世界征服を進められれば満足だったようだ。

・ヨーク公ジョージ
架空人物。
ジェームズ1世の協力をするふりをしつつもそこは名門貴族。
しっかりとランカスター=ヨーク宥和の象徴であるジェームズ2世を後継者に認めさせる。
初めは意のままに操れる君主を得たと思っていたが、ジェームズ1世の示すプランに終止主導権を奪われていた。
彼とジェームズ1世は緊張感のある関係を生涯続けていた。

・デイビット・ハウ
架空人物。
主君以外の全てのヨーロッパ皇帝と直接矛を交わし、勝利した元帥。
新たな戦術を考案したりイングランドの軍事面を支えた。
これから後にも先にも白兵射撃6能力が出るのは彼で最後である。

外務大臣であるヨーク公ジョージから派遣された平民出身の外交官を常に傍らに戦場に赴いていた。
レスター伯死後の遠地戦線講和における全権委任のテストケースを始めて実行している。
(才ある平民に爵位を与える為の機会は戦場に求めるのが一番近道だった)

自らをマルスと名乗って云々の行はマルス=ギリシャ神話の戦神であることからオスマンからギリシャ領域を取り返して来いの意。
しかし後で調べるとマルスはローマ神話の神なので筆者のミスである。
(ギリシャ神話ではマルスのことをアレスと呼んでいる。基本的には同一の神らしい)

・クレメンス7世
史実人物。
ミケランジェロに「最後の審判」をシスティナ礼拝堂に描くよう依頼した教皇。
(実際はクレメンス7世の死後に書いたらしいが)
カトリックの堕落と権威失墜の最中に就任しており、自身の決断力の無さも相まって状況を悪化させることしかできなかった。

御伽噺ではそんなクレメンス7世に手を差し伸べるフリをして利用したのがジェームズ1世である。

・パウルス3世
史実人物。
史実ではトリエント公会議を開催し、教会の自己改革を促したことで有名。

御伽噺ではジェームズ1世が教会に影響力を及ぼした結果として選出した人物という設定になっている。

・オラニエ公・ウィレム(1世)
史実人物。
本来は八十年戦争勃発時の中心人物。
次のオラニエ公であるマウリッツは彼の次男。

・ジェームズ2世・ランカスター
架空人物。

ジェームズ1世とは6歳違いで名前は同じだが兄弟ではない。
(さすがに実の兄弟で同じ名前をつけることはヨーロッパでもないはず。たぶん)
曽祖父(狂王ヘンリー6世)を同じとする血縁関係(再従兄弟)なので日本の親族法下なら6親等でギリギリ親戚である。

マリーという名前の長女がいる模様。

Re:コメント

初めてプレイするなら、西欧の大国は案外厳しいですよね。周辺大国とのパワーバランスとか宗教改革とか。 -- 2014-04-02 (水) 07:32:37

小国プレイ開始で初期イングランド位の大きさに成長すれば大概のことが簡単にできるものです。
けれど初期スタートの大国って思っていたより簡単じゃないのをこのプレイで痛感しました。
調子に乗っているとすぐに身動き取れなくなりますしね。

あとがき的つぶやき

198173798_org.v1392831969.jpg
オスマン初心者向け動画も終わり、メディチAARも終わり、ポルトガル動画も終わって寂しいなと思っていたら

198173798_org.v1392831969.jpg
普通に続編がはじまりました。
まるゆのおセンチになった気分を返して欲しいですっ!

194176249_org.v1387295887.jpg
まだまだEU4動画や他作者様AARで楽しめそうで嬉しいじゃないの。

世界征服解説第6回「高度の柔軟性、臨機応変に対処」


添付ファイル: fileheart.jpg 67件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-11 (金) 14:54:49