[[ビーバーの共和国>AAR/ビーバーの共和国]]

*中世の終わり [#e211265d]
|CENTER:#ref(1231.jpg);|
|綺麗な青色の国|

**女王の実態 [#x97fb5f8]

アドリア海の女王とも呼ばれたヴェネツィア
なるほど確かにこの海を囲うようにヴェネツィア領がこびりついています
東地中海にも領土や属国が点在しており、この国にとっての海の重要さを物語っているようです

海軍のほうも猫の額ほどの領土とは不釣り合いなほど充実しています
地中海では一番と言えるのではないでしょうか
といってもすぐ東からはそれこそ太陽の如く迫るオスマン帝国があります
ついこの間まで刃を交えてもいたみたいですし、あまり悠長なことを言ってはいられなさそうです

周りはイタリア諸国が埋めているし、北には神聖ローマ帝国も控えている
うーんどうしたものか

とりあえず何にも先立つのはお金です
しばらくは商人らしく貿易で稼げるだけ稼いでおきましょう
荷物は積んだか?さあ出港だ!

**中世最後の帝国 [#ydc0d8f1]

ヴェネツィアはボーッと貿易船を回しお金を儲けていきます
キプロス併合を目標に掲げはしたものの、マムルークが独立保障してるし正直あまりやる気はありません
何となくでミラノに送ったスパイも現地で友達の輪を広げているだけです もう大体の人と顔見知りぐらいにはなってるんじゃないかな

今日も平和だなぁ

しかしそれは突然やってきます
昼寝をしていたドージェの元にとんでもない情報が入ってきたのです

|CENTER:#ref(2.jpg);|
|緑の面積が若干増えてる気がする|

十人委員会の人が言うには、ビザンツ帝国がオスマン軍の攻撃を受け、あっという間に滅亡したとのこと
なんてこった、あまりの早わざで対応が遅れた・・・というか筆者は普通に4年ぐらい気が付きませんでした

一大交易都市であったコンスタンティノープルにはヴェネツィア人の居留区も存在しています
ゲーム的な影響はほとんどありませんが、これは大変なことです 中世を象徴する帝国がついに死んでしまったのです

勢いを駆ってクレタ征服を目標に掲げるメフメト2世 すでに海軍力でも我々を追い抜いています
中世の終焉と共に都市国家の時代も陰りを迎えつつあることをヴェネツィアは悟らざるを得ませんでした

そしてそれはときのドージェ、ブルーノ・ルッツィーニにある決断をさせるのです

**キプロス戦争 [#yd4be0fc]

空いた穴は別の何かで埋めるしかありません
ドージェはコンスタンティノープル陥落によって失った交易路の代償をキプロスに求めることにしました
国力増強によってオスマンとサシで殴り合えるだけの海軍力をつけるという目的もあります
奴らは待ってはくれません マムルークなど構うもんか、すぐにもキプロスを奪ってやる!

国立造船所は急ピッチでガレー船を製造します
商船にも招集がかけられました やるとなれば徹底してやる、それがヴェネツィアのやり方なのです

戦争が始まるや否やキプロスには大量の傭兵部隊が乗り込みます
共和国の誇りとも言える海軍はエジプト艦隊の掃討を行います 弱小なキプロス艦隊はヴェネツィア艦隊の前に消えていきました

|CENTER:#ref(3.jpg);|
|マムルーク相手にすら苦戦する有様|

海洋国家であるヴェネツィアは強力な海軍を保有しています 陸上国家のそれとは質が段違いです
しかしただ数の多いだけのエジプト艦隊相手に多くの艦船を失ってしまいました これではオスマンとやりあうなど夢のまた夢です

ただ制海権を握ったのもまた事実
4年をかけた戦争の末にキプロスはついに降伏し、ヴェネツィアは東地中海に巨大な基地を手にします
東地中海は我々のものだ!

**ヴェネツィアの夜明け [#q250fb85]

この戦いは我々に多くの教訓をもたらしてくれました
海軍力、国力をもっとつけるべきだということ そして戦争中は画面からよそ見をしないこと

このとき戦勝と共に再選を果たしていたドージェは齢48
まだ自らの使命が終わったとは考えていませんでした

にしてもヴェネツィアのドージェは終身制なのに毎度選挙をやるのはおかしいんじゃないかい?

#br
次 [[未定]]
次 [[まったりエコノミスト>AAR/ビーバーの共和国/まったりエコノミスト]]

[[ビーバーの共和国>AAR/ビーバーの共和国]]

TIME:"2017-02-10 (金) 21:59:26"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS