AAR/カルタゴを継ぐ

中編・The Dark Continent

「Development」

――割引コスト

統治技術が17になると、建造物であるUniversityが解禁されます。
これはDevelopment_costを20%下げ、また建造物のスロットを一つ増やしてくれます。
普段なら特定の州にしか建てませんが、今回のプレイでは、最終的に全ての土地にこれを建てます。無闇に建てます。

university・estate・economic_ideaにより-50%。
Development efficiencyは気がつくと効いてるぐらいの感覚で。

――地形

2.jpg
交易品は優秀ですが、それらの土地における初期の発展度は低い。

北アフリカという地において、優先的に発展させるべき場所は限られます。
まず内陸部は一部を除いて避けたいところです。地形効果とは別に、気候『Arid』によるマイナス判定が加えられ+50%されます。
沿岸部は場所によりますが、あまりこの判定がありません。加えてDrylandを選びます。コストが+5%で済みます。
そして沿岸部の交易品の価値が3.00よりも高いところに外交点を集中投入。海軍も重要なので、Force Limitを決める沿岸州の発展度は集中的に上げます。
軍事点は特産品の価値が低く総合発展度が3の土地などに投入しました。統治点は癖がなく、また新規ideaなどの取得時機に係わるので、あくまで補助として使います。

「idea」

1.jpg

1.espionage――新仕様の確認と、敵軍の位置情報を正確に知る必要があった為。
2.defensive――OffensiveやNavalと迷うも、今回のプレイ方針に沿うものを選択。
3.economic――development_costの減少。
4.maritime――海軍扶養限界の引き上げ。

特に海軍量は重要です。理由は単純。内政のため。

Developmentの向上に使用する君主点の入手方法は限られています。ですからPower_Projectionなどは安定して得たいところ。
現在のRivalはCastile・Porutgul・Aragon。この三国の主要ノードに一定量の海賊を送り込み、禁輸措置を合わせますと、Power_Projectionは凡そ50以上で固定されます。
安定した資金源としての海賊ではなく、内政を行うための海賊なので、海軍費用が帳消しになるぐらいの収入があればいいです。
また海賊行為でも海軍伝統は貯まるので、軍事力の維持にも繋がります。積極的な戦争はしませんが、海軍伝統は常に60以上を保ちます。

「income」

4.jpg
IncomeはともかくBalanceの数が不吉だ。

「賠償金戦争」

隣接する敵国が少ないため、軍量を上限の半分ほどに抑え、借財などもしつつ建造物に資金を回していました。
すると不吉の原因らしき方々がやってきました。

5.jpg

うん。その軍量で何しに来たのですか?
ver.1.16からジブラルタルは、輸送艦なしで行き来出来るようになりました。
なったからこそ、もっと軍勢は必要でしょう。こちらからも渡れるわけですから。

要塞で止めている間に軍隊を増やし、さっさと追い返す。
まだイベリアには入りたくない。理由は単純で、フランスがポルトガルを同君下位に収めたからです。
君子危うきにまだ近寄らず。建造物の為のお金を貰って和平。

この和平期間を利用して、Aragonから独立していたサルディーニャ島を攻めました。
7.jpg
Tuscanyは自称海軍の海賊たちで邪魔をしたので、なにも出来ず。不測なく戦争は終了。

侵略戦争の終結後。
またもCastileがやってきた。
少しは反省したようで教皇庁も連れて来た。
うん。貴国はTuscanyの失態から学ぶべきだと思います。
9.jpg
これは勉強料です。またのご侵攻をお待ちしています。

1662。本当にまた来た……。
13.jpg
Castileの軍人は素直な人たちですね。
今度はフランス軍を借りてきたようです。

とりあえず要塞で時間を稼ぎ、Covert_ActionでCastileのCorruptionを上げました。
海賊により収支を下げ、更にこれで出費を嵩ませます。軍隊の貸し出しが解除されればいいけれど。
しかし成功の可能性は低いので、自国の軍隊も増量しておきましょう。

と。
14.jpg
なんか上手くいった。偶然だと思いますけど、敵が減ったのは事実。

さあ、お金をください。
15.jpg
そろそろ頃合なので今回ばかりは土地も下さい。毎度。

「最近のTunis」

1706――Incomeが二百を超える。
    *Balanceではありません。

三つの交易地に派遣している海賊たちが金塊船を襲撃。
22.jpg
頻繁に150Ducatを奪う。この間にも沿岸略奪を繰り返し、十年毎に700Ducatを得る。
(バルカンをAustriaが奪ってくれたのが大きい)

更に英邁な後継者が誕生。世界情勢の本流から離れながらも、追い風を受けるTunis。
17.jpg

それを記念しまして、皆様にTunisのあるあるネタを一つ。

20.jpg
名君は即位すらしない。

途方に暮れてしまいます。しかし俯いている暇はありません。前を見ないと画面が確認できません。
ん……何ですか。このアイコンは。どうやら戦争を仕掛けられたようです。
またCastileか。懲りないな、あの国も……あれ。おかしいですね。
23.jpg
このCastile……なんか青い。

「追想と眼前」

対岸の欧州大戦を眺めていた、あの頃。
12.jpg
彼らから銃を向けられている、この頃。


添付ファイル: file20.jpg 262件 [詳細] file23.jpg 319件 [詳細] file22.jpg 271件 [詳細] file18.jpg 81件 [詳細] file17.jpg 276件 [詳細] file15.jpg 240件 [詳細] file14.jpg 304件 [詳細] file13.jpg 244件 [詳細] file12.jpg 217件 [詳細] file9.jpg 212件 [詳細] file7.jpg 258件 [詳細] file5.jpg 332件 [詳細] file4.jpg 181件 [詳細] file2.jpg 276件 [詳細] file1.jpg 236件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-10 (火) 20:07:38