個人的神回
AAR/MOD de フィレンツェ

現状解説

http://art1.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341283_large.v1562997714.jpg

南北トスカーナを統一し、イタリア半島に覇を打ち立てるフィレンツェ共和国
北イタリアではサヴォアがスイスに侵攻し、ヴェネツィアはフェラーラとミラノによって分割された。
南イタリアでは教皇領がナポリに侵攻し、半島は急速にその勢力図を変化させる。
そしてイタリア半島のさらに北、神聖ローマ帝国はカトリックへの腐敗が吹き上がり始めていた。

ヴェネツィア干渉

http://art1.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341289_large.v1562995452.jpg

度重なる軍事的恫喝と戦争によって衰退したヴェネツィアを支配下に置く。
これによりヴェネツィアの中核州を利用でき、フィレンツェの勢力圏拡大を助けた。

共和国から公国へ

http://art5.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341291_large.v1562995452.jpg

共和政が終焉し、王を敷くフィレンツェ公国に移行
なんと初代フィレンツェ王はメディチ家から輩出された。
しかもフィレンツェだけでなくフランスとナポリでもメディチ家が王として君臨していた。
中の人のモチベーションも爆上がり

植民地経営

http://art1.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341292_large.v1562995452.jpg

南アフリカを拠点にインドの富を享受するフィレンツェ
BTMODでは南アの一部が貿易会社に割り当てできず、代わりに植民地国家を建設できる。
また宗教改革時代を通して、南アフリカの交易収入は公益収入全体の5割に達し、公国の征服事業を助けた。

http://art5.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341301_large.v1562997650.jpg

史実ではかつてオレンジ共和国と呼ばれゴールドラッシュで栄えると同時にイギリスに侵略され、現在の南アフリカ共和国フリーステイトと呼ばれた一帯はBTMODにて高確率で金が算出られる地域として実装されています。
しかもその確率はMaseruでは60%、そのほかの地域では40%と非常に高確率で金が産出されます。
さらにこの地域は貿易会社リージョンに属しており、その各種施設の効果も上乗せすることができます。

30年戦争

http://art1.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341297_large.v1562995452.jpg

カトリックとプロテスタントの対立が表層化したことにより30年戦争がはじまりました
バニラで1490年ごろに発生する「イタリア帝国の衰退」はBTMODでは30年戦争でヴェストファーレン条約(引き分け)が起きたときのみ発生します。
しかしプロテスタント陣営はオスマン帝国を味方につけていましたが一向に戦争を仕掛けず、30年ほどたったのち皇帝陣営が勝利宣言を行い、プロテスタントは戦わずに敗北しました。

ヘタレ

ミラノ干渉

http://art5.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341303_large.v1563004903.jpg

フィレンツェと同じようにフランスと同盟を結んだサヴォアはフランスの力を借り、ミラノに侵攻
最終的に首都ミラノを含む領土の半分を失った。

http://art5.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341306_large.v1562995452.jpg

これを受けてフィレンツェはミラノを勢力下におくべく開戦
戦乱で軍隊を失ったミラノは組織的な抵抗もできず敗戦、フィレンツェはミラノを属国とした。

http://art5.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341308_large.v1562995452.jpg

ちょうどフランスの戦争に同盟国として駆り出されていたため、鬼の居ぬ間にサヴォアに宣戦布告
首都に突撃し、ミラノの旧領を回収
その後ミラノはフィレンツェ本土に併合

ナポリ王位請求

http://art1.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341310_large.v1562995452.jpg

いつの間にかアラゴンから独立したナポリ王国
幸運なことにフィレンツェと同じメディチ家が王として君臨していた上に現王が死去し後継ぎがいない。
メディチ家の下でイタリア半島を統一すべく、王位を請求

http://art5.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341314_large.v1562995452.jpg

ナポリの主要な同盟国オーストリアだけであったが、山岳地形で苦戦を強いられる。
しかし隙をついてヴィーンに突撃し白紙和平を行うと戦局は好転、無事勝利する。

そして絶対主義と集権化の時代へ

http://art5.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341317_org.v1563008512.jpg

中の人の脳内で地上の星が流れているところで今回はここまで

この100年でフィレンツェは君主制に移行し、その勢力圏はトスカーナを飛び越え、南北イタリアへと拡大している。
目下主要な仮想敵国はサヴォイ、オーストリア、教皇領となりメディチ家・フィレンツェはイタリア半島の統一に王手をかけつつある。
世界は神が指導者の正当性を保証する時代から、軍隊と書類によって裏打ちされた「国家」へと変わろうとしている。

ハイライト

http://art1.photozou.jp/pub/381/3242381/photo/262341295_large.v1562995452.jpg

BTMODでニュファーランド島は1つの植民地国家として扱われるのですが、バニラのグランドバンク漁業に加えてBTMODの生産量補正も加わるので初期値で生産量5もあり、さらにプロビンスによっては毛皮が産出されるのでいろいろぶっ壊れの地域

サケの皮で靴でも作るのかな?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-13 (土) 18:42:57