AAR/凍結資産の手引き

アイディアとポリシーを決めよう

シベリアの開拓をせずインドへの道を歩む事にいたしましたので、最後に決めるべきはアイディアとポリシーの選択ですね。

筆者は1.富豪 2.宗教 3.交易の順で選択を決めました。
富豪主義は珍しいのでざっと効果を見てみましょう。

Plutocratic(富豪)(v1.19)
※貴族主義が取れない国家のみ

名前効果
給与の伝統
(Tradition of Payment)
雇用可能傭兵+25%
(Available Mercenaries)
農奴制の廃止
(Abolished Serfdom)
陸軍士気+10%
(Morale of Armies)
権利の請願(Bill of Rights)不穏度(Unrest)−2
自由な商人(Free Merchants)商人(Merchants)+1
自由な民
(Free Subjects)
交易品生産量+10%
(Goods Produced Modifier)
自由都市
(Free Cities)
キャラバン力+25%
(Caravan Power)
解放
(Emancipation)
人的資源回復速度+20%
(Manpower Recovery Speed)
コンプリートボーナス思想伝播(Institution Spread)+10%

軍事系ideaでありながら交易系ボーナスが得られる点は、交易系実績の解除に向けて心強い助けとなりますね。
士気+10%も拡張戦争を繰り返すプレイスタイルの大きな助けとなります。

 

2番目の宗教ですが、実利の面では代用可能な点が多いのであまりお勧めは致しません。
ロシア化すればミッションとイベントで広範囲のクレームが手に入る為、聖戦CBの価値は低いです。

up3766.png

スンニ派地域の改宗に関しても、正教グループは大主教の権威(Patriarchal Authority)を100%にすれば改宗強度+2%の補正が付いてきます。

またPatriarchal Authorityが100%であれば正教地域はLocal Unrest-3%の補正が受けられます。

共和国伝統で-2・富豪主義で-2・人文主義で-2・大主教の権威で-3と合計反乱率-9%の補正がもらえたりしますので、宗教よりも人文主義の方がプレイ自体は楽ですね。

追加の宣教師に関しては正教徒国家の場合数が少ない為、信仰の擁護者となる事で補えます。

正教国家の場合基本的に信仰の擁護者となる事がお勧めですが、筆者のプレイスタイルですと技術Lvが低めになりますので技術コスト増加補正を嫌い信仰の擁護者にはなりません。

とにかくインドを目指す方針ですので宗教を選びますが、経済や拡張のアイディアでも良いと思います。

 

3番目の交易ですが、交易力を高めるとの大方針がありますのでこれは外せません。
ノブゴロドの場合1番目に交易を取り経済力を大幅に高めることもよいと思います。

宗教+交易で交易品生産量+10%
交易+富豪で国外ノード交易力+30%のポリシーを発動できますので、最初の3アイディアは全くかみ合わないわけではありませんしね。

ちなみにノブゴロドの場合、聖戦CBで外征勝利を続ければ威信を高く保ち続ける事が可能です。

威信.png

National Idea芸術の北の中心地(Northern Center of Arts)で年間威信+1%。
毛皮取引のトレードリーダー補正で年間威信+1%の補正があります。

威信が100あればトレードパワーに15%の補正が受けられますので、威信重視政策も交易と相性が良かったりもします。

首都または主たる交易拠点の移動はできますか?

ゲーム開始前の最後の確認となりますが、貴方のゲームプレイ環境では主たる交易拠点の移動は可能でしょうか?

Frozen Assets(凍結資産)実績の達成の為には、自動collectの拠点をゲーム開始時点のNovgorodノードから下流のWhite seaノードへ移す必要があります。

交易の中心地の移動が可能になるのはDLC「Wealth of nation」を適応時のはずですが、筆者は適応外の環境でプレイしたことがありません。
その為仮に無印プレイで首都移転が出来ないとすれば実績の達成は困難でしょうし、本作はあまり役に立たないであろうことをご了承願います。

対トベーリ・リヴォニア帯剣騎士団編

ゲーム開始と同時にまず確認するべきは、国家顧問の存在です。
外交評判+1の政治顧問がいれば楽ができますが、いなくともどうにかなるでしょう。

テストプレイ時はデンマーク・モスクワ同盟に敗北しましたので、同じ轍は踏みません。

デンマークへ土下座し、ポーランドを同盟国へ引き込む事を外交方針とします。

ミッションでTverへのクレームが手に入りますので、ミッション選択。
Tverをライバル指定後、Ryazanを同盟へ勧誘。これによりライバル国との同盟補正での、TverとRyazanの同盟構築を防ぎます。

並行してOdoyevは1領邦国家の為、トレードリーグへと勧誘し交易力を吸い上げます。

ただしトレードリーグの作成は外交枠上限-1の補正がありますので、いずれはトレードリーグを解散する方針です。

次の行動は交易船の大量作成と、Novgorodノード交易路の保護命令ですね。
これは海軍伝統を増やす事が目的なので、海軍維持費は常に100%で固定します。

海軍伝統.png

海軍伝統によるTrade Steering(交易路舵取り補正)を受け取る事が目的ですね。
Outgoing先が複数存在するノードの場合、商人配置での資金流出先を誘導する必要があります。

交易国家を目指す場合、海軍伝統は高い方が望ましいですね。

私掠船の派遣でも海軍伝統は溜まりますが、デンマークを怒らせたくない為私掠船の派遣は行いません。

デンマークとの関係が悪いと宣戦布告をされる危険だけでなく、Novgorodノードへ報復としての私掠船派遣が行われますので国家収入に打撃を受けてしまいます。

 

Tverへの宣戦と同時にRyazanとの同盟を破棄。
Ryazanはキプチャクとモスクワに狙われている為、同盟を結んだままですと防衛同盟の履行を迫られるので。

準備の整わない状態での強国との戦争は避けるべきですからね。

TverはMuscovy領内にコアを保持していますが、1発併合を行いました。
長い目で見れば属国化の方が望ましいと思います。

チュートンとポーランドが争い始めましたので、チュートンの疲弊を待ち敵同盟国のリヴォニアへと宣戦。

一緒についてきたリガを和平で強制改宗後、クレーム無し強制併合。
リヴォニアを属国化でBaltic Seaノードへの進出と、西方への睨みを利かせます。

Baltic SeaノードはNovgorodノードの下流へ位置する為、この地域での自国トレードパワーが低いと交易資金の大量流出が起こります。なるべく自国領とするべきでしょう。
下流域への設置はあまり意味はありませんが、リガへ統治点50を払いトレーディングポストを設置します。

トレーディングポスト.png

トレードパワー固定値10の増加は強力ですので、商業共和制が交易面でいかに優遇されているかが実感できます。
今後も各ノードの交易の中心地へトレーディングポストの設置は続けます。

なおチュートン領に手を出すとポーランドとブランデンブルクが怒りますので、やめておきます。
本当は交易の中心地であるメーメルぐらいは隙を見て回収しておきたいのですが、しなくても実績は解除可能です。

ちなみにリヴォニア領は異文化のカトリックの為、ゲーム初期のノブゴロドでは改宗が行えません。
リヴォニアへの属国指示で強制改宗後、外交併合を目指します。

 補足として将来改革派へと改宗し交易補正を受け取りたい場合は、ゲーム序盤にリヴォニア領の直轄化が必要となります。
宗教反乱によって国教をカトリックへと改宗後、宗教改革の発生を待つプレイですね。
シベリア開発へ注力する、植民地育成ボーナスを持つプロテスタントロシアの様なプレイへも応用が利きます。

Tverの強制併合は外交枠をリヴォニアへ振り分ける為ですね。

トレードリーグを作成しないのであれば、外交枠に余裕ができる為別な手も取れるでしょう。

その後はポーランド・ブランデンブルクと同盟を結び、Favorの蓄積を待ちます。

第一次モスクワ戦

ポーランドのfaver上昇量が2年おきに1の為、のんびりと時計の針を進めます。
1462年、満を持してモスクワへと宣戦。

up3767.png

歩兵64000.騎兵24000 VS 歩兵39000.騎兵9000

戦力比1:0.55 2倍の軍量を持つならば圧勝は可能ですね。

ここで和平交渉となりますが、今回はモスクワの属国プスコフを強制併合。
ノブゴロドのコア領土を回収、他Novgorodノード内領土を奪い終戦としました。

ここでのポイントは、モスクワ公国から首都であるモスクワ領を奪わない点ですね。

首都モスクワは非常に豊かかつ、交易の中心地ですので単純に考えれば何としても手に入れるべき土地です。
首都モスクワの保有はロシア化ディシジョンの条件でもありますしね。

単純に土地を奪うだけでは豊かになれないのが、交易の面白さでもあります。

比較として第一次モスクワ戦開始前の、Kazanノード。
第二次モスクワ戦後のkazanノードの画像を比べてみましょう。

up3771.jpg
up3772.jpg

モスクワが強大な時(首都モスクワ)は、KazanからNovgorodへと資金が3.23ダカットの流出。
モスクワが弱体化した後(首都スズダリ)は、KazanからNovgorodへと資金が2.44ダカットの流出。

このからくりは商業共和制国家がトレードシティを建設可能な理由にもつながります。

モスクワ公国の首都モスクワはNovgorodoノードに所属する為、上流のKazanノードへモスクワ公国は商人を派遣し交易誘導を行います。その為ノブゴロド単独でKazanから交易誘導を行うよりも資金流出量は高くなります。

モスクワが首都移転でKazanノードを交易拠点へ定めると、Kazanでのcollectを行います。
その為下流ノードであるNovgorodoへは、資金の流出が少なくなってしまいます。

自国が主とする交易ノードの上流ノードへの影響力を少なく保有している場合。
主たる交易ノードでのトレードシェアを失ったとしても、トレードシティを建設し2国で交易誘導を行うほうが交易利益の増大が行われるかもしれないとの実例の一つですね。

ただし最上流ノードから下流域まですべて自国で独占が可能であるならば、トレードシティは存在しない方が交易利益が最大化すると思います。

この理屈を推し進めるとプスコフは強制併合しない方が交易面では良かったのですが、首都+要塞でプスコフの包囲に兵10000を拘束される事が手間に感じた為強制併合しています。

それとモスクワ戦の余波でOdoyevとのトレードリーグが解散されましたので、浮いた外交枠でキプチャクと同盟を結びます。
この後のプレイではトレードリーグの作成は行いませんでした。

では第一次モスクワ戦の終了した1468年時点での交易ノードの豊かさを見てみましょう。

1468ノード.png

最終的にはwhite seaノードへと主たる交易拠点を移さなければならないのですが、現状は初期設定であるNovgorodoを拠点としています。

ゲーム序盤ですと各地のトレードシェアが低い為、white seaノードを主たる交易拠点とした場合交易収入が減少してしまうので。

中間目標としてまずは、Novgorodoノードを世界で一番豊かにする方向でプレイを進めます。

ジェノアの豊かさは19.53ダカット。
ノブゴロドの豊かさは11.65-1.91=9.74ダカット

比率は1:2ですね。これならばなんとかなりそうな気もしてきます。

実践編その3へ

凍結資産の手引き


添付ファイル: fileトレーディングポスト.png 190件 [詳細] file1468ノード.png 210件 [詳細] file流出0.71.png 87件 [詳細] file流出2.33.png 105件 [詳細] fileポーランド連合.png 93件 [詳細] file海軍伝統.png 359件 [詳細] file威信.png 235件 [詳細] fileウラル.png 105件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-28 (土) 22:02:51