AAR/初心者フランス奮闘記

第3話 ブルゴーニュ動乱

org.bin?size=1024.jpg
 

ブルゴーニュ公シャルルの野心がついに表面化した。
ブルゴーニュ本国に加え豊かな低地諸国を従えるその兵力は40,000を超えており、フランス軍にも匹敵する。
その狙いはノルマンディー……かねてよりフランスが奪還を狙う、イングランド領の因縁の地であった。

 

挑発

ノルマンディー東端の都市コーにブルゴーニュ軍がなだれ込んだ。
フランスが欲する都市、コーに向かって、である。

時を同じくして、フランス宮廷にブルゴーニュ公シャルルからの書状が届く。

258210751_org.jpg

? なんだ、白紙か……?

 
 
 
 
 

巻かれた書状を広げきったその時、ついにブルゴーニュ公の文字が現れた。

 
 
 
 
 
org.bin?size=624.jpg

「こうやって奪うのだ」*1

 
 

静かな怒りがフランス宮廷を包む――

 

次なる戦いに備えて

258210748_org.jpg

ブルゴーニュ軍がコーを占領しました。
……介入しますか?

 
258210751_org.jpg

いや、まだ厳しい。フランス単独とブルゴーニュではほぼ互角。
加えてうちは今、形だけとはいえカスティーリャのレコンキスタに参戦中だ。
そのカスティーリャはもとより、プロヴァンス公もブルゴーニュへの友好関係から対立を避けているので、今同盟国はあてに出来ない。

 
258210748_org.jpg

イングランドもブルゴーニュもうちに攻められない今、ただ手をこまねいているのは勿体無いですな。
財政は建て直されましたし、今のうちにどこかへ拡張したいですが……

 

南のアラゴン・ナポリ連合も片手間で相手をするには大きすぎた。
北も東も南も無理となれば、残るは……

org.bin?size=624.jpg
 
258210748_org.jpg

西に丁度いいのがいましたな!

 
 
258210751_org.jpg

決まりだな!
ブルターニュを黙らせておけば、東方進出の際の憂いを絶てよう。
北方軍は直ちにブルターニュ半島へ進軍すべし!

 
 

ブルターニュ遠征

258210751_org.jpg

フランスの土地はフランス王に返すがよい。
ブルターニュ公よ臣従せよ、さもなくば馬上にて剣を交えようぞ!(宣戦布告)

 
 
org.bin?size=624.jpg

(ティアコネルはアイルランド島の少勢力。ユトレヒトはオランダ方面の少勢力)

 
258210748_org.jpg

早速ヴァロワにて敵軍を発見、迎撃します!
半島側の敵戦力にも突撃だー!

 
org.bin?size=624.jpg
 
org.bin?size=624.jpg
 

ブルターニュ側が降伏するのにそう時間はかからなかった。
半島先端の要塞都市フィニステールの包囲が始まった時、ブルターニュ公国のそれ以外の領土は全てフランスに占領されていた。

 
 
258210751_org.jpg

ブルターニュの領地は全部で5州。
しかし3州以上要求すると、周辺国の怒りを買うようだ。

 
 
258210748_org.jpg

おや、唯一の要塞都市フィニステールも要求できるようです、まだ陥落していないというのに!
是非とも取っておきましょう!

 
258210751_org.jpg

"西の海の向こう"を目指す上でも、半島の先端フィニステールは魅力的だな。
よし、そこを含む2州と140ダカット、そして10年間の賠償金を要求するとしよう!

 
 
org.bin?size=624.jpg
 
org.bin?size=624.jpg
 

ブルターニュを属国にする手もあった。
が、この頃から既にフランスには海外探索の野望があり、そのため外交力の莫大な消費を避けるべく、今回は武力併合を望んだ。

258210751_org.jpg

勝利万歳!
例え格下相手でも、勝利とはとても嬉しいものだな。

 
 
258210748_org.jpg

何気に初の攻撃戦争でしたな、フランス万歳!

 

内政タイム

258210751_org.jpg

では早速、得たお金で教会を建てていくとしよう!
賠償金で建築ラッシュを行うこの瞬間が最高に楽しいんだよな~

 
 
258210748_org.jpg

おや、外交情報がどさっと溜まってますな。マザラン殿はいずこに。

 
 
258210751_org.jpg

横領がばれたから謹慎中らしいぞい。

 
 

ブルターニュ遠征から程なくして、フランスも参加していたレコンキスタ終結の報が届く。
グラナダは滅亡し、イスラーム勢力がイベリア半島から完全に駆逐されたのだった。

org.bin?size=624.jpg
 

258210748_org.jpg

おお、我が国初のアイデアが取得できますぞ!
軍事系のものを取りましょう、是非是非、最強のフランス軍を作りましょう!

 
 
258210751_org.jpg

いや、ここは統治を取ろうと思う。
権勢も欲しかったが、大きな属国を作る予定が当分ないし、次のアイデアグループでは探検を選びたいので、そもそも今外交系を選ぶのは厳しい。
また、まだまだ軍事技術や戦争税がとても重要で、軍事系アイデアも難しい。

 
 
258210748_org.jpg

うーむ……(不服)

 
 
258210751_org.jpg

当分は中核州奪還や1~2州征服の戦争が続くだろうから、統治力があまりがちなんだ。
同宗教・同文化圏の土地を取っていくため治安に問題がないから、不穏抑制系のものもまだいらない。
なので初期投資で最も美味しいであろう統治を選びたい。

 
 
org.bin?size=624.jpg
 
258210751_org.jpg

政府改革ポイントも溜まりきったな。
人的資源+15%と税収+10%の2択か。
今なら金も欲しいが、最終的には人的資源の方が価値は上だろうから、前者を選択するぞい。

 
org.bin?size=624.jpg
 

258210748_org.jpg

ああそうそう、またブルゴーニュ公シャルルから書状が届いていたそうで。

 
 
258210751_org.jpg

なんだ? またイキり文章か~?

 
 

再び巻かれた書状を広げていくルイ9世。
そこに書かれていたのは――

 
 
 
 
org.bin?size=624.jpg

「軍事通行権をください」

 
 
org.bin?size=624.jpg
 
258210751_org.jpg

え……?

 
 
258210748_org.jpg

なんでも、コーより西のイングランド領へは、フランスからの通行許可がなければ陸からは向かえないそうです。
はは、笑い者ですな!

 
258210751_org.jpg

いやいや流石に無鉄砲すぎるだろ~
当然、拒否!!!!!

 
 

フランスからの通行許可もなければ制海権もない。
結局ブルゴーニュ公はコー以外のイングランド領に足を踏み入れることが一切叶わず……
ブルゴーニュ=イングランド戦争は、コーのブルゴーニュへの割譲で幕を閉じた。

皇帝ついに動く

フランス王国に束の間の休息が訪れた。
ブルターニュ半島で得た新たな領土の中核化も完了し、ルイ9世は、フランスの国力がじんわりと伸びていくのを実感していた。
あとはどうにかしてブルゴーニュ公を鎮めることができれば、と考えていたまさにその時。

 
 
 
 
 
org.bin?size=624.jpg

ブルゴーニュ公、リエージュ司教領に対して宣戦を布告
大義名分は「リエージュの征服」

 
 
 
 
 
258210751_org.jpg

ついに! 我らに背を向けたな!

 
 
258210748_org.jpg

ま、まだあるみたいです!

 
 
 
 
 
org.bin?size=624.jpg

オーストリア、"皇帝として"ブルゴーニュ公国に対し宣戦を布告
大義名分は「外敵からのローマ帝国の保護」

 
 
 
 
 
258210751_org.jpg

な、なんと……神聖ローマ皇帝が……

 
 
org.bin?size=624.jpg
 
258210748_org.jpg

オーストリアの同盟国ハンガリーも防衛側に付き、ブルゴーニュ公は不利な状況に!
ブルゴーニュ軍が揃って東方へ進軍したことも確認しました!

 
 
258210751_org.jpg

もっけの幸い、しかし、感謝する!
フランスの兵士たちよ、東部国境に集結せよ!

 
 

ブルゴーニュに一撃を

……フランスからの書状がブルゴーニュ公シャルルの元に届いていた。

 
org.bin?size=624.jpg

はは、ブールジュのフランス王様か、弱音でも書き綴ったか?

 
 

フランスからの書状には次のように記されていた。

 
258210751_org.jpg

「こうやって奪うのだ」

 
 
org.bin?size=624.jpg
 

1458年、フランスはついにブルゴーニュ公国へ宣戦を布告する。
「中核州コーの奪還」を大義名分とするフランス軍が、堰を切ったようにブルゴーニュ領内へとなだれ込んでいく。

 
258210748_org.jpg

ブルゴーニュ本国にて敵軍15,000×2を補足。
殲滅はできませんでしたが、いずれも各個撃破に成功しました。
士気が高く厄介な相手でしたが、相当無理をしているようです。

 
 
258210751_org.jpg

しかし、皇帝軍に何度も殴られたはずなのに、まだ30,000も運用するか……。

 
 
258210748_org.jpg

やはり滅ぼすべき相手ですな。

 
 

フランス軍に敵わないと知ったブルゴーニュ軍はリエージュ(現ベルギー)方面へと転進。
しかしそれ故にフランスによる都市包囲は順調に進み、ブルゴーニュ首都北方の要塞オークセロワが陥落。
首都ディジョンがフランス軍に包囲された時、ブルゴーニュ公はフランスの要求を受け入れざるを得なくなった。

org.bin?size=624.jpg
 
258210751_org.jpg

我らが中核州たるコー、そしてブルゴーニュ首都すぐ真上のオークセロワ要塞を頂こう。
また、2度とノルマンディー方面に来れないように、コーのすぐ東の2州を独立国家ピカルディとして解放させ、緩衝国とする。

 
 
org.bin?size=624.jpg
 
org.bin?size=624.jpg
 
org.bin?size=624.jpg
 
258210751_org.jpg

モンジョワ! 神と兵士たちに最大限の感謝を!
ピカルディはやがて……ぐふふ……

 
 
258210748_org.jpg

あ、さては属国に……!

 
 

1461年、ブルゴーニュ公国はリエージュ・皇帝とも講和条約を締結。
ブルゴーニュ公国はナミュール(ベルギー方面の都市)をリエージュに割譲し、その威信は大きく失墜。
ブルゴーニュ公が起こした大きな戦乱は、しかし彼を弱めるのみであった。

org.bin?size=624.jpg
 

フランスは新設のピカルディ公国の属国化を企む。
もとよりピカルディの解放は、フランドルへの進出を企図したが故のものだった。
……しかし、これがそもそもの失敗であった。

 

第4話 フランス王国


*1 シャルル突進公

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-14 (日) 01:15:56 (66d)