AAR/オレ熱帯木材アツメル

ベンガルノード支配へ

現状把握

為政者について

110.jpg
Orissaを治めるのはGajapati(ガジャパティ)朝初代国王のKapilendra(カピレーンドラ)。
ベンガル、デカン、南インド方面への領土拡張を成し遂げ王朝の最盛期を迎えた。(Wikipediaより)
というわけで(4,5,6)と高い能力を持ち年齢も28歳と若く、長く活躍が期待できる有能国王。
後継者のHamviraは(3,2,2)とそこそこで26歳、年齢差等により初期から後継者問題が発生
してしまいそうな気配を感じます。
(条件を満たすと後継者争いのイベントが発生します。)

属国について

mssn1.jpg

OrissaはDLC「Dharma」発売時のアップデートにより初期から4ヵ国を従える地域大国(?)と
してスタートします。属国4ヵ国の合計dev値はたったの15しかありません。
外交枠を全て埋めており非常に邪魔ですが、2番目のミッションで属国を5ヵ国にすることで
Garjati文化の国を1つにまとめることができます。Garjati文化の国は他に2ヵ国あり、
どちらも弱小国ですので、クレーム付けて属国を強制すれば外交枠を1つに圧縮できます。

国際関係

Jaunpur以外の周辺大国全てから敵視されているため、早急に被宣戦防止のための同盟が必要です。
これはBengalに隣接しているJaunpurが適任です。しばらく関係改善を行うことで
同盟を結ぶことができました。Bengal攻めにはJaunpurとの共同作戦を目指します。

では、Orissaとその同盟国Juanpur、及びOrissaをライバル視している4ヵ国の国力(dev値)を比較してみます。(属国は除く)

国名dev値関係性
Orissa56自国
Jaunpur212同盟国
Andhra34ライバル
Bahmanis201ライバル
Bengal177ライバル
Vijayanagar263ライバル

Bahmanis、Bengal、Vijayanagarはお互いを敵視しているのでJaunpurとの同盟締結でしばらくは
宣戦されることはないでしょう。
こちらからは当面の敵になるであろうAndhra、Bahmanis、Bengalをライバル指定しました。

周辺国関係図(見難いですね..)
start2.jpg

やっと本編

先に書いたように属国を1つ増やしてミッションにより1国に圧縮、対Bengalのために
Jaunpurと同盟締結しました。周辺国がどんどん拡張していく中、favorが10溜まるまで待機
していたため、出遅れましたが、第1次Bengal戦をJaunpurに手伝ってもらいベンガル湾に
面する6州を割譲させました。これだけでも貿易収支は大きく改善しました。

start3.jpg

この後、首都を開発しルネサンスを受容しています。
Bengalに対しては停戦期間が明ける度にJaunpurと共に戦争していましたが、Bengal領の処理に
関して次第に利害が対立するようになり、何度目かの戦後処理でついに同盟を破棄されました。

アイデアは探検、次に拡張を選択しました。序盤はアドバイザーの雇用が難しくアイデア取得は
遅れがちでしたが、インド洋に浮かぶ島を経由してアフリカ南端へ植民し喜望峰ノード
寡占による商人獲得、同時並行で東南アジアの島を経由して植民地国家オーストラリアの
建国を目指しました。

Bengal領をほぼ領有した後は、Vijayanagar領をほぼ征服したBahmanis、敵になったJaunpurに
インド内陸への道を塞がれたため、オーストラリアから太平洋の島を経由してアメリカ西岸
への植民ルートとアフリカ西岸を経由してブラジルへの植民ルートを開拓しながら、ベンガル
ノードに残っていた弱小国、及びマラッカノードへと領土拡張を続けました。

次回へ続く

AAR/オレ熱帯木材アツメル


添付ファイル: filestart3.jpg 35件 [詳細] filestart2.jpg 20件 [詳細] filemssn1.jpg 38件 [詳細] file110.jpg 22件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-11 (木) 01:20:57