[[AAR/初心者フランス奮闘記]]

*第1話 みつどもえ [#r9768ef7]

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254306/org.bin?size=624.jpg);

パリを奪還した国王シャルル7世は、しかし未だフランスを統一しきれていなかった。
ノルマンディーおよびアキテーヌは宿敵イングランドに占領され、
ブルターニュ公、ブルゴーニュ公、そしてアンジューおよびロレーヌを領するプロヴァンス公にいたっては、自主独立する始末。

フランス第一の目標は、これら王権の及ばぬ「フランス領」の「回収」であった。

**現状の把握 [#lff2e917]

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
当面のライバルはイングランドとブルゴーニュだな!
先にイングランドからやっつけたいな。
#br
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
ライバル指定3枠のうち、2枠はその2国でよろしいでしょうな。
しかしその2国、揃ってフランスをライバル視しているばかりか、
イングランドはブルゴーニュを、ブルゴーニュはイングランドをライバル視しているようです。
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
ええと……?
#br
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
フランス・イングランド・ブルゴーニュの3国のうち、下手に動いた1国は他2国に食われるということです。
つまり、みつどもえ((某漫画作品))です。
つまり、みつどもえです。
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
ああ!(ふたば派)
#br
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
うん!(みつば派)
#br
#br

----

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
さて、フランスの初期兵力は29,000、イングランドとほぼ同じ。
あと9000増やせるが、イングランドも7000ほど増やせるみたいだ。収入はごく僅かな黒字。意外に拮抗している……
他方、ブルゴーニュは属国を含めると3~40,000……やはりイングランドから当たるべきか。
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254307/org.bin?size=1024.jpg);
#br
#br
#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
調査によりますと、347対333と、イングランドとは国の豊かさでも拮抗しております。
海軍力では遥かに劣勢ですので、我が国だけでは苦しい相手です。
とにかく、周辺の情勢も見て仲間を増やしましょう。
#br

**同盟網 [#sc8680ab]

フランスは同盟国探しに奔走する。
イングランドとの戦いとなれば、北のノルマンディー、南西のアキテーヌが主戦場となるため、これ以上の戦線拡大を忌避。
それ故、南に接する国々とは誼を結ぶことに。

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254308/org.bin?size=1024.jpg);

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254309/org.bin?size=1024.jpg);

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254310/org.bin?size=1024.jpg);
#br
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
カスティーリャ、ナバラ、サヴォイと同盟を締結いたしました。
更にカスティーリャ、ナバラ、そして初期から同盟関係にあるプロヴァンス公とは、婚姻関係となっています。
もはや南方は安泰でありましょう。
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
ちょっと待って外交枠オーバーしてるじゃん! うちはスコットランドへの独立保障もしてるんだぞ!
それに、アラゴンだけどうして仲間外れ……? ナバラなんかと組む理由は?
#br
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
当分の間海軍力を鍛えない(そんな余裕ない)ので、外交力は最低限あればよいのです。
アラゴンに関しましては、友邦カスティーリャがアラゴンをライバル指定しているのと、アラゴン領ルシヨンを後々奪いたいからです。
ナバラに関しましては、フランス王ならナバラ王にもなりたいかな、と思いまして!(属国化狙い)
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
?(文章読解中)
#br
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
(通じてない? ジェネレーションギャップかな……)
#br
#br

最後のライバル指定枠はオーストリアに。
アラゴンにしなかったのは、必要以上に刺激しイングランドやブルゴーニュと結ばれるのを恐れたためだった。
また、ルシヨン以外をアラゴンから奪う予定がなかったのもあった。

かくして当面の方針が確定し、時が流れ――
#br

**メーヌの降伏 [#p6a8b4cd]

1445年7月21日。
あともう少しでナバラを属国にできる、というまさにその時。
フランス首脳部の元に、急報が届く。

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254330/org.bin?size=624.jpg);
#br

約条に反しメーヌを保持するイングランドへ、フランスが取るべき行動は2つに1つ。
――すなわち、開戦か撤退か!
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
(やばい兵への給金半額にして奢侈してたどうしよう……)
#br
#br
#br
#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
当然、前進あるのみ! そもそもメーヌは我らのもの!
今こそフランス軍の力、見せつけてやるのだ!(どうせ戦争には発展しないでしょ~)
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254312/org.bin?size=624.jpg);
#br
#br
#br
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258267680/org.bin?size=624.jpg,around,nolink,left);
''イングランド、フランスに対して宣戦を布告''。
''大義名分は「フランスの統一」''。
#br
#br
#br
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210748_org.jpg,around,nolink,left)
ひゃあああ待ちきれネイ! 戦争だ~
#br
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
ひい、ひっ、ひぃぃぃ((筆者はこのゲームで宣戦布告をされたのは初めてだったので、動揺して椅子から転げ落ちました))
#br
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
さ、早速、同盟各国へ参戦要請のため使者を遣わします!
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
こ、今回は私が指揮を執る!
我が演説に耳を傾けよ!(鎧姿に瞬間チェンジ!)
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254574/org.bin?size=624.jpg);
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254575/org.bin?size=624.jpg);
#br

あくびをし帰りたがる兵士と、ピンハネを隠したがるマザラン。
そんな彼らをよそに、王のボルテージは最高潮に達する。
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
あの、同盟国からの返答ですが……
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210751_org.jpg,around,nolink,left);
うんうん!
#br
#br

#ref(http://art1.photozou.jp/pub/115/3233115/photo/258210749_org.jpg,around,nolink,left)
まずはサヴォイからのものですが……
#br
#br

#ref(http://art5.photozou.jp/bin/photo/258254756/org.bin?size=1024.jpg);
#br

もしや他の同盟国も――フランス宮廷で口を開く者は誰一人としていなかった。
#br

*[[第2話 イングランドとブルゴーニュ>AAR/初心者フランス奮闘記/第2話 イングランドとブルゴーニュ]] [#u39bcadb]
TIME:"2018-10-09 (火) 20:41:22"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS