DATA

各国固有のNational Ideaの一覧です。
これら各国NIはIdeaグループ中のIdeaを3つ選択するごとに1つアンロックされ、
7つアンロックすることで最後にボーナス効果をアンロックできます。
ver1.25.1までの国は一通り追加しましたがver違いによる変更、誤記等ございましたら修正お願いします。

2018/2/23に日本語化プロジェクトを参考にして大幅な用語表改訂を行いました。

伝統(Traditon)=国家が初期から持っているボーナス効果
宿願(National Ambition)=全てのNational Ideaを取得した際に得られる追加ボーナス

英語の方が分かりやすいって方は英語版Wikiに掲載されていますのでそちらもどうぞ。

「この国の知識には自信がある」「この前本で読んだからこの用語の意味がわかる」
等、そういう方がいらしたら備考欄に簡単な解説を加えていただければ幸いです。

※NI名の右の数字はそのNIのデータを確認したバージョンです。


このページは索引です。各国のNIは所在大陸ごとに分散して掲載しています。
以下のリンクから地域ごとの各国NI一覧に飛べます。

調べたい国家がどの地域に含まれているかわからない時は、以下に地域ごとのNI一覧表をすべて掲載してありますので、こちらを参照してください。

最新バージョン(Ver1.24→Ver1.25)の変更点

・陸軍維持費(Land maintenance modifier)の効果が一律-5%に変更
・ブルゴーニュ(Burgundy)の宿願が「交易制御+10%」から「交易品生産量+15%」に変更。
・イングランド/イギリス(English)NIが分離、伴って以下の変更。
  - 伝統の「海軍士気+20%」「禁輸効率+33%」が「不穏度-1」「歩兵戦闘力+10%」に。
  - エルサム法令(The Eltham Ordinance)の効果が「交易品生産量+20%」から「生産効率+10%」に
  - 5番目のNIとしてレッドコート(Redcoats)「陸軍射撃ダメージ+10%」が新規に追加。
  - 傷病人委員会(The Sick and Hurt Board)が7番目から6番目に移動。
  - イングランドの権利章典(English Bill of Rights)がv1.21以来、7番目に復活。効果は「分離主義年数-5」に変更。フレーバーも一部変更有り。
  - 丘の上の町(City Upon a Hill)、将校地位購入制度の改革(Reform of Commission Buying)はイギリス(British)NIへ移動。効果に変更はなし。
・グループNIのアイルランド(Irish)NIが統一アイルランド(Ireland)の専用国家NIに。伴って以下の変更。
  - 伝統の「交易制御+10%」が「陸軍士気+10%」に。
  - 宿願の効果「年間正統性+1」に加えて「年間共和制伝統+0.5」が追加。
  - 氏族(The Clanns)の効果が「安定度コスト-10%」から「君主と同一文化の顧問コスト-20%」に
  - 無能な大君主(Ineffectual Overlords)、外国人(Foreign Nationals)はミーズ(Meath)NIへ移動。
  - カトリックへの忠誠(Loyal Catholics)が6番目から4番目に移動。
    効果も「年間教皇影響度+2」から「年間教皇影響度+1」「対異端改宗強度+2%」に変更
  - 5番目のNIとして豊富な収穫(Abundant Harvests)「交易品生産量+10%」が新規に追加。
  - 征服されざるアイルランド(Unconquerable Ireland)が7番目から6番目に移動。
    効果も「反乱支援効率+25%」から「月間戦争疲弊-0.02」に変更
  - 7番目のNIとして国有化されたギャローグラス氏族(Nationalized Gallowglass Septs)「規律+5%」が新規に追加。
・新規の国家NIとして、以下が追加。詳細は個別ページで。
イギリス(Great Britain)、キルデア(Kildare)、ティロン(Tyrone)、ティアコネル(Tyrconnell)、マンスター(Munster)、レンスター(Leinster)
クランリカード(Clanricarde)、オーモンド(Ormond)、アルスター(Ulster)、オファリー(Offaly)、コーンウォール(Cornwall)
マン(Mann)、ミーズ(Meath)、フリースラント(Friesland)、ユトレヒト(Utrecht)、フランドル(Flanders)
ブラバント(Brabant)、リエージュ(Liege)、ヘルレ(Gelre)、東フリジア(East Frisia)、アーヘン(Aachen)、クレーフェ(Cleves)
・新規のグループNIとして、スコットランド高地地方(Highlander)NIが追加。詳細は個別ページ参照。
・【v1.25.1】傭兵維持コスト(Mercenary maintenance)で-25%の効果が一律-15%に変更
・【v1.25.1】傭兵維持コスト(Mercenary maintenance)で-20%、-15%の効果が一律-10%に変更
・【v1.25.1】クレーフェ(Cleves)の熱烈な改革派(Avid Reformers)の効果、対異端改宗強度の効果が+10%から+1%に変更
┗バグ(設定ミス)だった模様。

次バージョン(Ver1.26)の変更点(予定含む)

【開発日記2018/7/10より】デリー(Delhi)ネパール系公国(Nepalese Princedom)ナーグプル(Nagpur)デカン(Deccan)
ラージプーターナー(Rajputana)メーワール(Mewar)バーラト(Bharat)ヒンドゥスターン(Hindustan)NIの情報が公開、
また、マラーター(Marathas)のNIも一部効果が変更された。詳細はそれぞれのページで。
【開発日記2018/7/24より】ベンガル(Bengal)ベンガル小国家(Bengali Minors)のNI情報が公開、詳細はそれぞれのページで。
【開発日記2018/8/7より】シンド(Sindh)グジャラート公国(Gujarati Princedom)マイソール(Mysore)ガルジャート(Garjati)のNI情報が公開、詳細はそれぞれのページで。

汎用NI v1.19

※専用NIを持たない国家用の汎用NI

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統安定度コスト-10%
顧問コスト-10%
軍隊保全Preserve our troops規律+2.5%
税制改革Tax Reform税収+5%
契約の定型化Regulated Contracts傭兵雇用コスト-10%
契約法Contract Law交易力+5%
農民徴兵Peasant levy人的資源+5%
商人の地位保証Mercantile Status交易制御+5%
土地保有権の強化Strengthening Land Tenure生産効率+5%
bonus.png宿願税収+10%

東アジア

タタール

東南アジア

インド

中東

東ヨーロッパ

中央ヨーロッパ

西ヨーロッパ

北アフリカ

南アフリカ

北米

中南米

衛星国 v1.25

※従属国家の一形態である衛星国に適用されるNI

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統陸軍士気+10%
コア化コスト-10%
自治Self Rule不穏度-2
外国の執行官Foreign Sheriffs税収+10%
要塞化された国境Fortified Border要塞防御+15%
外国の貴族Foreign Magnates生産効率+10%
商業特権Mercantile Privilegesプロヴィンスからの交易力+15%
募兵の中心地Recruitment Centers傭兵維持コスト-15%
外国の顧問Foreign Advisors雇用可能顧問+1
bonus.png宿願建造物コスト-10%

隠し国家NI

コンソールを利用することで使用可能となる国家。詳しくは英語版Wikiを見てね。

ヤン・マイエン(Jan Mayen)v1.22

(・(ェ)・)な国家。いわゆるイースター・エッグというものらしい。
※リンクは長さの関係から英語版。そこから日本語版に辿ってね。
パラドックスではお馴染みのキャラクター?詳しい人補足お願いします。
NIのタイトルも全て熊(bearやGrizzly)と掛けたユーモア溢れるものとなっている。
ちなみに全く同じ名称のノルウェーの島が実在する。

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統コア化コスト-15%
陸軍指揮官白兵+1
Of Noble Bearing威信+1/年
The Right to Bear Arms歩兵戦闘力+20%
Grizzly Terrain敵損耗+1
Keeping our Bearings海軍損耗-15%
Polarized Nation受容文化枠+2
Come Bearing Gifts関係改善+30%
Expand the Bearocracy開発コスト-10%
bonus.png宿願陸軍維持費-5%

特別なNI

CK2からコンバートした場合のみ、これらのNIが適用される

アサシン教団(Hashashin)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統スパイ防御+25%
敵損耗+1
アサシンの信条Hashshashin's Creedスパイ攻撃+20%自由で華麗なアクションを駆使し、聖地の混乱を鎮めるため十字軍とイスラム勢力双方の指導者を暗殺するゲーム。
流血の回避Avoid Bloodshed外交官+1
イスマイリ・ダル・アル=ヒジュラThe Ismailis Dar al-hijra要塞防御+30%アサシン教団はニザリ・イスマイリ派ともされる。
ダル・アル=ヒジュラは直訳すれば「移住地」や「避難所」であり、アサシン教団の戦術を指す言葉として用いられる。
山岳要塞Mountain Fortresses敵対的コア化コスト+100%イラン北部アルボルズ山中にあるアラムート城砦を根拠地としていた。
短剣とメモA Dagger and a Note外交評判+3アイユーブ朝スルタン・サラディンは教団攻撃中に毒薬付き短剣と暗殺予告を枕元に残されたことに恐怖し教団と講和、撤退した。
白昼堂々の殺人Murder In the Open反乱支援効率+50%教団は暗殺対象者への懲罰を表明する意図で、広場やモスクでの殺害を実行した。
ハサンのジハドの再開Revive the Jihad of Hassan人的資源回復速度+10%ハサン・サッバーフはアサシン教団(ニザール派)の祖とされる人物。セルジューク朝に対抗してゲリラ戦を展開した。
bonus.png宿願守備兵増加速度+10%

アステカ(Aztecs)

Sunset Invasionからセーブデータを引き継いだ場合に適用

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統歩兵戦闘力+5%
顧問コスト-5%
テポチャカリとカルメカクの建設Build the Telpochcalli and the Calmecac技術コスト-5%アステカの平民と貴族の子弟の教育軍事教練の施設
花戦争を制定Enact the Flower Wars反乱リスク-1生贄にする捕虜を獲得するためだけに戦う儀式的な会戦
ホワイトスキンを侵略Invade the Whiteskins海軍損耗-10%
探検家と征服者が雇用可能となる
国政改革State Administration Reform税収+5%
帝国都市の創設Found the Imperial Cities生産効率+5%
帝国のジャガーとイーグルを鍛えるForm the Imperial Jaguars and Eagles規律+10%アステカのエリート戦士団オセロメー(豹戦士)とクゥアクゥアウーティン(鷲戦士)
帝国の道路網The Imperial Road Network関税+10%アステカは役畜や車両を持っていなかったため、徒歩で移動できるようにと巨大な道路網が敷かれた。
bonus.png宿願陸軍士気+10%

イスラエル(Israel)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統年間正統性+1
国境寛容度+1
ディアスポラの終焉End of Diaspora反乱リスク-1%ディアスポラはバビロン捕囚後、ユダヤ人が国家を持たず離散したことを指す。
国家神話の復興National Myths Restored規律+10%
故郷への帰還Return Home生産効率+20%現在のイスラエルがある辺りは「カナンの地」と呼ばれ、ユダヤ人の祖先に当たるアブラハムに対し神から与えらえることが約束された土地であった。
ユダヤ人交易の伝統Jewish Trade Tradition交易制御+10%
交易収入+10%
ユダヤ人銀行家Jewish Banking利息-1%
流浪の民People of Exile植民地成長+33人/年
選ばれし民The Chosen People敵対的コア化コスト+100%ユダヤ人は神とアブラハムとの契約に基づき、神に特別に選ばれた民であった。
bonus.png宿願外交評判+5

インカ(Inca)

Sunset Invasionからセーブデータを引き継いだ場合に適用

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統顧問コスト-5%
要塞防御+20%
キープによる国勢調査記録Census Record Quipo人的資源+5%Quipoは縄の結び目で数をあらわすインカの記述法。
ケチュアの強制Enforce Quechua安定度コスト-5%ケチュアはインカ族の言語。
文字による記録The Written Word技術コスト-10%インカ帝国はその滅亡まで文字文化を持たなかった。
貨幣の創出Official Axe-monies貿易収入+10%斧貨幣(Axe-monies)はインカ各地域で見つかっているブロンズ製の遺物。貨幣の原型だったのではといわれている。
帝国の黄金貿易Imperial Gold Trading商人+1
統治組織の改編State Adminstration Reform税収+5%
帝国道路網の完成The Imperial Road Network関税+10%インカ帝国は全国に道路網と宿駅を整備していた。
bonus.png宿願陸軍扶養限界+10%

テンプル騎士団(Knights Templar)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統外交評判+3
異教寛容度+1
ラテン規則Latin Rule規律+10%騎士団内の遵守事項。騎士の有るべき姿を提起した。
銀行信用状Letters of Credit税収+20%騎士団は巡礼者のための一種の手形を発行していた。
十字軍の突撃Assault Troops of the Crusades騎兵戦闘力+10%
ヨーロッパの銀行Bank Of Europe年間インフレ削減+0.10ヨーロッパ各地からの寄進を運営して騎士団は莫大な財産を築いた。
フランスでは非公式の国庫として財政に関与した。
テンプル騎士団企業The Templar Enterprise生産効率+20%
支持基盤The Supporting Infrastructure雇用可能顧問+1
十字軍の伝統Crusader Traditions指揮官雇用枠+1
bonus.png宿願人的資源+25%

ヨムスヴァイキング(Jomsviking)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統指揮官白兵+1
規律+5%
ヨムスヴァイキングの規律The Jomsviking Code陸軍士気+10%ヨムスヴァイキングは厳格な規律をもってその統制を維持していた。
ヨムスボルグの伝説Legend of Jomsborg陸軍扶養限界+15%ヨムスボルグはバルト海の南岸にあったとされるヨムスヴァイキングの根拠地。
海軍扶養限界+5%
オーディンの栄光の為にFor the Glory of the Allfather人的資源回復速度+10%Allfatherは神話における最高神を指す言葉。
北欧神話ならばオーディン、ケルト神話ならばダグダなど。
トールの御名においてBy Thor's Name異教グループに対して恒久的なCBを得るトールは北欧神話の雷神。
残念ながらハンマーで敵を一掃してくれたりはしない。
封建制の採用Adopt Feudal System生産効率+10%
ホーグティングの実施Implement the Högting安定度コスト-10%ホーグティングは大集会の意。
武器を持った男子のみが出席を許可されており、集会における決定は神聖視されていた。
ヴァルハラが待つValhalla Awaits年間威信+1ヴァルハラは北欧神話において神々の座であり、戦士が死後に招かれる場所。
bonus.png宿願歩兵戦闘力+10%

ローマ帝国(Roman Empire)

項目名原語効果備考
Traditions.png伝統規律+5%
年間正統性+1
パクス・ロマーナPax Romana反乱リスク-1%ローマの統治下による平和を指す言葉。
ローマの遺産Legacy of Rome外交評判+2
S.P.Q.R.S.P.Q.R.安定度コスト-20%Senatus Populusque Romanus:元老院とローマの市民、という意味のラテン語の略語。
ローマ市民に対する呼びかけとして用いられたこの語は、ローマの栄光と誇りを表すものでもあった。
ローマ軍団兵The Roman Legions陸軍扶養限界+15%
歩兵戦闘力+10%
ローマ式建築Roman Architecture生産効率+20%
帝国官僚Imperial Bureaucracy税収+10%
永遠の帝国Imperium Sine Fineコア化コスト-20%英語に置き換えれば「Empire without end」。
ローマ帝国の隆盛を示した言葉。
bonus.png宿願人的資源+33%

効果対訳表

効果内容がゲーム内部の英語ではどう表記されているか見比べる為の表です。
詳しい内容は用語集(http://eu4.paradwiki.org/index.php?WORDS)の項目などで調べてください。

原語効果名メモ
Available mercenaries傭兵枠傭兵を雇うことの出来る限界枠増加
Advisor costs顧問コスト雇用時の支払いと毎月の給料の両方に影響する
Attrition for enemies敵損耗
Better Relations Over Time時間経過による関係改善※Improve Relationsに統合された。悪い関係の影響(戦争をした、侮辱したなど)が毎年軽減されることに対する補正。
Blockade efficiency海上封鎖効率
Build cost建造物コストv1.19で"Construction Cost"に名称変更
Cavalry combat ability騎兵戦闘力
Cavalry cost騎兵コスト騎兵の雇用費、維持費、補充費に影響する。(傭兵の騎兵は維持費、補充費のみ)
Colonial range植民範囲
Construction Cost建築物コストv1.19で"Build Cost"から名称が変更になった
Core-creation costコア化コスト
Cost of reducing war exhaustion戦争疲弊軽減コスト
Covert action relations impact諜報活動が外交関係に与える影響諜報活動(Covert Action)が発覚した際のペナルティ緩和
Diplomats外交官
Diplomatic reputation外交評判
Diplomatic relations外交関係上限外交関係枠。一つの国と何らかの関係(同盟、婚姻、属国関係など)を結ぶと、ひと枠使うことになる。
(最近のバージョンではTransfer trade powerは枠を消費しなくなった)
Discipline規律
Domestic trade power国内ノード交易力あるノードに参加している国のなかで、土地から得る交易力が最大である場合またはそのノードを主要貿易港に指定している場合に適用される交易力の補正。過剰拡大によるペナルティを受けない。
Trade power abroadと対になっている
Embargo efficiency禁輸効率禁輸効率。Embargo(通商停止)した際のトレードパワーペナルティー増加
Foreign Spy Detection外国諜報網発見力スパイ防御力。防諜。Spy Network Consructionと対応する
Fort defense要塞防御
Galley costガレー船コスト建造費、維持費、アップグレード費の全てに影響する
Galley combat abilityガレー船戦闘力
Global settler increase植民地成長単位は人/年
Global trade power交易力Trade Power全般(土地、小型船問わず)にかかる補正
Goods Produced modifier交易品生産量交易品の生産にかかる補正
Hostile attrition敵損耗
Hostile core-creation cost on us敵対的中核化コスト正確には「自国が中核州としている州を他国が中核化しようとする場合のコスト増加」簡潔な適訳悩み中
Imperial Authority(HREの)皇帝権威
Income from vassals属国収入属国から宗主国が受け取る収入にかかる補正
Increased chance of new heir後継者誕生確率
Infantry combat ability歩兵戦闘力
Interest per annum利息
Land attrition陸軍損耗
Land Maintenance Modifier陸軍維持費常備軍の維持費、補充費に影響する
Leader ○○○軍事指揮官○○○○○○の中にはShock=白兵、Fire=射撃、Maneuver=機動、Siege=包囲が入る。LandはGeneralとConquistador、NavalはAdmiralとExplorerの両方に影響する
Leader(s) without upkeep無償指揮官枠無償枠の上限を超えた指揮官ひとりにつき、軍事君主点の毎月の増加が1点減る
Legitimacy正統性
Light ship cost軽装船コスト建造費、維持費、アップグレード費の全てに影響する
Manpower recovery speed人的資源回復速度
Mercenary cost傭兵雇用コスト傭兵の雇用時の費用のみに影響する。[各兵科のベース雇用費×150%]がその兵科の傭兵雇用費のベースで、この150%を減らす
Mercenary maintenance傭兵維持コスト維持費、補充費に影響する
Missionary strength布教強度布教力。宣教師を用いた改宗速度における補正効果。
Morale of armies陸軍士気
National garrison growth守備兵増加速度
National trade income modifier交易収入v1.13で廃止された
National trade power modifier交易力Global trade powerと同じ補正。表記揺れと思われるのでGlobal trade powerと同じ訳にしています
National manpower modifier人的資源
National revolt risk反乱リスクRevolt riskはv1.8パッチで廃止となり、Unrestが導入された
National spy defense諜報網防御
National Unrest不穏度v1.8で導入された叛乱に関わる数値
Naval attrition海軍損耗
Naval forcelimits modifier海軍扶養限界
Naval leader maneuver提督機動海軍リーダーの能力。Mogadishu、Oman、Swahiliにしか存在していないので一般的にここでの「指揮官」という訳は陸軍リーダーを指す
Navy tradition decay海軍伝統低下
Overseas income関税
Possible advisors雇用可能顧問通常3人しか表示されない顧問として雇用できる候補者の数が増える。
(一度に雇える人数が増えるわけではない)
Prestige decay威信自然減
Privateer efficiency私掠効率
Production efficiency生産効率
Provincial trade power modifier州からの交易力州が発生する交易力
Recover army morale speed士気回復速度陸軍、海軍にそれぞれある
Reduce inflation costインフレ削減コストインフレ=インフレーション
Regiment cost連隊雇用コスト陸軍ユニット全般の雇用費用、維持(補充)費が減る(傭兵は維持(補充)費のみ)。
Regiment recruitment time募兵期間新規の連隊を作る際にかかる時間の短縮補正。傭兵にも影響する
Reinforce speed補充速度定数(1ユニット1000)に満たない連隊の補充速度に対する補正
Religious unity宗教的統一性
Rebel support efficiency反乱支援効率レアでNIに持っているのは次の3つだけ。
Hashashin(アサシン教団):+50%、Irish(アイルランド):+25%、The Palatinate(プファルツ):+20%
Ship costs艦船関連コスト建造時、維持費、アップグレード時に効果を発揮する
Shipbuilding time艦船建造期間
Spy Network Consruction諜報網網構築力スパイ攻撃力。攻諜。Foreign Spy Detectionと対応する
Stability cost modifier安定度コスト
Technology cost技術コスト技術レベルを上げるのに必要な君主点を減らす
Time to fabricate claims請求権偽造の所要時間
Time to justify trade conflict貿易紛争正当化の所要時間
Tolerance of heathens異教寛容度異教は別の宗教。カトリックから見るとスンニ派や神道など
Tolerance of Heretics異端寛容度異端は別の宗派。カトリックから見るとプロテスタントや正教
Tolerance of the true faith国教寛容度国教は自国のメインの宗教。
寛容度全般について:その州が該当する寛容度がプラスなら1点ごとにLocal Unrest−1
マイナスなら1点ごとにLocal Unrest+1.25、Local Tax−10%、Local Goods Produced−10%
Trade efficiency交易効率自国が他ノードにOutgoingさせた金額や交易収入や私掠艦隊から受け取るSpoils of warに影響する。
Trade steering交易制御交易誘導力。交易点を下流へ流す際(transfer)の補正効果
Trade power abroad国外交易ノードにおける交易力あるノードに参加している国のなかで、土地から最大の交易力を得ていない場合およびそのノードを主要交易港に指定していない場合に適用される交易力補正。この交易力は過剰拡大によるペナルティを受ける。
Domestic trade power(首都ノード交易力)と対になっている。
Trade range交易範囲商人を送れる範囲。自国の中核州か属国の中核州、または港湾使用権をもらっている国の中核州からそのノードの中央の州までの距離が測られ、交易範囲の中なら商人を送れる。(Trade Map Modeで黒い網がかかっているところは交易範囲外のノード)
Unjustified demands不適正な要求戦争目的以外の講和条件を突きつけること
Yearly army tradition decay年間陸軍伝統低下
Yearly inflation reduction年間インフレ削減
Yearly legitimacy年間正統性
Yearly navy tradition年間海軍伝統
Yearly papal influence年間教皇影響度当然ながらカトリックでなくなると無意味になる。
スペインNIやホスピタル騎士団NIなどはNIが一つ完全に死に枠になるので注意
Yearly prestige年間威信
Yearly republican tradition年間共和制伝統

コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • dev日記の情報を元に白羊朝と黒羊朝のページを追加しました。とりあえず仮ということで。 -- 2017-09-20 (水) 23:10:42
  • 今週のdev日記情報を追加。後、ティムールをタタールから中東に移動(v1.23で首都が変更されそう)したので注意。 -- 2017-09-28 (木) 23:42:21
  • まずは変更点のまとめを作成しました。個別の詳細ページは今から取り掛かります。 -- 2017-11-18 (土) 11:45:24
  • ver1.23の更新を完了。新規NIも全て追加したはずです。誤りあったら修正お願いします。 -- 2017-11-19 (日) 21:21:54
  • ver1.24の更新点を反映させました。誤りあったら修正お願いします。 -- 2017-12-19 (火) 00:17:12
  • ver1.25のブルゴーニュの宿願が変わってたので変更しときました。 -- 2018-03-22 (木) 22:20:32
  • 変更点をまとめました -- 2018-03-23 (金) 20:26:44
  • 個別ページはこれからやるつもり。 -- 2018-03-23 (金) 20:27:53
  • v1.25の個別ページも作成完了しました。これでv1.25の更新全て完了しました。 -- 2018-03-25 (日) 20:26:25
  • ブリテン以外も地味に更新されてるから何かと思えば、Marcenary Maintainance -25%が-15%になってるのか -- 2018-04-15 (日) 12:21:42
お名前:

添付ファイル: fileTraditions.png 182件 [詳細] filebonus.png 192件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-09 (木) 21:09:28 (12d)