FrontPage

国家情報

使節

使節に派遣費用はなし。
外交官や開拓者はもはや指揮官の補充に必要なし。
使節は別区分:
あなた方にとって最も大きな変更点は、使節はもはや毎月増加する数値を蓄積することができる資源のようなものではなくなるということです。 全ての施設はこれからは任務を課され派遣される独立した人となります。 クルセーダー・キングスIIであなたが宮廷のメンバーに仕事を与えるのに似ています。 そして、その使節が任務を遂行している間は、既に与えた任務のほかに何か別のことをやらせることはできません。 これによって、あなたたちはプレイヤーとしてより興味深い戦略的決定を行う状況を作り出すことができるでしょう。
なぜなら、もしあなたが2人の外交官しか持っていないとしたら、何をするでしょうか? 2人とも何らかの任務に送り出してしまうのでしょうか? それとも、1人を手元に残しておきたいでしょうか? 任務の遂行には開始から終了まである程度の時間がかかります。 ですから自然にある時にはあなた方の使節はそれにかかりっきりになります。 特に、往復の日程も計算に入れねばならないのですから。 使節はもはや消費することが必要な物ではなく、あなたの国の政策への自律的な参加者のようなものとなります。 

外交官

外交行動の幾つかは、これからも即座に遂行されます。 しかし、大部分の行動は外交官に課される任務となります。 外交官は同時に、過去にEU3においてスパイが行っていた幾種類かの行為も行うことになります。 

宣教師

宣教師は今までと同じように働き、任意のプロヴィンスをあなたの信じる教えへと改宗する任務を与えられます。 そして毎月成功の可否を判断されます。 一つの違いは、所持することのできる宣教師の数で、あなたたちが同時に行える行動を制限します。 この同時に改宗を行える数への強力な制限は、宗教関連の国策を異教徒を征服しようとする者にとってより重要な選択肢とするでしょう。 
EU3の宣教師がその任地の異端を根絶し、または異教からの帰依を得て、国教を定着させられるか否かは、乱数により月極で決定されていた。EU4では、これを刷新した。EU3において成功率としてプレイヤーに表示されていた事項のほとんどは置き換えられ、今や、宣教師については宣教活動の数値として表示されている。
宣教活動の数値は、いろいろな原因で低下する。例えば、既に整備の行き届いた土地よりも未開の土地で宣教活動をする方が宣教活動の数値は高くなる。その他、法令(decisions)や、国策も宣教活動の数値に影響する。
月毎に、その土地の宣教活動の数値は追加されていき、改宗を進捗させる。そして、それが100%に達したとき、改宗が完了する。

商人

商人はあなた方が戦術的に使うことの出来る使節です。 彼らを素早く一地域から別の地域に動かすことであなたの国の交易力は上昇するでしょう。 交易から利益を得るには、商人が交易点に事務所を維持している必要があります。 事務所を持てるのはあなたが所有しているプロヴィンス内だけですが、商人のもう一つの能力は一定の範囲内の交易点に一時的に物が集まるようにすることで交易のかじを取れると言うことです。 あなたがどこかの場所に商人を配置しようとすると、その商人は任務を開始する前にその場所に向けて移動しなくてはなりません。 以前もお話しましたが、商人は使節あつかいですので、1人が一つの仕事をしている時には、最初の仕事の完了時まで他の仕事をさせることはできません。 もしやらせようとすれば最初の仕事は中断されてしまいます。

開拓者

ヨーロッパ・ユニバーサリスⅢの植民システムは上手く機能していました、しかし1つの小さな問題点がありました:植民者を繰り返し送り続けなければならない、ということです。我々は植民者を送り出すシステムを、どうすれば面倒を少なくし、それでいて昔のシステムのような感じを維持できるかを考えました。
いまや、植民者を送り出した場合それは自動的に成功します、しかし新しい土地にはたった10人が到着するだけです。そして彼らは成長し続けます:もしあなたが植民者を残したままにするなら、植民地の成長を早める助けになります――しかし、植民者は一度にあちこちにいられるわけではありません。毎月、植民者はあなたの慣れ親しんだ成功率ぼ計算式に従って植民地の人口を増やすチャンスがあります。
それで、あなたは植民者を得るやいなや片っ端から送り出す代わりに、限られた植民者を植民地の建設に、より戦略的な仕方で配置できます。どこに成長の重点を置きますか? 開拓者をいつ再配置するのでしょうか?

政策

政策の分野分け
様々な技術が向上した際にどの国策でも好きに選べるのではなく、政策の分野ごとの枠を設けました。 各政策分野は7つ政策で構成されており、ある分野の全ての政策を選択すれば追加ボーナスが得られるようになっています。 どの分野でも政策は順番に取っていかねばなりません。 - とある分野の始めの方の政策を跳ばして後の政策を取ることはできないのです。 しかし、その時点で利用可能になっているどの分野からでも選択することができるので、他の分野の政策を選ぶ前に最初の分野の政策を全て取るように強制される訳ではありません。

一つの国が選択できる政策の分野は8つまでであり、様々な技術レベルで開放されます。 ゲームをより面白くする点のは、とある政策の分野を取ったなら、国の形は基本的には固定されてしまうということです。 国の進むべき道を選び取ったのと同じです。 一つの政策の分野を全て取得するにはかなりの時間を必要とします。 数十年分にも相当する君主の「力」を費やす必要とする場合もあります。

ヨーロッパ・ユニバーサリスIVにおいての政策は16の分野に分かれています。 各分野は7つの異なった政策と追加ボーナスで構成されています。 それらの分野は、商業主義、貴族主義、革新性、宗教、諜報、外交、攻撃関連、防御関連、交易、経済、探検、海軍、質、量、拡張、政治、です。 覚えておいてください、あなたが取得できるのは最大でもこれらの中の8分野だけです。 よって、これらの政策分野の半分はあなたの国とは永遠に関連のないものとなります。 ベテランプレイヤーの人たちは、これらの政策分野の多くが今まで内政スライダーで慣れ親しんだものとよく似ているのに気づいたかもしれませんね。 

これらの政策の分野ごとに、特定の種類の君主の力を使って政策を購入することになります。 攻撃関連の政策を増やすには、軍事の力を費やし、探検には外交の力を使う、といった具合です。

国策

各国は「国策」と呼ばれるものを持っていて、得に主要国は特殊な国策のまとまりを持っています。 マムルークとイングランドを含む主要国は7つの特殊な国策を持っていて、それぞれの国に特定の能力を付与します。 これらの国策は君主の力を使って購入するものではなく、代わりに、通常の国策を3つ買うごとに無料で得られるものとなります。

国の伝統

各国は国の伝統(national tradition)を持った状態で始まります。 その国の歴史と遺産を表した2つの能力です。 このページの写真から分かるように、スウェーデンは5%高性能の歩兵と、25%低価格の傭兵という能力を持って開始します。 同時に、各国は「国の野望」と呼ばれる物を持った状態で始まります。 これは国策を7つ全てそろえると得られるボーナスです。 このボーナスは国ごとに特殊なものとなります。

共和国伝統

EU3のHeir to the Throne拡張セットから、私たちは君主制の正統性という概念を導入しました。新しい君主や王朝への移行期間を具体的に表現するための方法として、また王室の婚姻の重要性を少しだけ高めるためのものでした。これによって、いくつかの興味深い構造が発生しました。そして私たちは共和制についての同じ目的のために何か提供すべきだと考えたのです。

そして、EU4では共和制伝統という概念を追加することにしました。これは0%から100%までの値で、新しく設立された共和国は1%の伝統から始まります…人々はなじみのあるものの方により親しみを感じるので、歴史的に共和国は少し不安定だと見なされ、自由な市民と指導者の投票といったアイデアが根付くには時間が必要なのでした。共和制伝統が低ければ安定度コストが増加し、逆に高ければ反乱率が減ります。共和制伝統を低下させることになれば、君主制の復活を支持する反乱が起こりやすくなるでしょう。もし伝統が1%を切ることになってしまえば、あっという間に専制君主制になってしまいます。

共和制伝統は毎年1%づつ増加します。また、伝統の低下か他の不利な結果かを選ぶ厳しいイベントもあります。それでも共和制であることにはいくらかの利点があります。結局のところそれは、指導者を選挙で選べるという点です。しかし、これについても全く心配が無くなることはないでしょう。

この新しいシステムの導入を踏まえて、共和制の選挙には少し変更が加えられました。同じ指導者を再選した場合、共和制伝統を10%失うことになります。これは共和国が、政府の正当性を保証している定期的な公職の入れ替わりを失うかもしれないという恐怖を表現しています。そして伝統が低い状態(今のところ20%未満に設定)で誰かを再選した場合、共和制時代に終止符が打たれ、専制君主制を誕生させることになるでしょう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-13 (火) 17:52:47