AAR/怒りのGranada AAR

最初はTlemcen

 本節では, 先のAAR/怒りのGranada AAR/開始前の戦略にて述べた条件が満たされた際,
Granadaが何をすべきなのかを書いていきます.
個人的なテンプレートを列挙しておくと

  1. 初期君主(Muhammad IX)を将軍に
  2. NF(National Focus)をadmに
  3. Garnatah(首都)の要塞を破壊
  4. Tala Isman, SevillaへのClaim作成

となります.

初期君主(Muhammad IX)を将軍に

U4RmDsC.png

1. ですが, これは(1/1/0)というEnglandのHenry VIやら
CastileのEnrique*1に匹敵する無能君主である彼に,可及的速やかに死んでほしいがための行為です.
もし彼が野戦 / 攻城戦中に死亡するとStability -2を被りますし,
後継者が生まれる前の死であれば, それは間違いなく王朝断絶 & weak claim君主の即位を約束してしまいますが,
期待値としては(1/1/0)が長期間玉座に居座る事の方が害悪です.

 君主能力は2D4 - 2, すなわち0から6までの能力が, 下図のような確立をもって出ます. 
 ここで重要なのは, 君主能力の期待値が(3/3/3)だと言うことです.
 (regency時は2D4 - 3で期待値は(2/2/2)となるが, それでもMuhammad IXよりマシ)
 君主のadm能力が2違うと, たった8年で192のAdm.の差が生まれます.
 これはstab. 2に相当する量であり, 故にとっとと死んで貰った方が良いわけです.
 また, 特に序盤はMil. Tech.遅れは死活問題なので, Mil.のマシな君主に来て欲しい, と言うのもあります.
0iBdC4C.png

NF(National Focus)をadmに

HhZhFWz.png

 筆者はAdm. Tech. 5を急ぎたいので, いつもNFをadmに振るようにしています.
ただこれは好みの問題であり, 別にMilに振るのも良いとは思うのですが.
もっとも, 初手探検ideaで新大陸遷都プレイなら探検ideaは必須ですし,
あるいは他のCatholic圏と文化の違う*2イベリアでさえも,
ある程度拡張すると, Adm.でなくAE(Aggressive Expansion)が律速段階となるので, influence ideaもかなり良い選択肢だと思います.
 すなわち, ideaを取得するのを優先するか,
それとも拡張を意図的にゆっくりしたものにし, admを温存するか......をどう捕らえるかという問題だとは思います.
もっとも, 一般論として, Granadaがadmを温存していられるような国ではないと言うのはありますが.

Garnatah(首都)の要塞を破壊

JPcbRkg.png

 (無駄な要塞は)クビだクビだクビだ!
Granadaのように攻められれば一溜まりもない国家にとって, 要塞は基本的に無用の長物です.
というより, (シングルだと)効率的なプレイという観点からは, 要塞は最低限の個数以上作るべきではありません.
むろん要塞を維持することは, 占領合戦になった時に"占領スピードで勝ちやすい"というメリットを生みますが,
それより要塞の維持費に費やされるはずの資金をプールし, 戦時にその金で傭兵を雇って, とにかく「野戦で勝つ」方が効率的である, と思います.

Tala Isman, SevillaへのClaim作成

 初めから与えられている2匹の外交官の使い道ですが,

外交官1年目2年目3年目
AMoroccoとの同盟, SevillaへのClaim作成対Tlemcen宣戦CastileへClaim作成
BTala IsmanへのClaim作成TlemcenへのClaim作成PortugalへClaim作成

のように使い倒します.
シングルでもマルチでも, 外交官を遊ばせている人は案外多いですが,
外交官が"何もしていない"と言うことはかなりプレイの効率を下げるので, 過労死する勢いで酷使しましょう. どうせ死にませんし.

 ここで, Tlemcen戦後には, 彼女を解体して生成する属国(Algiers, Tafilalt)に関係改善を送るべきですが, ここら辺から情勢が流動的になってきます.
AragonとCastileが殴りあったりしたら, 関係改善やらClaim作成から外交官を引き返させ,
宣戦布告を送ったりする必要もあるでしょう.
流石にそういった場合は, 「高度な戦略的柔軟性を保ちつつ, 臨機応変に対処」することになろうかと存じます.*3

 ここで, 対Tlemcen戦では, 下のような国境線になるよう調節することが理想です.

3o6ZHQ9.png
(旧Tlemcen領の2国は属国として再建)

全て自国領にするより, 多少属国を持つ方が被宣戦抑止の観点からは有利です.
また, 属国 → 外交併合を併用することで, admとdipをバランスよく消費してCoreを増やせます. (idea解禁が遅れにくい)
また, TafilaltはMoroccoにかなり広めのCoreを有しているので, 対Morocco解体時にかなり役立つでしょう.

対Tlemcen戦後にて

次は, Morocco / Castileとの戦いに備えます.
できれば便乗宣戦, すなわちPortugalとMoroccoが殴りあっているところを横から刺したり,
あるいはCastileとAragonが殴りあっているときにCastileを殴る形ですが, この形に持ち込めるまで待った方が良いでしょう.

小技紹介コーナー

小技 : estateコマンドの順番調整でAdm.稼ぎ

55jx9wR.png
stab.上昇の前後でestateコマンドの順を調節することで, Adm.を稼ぐ方法

安定度(stability)は1に保つ事が様々な観点からみて効率が良く, ClergyのEstateはloyal時に安定度コストを押し下げます.
ここで, 最初にSeek Support of the Clergy*4でこいつをloyalにしてやり, そしてestateの恩恵を享受しつつ安定度を上げた後にはじめて
"Demand Administrative Support"を押すことで, Adm. を5から10程度稼ぐ事ができます.
Adm. Efficiencyが上がるまではAdm.はかなり貴重であり, 故にこう言った形でわずかと言えどAdm.を稼ぐことは重要と言えるでしょう.

幸運な世界線を引いたあとに

次には, CastileやAragonと言った相手と戦う際の戦略を概説していきます.

=> AAR/怒りのGranada AAR/拡張の方向性


*1 "The インポテンツ"というすさまじい渾名をもつ
*2 文化が違うとAEが割り引かれる
*3 要するに, 行き当たりばったり
*4 別に金を払ってもよいが, 大抵の場合, 初動においては金の方がLegitimacyより貴重

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-27 (土) 03:30:02